近頃めっきり読書をしていないので、何か読みたいと思っています。
最近の小説も何があるのかさっぱりなので、おすすめがあれば是非教えてください。
ジャンルや作品のできた年等気にしません。
できれば文庫本がいいです。

一応、こんな傾向があると嬉しいです↓
・ヒューマンドラマ。人物達の葛藤など、心理描写がある。
・登場人物の成長していく姿。
・詩的な表現。
・耽美な表現。

・全くのファンタジーではないもの。(まるきりのファンタジーは設定の理解が大変で;あまり好みではありません)SFや、登場するメカの表現に話の比重が偏っているものもあまり好みではありません。

・学園もの、時代ものも好きです。

少女漫画のフルーツバスケットや、D・N ANGELが好きです。

文章がまとめられず、ぐしゃぐしゃになってしまいましたが;全部当てはまって欲しい!というわけではありません。
心当たりございましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご希望に合うのは、谷崎しかいないですね。

騙されたと思って、『少将滋幹の母』あるいは『武州公秘話』を読んでください。もっと落ち込みたいのであれば、尾崎放哉に関しての作品、なかでも吉村昭の『海も暮れきる』(なかから一句、こんないい月をひとりで見て寝る)、もしくは葛西善蔵『子を連れて』もいいですよ。違う観点からすれば、太宰の『右大臣実朝』(明るさ滅びの姿)、小林秀雄の『実朝』もなかなか。最近、読まなくなったものにいい本は数え切れないほどあります。まあ、根本をいえば、あなたご自身が図書館なり、書店に足を運ぶのが大切だと思いますが・・。60年も読書をしていますけれど、人に勧められてなるほどと思ったのは、ほんのわずか。アドバイスももちろん重要、もっと大事なのは、あなたの感性と足!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。久しぶりの読書にあたり、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/29 17:47

質問者様のお年がわからないので、もしかしたらちょっと読みづらいかもしれませんが、


ファンタジー色のある耽美な感じの時代物で、
宇月原晴明氏の「信長─あるいは戴冠せるアンドロギュヌス─」をお勧めしてみます。

ただ、耽美なので軽くはないです。重いです。
丁度今、大河ドラマで戦国時代をやっているので、もしご覧になってらっしゃるなら平行して面白いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか…ファンタジーはあまり好みではないので、何か機会があれば読んでみますね。
回答どうもありがとうございました^^

お礼日時:2007/07/30 01:35

ちょっと古臭い感じがするかもしれませんが、山本有三『路傍の石』はいかがでしょうか? 登場人物の葛藤、成長を描いているという意味で条件に当てはまりますし、文章もいかにも日本文学といった感じです。

もちろんファンタジーでもありませんし、一部は著者自身の人生とかぶる部分もあるという意味で、かなりリアリティがあります。学園ものと言うには古過ぎますが、小学生、中学生ぐらいの年齢の子どもたちのやり取りは随所に出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いかにも日本文学ですか。ちょっと堅そうですね…。
以前は夏目漱石なども少し読んでおりましたが、久しぶりだと大変かもしれないですね。
小学生・中学生よりも高校生・大人のやりとりだと、より嬉しいです。
ただ、最近の作品ではないのですね。いかにも最近の小学生・中学生のアホ臭いやりとりなんかではなさそうなので、一度探してみます。
何やら偉そうにすみません^^;
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/29 18:08

近頃読書をされていないなら、軽めの小説などがあるいはよいのでは…とおもいました。


アニメっぽい表紙が気にならないなら電撃文庫から出ている竹宮ゆゆ子さんの「私たちの田村くん(1)(2)」はいかがでしょうか。
話が始まる時点では中学三年生の少年の視点で物語は語られます。
特に少年の心理描写と、成長していく姿が巧みに描かれています。
電撃文庫というとファンタジー色の強い作品が多いですが、この小説にはファンタジー色やSF色はありません。

ややファンタジーの要素がありますが、加納朋子さんの「ささらさや」「てるてるあした」もお勧めです。
特にお勧めは「てるてるあした」。一応「ささらさや」の続編ということになりますが、こちらから先に読んでも楽しく読めるとおもいます。
主人公は15歳くらいの女性。両親が借金取りから逃れるために雲隠れ、親戚を尋ねてとある田舎街にやってきたところから話が始まります。
優しさと厳しさ、主人公の弱さと成長が実に良くかけているとおもいました。お恥ずかしい話ですが、涙ぐみました。
文章はちょっと耽美ではないかもしれませんが、とても詩的で私は好きです。

今まで紹介してきたものが女性作家によるものでしたので、男性作家によるものも紹介させていただきます。
金城一紀さんの『対話篇』。
短編集で、あらすじがうまくかけないですが。
切なさが胸に、ずんときました。

もし、的外れであったなら申し訳ないとおもいつつ、私が好きな本をお勧めさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。軽めの小説だと嬉しいです。
なので最近 あさのあつこ さんの「THE MANZAI」を読んだのですが、何やら読んだという気になれず…数には入れておりません。
(中学生のとき読んだら面白かったと思うのですが)
軽めなのに読んだ気になるような、満足する本がみつかるといいなと思います。

「私たちの田村くん」、調べてみました。確かに買うのに抵抗がありますね(^^;)自分は女なので、余計抵抗を感じるのでしょうが。
電撃文庫なら「キノの旅」が大好きで、読んでいます。

その他の作品も本屋で探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/29 18:00

宮本輝


「蛍川」「道頓堀川」「青が散る」
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本屋さんに必ず置いてありそうですね。参考になりました。

お礼日時:2007/07/29 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信長を中心にした戦国時代の勢力図

信長の生誕から本能寺でたおれるまでの勢力範囲のわかる図をさがしています。
できれば、桶狭間、岐阜攻略時など転換点となった時期ごとの情勢が解かるもので、図は名称だけでなく、地図上で色分されているとたすかります。
ソースはHPもしくは書籍です。

Aベストアンサー

http://www5a.biglobe.ne.jp/~fnao/sengoku/kennsin2.htm

こういうやつ?

Q私は最近文庫本(小説)を読むようになったのですが、おすすめの文庫本って

私は最近文庫本(小説)を読むようになったのですが、おすすめの文庫本ってありますか。
おもしろいのとか感動するものなどがいいです。ジャンルはなんでもいいです。
ついでに最近読んでよかった本は重松清さんの「青い鳥」です。

Aベストアンサー

私もNo.1さん同様、新潮文庫の100冊を思い浮かべました。なかなかシブイのが入ってますよ。小説でないのも入ってます。エッセイなど。
100冊に入ってないのも、新潮文庫は良い本がたくさんあります。

あとは、夏休みシーズンになると講談社か何かも夏のキャンペーンで書店にコーナーが出来ますし、そういうものの中から気になった本を選んでみるのも良いでしょう。

個人的には海外文学がわりと好きです。これも新潮文庫にありますし、他には、角川文庫クラシックスなども良いかと思います。岩波文庫も物によっては印字が新しくなっていて読みやすい(古いと細かい)。

SFならハヤカワ文庫、創元社文庫。
ミステリもこのへんですが自分は推理小説を読まないので分かりません。

Q戦国時代の勢力図

 安土桃山時代の全国の勢力の変遷が知りたいのですが、何かいいものはあるでしょうか?
 特に、領地が変わっていく時に、その周りの地域の領主はどうなっているのかなあと疑問に思っています。年代ごとに領主名を書いているような地図が見たいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

samRAI web!の中のcartogramから見る「日本戦国勢力」をご覧あれ。
これで5年毎と移り変わりが確認できます。

http://www5.airnet.ne.jp/samrai/war_jp16c/carto/crt1540h.htm

Q読書=小説みたいな風潮

読書=小説みたいな風潮って何なのでしょうか?

学校でもやたら小説とか物語を読ませようとしますよね。

学問的な読書の影が薄いような気がします。

Aベストアンサー

読書・・・教養のために書物を読むこと

では、「教養」・・・文化に関する広い知識を身につけることによって養われる心の豊かさ・たしなみ。自己の専門以外に関する学問・知識。

なので、個人的な見解としては、小説であれ何であれ、「文化に関する広い知識を身につけることによって養われる心の豊かさ・たしなみ。自己の専門以外に関する学問・知識。」につながるのであれば、読書で差し支えはないのでは・・・と思います。

と思ってはいますが、ほとんど小説しか読まない自分が趣味に「読書」というのはおこがましい気がするのも事実です。

Q米ヒップホップ界の勢力図

アメリカのヒップホップ界の勢力図が分かる書籍やHPを教えてください。

Aベストアンサー

米ヒップホップ界の勢力図

ラップとヒップ・ホップの正確な違いを、各ジャンルのアーティストやファン、その他さまざまな関係者に説明してもらったとしても、てんでんばらばらな答えが返ってくるに違いない。しかしながら、ヒップ・ホップは音楽という以上に、アート/ブレイクダンス/ファッションなど文化的な現象を示すものであり、一方、ラップは音楽のひとつのタイプである――という定義には、ほとんどの人が賛成するだろう。また、ラッパー兼社会理論家であるKRS-Oneは「ラップは行動、ヒップ・ホップは信条」と語っているが、これもまた頷ける発言ではないだろうか。

勢力図はありません。

参考URL:http://www.listen.co.jp/xtpsub494.jsp

Q小説を書くための読書の仕方

小説を書くには、たくさん本を読まなければならないとよく聞きますが、ただ読めば良いのでしょうか。僕は本をいくら読んでもなかなか上達しません。小説が書けるようになるための、効果的な読書の仕方はありますか。

Aベストアンサー

1) ただ乱読するのではなく、文壇に認められている著作を選ぶ

2) 上達したいと思うテーマを決めて読む
 例:語彙に着目……わからない言葉は必ず辞書で調べる
 例:構成に着目……ストーリーの進み方を分析する
 例:表現に着目……登場人物の所作・感情表現や風景描写等を研究

3) その著作を丸ごと書写(原稿用紙に手書きで)する

4) 小説を読んで良い作品だと感じた時、自分がどこに感動したのか
   その理由を突き止め、忘れないようにする
   (自分の作品に生かせるように覚えておく)

等。

Q東洋史「しゅんじゅう戦国時代」?

東洋史「しゅんじゅう戦国時代」?

大学生です。
東洋史でしゅんじゅう戦国時代というのを勉強するらしいのですが、
字は「春秋戦国時代」であっていますでしょうか?
他に勘違いしそうな時代の名前はありますか?

おそらく東洋史の一番最初の段階だと思われます。

Aベストアンサー

字はあってます。

中国史ですね。夏・殷(商)・周・春秋・戦国・秦・前漢・新・後漢・三国・・・と続きますが、「秦」「新」「晋」「清」と「シン」と読む時代が4つありますので混同しやすいです。

Q読書を趣味にしたいです。まずは何から読めばいいか、、、オススメ教えて下さい。

これをきっかけに読書にはまれるような、そんな本を探してます。
今まで本はほとんど読んだことがなくて、、、
映画やドラマはよく観るんですけど、映画では「ライフイズビューティフル」「ショーシャンクの空に」、ドラマでは「僕の生きる道」「愛し君へ」などの感動系が好きです。
「踊る大捜査線」「救命病棟24時」や三谷幸喜モノも好きです。結構ヒューマン系好きかもしれません。
こんな私によさそうな本はありますか?
電車の中とかで読みたいのでできれば文庫本になってるものが良いです。
オススメあれば教えて下さい!

Aベストアンサー

ドラマ化もされている石田衣良さんの
「池袋ウエストゲートパーク」のシリーズはどうでしょうか。読みやすくて軽快だけどけっこうヒューマン系やと私は思います。3作目まで文庫化されています。
(2作目は「少年計数機」、3作目は「骨音」すべて文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167174030/

あと文庫じゃないので図書館利用することがあれば
金城一紀さん「対話篇」もお薦めです。
収録されている「恋愛小説」「花」が映画化されてます。読みやすいけど深いです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062115301/

あとこちらも文庫じゃないですが奥田英朗さんの「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」、電車で読むには危険なくらい面白いです。おかしな精神科医が患者を癒していく連作短編で、笑えるけど泣けます。
どちらも映画化、ドラマ化されますよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416320900X/

金城さんなら文庫化されている「GO」もお薦めです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062736837/

あと、原作本はどうかというお話になっているので参考までに。
「愛し君へ」の原作はさだまさし「解夏」(幻冬舎文庫)、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344404645/
「ショーシャンクの空に」の原作はスティーブン・キング「ゴールデンボーイ」(新潮文庫)に収録の「刑務所のリタ・ヘイワース」です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410219312X/
知ってたらおせっかいですが。ごめんなさい。

ドラマ化もされている石田衣良さんの
「池袋ウエストゲートパーク」のシリーズはどうでしょうか。読みやすくて軽快だけどけっこうヒューマン系やと私は思います。3作目まで文庫化されています。
(2作目は「少年計数機」、3作目は「骨音」すべて文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167174030/

あと文庫じゃないので図書館利用することがあれば
金城一紀さん「対話篇」もお薦めです。
収録されている「恋愛小説」「花」が映画化されてます。読みやすいけど深いです。
http://www.amaz...続きを読む

Q戦国時代の女性で虫垂れぎぬ姿の人はいたのか

戦国時代の女性の服装について教えてください。

平安から鎌倉に主流だった笠に布が覆われている、
顔を隠すor虫除けの役割ににもなった、いわゆる虫の垂れ衣をつけた姿は、
戦国時代の女性でもみられたのでしょうか?
http://www.e-tohoku.jp/mapimages/komati.jpg

色々検索してみたのですが、やはり基本的に平安時代の名前しか出てこなくて
戦国時代の女性がこれをかぶっていた情報をみつけられませんでした。
ただの笠をかぶるのは雨や雪よけを考えると、戦国時代にもあったと思うのですが、
いわゆるそこに布をつける垂れ衣は、やはり戦国時代には主流ではなかったということでしょうか。

たまに画像検索で戦国武将の鎧をまとったそばに、
虫垂れぎぬ姿をした女性がセットでいる写真を見たこともあり
主流ではなかったにしろ、戦国時代でもかぶっていた人はいたかもしれないと思ったのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

まず、URLの写真は「市女笠」(いちめがさ)と呼ばれるもので、
菅や藺(い)で編んだ笠を被り、笠には「苧(お=真麻)」で作られた布を垂れる。
これは顔を隠すためであるが、虫除けや日焼け止めにもなるという利点がある。

これは、平安時代の公家文化から来ており、公家は男女を問わず、あまり人前には顔を見せないことが高貴だとかんがえられており、市中を出歩く時に被りました。

では、戦国時代は・・・と言うと、やはり、公家を中心に用いられていましたが、武家では余り用いられませんでした。
ただ、虫除けや日焼け止めと言う観点から、城主婦人などは被っていました。

また、武士が公家の娘を嫁にもらうような時には、その文化が地方にも伝播しましたが、女性が優雅に出歩くような時代ではありませんでした。従って、一般庶民には流行はしませんでした。

http://www.iz2.or.jp/mushinotare/index.html

Q読書しても内容をすぐにわすれちゃいます。みなさんは一度読んだ本の内容を忘れませんか?

どうもこんにちは
私は、本を読んでも、すぐに忘れます。

先日とある評論家の芸能人がテレビで、
「私は一ヶ月に300冊の本を読む」とか言ってました。
また、大学教授の研究室の本棚には大量の本が陳列されてあります。

このようにみなさん本を大量に読まれる方がたくさんいらっしゃいますが、それを全部覚えてらっしゃるのでしょうか?

一度読んだ本を、「あれ?この本の内容なんだったけかな?」って内容を忘れてしまうと、一回目に読んだ時間が無駄になってしまいます。

大量に本を読まれる方、内容をどのようにして記憶してますか?

速読というのをためしたのですが、なにも頭に入らなかったです。
私は本をびっちり読みつくすタイプです

Aベストアンサー

特に読んだ本の内容は憶えようと意識はしていません。それに本に書いてあることすべてが重要なことじゃありませんし。
自分がいいと思ったフレーズや文章をたまにメモったりする程度です。
読書はなにかを得るためのものじゃなくて娯楽や生活の一部ですから
>内容を忘れてしまうと、一回目に読んだ時間が無駄になってしまいます
という無駄という感覚があまりありません。
無駄になったら無駄でいいし、もう一回よむ楽しみができます。
それに完璧に無駄にはならないと思います。
思い出せなくても無意識下で脳に残って力になるかもしれません。


人気Q&Aランキング