開業準備行為と商人資格取得時期、どの考えがよいのでしょうか?
誰か教えてください。おねがいします。
なぜそう思うかの理由も教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この質問どこかで見た事あると思えば、今朝見たんですね。


学校の商法のテストでしょうか?
そういう事なら誰も教えてくれませんよ。
自分でやってください。

IDも違いますが、2つ使ってるということ?

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=31856
    • good
    • 0

貴方の開業準備行為と商人資格取得時期に関する考えを補足してください。


なんか宿題そのもののような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語は商人のあいだで使われた。

歴史的にはイタリア語の歴史が古く、ローマ字読みができます。
英語はR,Lと発音しにくくローマ字読ができません。
英語は歴史的にはどこで生まれ、発展したのでしょう?

Aベストアンサー

イタリア語はラテン語の直系で、ローマ字というのはそもそもラテン語を書くためにギリシア文字をもとに作られたものですから、ラテン語やイタリア語(現代語では多少違うところはありますが)がローマ字読みできるのはある意味当然なのです。

古ラテン語までさかのぼると紀元前から記録があります。そこまで勘定に入れるとイタリア語の歴史は非常に古く、またたどることができると言えます。

一方、英語はブリテン島に起源があるのではなく、現在のドイツ北部にいたアングル族、ジュート族、サクソン族が4、5世紀にブリテン島に移住したところから始まります。初期の英語は古英語または民族名に基づきアングロサクソン語と呼ばれますが、これが記録に現れるのは7世紀末頃からで記録の古さではラテン語にはとうてい及ばないものです。

古英語の記録にはルーン文字も使われましたがローマ字へと移行していきます。しかし本来ラテン語のために作られた文字では英語の音を充分に表すことができず、æ のような合字や ð,þ のようなルーン文字の一部を使ったりしました。


さて、現代の言語はどれも厳密な意味でのローマ字読みはできません。それは昔のラテン語とは音組織が異なるようになってしまったためですが、それでも文字と発音の間には一定の規則があるのが普通です。音の変化は徐々に進むもので、それまでの綴りでは都合が悪くなると、変化に合わせて綴りを変える工夫が行われてきました。各人が工夫したものがだんだんと統一的なものになったのもあれば、何らかの組織が綴りを改訂することもあります(近年行われるのはほとんどこれ)。

英語はこの改訂を行わなかった珍しい例で(厳密には中英語以降。古英語から中英語の間には大きな変化が見られます)、綴りと「一般的な文字の読みから想像される発音(広い意味でのローマ字読み)」との間に隔たりや不統一が目立つのはこのためです。

>英語はR,Lと発音しにくく

Rは各国語により発音が大きく異なるのが特徴の文字です。その中でも英語のRは独特です。また発音するのにエネルギーがいるようで、単語の中のアクセントの強弱の差が大きく、弱いところがあいまい化しやすい言語(英語などゲルマン語に顕著)では脱落しやすくなります。イタリア語やスペイン語はアクセントの強弱はあっても弱いところがあいまい化することがなく語尾までしっかり発音されるのでRの脱落は起きにくくなります。

イタリア語はラテン語の直系で、ローマ字というのはそもそもラテン語を書くためにギリシア文字をもとに作られたものですから、ラテン語やイタリア語(現代語では多少違うところはありますが)がローマ字読みできるのはある意味当然なのです。

古ラテン語までさかのぼると紀元前から記録があります。そこまで勘定に入れるとイタリア語の歴史は非常に古く、またたどることができると言えます。

一方、英語はブリテン島に起源があるのではなく、現在のドイツ北部にいたアングル族、ジュート族、サクソン族が4、5...続きを読む

Qよろしくおねがいします。

よろしくおねがいします。
私は夫と子供一人の3人生活です。
私達の今住んでいる家は父の相続で私の名義になっています(土地もです)
最近夫がカードを使って支払いに苦しんでいるのをしりました。
しばらくは私も働いて頑張っていましたが。今度主人の会社の縮小で基本給が半分になり
私も子供が小さいので帰ってくるまでのパートで収入がガタンと減り四苦八苦しています。
毎晩主人は反省しているので助けてきましたがもう限界となってきました。
それで、債務整理というのがあると姉に聞きましたが夫だけでできるでしょうか
私と12年間の結婚生活ですが私の資産を必要とされる事はないでしょうか
家だけは父が残してくれた物どうしても離したくありません。
私にはカードなどの借金は一切ありません。私の資産に主人が債務整理した時及んできませんでしょうか
主人の借金は主人だけで済ます事はできますでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご主人の借金は、奥さんが返済する必要はありません。それぞれ別の財産です。債務整理=破産です。
自分で手続きすればほとんど費用はかかりません。しかし弁護士や司法書士にお願いすると、着手金10~30万円。借入1社につき5万円程度の費用がかかります。4社から借入しているのなら30~50万円程の費用がかかります。
以上より、借入残額が300万円以下の場合、デメリットの方が大きく任意整理すべきではないでしょう。

Q「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」

「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」と呼ばれる例はありますか。
もし、あれば、活躍した時代、扱った商品その他何でもよいですから教えてください。
時代劇では、「越後屋」や「伊勢屋」が定番ですが、越後商人とか、伊勢商人とか呼ぶのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には 近江商人以外にはこれといった実態はない。

※ 中世において、日本最大の消費都市であり、農産物以外の生産物の主要生産地は「京都」になります。
その京都の流通は、琵琶湖=淀川水系によって担われました。
室町時代の一揆の話で、1441年嘉吉の一揆が近江の馬借蜂起から始まるのでわかるように、京都の物流は近江の流通業が握っていた。
※ 太閤検地の段階で、日本で一番石高が高いのは「近江」であるように、生産性も高かった
※ 堺商人とか博多商人とか、海外貿易主力の地域依存商人もいますが、江戸時代

時代劇の呼称は「言ってききざわりがいい」というだけです。
江戸では、三河屋が一番多かったと記憶しております。
※ たぶん徳川家の出身 三河のあやかりではないかと。

越後屋で有名なのは、現在の三越。三井・越後屋となりますが、三井家は伊勢出身。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E5%AE%B6

Qこんにちは。よろしくおねがいします。

こんにちは。よろしくおねがいします。
先日フレッツ光の加入キャンペーンで申し込みました。プロバイダではなく代理店での申込みです。
他の代理店と競合となり、あまりにたくさんの特典をつけてもらったので、不安になりメールでの内容確認を依頼したところ、特典の内容・規約等をメールで送ってきました。
質問ですが、特典の送付などでトラブルがあったときに、このメールは法的な証拠となるのでしょうか?
お分かりになる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「法的な証拠」、裁判になった時有効な契約と認められるか?ということであればたぶん認められるでしょう。しかし、相手が約束を破るような状況になった際に、裁判以外の手段で権利回復ができるか?とか裁判に勝てば必ず権利回復ができるか?という趣旨の質問であれば、わかりませんという回答になると思います。

トラブルが怖ければ、法律より信用を重視すべきです。ネットで見ず知らずの代理店選ぶよりは近くの店の方が逃げ隠れできないだけ信用性があるといえます。

Q「商人間」の取引について

「商人間」の取引について


商法513条、524条、526条、529条はいずれも、「商人間」ということに限定しています。

しかし、商法3条1項では、「一方のための商行為は、双方に適応する」となっています。

そうなると、一方が商人で相手方が一般人であった場合、商法は双方に適用され、商法513条、524条、526条、529条にも適用されてしまうと思うのですが、いかがでしょうか。

そうなると、そもそも「商人間」という意味がなくなってしまうような気がするのですが。

また、一方が商人の場合は法定利息6%だと思うのですが、それだと、商法513条の「商人間」という文言が無意味になってしまうと思います。

そもそも、先の条項で「商人間」としているのはどういうことなのでしょうか。

Aベストアンサー

 

>当事者双方が非商人⇒民法の消費貸借で無利息

 「民法の消費貸借」と書かれると、「それでは、商人間は商法の消費貸借が適用されるのですか?」と質問したくなりますが、そういう意味ではないですよね。
 利息支払の約定がない場合は、利息支払の請求はできないという原則を押さえておかないと、商法第513条の存在意義を理解することはできません。
 ちなみに、利息支払の約定はあるが、利率について定めがない場合は、その利息の利率は年5分になります。また、遅延損害金(遅延損害金は、金銭債務の不履行に基づく損害賠償請求権なので、遅延損害金の支払の約定がなくても請求できます。)の利率は、年5分(法定利率より高い利率の約定があれば、その約定利率)になります。

>当事者の一方が商人⇒514条が適用(法定利息6%、ただし、利息は特約)

 「514条が適用」というのが、利息の支払の約定はあるが、利率は定められてない場合、その利率は年6分になるという意味で使っているのであれば、その通りです。(あるいは、遅延損害金の法定利率)

>当事者双方が商人⇒さらに513条が適用(6%の法定利息)

 条文適用の順序が逆に読めます。「513条により利息が請求できる。その利率は、514条により年6分になる。」という順番になります。

 

>当事者双方が非商人⇒民法の消費貸借で無利息

 「民法の消費貸借」と書かれると、「それでは、商人間は商法の消費貸借が適用されるのですか?」と質問したくなりますが、そういう意味ではないですよね。
 利息支払の約定がない場合は、利息支払の請求はできないという原則を押さえておかないと、商法第513条の存在意義を理解することはできません。
 ちなみに、利息支払の約定はあるが、利率について定めがない場合は、その利息の利率は年5分になります。また、遅延損害金(遅延損害金は、金銭債務の不履行...続きを読む

Q弁論準備手続における訴訟行為等について

いつもお世話になります。ご指導いただきたいと思います。

第170条ー2
裁判所は、弁論準備手続の期日において、証拠の申出に関する裁判その他の口頭弁論の期日外においてすることができる裁判及び文書(第231条に規定する物件を含む。)の証拠調べをすることができる

これはどういう意味でしょうか?自分なりに調べたのですが、よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 裁判は,公開が原則です。
 弁論準備手続きは,公開の必要性のない期日ですから,この原則から外れた手続きと言えます。
 そのような期日でも,もともと口頭弁論期日外でできる裁判(前段)は,そもそも公開の必要性がないのだから,できてもよいことになります。

 一方,証拠調べについても,口頭弁論期日に公開の場で行われることが原則となります。すると,原則からは,弁論準備手続きにおいては証拠調べの手続ができないことになります。
 しかし,争点整理のために証拠調べを必要とする場合もあり,また,人証と異なり,書証については,もともと裁判官がそのそ面に目を通すことで証拠の役目を果たしますから,公開の必要性が必ずしも高くありません。また,その証拠については弁論準備手続後の口頭弁論期日において,主張することになりますから,公開と言う意味においては,それで十分とも考えられます。
 このため,裁判を効率よく進めることと,公開の必要性のバランスをとって,書証については弁論準備手続きにおいてもできると定められています(後段)。

Q商人

わたしのような商人におきましては、とか、商人である自分を卑下するかのような言い回しがありますが、これはどうしてなのでしょうか?商人であることの誇りは?
これは歴史的・文化的な背景が絡んでくるのでしょうか?

Aベストアンサー

封建的な身分制度である「士農工商」という概念に起因するのかもしれません。つまり、被支配階級の序列が、農>工>商となっていたのはなぜかということです。
それは、農民や職人は自ら農作物や工作物を生産するのに対して、商人はそれらの物を安く仕入れて高く売って利ざやを稼ぐ存在なので、自ら生産性を持たないために蔑視されたわけです。

この身分観の残滓に照らせば、「私のような商人が・・・・・」というのは、「人様が作った物を右から左に動かすだけで儲けを得ているような私が・・・・・」のような謙遜を含んだ表現になります。

もっとも、封建時代には、根性や創意工夫などを希求する「商人道」があって、厳しい修練に基づく矜持を備えていました。

Q企業の賞賛行為は迷惑行為として不法行為にあたるのでしょうか?

知り合いは匿名掲示板で、とある企業をほめ殺しかといわれんばかりに
気が狂ったかのごとく過剰といえるほど賞賛しているのですが、
この気が狂ったような賞賛行為を、企業側が迷惑に感じて
企業側が知り合いを民事(不法行為・迷惑行為など)で訴える事はありえるでしょうか?

知り合いのこの行為は2年間継続的に行っていました。
この行為で知り合いは匿名掲示板の住人から鬱陶しがられています。

Aベストアンサー

実際に訴えるには、実際に企業に損害が発生していることが必要なので、ほめ殺し程度では難しいと思います。

名誉を毀損する行為であれば、例えばそれにより評判が落ちた、株価が下落したなどの損害が発生しますし、
それを証明できるなら告訴もありうるでしょうが、気が狂ったように褒めちぎる程度では何の効果もないと
思いますので、企業側も相手にしないと思います。

Q医療法人は商人?

みなさんこんにちは。

単刀直入に質問いたします。
「医療法人」は「商人」ですか?それとも「非商人」ですか?

自分は医療法人は非営利組織という言葉に代表されるように非商人ではないかとおもっています。
どなたか、法律に詳しい方、ご教授願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 商人とは、自己の名をもって商行為をすることを業とする行う者です。(商法第4条第1項)診療行為等は、絶対的商行為(商法第501条)にも営業的商行為(第502条)にも該当しませんし、商法第4条第2項によって商人とみなされる場合にもあたりませんので、医療法人は商人ではありません。
 ちなみに、会社の場合は、その事業として行う行為及びその事業のためにする行為は商行為とされますので(会社法第5条)、会社は商人になります。個人で貸金業を営む者は商人ではありませんが、会社が貸金業を営む場合は、その会社は商人になります。

Q融資を受ける行為は法律行為ですか、それとも事実行為ですか?

融資を受ける行為は法律行為ですか、それとも事実行為ですか?

Aベストアンサー

融資を受けるとは、普通は消費貸借契約なり使用貸借契約に基づくでしょうから、立派に法律行為ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報