初めての店舗開業を成功させよう>>

簿記で下記の問題が出題されました。私の回答は、以下の通りですが、皆さんいかがでしょうか?

1.決算において、実際の在庫金額よりも少ない金額を計上すると利益は小さくなる。 答え:×
2.一般的に仕入代金の決済をのばすと同じ売上高、仕入高であっても運転資金は増加する。 答え:○
3.会社のキャッシュ・フローを計算するにあたり、利益の額に原価償却費を加算する必要がある。 答え:○
4.会社の売上げが落ちてきた場合、支払サイト・回収サイトが変わらなければ減産資金が発生することがある。 答え:○
5.資金運用表を作成する際、前期前払費用は当期の収支に影響しない。 答え:×
6.資金繰り表から資金の調達・運用構造を直接読み取ることが可能である。 答え:×

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりあえず分かるとこからですが


1と5は○じゃないかと思います。

1は期末在庫を実際より少なく計上するわけですから、売上原価がその分増えて利益が減ります。
【具体例】
実際                偽装
売上高       100     売上高      100
売上原価              売上原価
期首棚卸  30          期首棚卸  30  
当期仕入  50          当期仕入  50
期末棚卸  20   60     期末棚卸  10  70
売上総利益      40     売上総利益     30

5の前期の前払費用は当期の費用になるものですが、既に支払いが終了していますから当期は支出はないので、当期の収支には影響しないはずです。

2,3,6はおそらく合っていると思います。
4は根拠はないですが×かな
減産資金は、売上低下による棚卸の増加により支払いが少なくなり発生するものだと思いましたので、支払が変らなければ減産資金は発生しないはず
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、勉強不足でした。有難うございます。

お礼日時:2007/07/28 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング