「メタ・メッセージ」と「非言語メッセージ」は同じ意味なのでしょうか?教えて下さい、よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

違います。

メタメッセージとは、主として言語によるメッセージによって間接的に暗示される対人関係に関わるメッセージのことをいいます。「だいじょうぶ?」という言語メッセージは言語メッセージとしては「心配」、「親切」、「気づかい」などを暗示しますが、それによって、間接的に「あんたは哀れだが、わたしはだいじょうぶ」→「あんた=下位者、わたし=上位者」というメタメッセージを発してしまい、むしろ相手を傷つけることがあります。非言語メッセージは、文字通り、言語上のメッセージ以外のメッセージをいいます。非言語メッセージがメタメッセージを生むこともあるでしょうが、同じではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました(><)ノとても分かりやすかったです!!!

お礼日時:2007/08/14 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「吸着」、「吸湿」、「吸水」の意味を違いがわかるように教えてください。

「吸着」、「吸湿」、「吸水」の意味を違いがわかるように教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吸着というのは,相界面になんらかの成分が濃縮してくる現象すべてに対して使います.固体表面上に,気相あるいは液相中のなんらかの成分が集まってくれば,それは吸着の一種ですが,たとえば水面 (水と空気の界面) に界面活性剤分子が集まってくることも吸着です.
吸湿というのは,気相中の水分子が何かによって吸い取られる現象であって,その中身が吸着であるかもしれないし,そうでないかもしれません.たとえば濃硫酸は強い吸湿性を持ちます.この場合は硫酸の中に水分子が溶け込んでしまうので,吸着ではありません.
吸水は液体の水を吸う減少でその機構はなんであってもかまいません.

Q化学での「水洗」、「乾燥」、「濃縮」の意味

化学の専門用語としての「水洗」、「乾燥」、「濃縮」の意味を教えてください。

Aベストアンサー

水洗。
 水で洗うこと。濾過した結晶に水をかけて洗うこともそうですが、非水溶性溶媒に溶解した溶液に水を加えて、水溶性の不純物を取り除く操作も含まれます。
 広くとれば、水に塩や重曹、希酸などを加え、中和してしまう操作も含まれます。

乾燥。
 加熱・減圧・赤外線照射・通風などして水分や溶媒を取り除くこと(あえてそのまま置いておく「風乾」という操作も含まれます)。あるいはモレキュラーシーブス、芒硝、濃硫酸などの乾燥剤を用いて、その系にある水分を取り除くこと。ただし、炭水化物などに濃硫酸を加え、分子内脱水するなどのような化学反応として進行する脱離反応は別物です。

濃縮。
 減圧・加熱・噴霧・通風・冷凍などすることにより、溶液中の溶媒量を減らすこと。溶液中の溶質を体積のより小さいほかの溶媒に分配させ、溶質の濃度を高めることも該当します。
 この場合、濃縮後に溶媒が残っているかは問いません。つまり、50%水溶液を減圧濃縮して、75%水溶液としても、乾固させても濃縮と表現します。

 乾固させても、数ppmの溶媒が残ることもあります。これを更に取り除けば、乾燥です。

水洗。
 水で洗うこと。濾過した結晶に水をかけて洗うこともそうですが、非水溶性溶媒に溶解した溶液に水を加えて、水溶性の不純物を取り除く操作も含まれます。
 広くとれば、水に塩や重曹、希酸などを加え、中和してしまう操作も含まれます。

乾燥。
 加熱・減圧・赤外線照射・通風などして水分や溶媒を取り除くこと(あえてそのまま置いておく「風乾」という操作も含まれます)。あるいはモレキュラーシーブス、芒硝、濃硫酸などの乾燥剤を用いて、その系にある水分を取り除くこと。ただし、炭水化物...続きを読む

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

Q「強酸」と「強酸性」の言葉の意味について

こんにちは、大学受験で化学を勉強している高校3年です。

勉強していて、「強酸」という表記と「強酸性」という2つの表記を見かけて、意味に違いがあるのかを疑問に思ったので質問させてもらいました。

ちなみに、特に違いはなく以下のような意味なのかと思っています。
強酸・・・電離度が大きい(ほぼ1の)酸。いわゆる名詞的な使い方。
強酸性・・・電離度が大きい性質。いわゆる形容詞的な使い方。

この認識について、間違っているかどうかを教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

強酸とは塩化水素や硫酸など水素イオンを含む物質が水にとけたときほとんど電離するものをさし
強酸性とは液性が酸性によっているというだけのことです(つまりpHが7よりもかなりちいさい状態)

Q【藻活】「ユーグレナ」、「スピルリナ」、「ブルーグリーンアルジー」、「アカモク」 身体に1番良いのは

【藻活】「ユーグレナ」、「スピルリナ」、「ブルーグリーンアルジー」、「アカモク」


身体に1番良いのはどれですか?

その理由もお願いします。

Aベストアンサー

これらを健康食品として摂取するようになったのはたかだか五年で、副作用など全く分かっていません。全てが分かるのは短くて二十年、無駄だと分かるのに百年です。なお専門家はこれらは「冗談だ」と見なしています。なぜなら最初は「エネルギー源」という売りだったのに、全く役に立たず「それなら栄養食品で売ろう」になっちゃった。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報