エルコンドルパサーが天国というゴールを走り抜けて行きました・・それもとても早く・・・。
エルコンドルパサーはとてつもない近親配合のために生まれつき体力があまりなかったのでしょうか・・?
すごく綺麗で強くとても好きだった馬だっただけに悲しいです。
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 私もショックでした。


 しかし大した近親配合とは思えません。
 それによる弊害は主に知能(白痴になる)や骨格や内臓の奇形にあらわれると言われています。
 むしろエルコンドルパサーはアメリカン・ダミーのネイティブダンサー系のため、血統的には弊害が少なく丈夫な部類ではないでしょうか。
 腸捻転は馬の内臓の構造上どうしてもなりやすい病気だそうです。なってしまったのは、ある意味運が悪かったということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

運が悪かったのか・・・・。
どんな強くても病気には勝てないのですね・・・。

お礼日時:2002/07/24 21:33

grttさんこんにちわ。


私は始めにお断りしておきますが、これから述べることは今の競走馬に関する一般的なことと思ってください。

まず、エルコンドルパサーの血統についてですが、この程度でしたら競走馬の世界では近親交配のうちには入りません。サラブレッドが始めて作られたころの時代では親子、兄弟などで交配されていたこともあるという歴史も持つ動物なのです。
それは人間が早く走ることができるようにと編み出した最速の動物といってもいいと思います。
つまり彼らは特殊な体を持っているといっても過言ではありません。

馬は普通、家畜化されている動物の中でも消化管の構造が弱い動物だとといわれています。たとえば腸を支える仕組みがほかの動物より弱かったり、腸管が解剖学上細くなるところがあったりと、腸捻転などを起こしやすい構造をすでに持っているということなのです。馬の消化管はとても繊細で腸捻転のみではなく胃潰瘍などいろいろな疾患もあります。

今回エルコンドルパサーがいなくなったことはとても残念なことですが、幸いにも彼には3世代の子供たちがいます。その子供たちの中に次の世代を担っていく馬たちが出てくることを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・・。
たしかに
Northern Dancer3×4
Native Dancer4×5
Forli5×4×5
Special4×4
Thong5×4×5
は、あまり近親交配に入らないかもしれませんね・・・。
エルコンドルパサーの仔に期待しておきます。

お礼日時:2002/07/24 21:32

 このご質問をわくわくしながら開け、冷や水を浴びせられたようなショックを受けました。

ネット上を回ってみて初めて16日に腸ねん転で死亡していたことを知りました。私を競馬に引きずり込んだ未だにもっとも魅力的な馬で、ご質問を読んだときは晴天の霹靂で、とても信じられません。
 確かノーザンダンサーの3×4、ネイティブダンサーの4×5でしたか?近親交配といえばそうですし、体力というよりどこか病気に弱いところをもっていたのかもしれません。
 私は詳しいことは知りません。でも、腸の長い動物にとって腸捻転は極めて起こしやすいにも関わらず、早期に適切な処置が行われないと死亡率もまた大変高い病気です。早期とは、発症して数時間という意味です。わずかな時間で急速に悪化し、かつ手遅れになることも少なくないそうです。
 私が一般人よりも間近で見た中では、カモシカが腸ねん転でよく死んでいました。全頭数のうち半数近い8頭が起こし、そしてごくごく症状の軽かった一頭を除き全て死にました。
 カモシカは馬ではありませんし、また別の要因もあったのかもしれません。(人が密接に監視することでストレスを受ける動物ですから、馬に比べると発見が遅れていることもあると思います)競走馬の半分が腸捻転で死ぬということもないでしょうし・・。
 でも、一度起こしたらなかなか難しい病気ではないでしょうか。
 生まれつき体が虚弱だったとはあまり思えません。何かしら遺伝的に虚弱なところがあったとしても。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに海外遠征でも疲れを見せずに活躍していたので体力はあるはずですよね・・・。
病気に弱かったのかもしれませんね・・・(泣)
ナリタブライアンに続いてエルコンドルパサーも腸捻転で逝ってしまいました・・・。

お礼日時:2002/07/23 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高松宮杯(G2)→高松宮記念(G1)、NHK杯(G2)→NHKマイルカップ(G1)

高松宮記念とNHKマイルカップは共に2000メートルのG2だったのが
レース名と距離が変更になってG1に昇格したと思うのですが
高松宮記念は第○回というのが高松宮杯の時から回数が通算されていますが
NHKマイルカップはG1昇格時に新たに第1回となってNHK杯から回数が通算されていません。
この違いはどういうことなのでしょうか。

Aベストアンサー

高松宮記念は高松宮杯の名称・距離等を変更した上でGIに昇格、という
形が取られましたが、NHKマイルカップはNHK杯を廃止した上での新設
競争という位置づけですので、こうした回数の違いが生じているのでは
ないかと思います。

Q近親配合について

馬くらいの哺乳類を近親配合しても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

何をもって「大丈夫」というのか、にもよりますが、極端な近親配合は当然、悪影響が出ます。

有名な例としては、1949年の凱旋門賞を勝った名馬・コロネーションがあります。
父父、母父が同じ、と言う極端な近親配合によって生まれた名馬ですが、その配合による弊害か、繁殖牝馬として1頭も子供を残すことが出来ませんでした。

また、草食動物であるにも関わらず、攻撃的な性格な馬がいる、というのも一種の弊害なのかも知れません。

ただ、日本の法律上で禁止されているのは、直系血族による結婚、3親等以内での結婚です。従兄弟同士での結婚は出来ます。
近親配合の多い競走馬といっても、人間で言う3親等くらいまでに止めるのが一般的です。そういう意味では、馬が特別、丈夫である、というようなことではない、と言えるのではないかと思います。

QNHKマイルカップ⇒ダービーは過酷なのか?

NHKマイルカップ⇒ダービーは過酷なのか?

NHKマイルカップ⇒ダービーのローテは一般的に過酷だと言われているようです。
本当にそうなのでしょうか。

キングカメハメハ、クロフネ、ディープスカイ、タニノギムレットなど、
志半ばに引退した馬のローテだからそう見えるだけのように感じるのですが…。

上記の馬は、血統成績が優秀なために種牡馬のオファーがあったため、
故障したらすぐ引退の運びとなったわけですしね…。

むかし、前身のNHK杯が有った頃は皐月賞⇒NHK杯⇒ダービーのローテの馬は
ざらにいましたし…。


というわけで、表題の問いへの私の心証は「疑」の文字で一杯ですが、
実際にはどうなんでしょうか。ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

皐月賞、NHKマイルC、ダービーというローテーションが過酷、というのは、関西馬優勢という状況も1つあるのではないかと思います。

質問文に上がっているクロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハ、ディープスカイは全て関西馬です。
1980年代後半から、現在まで続いている関西馬優勢の状況が始まったわけですけど、皐月賞、NHK杯、ダービーというローテーションを取る有力馬は関東馬がその殆どです。
ヒカルメイヂ、ダイゴホマレ、ハイセイコー、カブラヤオーなどなど……
1980年代くらいから有力馬がNHK杯出走をしないことも多くなった理由は、関西馬が優勢になってきた事とも関係するのではないかと私は思っています。

関西馬が皐月賞、NHKマイル、ダービーと出走するには、関東へ遠征するため輸送を繰り返すか、もしくは全く環境の異なる関東の馬房に滞在することになります。どちらにしても、馬にとっては大きな負担です。
最近は、ようやく関東馬も少し巻き返しつつあるわけですが、それでも昨年の皐月賞の出走馬は18頭中12頭が関西馬など、特にクラシックでは関西馬優勢が続いています。
その中で、有力馬が皐月賞、NHKマイルC、ダービーと出走する、というのは、関東遠征というオマケまで付く、ということで厳しい、という風に言えるのではないかと思います。

昨年はフィフスペトルが皐月賞、NHKマイルC、ダービーと出走しているわけですが、あまり言われなかったのは、一つにはそこまで有力馬と思われていなかったこと。もう一つは、関東馬であること、というのがあるのではないかと思います。

皐月賞、NHKマイルC、ダービーというローテーションが過酷、というのは、関西馬優勢という状況も1つあるのではないかと思います。

質問文に上がっているクロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハ、ディープスカイは全て関西馬です。
1980年代後半から、現在まで続いている関西馬優勢の状況が始まったわけですけど、皐月賞、NHK杯、ダービーというローテーションを取る有力馬は関東馬がその殆どです。
ヒカルメイヂ、ダイゴホマレ、ハイセイコー、カブラヤオーなどなど……
1980年代くら...続きを読む

Q競走馬って近親交配にならないのですか?

血統表をみていると、父親と、祖父が同じ種馬、なんてのがたくさんいますが、近親交配による障害は発生しないのでしょうか?

そもそも「父親と祖父が同じ種馬」ってことは、種馬側から見ると、
「自分の妻に産ませた娘にまた子供を産ませる」ってことになり、障害発生以前に、よく発情・交尾ができるなあ、という感じですが。まるで昼のよろめきドラマみたい。種馬は交配相手が自分の娘だってことに気がつかないんでしょうかね?

Aベストアンサー

競走馬は人間が交配相手を選んでいるのですから、近親交配があればそのほとんどが
わざと近親交配をさせています。
ただ、父親と、祖父が同じ種馬という馬はなかなか見かけません。
とりあえず自分の知っている限りでは、「リトルジャスミンの1994」という馬が
父、母方の祖父が同じ馬(トドロキヒホウ)ですが、これは種付け時の手違いだったようです。

そして、ここまで近親でなければ良く行われています。
#1さんが示しているラムタラは祖父と母方の曽々祖父(母の母の母の父)が
同じNorthern Dancerですね(ちなみにテイエムオペラオーとしているのは
フサイチコンコルドの勘違いでしょうか。フサイチコンコルドは
Northern Dancerの3×3のクロスを持っています)。
で、近親交配をする理由は、名馬であった祖先の血を濃くすることで
その祖先を再現できるのでは、という考えから来ています。

そして質問者様のご指摘通り、近親交配による障害というものはあります。
体質が弱かったり、気性難になったりということなのですが、
障害が出ずに名馬を再現できるのでは?というギリギリの近親交配が4×3のクロス
(4代前と3代前に同じ馬がいる近親交配)と言われており、
これは”奇跡の血量”と呼ばれています。とはいえこれは経験則により生まれたもので
科学的根拠はありません。

> 「自分の妻に産ませた娘にまた子供を産ませる」…

上記の通りで、ここまで近親はなかなかありませんね。
競馬でもなかなか少ない3×3のクロスでも、お互いの曽祖父が同じ馬同士での
交配ですので、そこまでドロドロのものでもなさそうです。

競走馬は人間が交配相手を選んでいるのですから、近親交配があればそのほとんどが
わざと近親交配をさせています。
ただ、父親と、祖父が同じ種馬という馬はなかなか見かけません。
とりあえず自分の知っている限りでは、「リトルジャスミンの1994」という馬が
父、母方の祖父が同じ馬(トドロキヒホウ)ですが、これは種付け時の手違いだったようです。

そして、ここまで近親でなければ良く行われています。
#1さんが示しているラムタラは祖父と母方の曽々祖父(母の母の母の父)が
同じNorthern Dancerですね(...続きを読む

QNHKマイルカップ 何を買いますか?

タイトルの通り、明日開催されるNHKマイルカップについてです。
ご回答お待ちしております。(出来れば天皇賞(春)に的中された方にお願いします。)(それじゃなくても構いません!)

Aベストアンサー

天皇賞的中させましたよ。でも、あんまり嬉しくないですよねー・・
1,2,3番人気で決まっちゃったワケですから。

で、NHKマイルカップはスプリングソングとエイムビットアップから総流しです。
過去5年間「ンク」「ング」が馬名に入っているウマが3着以内に来ています。
そして桜花賞から直行組も必ず連に絡んでいますので、今年の場合は
スプリ「ング」ソ「ング」。
桜花賞直行組はエイムアットビップしか居ませんので・・・。
去年の事とかありますから何が起こるか分かりませんが。

Q似た血の馬の配合

同じ血統の馬は配合しにくいと聞いたことがあるんですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

本当です。
インブリードでも交配する馬の祖先の血統が50パーセント以上になると、気性難や虚弱体質等のデメリットがあります。
人間も近親者の子供とか奇形児が産まれるとかいいますが、それと同じです。

基本的配合は二種類あって
インブリードは、配合する馬同士の祖先5代目までに同じ祖先がいるとで、その馬の影響を受けた産駆が産まれる可能性がある配合です。
ただ、ミスプロ系でお馴染みのミスタープロスペクターの様に現役時代は
『ダート・短距離・超早熟』という馬なのに、産駆はダートだけじゃなくマキャべりアンやジェイドロバリーの様に、欧州の芝で走るタイプとかも産まれりする事もあり、それが競馬の面白い魅力でもあります。

もう一つはインブリードの真逆でアウトブリード
アウトブリードは配合する馬同士5代目までに同じ祖先がいない配合で、比較的に健康で気性のいい産駆が産まれると言われています。

競馬は他のギャンブルと違って奥が深いですし、下手な参考書見てるより競馬新聞見てる方が頭使うんじゃないですかね~?
血統とか調べてると凄く面白いですよ♪
>自分の知り合いで競馬初心者だった奴が、一年足らずでリボーに付いて語ったら今では3時間は止まらなくなっちゃいましたし(笑)

本当です。
インブリードでも交配する馬の祖先の血統が50パーセント以上になると、気性難や虚弱体質等のデメリットがあります。
人間も近親者の子供とか奇形児が産まれるとかいいますが、それと同じです。

基本的配合は二種類あって
インブリードは、配合する馬同士の祖先5代目までに同じ祖先がいるとで、その馬の影響を受けた産駆が産まれる可能性がある配合です。
ただ、ミスプロ系でお馴染みのミスタープロスペクターの様に現役時代は
『ダート・短距離・超早熟』という馬なのに、産駆はダートだけ...続きを読む

QNHKマイルカップ・・・・

削除対象覚悟で聞きます。
NHKマイルカップ、取れる馬券を教えてください。
当方キャリア1年目の初心者です。

Aベストアンサー

このレースは荒れます。

1番人気~3番人気までは外します。

4番人気~ケツ人気までを7頭抜き出して7点3連複ボックスです。
35点で100円ずつ買えば3500円で楽しめます。

3連複でも100万を超える馬券が飛び出します。

競馬は男のロマンです。夢を買うと思えば結構ドキドキで楽しめますよ。

僕はこの方法で70万馬券と100万馬券を1回ずつ獲ってます^^

Q競走馬の近親交配、こういうケースはある?

競走馬の近親交配で、
「ある種牡馬が自分が産ませた牝馬とも交配する」
というケースはたまに見かけますが、
「ある種牡馬が自分の母親(もしくはそれ以上の直系世代の牝馬)と交配する」
「ある種牡馬が、自分の全姉妹、異母姉妹、異父姉妹と交配する」
というケースはありますか?

つまり、お母さんやお婆ちゃん、お姉ちゃんや妹とヤッちゃった、という背徳の匂いがするケースなんですが・・・

Aベストアンサー

知る限りでは1頭も見たことがない。
シンコウキングの2×3、フサイチコンコルドとトウショウフリートの3×3くらいかな。
気性難とか体質弱とか、血が濃すぎる故の弊害が多いらしいから、極端な近親配は行われていないはず。

つうか、サラブレットで背徳の匂いを感じるとは…。質問者はなかなかの強者と見た(苦笑)。

Q昨日の札幌「函館SS」グランプリエンゼル・もしNHKマイルカップで1着や2着だったら昨日の負担重量は?

昨日の札幌9R「函館スピリントステークス」優勝馬グランプリエンゼルの負担重量について
3歳牝馬ということでハンデ戦並みの51キロという超軽量でしたが
もし仮に前走の「NHKマイルカップ」で1着や2着になっていたら
昨日のレースでは何キロ負担重量が増えていたのでしょうか。

重賞1着2着の場合は本賞金が加算されて
レースによってはG1・G2の優勝馬や2着馬はその分さらに重量がプラスされるレースもあると聞いたことがあるので
グランプリエンゼルの場合もNHKマイルで連対していたら昨日も負担重量が増えていたのだと思いますが。

Aベストアンサー

グランプリエンゼルの函館SS出走前の収得賞金額は1850万円。

仮にマイルC勝っていればプラス4600で6450万円。
3000万円超過馬の場合2000万円超過
(収得賞金5000万円の場合1kg7000万円なら2kg)
すると1kg追加なので52kgという事になります。

マイルC2着ならプラス1850で収得賞金3700万円。
なので斤量は51kgのままですね。

Q競走馬の近親交配はどこまで許される? 禁止規定はあるの?

お世話になります。
競走馬は人工的交配によって生産されています。強い馬が現れた場合、その馬の血を多くするために、意図的な近親交配をすることは知っています。
父方の先祖と母方の先祖に同じ種馬がいる、というような交配はよく見かけますね。
 この近親交配、人間では婚姻規定で禁止されていますが(日本の場合、禁止規定は”三親等内の傍系血族(兄と妹、姉と弟、おじと姪、おばと甥)(養子と養方の傍系血族を除く)”)、競走馬の場合、何か明文化された禁止事項はあるのでしょうか?
(経験上のタブーとか、シンジケートの加入・未加入、生産者の好み、言い伝え、オカルト、占いなどの理由は除く)

 もし禁止事項が無いのでしたら、全兄弟同士の交配とか、その馬自身の母馬、父馬(あるいは祖母馬、祖父馬)との交配など、およそ人間界では不可能な交配なども行ってもいいのでしょうか?
 競走馬の現役生活は3歳から8歳ぐらいまでですが、馬は長生きするので、(30歳ぐらいまで生存してますよね。種付け可能なのは20歳ぐらいまで?)やろうと思えば、三代前まで遡っても、全ての父馬が同じ種牡馬、なんて血統も作れそうですが。

ご回答よろしくお願いします。

お世話になります。
競走馬は人工的交配によって生産されています。強い馬が現れた場合、その馬の血を多くするために、意図的な近親交配をすることは知っています。
父方の先祖と母方の先祖に同じ種馬がいる、というような交配はよく見かけますね。
 この近親交配、人間では婚姻規定で禁止されていますが(日本の場合、禁止規定は”三親等内の傍系血族(兄と妹、姉と弟、おじと姪、おばと甥)(養子と養方の傍系血族を除く)”)、競走馬の場合、何か明文化された禁止事項はあるのでしょうか?
(経験上のタブ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと古いですけど
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1978101925/
父と母母が全兄弟
母父と母母が半兄弟
これがあるからやろうと思えばできるのではないの