【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

歩行中に偶発的に他人と接触していまい、他人にケガを負わせてしまいました。僕の方は周りに障害物がなかったおかげでケガはありませんでした。
相手が治癒する段階になって、私はつい最近、自分の保険の特約で「個人賠償保険」に入っていることを知りました。
しかし、ナントこの保険には自動車関係の保険のような保険会社による示談交渉がついておりませんでした。
そこで、1円でも多く保険金が出るようにと自分も真剣にネットや本でいろいろ賠償関係のことを調べました。
そして、相手のケガも治癒したので、私の加入保険会社に対して、治療費をはじめとして、慰謝料や休業損害等の損害額の計算できうる範囲の出来るだけの請求をしました。
その結果、50万円ほどの保険金支払OKの回答をもらえました。
しかし、この保険金は相手と締結した示談書を保険会社に送ってから、私の口座に振り込まれるとのことです。
実はケガをした相手との示談交渉はこれからなんです。
今までの相手との交渉の感じでは最終的にケガした相手との金額の示談和解が20~25万円位で済みそうなんです。
とすると、差額の25万円は、(私が示談交渉を頑張って低額ですんだことで)、示談交渉人である私がもらっていいものなのでしょうか?
ちなみに現在、示談の相手には個人賠償保険を使うとは言っていません。
免責ゼロの特約だったので今のところ免責等も問題はありません。

gooドクター

A 回答 (5件)

損害保険の一番根底の部分にあたるのですが、損害保険というのは被保険者(通常は契約者を指す)が被った損害を「てん補」、つまり「もとに戻す」ことを目的としています。


例えば、価値1000万円の家に一億円の火災保険をかけ、家が全焼したとしてても、「損害」は1000万円なのだから保険金は1000万円しかでません。基本的に何か事故が発生してもそれで儲かるようにはなっていないのです。
今回質問者様のケースについても、示談書が25万円だったなら質問者様が被ったのは「賠償金25万円の損害」、それを保険会社が「もとに戻す」だけの役目しか果たさず、それ以上のことはする必要がないと考えられます。
質問者様の低額で済ませたがんばりは認めますし、その交渉能力は保険会社社員以上(?)なのかもしれませんが、その知識は今後の生活にお役立てください。

どうしてもというなら示談書の偽造。ですが、これは保険金詐欺で犯罪です。人生を棒にふるのはやめましょう。
    • good
    • 0

何度質問しても同じことです。


保険金請求のときに、相手と取り交わした示談書も保険会社に提出しないといけませんし、示談内容としてその20万円~25万円の金額を記載しないといけません。
したがって、示談書に記載の賠償額が50万円以上とならない限り、50万円が支払われることはありません。
    • good
    • 0

上限50万までなら支払いOKということです。


示談 25万成立なら法的に妥当な25万の支払いしかしません。
保険はあなたの自己負担を、カバーするためのものです。
示談交渉をガンバルのは自分のためにであって、保険会社のためにしているのではありませんよ。
自己負担金を少なくしたいと思いませんか?
いずれにしても、示談書に基づく法的に妥当な金額があなたに払われるだけです。
あなたが得をすることはありません。自己負担をしなくて済みそうだね、というだけのことです。
    • good
    • 0

 同種の質問で金額がかなり違うなど、疑わしい点がありますが…


 保険会社が保険金として払うのは、被害者に対する賠償金ではなく、契約者が被害者に賠償金として払ったうち、自社が妥当と認める額です。つまり質問の場合は、実際に支払うことになる「20~25万円位」のうち保険会社が認めるものとなります。
 また被害者に支払うのは、あくまでも質問者さんです。
    • good
    • 0

最高50万までの意味でとらえたら良いんじゃないでしょうか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング