ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

古紙100%再生紙(コピー用紙とかの普通用紙)は、再生紙の製造過程で行う漂白作業で石油などのエネルギー消費量や、二酸化炭素の排出量が増えるため、実は環境によくない、ということですが、再生紙100%トイレットペーパーにも同じことが言えるのでしょうか? それとも再生紙100%のトイレットペーパーは漂白していないので環境によいのでしょうか? 

A 回答 (3件)

まず前提として、森林は極相に達するとCO2を貯留はするものの、それ以上は吸収しなくなります。


そこで、この森の木を伐採してあらたに木を植えてあげる。そうすれば森は再びCO2を吸収するるのです。
森は常に木と切らないとCO2を吸収しないので、木質バイオマスはどんどん使った方がCO2が削減には役立ちます。
その森林の価値を見極め、適切かつ持続可能な利用できるかどうかを見極めることが大切です。
盲目的に森林を神聖化して伐るなの一点張りはもう通用しない時代になってきていると思います。

さて、木材から紙を作りますと、その行程で不純物が黒液という形で発生します。
この黒液は紙を作るときのバイオマスエネルギー源として利用できます。
このおかげで、新品の紙を作る場合、石油等の化石燃料はほとんど必要ありません。(余るくらいです)
遠くから輸送するエネルギーについては国産材の利用など見直すべき課題ではあるでしょう。

ところが、再生紙の場合ですとこの黒液は発生しないので、
再生紙を再生するためには別のエネルギー源(普通は化石燃料)が必要です。
また回収にも石油が必要ですし、短い繊維やインク等の廃棄物も多量に発生します。

古紙100%→CO2を吸収しない森を守るが化石燃料を消費する
新品の紙→森にCO2を吸収させるとともに化石燃料の消費も少ない

ということですね。トイレットペーパーも例外ではないでしょう、
ぶっちゃけてしまえば、環境がそんなに気になるなら使わないという選択が最善です。
トイレットペーパーを使えるのは世界人口の3割とかですからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
初めて知ったことがたくさんあり、ためになりました。

お礼日時:2007/08/06 12:28

質問の意図は


「再生(リサイクル)の際に、環境によくない作業が行われるのかどうか」ということです。

突き詰めて言えば、「製紙工程」自体、環境によろしくないのです。
再生紙は、古紙を溶解する工程と、インクを除去するための工程が必要となるので環境に良くないといわれます。
しかし、新しく紙を作る場合でも、溶解・漂白は必要ですし、その際の排水で、環境汚染も発生しています。
トイレットペーパーに限らず、白色度を下げたコピーペーパー等も販売されています。
環境に掛ける負荷を減らす努力をし、環境対策を十分に行えば良いだけのことです。
再生紙だからといって、特段環境に悪い工程が有るわけではありません。

この回答への補足

再びご回答ありがとうございます。

>「製紙工程」自体、環境によろしくないのです
なるほど…。
「再生紙は環境にやさしい」という認識があったり、製紙会社が100%再生紙は実は環境によくないと発表したり、なんだか訳が分からなくなって、環境にいいと謳われているものの実際はどうなんだろうと少し疑問に思い始めてました。

新しい木を伐採しない分、再生紙のほうがまだ環境に良い、という認識になるのでしょうかね…。

補足日時:2007/07/31 12:03
    • good
    • 0

リサイクルコピー用紙は環境によくないと言いますが、日本で使用される紙の原料は、ほとんどが輸入物です。


二酸化炭素を吸収する樹木を切り倒し、加工し、日本まで輸送するのです。
樹木が利用できる大きさまで育つ歳月までトータルで考えれば、どうなんでしょうかね。
トイレットペーパも同じです。
トイレットペーパーは、紙のリサイクルの最終に位置するものと言えると思います。
リサイクルペーパーと同じ理由で、再生紙を使用するほうが、環境にやさしいです。
大体、木材の供給地は熱帯雨林が多いそうですが、幾ら熱帯とはいえ、すぐに樹木が育つわけじゃありません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

質問の意図は
「再生(リサイクル)の際に、環境によくない作業が行われるのかどうか」ということです。

確かに新しい木を伐採して紙を製造すること自体、問いかけるべきことなのかもしれませんが。
質問の意図が伝わりにくかったようですみません。

補足日時:2007/07/30 14:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q再生紙は本当にエコですか?

コピー用紙に裏紙を使うと、紙つまりやトナー汚れにより、実際には無駄が増えたり、費用がかさむと聞きました。

では、再生紙の場合、それを生み出す工程の中での労力、エネルギーコスト(実際の費用と、二酸化炭素等の排出を含む)を考えた場合、本当に再生紙はエコなのでしょうか?

一番のエコは、そもそも紙を使わないこと(電子化や両面印刷による使用枚数の軽減)だとは思うのですが、
紙をばんばん使って「使い終わった紙まとめて業者に出しているからエコしています」みたいな風潮の会社にいて、少し違和感を感じています。
シュレッダーにかけた紙は、繊維が切れてしまうために、再生紙には適しないとも聞きました。

また、再生紙はどうしても質が悪くなってしまうため、(本来であれば絶対に再生が難しい)トイレットペーパーや保存用ではない新聞紙や雑誌等に使うのが一番だと考えているのですが、
やはりコストや肌触りの面からトイレットペーパーなどに再生紙を使うことは普及しにくいのでしょうか?
(雑誌(少年ジャンプなど)や新聞紙は、けっこう再生紙を使っていそうだなぁとは感じています)


よろしくお願いします。

コピー用紙に裏紙を使うと、紙つまりやトナー汚れにより、実際には無駄が増えたり、費用がかさむと聞きました。

では、再生紙の場合、それを生み出す工程の中での労力、エネルギーコスト(実際の費用と、二酸化炭素等の排出を含む)を考えた場合、本当に再生紙はエコなのでしょうか?

一番のエコは、そもそも紙を使わないこと(電子化や両面印刷による使用枚数の軽減)だとは思うのですが、
紙をばんばん使って「使い終わった紙まとめて業者に出しているからエコしています」みたいな風潮の会社にいて、少...続きを読む

Aベストアンサー

過去に再生紙には再生利用率○%の表示が義務付けられていた事がありましたが、
実際には再生紙利用ではコストが見合わず、表示以下の利用率で製造している実態が明らかになっており、またこれが一業者ではなく業者全体と言う事でうやむやになり、最近では再生利用率の表示がありません。
再生紙利用の利点は、CO2を吸収してくれる木を新たに切り倒さなくて済む、と言う面でエコになります。
なお、再生紙が「質が悪い」と言う事は特に無く、適材適所に利用されているはずです。
ゴミ回収に於いて「紙分類にティッシュペーパーは含まない」という回収業者や自治体があると思います。
ティッシュペーパーは体液を含むためトイレットペーパーには利用できない、と言う理由のようです。


人気Q&Aランキング