Zは原子番号で、β=v/c です。
Z/βが何を表しているか教えてください。

A 回答 (3件)

これだけで回答出来たら苦労はいりません。


どこやっているのかさっぱりですぅ。^_^;

一応導き出してみた。
http://www.jascoint.co.jp/div2/ani001.html
ここのフォース=q(V+B)のBは混同しないようお願いします。

mq=B2πf(いい加減にV(β)にする)
mZ=B2πf(いい加減にV(β)にする)
電気素量e(q)=価数z

mq=β
mZ=β

q=mβ
Z=mβ

Z/β=m

重イオン?軽イオン??^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重イオンの質量数を表していたんですね。大変よくわかりました。
解答ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/27 20:14

β=v/c


加速の速度。(定数)

Z/β
放射線の有効電苛と速度比。

この回答への補足

解答ありがとうございます。
重ね重ねすいませんが、Z/βはどのようなときに用いられるのか教えてください。
原子番号とは、異なるものですか?

補足日時:2007/07/27 01:34
    • good
    • 0

Zとβが登場するところを見るに、放射線関係だと思われます。


放射線とは言っても、ガンマ線やベータ線ではなく、アルファ線や重粒子線です。


下記リンクでは、Z*/β というのが登場しています。
pdfファイルです。
http://www.nuclear.jp/~beam/yayoi/2006/Ohno.pdf
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屈折率の公式n=c/vのn、c、vは何の略?

屈折率の公式n=c/vでは

nが屈折率
cが真空中の光の速度=光速
vが媒質中の光の速度

ということですが、このnとcとvはそれぞれ何かの略でしょうか。
屈折率は英語ではrefractive indexですが、なぜnになるのでしょうか。
cはceleritusまたはvelocity constantのcと聞きましたが、それでよろしいでしょうか。
また、媒質中の速度vは何の略でしょうか。

よろしくご回答のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。

cは、スペル間違えてます。
celeritas です。

nは、number です。
dimensionless number (無次元の数)

vは、もちろん velocity です。

QV=V0+at → X=V0t+1/2at^2 ?

タイトルの前者の単位は〔m/s〕ですよね
で、後者の単位は〔m〕ですよね

僕は、〔m/s〕を〔m〕に直したいなら〔s〕をかければいいと思ったので
t(V0+at)をしました
けれどそれだと、後者の式の"1/2"が抜けてしまいます
一体この"1/2"がどこから出てきたのかが疑問です

学校の先生に質問しても、積分がどうとやらといっていてよくわかりませんでした

v-tグラフの面積を利用して出すときは、加速度が斜めで出てくるから
三角形の公式を利用したときに"1/2"を使うということは分かりました
けれど、こうして式で考えようとすると、なぜ1/2が出てくるのかよくわかりません
単純にtをかけるだけではダメなのでしょうか

どなたか分かる方いたら解説お願いします

Aベストアンサー

時刻"0"から"t"までのt秒間に進んだ距離を考える場合、その中間時刻"t/2"の時の速度で"t"秒間進んだ、と考えましょう。
時刻"0"の時の速度でt秒とか、時刻"t"の時の速度でt秒よりも正しそうな気がしませんか?

時刻"t/2"の時の速度はV0+a(t/2)=V0+(1/2)atです。この速度でt秒なら
{V0+(1/2)at}t=V0t+(1/2)at^2
となります。

これは等加速度運動の場合だから成り立つのであり、常に成り立つわけではありません。
ただ、t秒間での移動距離=t秒間での平均速度 × t は必ず成り立ちます。

Qある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が

ある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が流れた
この回路の消費電力P、皮相電力S、力率cosΘをそれぞれ求めよ


電気回路の問題なのですがわかるかた教えてください

Aベストアンサー

インピーダンスの絶対値は2と言うのはすぐに解ります。
電流はwtに対してn/6進んでいることもわかります。
wとnの実数を用いれば、P、S、cosθが解ります。

Q(∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P

大学の講義で (∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P
をマクスウェルを使わずに証明していたのですが
写真の?の部分の意味がわからないです…
教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

意味としてはマックスウェルの関係式と同じものですね。

df = fx dx + fy dy

が完全微分である条件は

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という数学の定理。

より一般に,3変数なら

df = fx dx + fy dy + fz dz

fx, fy, fzをベクトルFの成分としたとき,dfが完全微分である条件は

rot F = 0

このとき,ベクトルFを導くスカラーポテンシャルφが存在し

F = grad φ

となるので,

fx = ∂φ/∂x,fy = ∂φ/∂y

したがって,冒頭の

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という条件は

∂(∂φ/∂x)/∂y = ∂(∂φ/∂y)/∂x

QベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)

「ベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)この式では、A,B,Cに関して
線形だからzはこれらの大きさに依らない。」

ってどいうことなのかわかりません。特に線形が何を意味するのか。
解かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

訂正です。最後の一行
>zはこれら3つのベクトルのなす角のみに依存しています。
は無視してください。
 A×(B×C)=B(A・C)-C(A・B)
は良く使う恒等式の1つですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報