ヒトラーは、大衆を洗脳(というと誤解があるかもしれないですか)
させるために、たくさん演説を行ったり、
映像を撮らせたり、ポスターをつくったり、
広告・広報に力を入れたと聞きます。

このことについて、詳しく知っている方がいたら、
どうか教えて欲しいのですけれど・・。
どういうことをして、とか、どんなことをしたのか、とか、
なんでもいいので、教えて欲しいです
今、レポート作成をしているので、困っています。
どうか、お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

前回投稿の補足です。

ヒトラーとその側近たちが、人間心理を巧みに操ったことは事実ですが、彼らが心理学の勉強をしたとか、心理学者がブレーンにいたかまではわかりません。
ただし、組織的に活動している点から、何らかの知識を持っていた(得ていた)可能性は非常に高いと思います。
また、広報だけに力を入れたのではなく、密告の奨励や、秘密警察(ゲシュタポ)を使って、不平分子狩りを行い、自分たちに都合の悪いことを言う人間を社会から排除していくという、地道な努力(?)も怠ってはいません。
例えば、第二次大戦の発端となったドイツのポーランド侵攻も、ドイツのラジオ局をポーランド人が襲撃したということになっていますが、実際にはポーランド人に扮したドイツ特務部隊がドイツ人を殺害したのです。戦争の口実を作る為に、同国人さえも犠牲にしたのです。
さて、政治宣伝(プロパガンダ)は、小難しい政治理論を述べることが多いのですが、あまり難しい事ばかりいっていては、国民は飽きてしまいます。
そこで、アイドル登場。砂漠の狐といわれた、E・ロンメルが好例ですね。
誰から見ても、優れた実績と甘いマスクを持つ男、広告塔にはぴったりです。
その彼も、ヒトラー暗殺に関与したとして、自殺を強要されます。処刑されなかったのは、国民感情を考慮してのことでしょうか。
ヒトラーユーゲントという集団もありました。ヒトラー愛好青年団といったところでしょうか。将来のドイツを担う若年層の男女の集団です。ヒトラー&ナチスの思想を刷り込まれた彼らが、ナチスが崩壊せずに成人になったら・・・怖いですね。
集団心理を利用した組織的な広報ほど恐ろしいものはありません。
いずれにせよ、集団心理を利用した宣伝と、それを維持する組織力と謀略、これがナチス広報の実態だと僕は考えます。

余談:有名を馳せたドイツ空軍急降下爆撃機ストゥーカは、攻撃時にサイレンを鳴らし、敵兵を震え上がらせました。上空から、甲高いサイレン音とともに爆弾が降ってくると思うだけで、ノイローゼになりそうですね。これも心理学?

最後に、新人物往来社から、別冊歴史読本「ヒトラー神話の復活」という本が出ています。価格は1,500円(税別?)。昨年9月末発売の本ですから、まだ書店にあるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただけて,とってもうれしいです
いいレポートが書けそうです

お礼日時:2001/02/01 12:42

ヒトラーらの手口をそんなに恐ろしくとらえることはないと思いますよ。

単にコツを知っていただけで、そーいった手段自体は普通に日常に作用していますから。
例えば、集団の生産性を向上させるリーダーシップについてとか、これも言ってみれば洗脳ですけど、一々騒ぎたてないでしょ。魅力的なリーダーだとか。あの人は有能な管理職だとか、その程度の評価でしかないです。彼及びその側近は特に有能だった点があり、且つ、これが一番大きいのがそーゆー時代だったという点。これはNo4の投稿で説明されてる通りで。ヒトラーがもし現代の日本に生まれてたら、中小企業のワンマン社長として辣腕をふるってたかもしれません。
♯ユダヤ人差別については、以前どっかの投稿でありま
♯したが、別にあの時代特有の現象ではなく、ユダヤ人
♯の特殊性や差別の歴史的な経緯が元々あった訳で、
♯彼が煽ったから特に差別されたという訳ではないです。
♯勿論ホロコーストその物は彼の個性が大きく影響してる♯でしょうが。

でリーダーシップや集団力学の参考文献については、
社会心理学のコーナーを適当にあさったら宜しいかと思います。
    • good
    • 0

NHK製作の「映像の20世紀」にもナチス・ヒットラーが出ていますよ。

図書館で探してみてはどうですか?
    • good
    • 1

当時のドイツは、第一次世界大戦に敗北し、多くの領土と植民地を失い、高い失業率と、国内の疲弊で、市民は疲れきっていました。


この背景が、非常に重要です。自分たちの困窮を救ってくれる力強い指導者は、
いつの時代も、歓迎されるものです。これは、アフリカやアジアの軍事政権にも当てはまりますね。
もし、日本でヒトラーと同じような手法を行ったとしても、効果は薄いでしょう。
人々の不満をうまく利用したのです。
sassyさんのかかれている通り、ゲッベルスの存在は非常に大きいものですが、まず国民を満足させ、自分の意見に耳を傾けさせる下地を作り上げました。
例えば、アウトバーン建設や低価格のラジオを民衆に広く普及させたりもしました。国民自動車フォルクスワーゲン、旅行の奨励も好例ですね。
これらのインフラの整備と国民の満足度向上が必要となりました。
国内を纏め上げ、一段落つくと、「敵」を作る必要が出てきます。
「敵」を作って、不平不満をそれに向けさせるのです。ユダヤ人がそうであり、第一次大戦で破れたイギリス・フランスなどです。そうした背景がありました。
次に、ヒトラーの広報手段ですが、彼は、炎を効果的に使用しています。
炎は、人間を陶酔させる効果があります。例えば、焚書やベルリン五輪の際のアトラクションなど、数えればきりがありません。ちなみにベルリン五輪の広報映画を撮ったのはレニ・リーフェンシュタールという女性監督で、政治宣伝映画を数多く手がけています。
次に、現在でも、ひざを曲げないで一糸乱れず行進する兵士たちが軍事パレードなどで多く見られませんか?
これも集団心理の1つで、画一的(機械的)な行動は、見ているものを魅了します。運動会の行進でもそうですよね(右足からとか)。余談ですが、僕が運動会のときに、事前に示し合わせて、全員同じアクション(ステップを変えて、敬礼する)をしたとき、大きな拍手が起きました。
また、ヒトラーが演説時に、オーバーアクションで演説するのを見たことがあるでしょうか?ビジュアル的に、人々を魅了していき、力強い早口のトークで、神経を麻痺させるのです。内容はあまり関係ありません
こうした事が日常茶飯事に行われると、民衆の神経は麻痺し、盲目的に従属していくようになります。
ところで、何かに似ていると思いませんか?そう、宗教儀式によく似ているのです。事実、ヒトラーはオカルトにもかなりの興味を示していました。
宗教は古今東西問わず、人間の根源の部分から派生したものですから、それに近い広報手段は非常に有効であり、心の琴線に触れるものではないでしょうか?
オカルト的な集団心理を利用した広報こそ、ヒトラーとその側近のとった手段なのです。

何か、取り留めの無い文章をつらつらと書きましたが、参考にされるのなら、
学研の歴史群像シリーズ(ヒトラーおよびナチスドイツに関連した書籍が何冊か出版されています)がおすすめです。金額も1,000円前後と手ごろで、わかりやすく書いてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく詳しく説明して頂いて、とてもうれしいです。
ありがとうございました
こうして考えると、ヒトラーってすごいんですね
集団をあやつる術を知っていたなんて・・って、こんな風に思っては
危険なヒトと思われてしまう・・・。

この手の参考になる本を探してるんですけど、イマイチ見つからないんですよ。
もし、具体的に知っていたなら、教えてほしいです

お礼日時:2001/01/25 01:19

「繰り返し繰り返し宣伝する。

」これが基本だったと思います。下の方が書いているとおり、ゲッペルスによる手法です。
どんな意見、思想でも繰り返し何度でも伝えることによって正当な物に感じるようになる物です。

現代でもコマーシャルの基本ですね。

加えて「派手なアクション」とか印象的なシチュエーションを作るとか、現代でも選挙演説(特にアメリカの大統領選挙)などに応用されているところです。
    • good
    • 0

ナチス宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルスについての情報はありませんか?


彼がナチスの大衆に対するマス・コミュニケーションにおいて果たした役割は大きいとされています。そこから拾ってくると、意外と簡単ではないですか?

レポートとされていますので、簡単に。
    • good
    • 0

これは、「たけしの万物創世記」で放映されましたね。


確か、沢山の規則を作って守らせると、それを守ろうとして、自分では悪いことではないと思うようになり、更にこれを他人にも強要するようなる。
アメリカの高校で実験したことがあるようです。
洗脳ではなく、集団心理の応用だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
わたしも、そのTV見たと思います。
集団心理って、すごいですよね。

お礼日時:2001/01/25 01:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナチスのホロコースト並みの事件はあるのですか

ナチスドイツがユダヤ人に行ったホロコースト並みのことはこれまでの歴史上であったのでしょうか?
基準は虐殺した数です。

Aベストアンサー

中国では「戦国時代」秦が敵国連合軍を破る度に十万から四十万単位の敵兵を生き埋めにしてきました。
楚漢戦争で中国の人口は半分に減りました。
現在スリランカ政府軍はタミル人勢力の殲滅を図り、十万以上の民間人と共にタミル人武装組織を「抹消」している最中です。
まあ今までの分と合わせて二十万は死ぬでしょう。これが現実に起きている世界です。
アフリカでの部族対立でも、カンボジアの戦争でも百万単位の人が死にました。

Qナチス・ドイツ時のヒトラー暗殺計画について。

 アンネの日記や、その他のアンネ関連の本で見たんですけれど、ヒトラー暗殺計画があったと書いてありましたが本当にあったのでしょうか?それはドイツ国内での計画だったのでしょうか?それとも他の国で持ちあがった計画だったのですか?
 それは、どのような経緯で起こったものなのですか?学校の先生はヒトラーは情報操作がとても巧みで自分に自分の思い通りに民衆の情を煽り、ナチズムを広めユダヤ人虐殺や第二次大戦の悲劇を生んだと言っておりましたが、そのような情勢の中でもナチに抵抗する人たちやユダヤ人を守ろうとした人たちはいたのでしょうか?
 
  
 

Aベストアンサー

シュタウッフェンベルク大佐が主体となり,実行犯ともなった暗殺未遂は有名ですネ。
1944年にヒトラー総統が負傷した爆殺未遂事件です。
ロンメル将軍,オルブリヒト将軍,シュルツプナーゲル将軍,ベック将軍といった早々たるメンバーがクーデター派でしたが,ロンメル将軍は自決に追い込まれ,その他の主要メンバーも銃殺や自決といった末路をたどっていますネ。
このクーデターはヒトラーからロンメルに政権を移し,戦争の早期終結を図ったものでした。

ユダヤ人問題については,国防軍は親衛隊の行動に批判的ではあったようです。
しかし,実際には多くのユダヤ人さえもが強制収容所の存在を信じていなかった状況下で,強制収容所に関与していた一部の親衛隊以外の兵士や一般のドイツ国民達がユダヤ人へのホロコーストを知りうるはずがなかったわけです。実際に起こっていることを知らないわけですから,それに対して反対し,ユダヤ人を守ろうとした人はごく少数だったでしょう。
それにユダヤ人迫害はアメリカやフランスをはじめとする欧米のほぼすべての国で行なわれてきたことですから。

ナチズムに反対する人はいたでしょうし,特に貴族出身者が多かった国防軍の高級将校達はナチズムに反感をもっていたようです。
けれども,ドイツを守るため(ベルサイユ条約の酷すぎる内容はご存知でしょう?)に行動したのですネ。
ベルサイユ条約の影で軍隊を作り上げたという功績はヒトラーにあるのですから。ナチスが政権をとった当時のドイツの情勢を考えれば止むを得ないところなのではないでしょうか?
以上kawakawaでした

シュタウッフェンベルク大佐が主体となり,実行犯ともなった暗殺未遂は有名ですネ。
1944年にヒトラー総統が負傷した爆殺未遂事件です。
ロンメル将軍,オルブリヒト将軍,シュルツプナーゲル将軍,ベック将軍といった早々たるメンバーがクーデター派でしたが,ロンメル将軍は自決に追い込まれ,その他の主要メンバーも銃殺や自決といった末路をたどっていますネ。
このクーデターはヒトラーからロンメルに政権を移し,戦争の早期終結を図ったものでした。

ユダヤ人問題については,国防軍は親衛隊の行...続きを読む

Q教えて!【神秘】を感じる瞬間♪

自然界の神秘 人間界の神秘
旅先で出会った神秘 日常の中の神秘
ファンタジックな・・ ロマンチックな・・ ドラマティックな・・

あなたが出会った様々な【神秘】をお教え下さい♪

Aベストアンサー

去年の夏、大峯山洞川温泉郷(奈良県)に行った時です。

昔から大峯山は霊場として修験道発祥の地なんですよね。だからかなにかわかりませんが、すごいエネルギーというか、なにかが降るような感じがありました。私的にはマイナスイオンが降ってくるような感じだったんです。それがすごく気持ちが良い。心地よかったんです。

その前(12年位前)にも、同じ天川村の天河大弁財天社に行ったことがあるのですが、このときも社から吹く風がなんとも気持ちよくって・・・。

木が多いから、森林浴と同じような効果だったのでしょうか?機会があったらまた行きたいですね。

参考URL:http://www.dorogawaonsen.jp/index.html

Qナチス ヒトラーはどこで死んだのでしょうか

私の記憶では身代わりを殺して焼却して本人はどこかへ消えていったと思うのですが。どこで死体を発見したのでしょうか。(アメリカ軍は)

Aベストアンサー

1945年4月30日ベルリンの総統官邸地下壕で拳銃自殺(服毒自殺説も
あり真相不明)した後、遺体が連合軍の手に渡るのを恐れ、ガソリンをかけられ焼却されたらしいが、死亡は側近らの証言によって間接的に確認され
ただけで、ひどく損壊した遺体はソ連軍が回収し、検死もソ連軍医師のみに
よるもので、数年後その遺灰はソ連軍によって空中散布されたため、未だにヒトラーの死亡が疑われています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC#.E6.95.97.E5.8C.97.E3.83.BB.E8.87.AA.E6.AE.BA

Q捕鯨反対運動をしている動物愛護団体の方は、完全なるベジタリアンなのでし

捕鯨反対運動をしている動物愛護団体の方は、完全なるベジタリアンなのでしょうか?
過激な反対運動で紙面をにぎわしている動物愛護の方たちがいます。
殆どの動物愛護団体の方は、心やさしく過激な行動などは一切しないと思いますが、一部の団体の中には、軍事攻撃のような過激な行動に出る方たちもいるようです。
そこで、不思議なのが捕鯨反対などの動物愛護の方たちですが、お肉や魚などを一切食べない、身につけない方たちなのでしょうか?
調べたところによると、完全菜食植物生活主義の方々で、ベーガンと呼ばれる方々がいるようですが、捕鯨反対運動をしている動物愛護団体の方たちは、全てベーガンの方たちなのでしょうか?
牛を食べない豚を食べない鳥を食べない魚を食べない・・・・革製品や毛皮などを身につけない、など全てにこだわらないで、動物愛護とはおかしいとも思います。
それを考えた場合ベーガンの方たちが、動物愛護を唱えるのならばある意味納得もできますが、動物愛護を唱えながら、動物を食い、動物を身につけている人たちは、いかなるものとも思います。
が、捕鯨反対運動をしている動物愛護団体の方は、全て、完全なるベジタリアンやベーガンの方たちなのでしょうか?

捕鯨反対運動をしている動物愛護団体の方は、完全なるベジタリアンなのでしょうか?
過激な反対運動で紙面をにぎわしている動物愛護の方たちがいます。
殆どの動物愛護団体の方は、心やさしく過激な行動などは一切しないと思いますが、一部の団体の中には、軍事攻撃のような過激な行動に出る方たちもいるようです。
そこで、不思議なのが捕鯨反対などの動物愛護の方たちですが、お肉や魚などを一切食べない、身につけない方たちなのでしょうか?
調べたところによると、完全菜食植物生活主義の方々で、ベーガンと...続きを読む

Aベストアンサー

>そこで、不思議なのが捕鯨反対などの動物愛護の方たちですが、お肉や魚などを一切食べない、身につけない方たちなのでしょうか?

 人の手で繁殖・飼育(養殖)した動物(No.2 さんの言う「家畜」)から得られる「お肉・皮革」は、「食べる・身に着ける」のではないのでしょうか。

 野生動物の肉・皮革は、「一切食べない、身につけない」と想像します。というか、そうあるべき「方たち」だと思います。

以上、質問主旨への回答

蛇足

 ・人の手でお金をかけて、繁殖・飼育(養殖)した動物
 ・野生動物

前者、「捕まえる」必要の無い動物は「愛護」の対象ではない、と「している方たち」だと思います。

日本は、「絶滅の危険?が有るか無いかを科学的に証明することを目的として、国際的に認められて鯨を『捕まえ』ている」のであって、「証明」の途中でとやかくいわれても・・と思います。

でもなあ、組織的日本人は、偽装・改ざん・隠蔽が得意だから・・・。
まっ、それを見越して捕鯨反対を言ってるのなら、たいしたもんだけど。
一般日本人にっとては、なんか憂鬱・・。

Qナチスと国防軍

WW2でのナチス親衛隊とドイツ国防軍は別の組織だと知りました。
指揮系統も別だったのでしょうか?
例えば、ナチスの兵隊は国防軍将校の言うことは聞かない、とか

Aベストアンサー

NO1です。指揮系統というものがあり、兵隊は上官以外の者の命令はもともと聞きません。それからSS部隊が送られるという状況は、ヒトラーがその戦線に不満がある、ということを意味しますから、一般的には国防軍将官は肩身の狭い、弱い立場です。こうしたこともSSの「強さ」の拝啓にありました。

Qナチスを左翼と学校で教えないのはなぜ?

ヒトラーのナチスはナチス社会主義労働党というのに、どうして授業ではナチスを左翼として教えないの?

Aベストアンサー

1920年代の国家社会主義ドイツ労働者党は、極左団体です。
ブルジョワジー壊滅、貴族追放などを叫んでいます。
1934年に政権を獲得するため、革命主義だったエルンスト・レーム達を粛清したのです。その結果、軍部・貴族・ブルジョワと結託したのです。

ナチスはスーパー左翼団体ですよ。

Qナチスの希望計画

ナチス(ヒトラー個人というより、ナチスの思想)は、どのような将来像をもって政策に当たったのでしょうか。想定内装堤外はあるにしても、あのような形で幕を閉じるという計画はなかったはずで、どういうところで安定したいと思っていたのでしょうか。それとも、特に計画はなかったのでしょうか。政権の維持だけでしょうか?

Aベストアンサー

ヒトラーの「我が闘争」、その後のヒトラーの言動、ナチス幹部らの
言動や回顧録から推察すると・・・・

1、ドイツ本国・・・ポーランド西部、アルザス、オーストリア、
 チェコを併合。(これは、達成しました。)
2、周辺国・・・ポーランドの消滅、ソ連邦の解体、バルカン半島から
 ロシア(ソ連)の既得権や影響力を排除。
 フランス、ベネルクス、北欧には、ドイツへの協力体制を設置。
3、イギリス・・・イギリスとは基本的に共存。
 互いの既得権や支配権を認める。
 ただし、バルカン半島や地中海、中東の支配権をめぐる対立や抗争
 は、ヒトラーの次の世代政権に解決を委譲。
4、アメリカ・・・ヨーロッパへの不干渉を想定(または希望)。
 なるべく衝突や対立を避ける。
5、ソ連・・・ソ連邦の解体。社会主義政権の打倒。
 ウラル以西は、ドイツの植民地化。以東は、自治政府を樹立。
6、ユダヤ人・・・ドイツ支配下地域から追放。

その他に宗教やドイツ国内の身分制度、経済政策等にも目標が
あったようです。
しかし、上記の3.4.5の目論みが失敗。6も「虐待と虐殺」という
行動に走ってしまい最悪の結末。
その他の目標も、戦争が大規模かつ長期にわたってしまったために
あやふやになってしまいました。

元々、ナチス政権はヒトラーの独裁政権という形をなしていましたが
実態は、政界や財界・軍需産業・皇帝時代の既得権復活・
既存の身分制度の変革・ゲルマン人を頂点とした新たな欧州体制等
様々な思惑を持った人間たちの寄り合いでした。
そのため、戦争の長期化によりてんでバラバラな行動をとり始め、
ヒトラー自身も戦時中には「我が闘争」の内容は古いと側近に
語っているように、政策や外交・戦略に一貫性がなくなっていきます。

結局、ナチスが夢見た「理想・将来像」は、あやふやながらも
存在していたのですが、ポーランド侵攻で英仏に宣戦布告を受けた
時点で瓦解してしまったのです。

ヒトラーの「我が闘争」、その後のヒトラーの言動、ナチス幹部らの
言動や回顧録から推察すると・・・・

1、ドイツ本国・・・ポーランド西部、アルザス、オーストリア、
 チェコを併合。(これは、達成しました。)
2、周辺国・・・ポーランドの消滅、ソ連邦の解体、バルカン半島から
 ロシア(ソ連)の既得権や影響力を排除。
 フランス、ベネルクス、北欧には、ドイツへの協力体制を設置。
3、イギリス・・・イギリスとは基本的に共存。
 互いの既得権や支配権を認める。
 ただし、バルカン半島...続きを読む

Qナチスのガス室は存在しなかった?

アウシュビッツ「ガス室」の真実/西岡昌紀 を読みました。
ナチスの「ユダヤ人絶滅計画」と「ガス室」は怪しい証言のみで物的証拠は何も無かった、ということですが、この本が出てから10年以上たってますが、いまだにこの2点の証拠は出ていませんか?
ナチスはユダヤ人を絶滅しようとしたのでは無くソ連に追い出したかっただけ、大量の死体はチフスによる死者だった、ユダヤ人は迫害されたがホロコーストでは無かったしポーランド人やソ連人も迫害された、ということでよろしいですか?

http://www.youtube.com/watch?v=2Jz8pHCQNTw

Aベストアンサー

No.13・16です。この場で細部について詳しく議論することは適切だとは思いませんので、私の考えを簡潔に補足して終わりたいと思います。

>「大部分」を「全て」と書いたことがどれほど問題でしょうか。明らかに意味が変わるのでしょうか。

「大部分」と「全て」はまず明らかに言葉の意味が違います。
例えば「日本の内閣の国務大臣は大部分が国会議員の中から選ばれている」なら正しいけれども、「日本の内閣の国務大臣は全てが国会議員の中から選ばれている」と書けば明白な誤りです。歴史の議論をするのであれば、こうした言葉は正確に使用する必要があり、そうした配慮は決して枝葉末節の事柄ではないと考えます。しかもこの場合は、「大部分」を「全て」と言い換えたことにより、単なる言葉の意味の違いに留まらず、以下に述べるようにさらに大きな問題が生じています。

No.16で引用した部分を素直に読めば、著者は「青酸ガスの大部分が、犠牲者の体内に吸い込まれた」ことだけが青酸の痕跡が検出されなかった理由だと述べているのではなく、部屋からガスを排気装置で吸い出したことや、測定したのがガスが使用されてから44年も経ってからであったことも述べていることがわかります。排気装置自体、ガスの残留(青酸ガスを犠牲者が全て吸い込んでしまってはいないこと)を前提としていることは言うまでもありません。これを「「ガス室」といわれている建物から青酸反応が出ない理由を説明する中で、それは犠牲者たちが全て吸ってしまったからであるなどと書いています。」と要約するのは、どう考えても乱暴です。No.14だけを読んだ人は「青酸ガスを犠牲者たちが全て吸ってしまった?全部吸い込めるわけはないだろう、この書籍はいい加減なのではないか」と考えてしまうでしょう。正確ではない要約によって、この書籍を読んでいない人に対して、この書籍全体の内容(信頼性)に関して実際に書かれていることとは異なる印象や誤解を与えかねません。「大部分」を「全て」と書いたことは、こうした誤解を生じさせるおそれがある点に看過できない最大の問題があると私は考えます。

No.13でバスティアンの著書を紹介したとき、私はあえてその内容については触れませんでした。それは、冷静かつ客観的に議論するために、これからこの書籍を読まれる方には、先入観なしに読んでご自分で判断していただきたいと考えたからです。

No.13・16です。この場で細部について詳しく議論することは適切だとは思いませんので、私の考えを簡潔に補足して終わりたいと思います。

>「大部分」を「全て」と書いたことがどれほど問題でしょうか。明らかに意味が変わるのでしょうか。

「大部分」と「全て」はまず明らかに言葉の意味が違います。
例えば「日本の内閣の国務大臣は大部分が国会議員の中から選ばれている」なら正しいけれども、「日本の内閣の国務大臣は全てが国会議員の中から選ばれている」と書けば明白な誤りです。歴史の議論をするのであ...続きを読む

Qナチスとアメリカ

スタンダードオイルがナチスに石油を輸出したというのは事実なのでしょうか。アメリカがファシストを支援していたなんて信じられないのですが。

Aベストアンサー

アメリカ(米)が、ドイツと第二次大戦直前まで交易し、石油や
食料品などを輸出した目的は色々ありますが、主因は「利益のため」
です。

ドイツは日本と違って組織だった経済封鎖は受けていません。
イギリス(英)、オランダ(蘭)、イタリアも1939年8月まで、
交易を行っています。
ですから、スタンダードオイルがドイツに1939年8月まで石油を売って
いたのは事実です。

1939年8月までは、英米蘭もドイツとの戦争は避けたい(または
したくない)と考えていました。
仏だけは、再軍備やラインラント進駐で非常にドイツに反感を抱いて
いたので英米蘭への経済制裁を求めていましたが、消極的な反応しか
ありませんでした。
石油の供給ストップは、ヒトラーに開戦の口実を与えかねないから
です。

ユダヤ人虐待やドイツ国内の人権抑圧等は、英米のインテリ層には
反感を与えましたが、多くの大衆は当時無関心だったのです。
「ファシスト政権だから石油を売るな」という声もアメリカ国内
にはありましたが、それよりも、アメリカは余った石油を海外に
売りたいという欲求の方が強かったのです。
世界恐慌以降、アメリカ国内の経済は立ち直っておらず、世界中
見渡しても石油を買ってくれるような経済大国はドイツぐらい
しかなかったですから。
それだけ、アメリカも経済利潤の追求を優先していたのです。
ナチ嫌いのルーズベルトも、国内産業界の要求には勝てません。

リンドバーグを始め、アメリカ人の中には「米国の孤立主義」
「ナチス政権の擁護」を叫ぶ人も少なからずいたのも石油供給
の一因とも言えます。
また、アメリカには、多くのドイツ系移民がいましたが、多くは
中西部(つまり田舎)に住んでいました。
人種の入り交じった都会とは違う田舎の論理で動くのは、
現在のアメリカでも同じ。
アメリカの田舎では反ユダヤや黒人差別は自然に行われていました
から、ファシストの理論に賛同する人間も少なくはなかったのです。

そんな国民をドイツとの戦争に導くには、徹底的な「反ファシスト」
宣伝をしなければならず、ルーズベルトたち親英派やユダヤロビースト
たちはおおがかりな「反ナチキャンペーン」を行います。
虐待されるユダヤ人、泣き叫ぶ女性や子供、空爆での陰惨な光景、
Uボートによる米国籍船舶の損害、そして日本のだまし討ち・・・。
それらを映画で見せ、アメリカ国民が一気に反独感情に転換したのは
1940年以降の話です。
そのころには、とっくにアメリカからの石油はストップしています。

アメリカ(米)が、ドイツと第二次大戦直前まで交易し、石油や
食料品などを輸出した目的は色々ありますが、主因は「利益のため」
です。

ドイツは日本と違って組織だった経済封鎖は受けていません。
イギリス(英)、オランダ(蘭)、イタリアも1939年8月まで、
交易を行っています。
ですから、スタンダードオイルがドイツに1939年8月まで石油を売って
いたのは事実です。

1939年8月までは、英米蘭もドイツとの戦争は避けたい(または
したくない)と考えていました。
仏だけは、再軍備やラインラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報