中小企業の働き方改革をサポート>>

量子力学の理論で多世界が同時に存在すると言うのを聴いた事があるのですが過去と未来も同時に存在するということでしたがどうしても納得できませんなぜ過去と未来も同時に存在するのでしょうか?
出来れば式で教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

量子力学」に関するQ&A: 量子力学の利用

A 回答 (2件)

質問者さんは、エベレットによる「量子力学の多世界解釈」のことを言っているんでしょう。



多世界解釈は過去と未来が同時に存在するというより(存在してもいいが)、量子力学現象のさまざまな可能性に対応する無限に多くの世界が実際に存在しており、我々はそのうちのひとつにいるというものです。

この解釈は量子力学の確率による解釈(コペンハーゲン解釈など)に対抗するものです。さまざまな解釈がありますが、どれが正しいとは証明できません。どれが自然かということで支持する・しないが決まるものです。観測による波束の収縮などコペンハーゲン解釈は不自然だと思う人も多いです。詳しくはWikipediaなどを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B4% …

なお相対論との関係は、因果律の保護の面で議論されます。もし光速以上の速度の運動が可能ならば(これ自体は特殊相対性理論で否定されていない、光速以下の物体が光速を越えて光速以上になることが否定されている)、タイムマシンで過去に戻ることが可能になり、祖父殺しのパラドックスが起こるが、それは自分の生まれた世界ではなく、多くの世界のうちのひとつを変更しただけであり、自分の誕生に支障を来たさない、というのが多世界解釈による因果律の保護です。

一般相対性理論に基づく(すなわち重力効果を利用した)タイムマシンの可能性も発表されており、この場合も多世界解釈は因果律を保護します。
    • good
    • 0

それは量子力学の世界ではなく、アインシュタインの一般相対性原理の世界です。

スピードの違う物体では時間の進む速さが異なるから、そういう奇妙な現象が起きます。浦島太郎の話は架空の話ではなくなるのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング