こんど尾道へ旅行に行くのですが、尾道のとっておきの観光スポットや
レストランなどあれば教えてください。
できれば大林宣彦の尾道3部作に関係してるような場所だったら
とてもありがたいです、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 西願寺は「さびしんぼう」の舞台となったお寺です。

土産物もなければ、ジュースの自動販売機もない、とても素朴なお寺です。以前ふらっとここを訪れた時、中に入ることができて、住職の岡田慈照さんから、当時の撮影の時の様子などを伺うことができました。突然の訪問だったにも関わらず、ロケの時の写真アルバムなども見せていただきました。大林作品の美術監督を担当していた薩谷和夫さんが見つけたのが、このお寺です。薩谷さんは東京の人でしたが、尾道が気に入り、住みたいと考えていました。しかし、1993年1月6日に薩谷さんは57歳で癌で亡くなりました。お寺の裏を上っていく墓地の中程に薩谷さんのお墓はあります。
 御袖天満宮は、「転校生」で二人が石段から転げ落ちるシーンのロケ地で、とても雰囲気があります。
 喫茶「 TOM」は、大林監督がよく打ち合わせをする店で、ここのマスターもとても気さくな方です。
 ロケ地については、本屋さんに、ロケ地マップが置いてありますので、それを活用するといいと思います。
 尾道のいいところは観光地化されていない、古い人情が残っているところです。ロケ地が判らなくて探していると、通りがかりの人が声を掛けてくれたりします。それから、夜景が抜群に素晴らしい。僕は世界で一番の夜景だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます、大変参考になりました。
先日、尾道3部作のビデオを借りてきて見たんですが「転校生」なんて
とても懐かしくて、見ていたらこの場所に行ってみたいと思って
突然、この旅行を計画しました(冬なので安いというのも魅力で)
映画のシーンを思い出しながら、ロケ地巡りを堪能したいと思います。

お礼日時:2001/01/25 09:58

前の方のHPに沢山情報があると思いますので、私的なお勧めを、



今、私の机の上にはコブシ大の御地蔵さんが置いてあります。これは尾道の持光寺
で作った「にぎり仏」です。お坊さまの説明を聞きながら粘土で作りますが、
1時間チョットでできたと思います。後で焼いてもらい、宅配で送ってもらいます。
1500円から2000円くらいだったでしょうか。ちょっと高いかな?でも、とても
良い思い出になってます。にっこりと笑っている御地蔵様を見るたびに、
私の御地蔵さまはかわいい!と自己満足しています。(要予約かな?)

それと、有名過ぎるワッフルの店は必ず行って下さいね。
お店はゆっくりできますし、ワッフルもとても良いです。店の前のテーブルで休むことも○です。
千光寺へ上がるケーブルカー乗り場の直ぐ前なのですぐ分かるでしょう。

う~ん、いっぱい書いていますが、最後に瀬戸内海の美味しい魚を食べましょう。
私は「青柳」でオコゼのから揚げや、うに丼を食べました。ちょっと高かったけど美味しかった。
今なら広島の牡蠣も美味しいです。

行かれるのは尾道だけですか?楽しい旅になればいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっておき情報ありがとうございます。
きっととてもかわいい御地蔵様なんでしょうね?
予定では尾道と、時間があればしまなみ海道も行こうかと考えています
でもいろいろ考えると、尾道でゆっくりするのもいいかな?
ワッフルの店は必ず行きますよ、おいしいお魚も魅力ですね...

お礼日時:2001/01/25 10:17

下記のページに゜尾道観光ガイドリンク」が有ります。


参考にしてください。

http://www.sanyo-gr.co.jp/ONOMICHIkanko.html

http://www.bisan.co.jp/sight/teikan/kanko-spot/s …

http://www.bisan.co.jp/sight/simanami-sight/onom …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/25 10:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尾道観光

こんばんは
1.
尾道観光でお勧め場所を教えてください。
尾道は全くの初心者で尾道に前泊、午前中は大和ロケセット、午後から17時くらいまでが自由観光です。
美味しいお店や綺麗な風景有名どころを教えていただければと思います。
2.
レンタカーの方が便利でしょうか?
3.
尾道と新尾道が離れているのですがここの移動手段は何になるのでしょうか?
4.
新幹線の格安チケットって尾道でも購入できますか?ちなみに名古屋までです。

沢山書いてしまいましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
尾道は大林宣彦監督がたくさん映画を撮ってます
「時をかける少女」「さびしんぼう」「ふたり」
「転校生」ほか多数

景色は 千光寺山に上がると 瀬戸内海を一望できます
(季節は おわりましたが千光寺は日本桜100選に入っています)
文学の小道があったりします
千光寺にはローウェイであがれます
ロープウェイの下の乗り場横にある「コモン」のワッフルは有名です
あとは尾道ラーメンでは「朱華園」が有名ですね

(2) 尾道は狭いので車でなくても十分まわれますよ
坂の歩道が多い分 千光寺など散策するなら車より徒歩の方がいいかもしれません

(3)移動は バスかタクシーになります

(4)格安チケットは売っていませんので 事前に地元で購入したほうがよいですよ

ちなみに尾道は のぞみはとまらないので 福山で乗換えで在来線でもいいかもしれません30分くらいです

Q尾道お勧めスポット

7月29日から会社の夏休みで四国に帰り、その際に尾道に観光に行こうと思っています。ここはお勧めという場所、食べ物、お土産がありましたら、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

尾道に行くならここは行っておくべきでしょう!
千光寺!
ここからの眺めは最高です。

後は食べ物は海の幸も最高ですし、
尾道ラーメンもお勧めです。

以下のURLを参考になさって下さい。

私は広島県民ですが、暫く尾道に行ってません。
久々に行きたくなりました(^-^)

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/onomichi/kanko1_8.html

Q尾道・呉観光

2月11、12日の二日間で、尾道・呉の観光を計画しています。
日程は、以下のとおりです。
1日目:広島空港→尾道(YAMATOロケセット観光)→呉(宿泊)
2日目:呉→大和ミュージアム→江田島→入船山→広島空港

そこで、質問です。
1:「広島空港-尾道-呉」間の移動で使えるお得な切符はありますか?
2:尾道ラーメンのおいしいお店
3:呉市内で、食事のおいしいお店

皆様、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お得な切符は無いようですね
 広島空港-尾道は三原でJR乗換えになりますか(尾道行きは1便のみ)
  http://www.urban.ne.jp/home/chubus/rin.html
尾道→呉の移動にはイベント列車があります。ご参考に(三原始発ですが)
 http://www.kanko-hiroshima.or.jp/kyan_marineview.html
10~12日に三原神明市があります。時間があれば
 山陽路に春の訪れを告げる400年以上の伝統をもつ祭り。「日本一大だるま」の掲揚や植木市,だるま市などの露天商が多数出店。
12日には大和ミュージアム発着で呉観光ボンネットバスツアーがあります
 問合せ 呉市交通局営業センター(0823-25-6719)
11日に「呉かき祭り」が行われますが時間的に?

朱華園のそばは尾道ラーメンではなく「中華そば」でお勧めです
呉では「屋台」という手もありますが、最近オープンした複合ビルを参考に
 http://www.kure-recre.com/

Q尾道~道後温泉(しまなみ街道)のお勧めスポット

尾道~道後温泉(しまなみ街道)のお勧めスポット
尾道~道後温泉を5~6時間くらいかけて行こうと思うと、しまなみ街道のどこを観て回るといいでしょうか?
昼食のお勧めなどありましたら是非教えて下さい。
ちなみに小学生2人の家族で、移動は自家用車です。
ヨロシクお願いしま~す!!

Aベストアンサー

<その1>
昼食のおすすめは「伯方島のさんわ」です。
塩ラーメンは昔ながらの味で旨かったです。
小さなお店ですのでピークを少しずらす方が良いかもわかりません。

http://sanwa.ocnk.net/

<その2>
必ず立ち寄って欲しい場所は糸山公園展望台です。
メインは来島海峡大橋ですが360°大パノラマです。

Q尾道の素敵な観光スポット・旅館・ホテルありますか?

私は映画「尾道三部作」の大ファンで 一度尾道市を訪れたいと思っています。
 
尾道市は観光施設はあるのでしょうかね?
あれば是非教えて下さい。

Aベストアンサー

数年前に18きっぷでふらりと訪れ、尾道の虜になった一人です。

私も尾道三部作のうちさびしんぼう以外の2作品を以前見て、坂と海の美しい街だなという印象がうっすら記憶に残っていたのですが、まさにその通りでした。
山の斜面にはたくさんの家々とお寺が所狭しと建ち並んでおり、その間を縫うように走る小道は幾通りも散策の方法があります。あらこんなところにパン屋があったのね!なんて、地元の人でも何度歩いても発見があるのよ、と宿のおばさんが言っていましたがそんな風に愛せる街って素敵ですよね。

食べ物としては尾道風お好み焼き、海産物、尾道ラーメンなど。坂を登るとパン屋やカフェなど新興のお店がたくさん点在しています。海沿いにある白いのれんの小さな食堂で魚の煮付けの朝ごはんを食べましたが、水面の煌めきを遠くに見ながらで一段と美味しかったです。コーヒーがお好きでしたら尾道浪漫珈琲という喫茶店もあります。

おすすめしたいスポットは三部作のロケ地、味わいある尾道商店街、文学に興味がおありならおのみち文学の館や、林芙美子や志賀直哉にゆかりの場所を巡られてもいいかもしれません。あとスポットではないですが路地のあちこちで猫が昼寝をしており、カメラのフォルダが順調に埋まります。
また、ロープウェイで山を一気に登るとそのてっぺんにおしゃれな美術館があり、脇を通り抜けてもっと歩いた先の展望台から、レトロな街並と尾道水道の全体を視界に収めることができます。

尾道は外国人にも評判がよく、しまなみ海道へ向かうのか朝から自転車で走っている欧米の方を見かけます。(ご興味があればレンタサイクルで一日楽しめます)
「あなごのねどこ」という町家建築のゲストハウスは海外からの客も含め人気の宿で 、隣のカフェで時々地元に根ざしたイベントなど開いているようで、個人的に次はそこに行ってみたいなと思っています。尾道は古い建物が多いので、そういった宿で過ごされても風流です。

たくさん書きましたが、海鳥の鳴く早朝、一面オレンジに染まる夕暮れ、仄暗い船灯が浮かぶ夜、いろんな尾道を存分に楽しまれてください。
こちらも参考にどうぞ。
http://mery.jp/24759
http://gure-tinu-hitori.sakura.ne.jp/roketi_meguri_top.htm

数年前に18きっぷでふらりと訪れ、尾道の虜になった一人です。

私も尾道三部作のうちさびしんぼう以外の2作品を以前見て、坂と海の美しい街だなという印象がうっすら記憶に残っていたのですが、まさにその通りでした。
山の斜面にはたくさんの家々とお寺が所狭しと建ち並んでおり、その間を縫うように走る小道は幾通りも散策の方法があります。あらこんなところにパン屋があったのね!なんて、地元の人でも何度歩いても発見があるのよ、と宿のおばさんが言っていましたがそんな風に愛せる街って素敵ですよね。...続きを読む

Q高松→今治→尾道→倉敷→姫路 お勧めは?

今度 四国/中国地方の1人旅を考えてます。
来週(5/19発)又は再来週(5/25発)の予定です

夜行バス→高松→今治→しまなみ街道(レンタ自転車)
→尾道→倉敷→姫路→戻り
のコースで3~5泊したいと思ってます。

移動手段は、公共交通機関(電車、バス)で考えてます。
無理の無い工程でこのコースを回る場合

(1)どこで宿泊するのが良いでしょうか?
(2)お勧めの宿(あまり高くない)
(3)各々地域のお勧めスポット
(4)各々地域のグルメ情報
(5)各々地域の地元の穴場

ありましたら教えて下さい
よさそうな所をチョイスして
プランニングしたいと思います
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず宿泊地は、
今治(夜行バス疲れ&移動疲れ)、尾道(レンタサイクル後は疲れているでしょうし)、倉敷(ちょっと伸ばして岡山)、姫路が良いかと思います。

 夜行バスで早朝に高松に着きますのでしょうから、高松観光は安心して終わると思います。ここでは讃岐うどんですね。その後今治へ移動して宿泊します。
 翌朝はしまなみ海道を自転車で縦断。だいたい半日かかると思います。尾道に着くと疲れているでしょうから、翌日のために早めにチェックインしてはいかがですか?
 次の日は前日の疲れを癒しつつ軽めの尾道観光ですね。夕方過ぎには倉敷へ移動します。宿泊地ですが、倉敷よりも岡山の方が多いと思います。
 次の日は倉敷、ついでに岡山観光ですね。終わったら一挙に姫路へ、と言いたいのですが、姫路へ行く目的は姫路城だと思います。しかし、姫路城は5月までは16時に最終入場(閉城は17時)になってしまいます。ちなみに6月からは17時が最終入場時刻です。ということで、夕方に姫路についても姫路城観光は不可能ですから、岡山でもう1泊するか、姫路で1泊し、翌日に姫路城観光になります。参考に姫路城観光は最低でも2時間が必要なくらい広いです。
 しかし、姫路は意外と観光する場所は少ないです。ですから、時間が非常にあまると思いますので、もしも夜行バスで帰路につくのであれば神戸や大阪でもうひと観光か、そのまま新幹線などで帰るなどもいいと思います。
 
 僕だったらこんな感じでスケジュールを組みますね。今までの経験上、1日で2県にまたがっての観光は時間的にも疲労的にも不可能です。レンタサイクルによる疲れがなおさら心配なのですが・・・
 各地の詳しいところは他の方々にお任せします。
 宿泊に関しては『旅の窓口』(下のURL)がいいですね。

参考URL:http://www.mytrip.net/

まず宿泊地は、
今治(夜行バス疲れ&移動疲れ)、尾道(レンタサイクル後は疲れているでしょうし)、倉敷(ちょっと伸ばして岡山)、姫路が良いかと思います。

 夜行バスで早朝に高松に着きますのでしょうから、高松観光は安心して終わると思います。ここでは讃岐うどんですね。その後今治へ移動して宿泊します。
 翌朝はしまなみ海道を自転車で縦断。だいたい半日かかると思います。尾道に着くと疲れているでしょうから、翌日のために早めにチェックインしてはいかがですか?
 次の日は前日の疲れを癒...続きを読む

Q4泊5日で倉敷、高松、今治、尾道、宮島に観光しようと思っています。無謀でしょうか?

4泊5日で倉敷、高松、今治、尾道、宮島に観光しようと思っています。無謀でしょうか? 一人旅で移動は交通機関です。

旅費の都合上、広島空港発着です。
1日目 広島空港→岡山へ 15時頃着
岡山城、後楽園を見て倉敷へ
2日目 午前中 倉敷
午後 岡山→高松へ
うどんを食べて夜松山へ
3日目 午前中 今治
午後 今治→尾道
4日目 尾道観光
5日目 宮島観光 15時頃宮島から帰る予定です。

瀬戸大橋、しまなみ海道、倉敷、尾道、宮島に行きたいと考えてこの行程になったのですがこれなら次回機会あるときに別々に行ったの方が良いのですか?

Aベストアンサー

まぁ、何処え行こうと人の勝手と言われりゃ是非もなしだが、総花的だと思う。
宿は決まってるの?

私なら、もっと的を絞ると思う。
この旅のハイライトは、厳島神社のライトアップ。
これを軸に岩国錦帯橋・原爆資料館・大和ミュージアム(呉)・竹原町並み・尾道&耕三寺辺り。帰路が新幹線東京方だと倉敷美観地区を追加しても良いと思う。

瀬戸大橋を視たけりゃ、児島港から遊覧船の方が圧巻だし、鷲羽山に登っても良い。
讃岐うどんだけに高松と言うのも???
折角、四国に渡るなら琴平宮に行かなきゃ。

Q観光 尾道~しまなみ

広島市内から車で尾道~しまなみ海道の日帰りプランを考えています。
11歳と2歳の子供がいるのでハードな行程は無理ですが、お勧めの場所や穴場、お店があれば教えて下さい。尾道に関してはネットで色々検索してしますが、おおまかな所要時間やしまなみ海道でのポイントがいまいち把握できていません。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

見所や遊びどころ一杯ですね。サイトをいくつかご紹介します。
http://www.go-shimanami.jp/
http://www.town.kamijima.ehime.jp/kanko/
http://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/kankom02.html

行き帰りに同じコースはつまらないものです。
広島県呉市に新しいルートができています。
『安芸灘とびしま海道』です。
http://www.city.kure.hiroshima.jp/kuredoc/topics080828_0100.html
11/18開通の豊島大橋開通で…今治港から岡村島までフェリーで渡ると後は地続きです。
http://www.go-shimanami.jp/access/h.html
※フェリーは小型ですので事前にお問合せを

また、今治市から松山市方面へ国道196号線で松山市堀江港から呉阿賀港までのフェリーも便数が多くて便利です。
http://www.kurematu.co.jp/

Q尾道のとっておき観光スポット教えて下さい

こんど尾道へ旅行に行くのですが、尾道のとっておきの観光スポットや
レストランなどあれば教えてください。
できれば大林宣彦の尾道3部作に関係してるような場所だったら
とてもありがたいです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 西願寺は「さびしんぼう」の舞台となったお寺です。土産物もなければ、ジュースの自動販売機もない、とても素朴なお寺です。以前ふらっとここを訪れた時、中に入ることができて、住職の岡田慈照さんから、当時の撮影の時の様子などを伺うことができました。突然の訪問だったにも関わらず、ロケの時の写真アルバムなども見せていただきました。大林作品の美術監督を担当していた薩谷和夫さんが見つけたのが、このお寺です。薩谷さんは東京の人でしたが、尾道が気に入り、住みたいと考えていました。しかし、1993年1月6日に薩谷さんは57歳で癌で亡くなりました。お寺の裏を上っていく墓地の中程に薩谷さんのお墓はあります。
 御袖天満宮は、「転校生」で二人が石段から転げ落ちるシーンのロケ地で、とても雰囲気があります。
 喫茶「 TOM」は、大林監督がよく打ち合わせをする店で、ここのマスターもとても気さくな方です。
 ロケ地については、本屋さんに、ロケ地マップが置いてありますので、それを活用するといいと思います。
 尾道のいいところは観光地化されていない、古い人情が残っているところです。ロケ地が判らなくて探していると、通りがかりの人が声を掛けてくれたりします。それから、夜景が抜群に素晴らしい。僕は世界で一番の夜景だと思います。

 西願寺は「さびしんぼう」の舞台となったお寺です。土産物もなければ、ジュースの自動販売機もない、とても素朴なお寺です。以前ふらっとここを訪れた時、中に入ることができて、住職の岡田慈照さんから、当時の撮影の時の様子などを伺うことができました。突然の訪問だったにも関わらず、ロケの時の写真アルバムなども見せていただきました。大林作品の美術監督を担当していた薩谷和夫さんが見つけたのが、このお寺です。薩谷さんは東京の人でしたが、尾道が気に入り、住みたいと考えていました。しかし、1993...続きを読む

Q愛媛から尾道

愛媛から尾道(福山)へ行く最短ルート(最安ルート)教えてください。しまなみを渡る方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

しまなみ海道を125ccまでのバイクで渡って下さい、510円です。


人気Q&Aランキング