中小企業の働き方改革をサポート>>

自由研究で日本の自給率について調べようと思います。
それに関連して、国産と外国産の食品をくらべたいんですが・・・
何と何をくらべれば良いんでしょうか???
フィリピン産と沖縄産のパイナップルをくらべる予定だったのですが、
台風のため沖縄産のものが手に入らなくなってしまいました・・・
何かアドバイスをお願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自給率についての比較、ということですと、


何を比べるのが狙いでしょうか。

「台風の影響で輸送できないのが国産」というのも立派な比較の中身になると思います。
「沖縄から入らないものが、フィリピンならなぜ入る?」
(→早くから入港してたものの在庫が多い? →未熟のものを在庫して倉庫で熟れさせてる?)スーパーの倉庫のダンボール箱に、流通経路を示すシールが貼ってあると思います。

食べ比べてうまいまずい、は、あまり意味がないように思います。
(うまいものがたくさん生産されるわけでない)
品種の違いも、「自給率」には関係ないような。
(たとえば、「魚沼産コシヒカリ」と「きらら」を比べて何がわかるか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
たしかに食べ比べてうまいまずい、
では、あまり意味がないですね。

{台風の影響で輸送できないのが国産」というのも立派な比較の中身になると思います。}
このアドバイスはとても参考になりました!!!
確かにフィリピン産はいつでもありますよね。
そこらへんをちょっと調べてみようと思います。
貴重なアドバイスをありがとうございました!!!

お礼日時:2007/08/01 18:48

比べるとは何について比べるの意味なのか推察できないのですが、



自給率となると、やはり各国民になるべく多く消費されている
ものを比べた方がいいのかなと思いました。ですから、コメ、
コムギ、トウモロコシなど主食になるものを思いつきます。
これらって、今はやりのバイオエタノールとも関係してくる
ので、併せて考察すると今年のものでは時事を捉えた良い
研究を発表できるのではないかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「国民になるべく多く消費されているもの」
というのがやっぱり分かりやすいんですね!!
それに主食のものでトウモロコシとかだったら、
いま話題のバイオエタノールにも
関係していい研究になりそうですね!!!
貴重なアドバイスをありがとうございます!!

お礼日時:2007/07/27 13:19

詳しくは把握して無いですが、やはり中国産がホットなところということで。


ネギはどうでしょうね。国産もほぼ年中あるし、近くに大きな産地でもあれば尚よしですね。
 最近どんどん安い中国産が入ってきています。ただし、やはり国産と比べ質が悪く(特に夏場)、主に加工用メインだったようです。ですが徐々に質も上がってきて、確実に国内のシェアを食いはじめたみたいです。
 と思っていたら、最近の中国ものに対する数々の不信感は、どのように影響しているのでしょう。
農薬は元々国産でも沢山使われているはずですが、中国は日本よりは規制も甘いですし、そのあたりの観点からの違いも分かればおもしろいかもです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり中国産ですよね!
最近ニュースでもよくありますね。
(質が悪いとか、農薬とか・・・)
安い外国産の食品が大量に輸入されているから、
国産のものが売れなくなってきている・・・
というのをテーマに研究をしようと思っています。
外国産のいいところと国産のいいところをがんばって
まとめていきたいとおもいます!!
貴重なアドバイスをありがとうございました!!!
ネギさがしにいってきます!

お礼日時:2007/07/27 13:28

ちょいと値が張るけど、最近認知度がアップしてきた


宮崎産マンゴーなんていいんじゃないの。
地道に主婦層に受けるなら
ブロッコリとかたまねぎとかもいいかもしれない。
特に中国産をメインにすれば流行もおさえられるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
「マンゴー」はおもいつきませんでした!
さっそくやってみたかったのですが、親に高いからダメって
言われたので、中国産とかのブロッコリとかでやってみようとおもいます。
貴重なアドバイスをありがとうございました!!!

お礼日時:2007/07/26 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風の自由研究

台風の自由研究をしようと思っているのですが、何をしたらいいのかよくわかりません。
一応、新聞の気象図の切り取り(この前の台風のやつ)はあります。
台風の気象図のみを用いて短期間でできる自由研究はないのでしょうか?
アドバイスをお待ちしております。

Aベストアンサー

結論から先に言いますと、気象関係をテーマにした自由研究は
長期間の観察と、膨大なデータ採りに追われることになります。

台風の自由研究をしようということですが、どんなことが出来るかといえば、

(1)台風が出来るメカニズムをしらべる。
(2)台風がなぜ日本列島付近で進路を変えるのか調べる。
(3)台風が大きな被害をもたらすパターンを調べる。
(4)台風が上陸するとなぜ勢力が急激に弱まるのか調べる。
(5)梅雨時の台風が梅雨前線を活発化させるのはなぜか調べる。

などなど、掘り下げればもっとあると思います。

しかしどれも、複数個の台風のデータ(最低でも2つはなければいけませんね。)
が必要になってきますし、周囲の高気圧、低気圧の配置や、
当時の全国の天気、気温情報(より細かくしたければ2時間おきなど細かいデータ。)
も必要になってきます。

また、気流の動きやエルニーニョ現象などの考察も必要になりますし、
(エルニーニョ現象は大きな被害をもたらす台風を調べるのには不可欠。)
掘り下げようと思えば、偏西風や大陸からの影響など
地球規模で調べ尽くさなければ出来ないことになります。

もちろん、そんなに本格的なコトをするわけではないでしょうから
天気図集めて「どこどこの高気圧がどう作用しているから、台風がこんな動きをする」
程度のコトを想像しているのでしょうが、
気象関係のことを中途半端にやると、想像以上にショボイものになります。
夏休み全ての日程の天気図を新聞から切り抜いてスクラップノートを作って
一日一日を考察するぐらいの気合いがなければ本当にショボイものになります。

そして、そういう気合いを持ち続けられるのは、天気や気象に本当に興味を持っている人だけだと思います。

台風が東シナ海付近で産まれて、なぜ日本を縦断するように動くのか、
と言うのにもかなりのデータが必要なので、一朝一夕に出来ることはまず無いと思います。

結論から先に言いますと、気象関係をテーマにした自由研究は
長期間の観察と、膨大なデータ採りに追われることになります。

台風の自由研究をしようということですが、どんなことが出来るかといえば、

(1)台風が出来るメカニズムをしらべる。
(2)台風がなぜ日本列島付近で進路を変えるのか調べる。
(3)台風が大きな被害をもたらすパターンを調べる。
(4)台風が上陸するとなぜ勢力が急激に弱まるのか調べる。
(5)梅雨時の台風が梅雨前線を活発化させるのはなぜか調べる。

などなど、掘り下げればもっ...続きを読む

Q国内産食品と外国産食品

さすがに、中国産の野菜や加工食品は抵抗がありますが、
外国産でもヨーロッパからの食品(英国やイタリア)はときどき買ったりします。
みなさんは国産派ですか?
ヨーロッパの食品は中国産のように避けたりしますか?

Aベストアンサー

  実際に食品流通関係の仕事をしています。どちらかというと国産派ですが、自給率の面と気に食わない国(中〇とか韓〇とか)があるからですね。安全性云々が理由ではありません。

 ご存知だとは思いますが、外国産の食品には曲りなりにも(当然全量ではないが)検疫というチェックシステムがあります。残留農薬や化学物質のチェックが主なものですが、この実績で見る限り、意外や中国産の違反率はかなり低く、大体0.5%前後で推移(違反率の順位は10~20位前後)しています。常に1%超のアメリカとかオランダのほうが断然高いですね。この背景には、日本に輸入される中国産食品や原料は、きちんと日本人が関与していることが多い、という事実があると思います。それだけ信用できないって裏返しでもあるんですが。
 餃子事件を引き金に、不衛生・不正直のイメージが強い中国ですが、こと実際に日本に輸入される食品の安全性については、マスコミのミスリードによる誤解が大きいのではないかと思います。

 で、国内産に話を移しますと、そもそもそうした仕組みがありません。確かに日本の業者は技術も高いですし真面目なところも多いのですが、どんな国だって一定に悪いやつはいて、結構ダークな側面があります。とくに安全性はともかく、産地の偽装という分野では下手をすると日本のほうが悪質な場合はままあります。結構な皆さんが国産神話を信じていらっしゃるんではないでしょうか。

 ということで、「国」というくくりで食品のよしあしを見分けるのは簡単なことではない、と私は思っています。

  実際に食品流通関係の仕事をしています。どちらかというと国産派ですが、自給率の面と気に食わない国(中〇とか韓〇とか)があるからですね。安全性云々が理由ではありません。

 ご存知だとは思いますが、外国産の食品には曲りなりにも(当然全量ではないが)検疫というチェックシステムがあります。残留農薬や化学物質のチェックが主なものですが、この実績で見る限り、意外や中国産の違反率はかなり低く、大体0.5%前後で推移(違反率の順位は10~20位前後)しています。常に1%超のアメリカとかオランダ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報