心理学の授業の期末テストに、
「脳の高次機能とは何か、またその障害を述べよ」という論文風の問題が出ます。(先生が直接言いました)

早速、試験の対策用にいろいろ調べてみたのですが、「高次機能」とは何なのかわかりません。
心理学辞典にも載ってませんでした。
教科書をみてみたら、「高次機能」のことを「高次精神機能」とか「高次神経機能」とかという風にかいてあったのですが、どちらも心理学辞典には載っていませんでした。
普通の「精神機能」はあったのですが、「高次」とついてるのはやっぱり違うんでしょうか?

ちなみに「脳の高次機能の精神障害」には、
失語、失行、失読、失書などや、健忘などがあげられます。これは調べられたし、教科書にもありました。
どうしても「脳の高次機能」がわからず困っています。

「脳の高次機能」とは何なのでしょうか?
一般的には何か別の言葉で表現されているのでしょうか??
「高次精神機能」や「高次神経機能」でも構いません。
どなたかご存知の方教えてください。
また“神経心理学“についてよくかかれているサイトなどもあればおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

時、人、場所などをきちんと認識できていることを、見当識が保たれているといいます。

今日が何月何日で、目の前にいる人がだれ又は何をしている人で、ここはどこでというようなことが認識できているということです。逆に、これらのことが認識できていないのが、見当識障害(失見当)です。
見当識と高次脳機能はイコールではなく、見当識は高次脳機能の一部に含まれます。
また、見当識障害は、意識障害の有無とは切り離して考えるべきものです。たとえば、アルツハイマー型老年痴呆の方などは、意識は清明であっても見当識障害が認められます。
また、その他の高次機能も、必ずしも意識障害は伴いません。
例えば、失語症は言語中枢や言語中枢間を結ぶ線維の障害で起こり、着衣失行は右頭頂葉の障害で起こりますが、局所的な脳出血や脳梗塞が原因の場合、急性期には意識障害があってもいずれ清明になります。しかし、失語や失行は後遺症として残ることが多いのです。
高次脳機能の、「高次」というのは、触覚や痛覚や温度覚や視覚や聴覚、嗅覚などの「単純な」感覚ではなく、それらを統合して物事を判断する「より高次の」脳機能という意味です。

別に私は怒ったりなんかしていませんよ(笑)
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答(アドバイス?)ありがとうございます。

なるほど。
高次脳機能の一部に見当識がある、ということですよね。
高次脳機能が「脳機能よりも高次の機能」を意味してるのなら、
高次脳機能の前に脳機能を説明したほうがいいかもですよね。
それなら見当識の説明のあった文献もたくさんあったし直接「高次脳機能」を説明するより(私的に)わかりやすいです。

今回はとてもnaokunさんにお世話になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/01/26 19:18

ちょっと急いで書いたので、下を少し訂正します。


>見当識障害は、意識障害の有無とは切り離して考えるべきものです。たとえば、アルツハイマー型老年痴呆の方などは、意識は清明であっても見当識障害が認められます。
というところの、「意識障害の有無」を「覚醒の有無」に、「意識は清明であっても」を「覚醒していても」に直して下さい。厳密にいうと、覚醒している(きちんと目を覚ましている)ことと、意識が清明であるということは違うことです。見当識障害は、軽症の意識障害として捉えられることもありますので。
よけい混乱してしまったでしょうか?でも、それ以下の回答はそのままでけっこうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~~、ちょっと混乱しましたが、ゆっくり読み直して理解しました。
大丈夫です。(^-^*

訂正ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/26 19:20

高次脳機能障害は、あなたの調べたことであっていますよ。


高次脳機能とは、記憶を含めた認知機能のことです。
これ以上のことは、人を頼らず自分でやって下さいね。見当識とは、失語の種類は、失行とは、失認とは、等も教科書に載っているはずですから、自分なりに理解して、試験の時は自分の言葉で解答して下さいね。

この回答への補足

お礼の後に書いてます。

今日、学校で「見当識」調べてみました。
ちゃんとありました。(^-^*
「失見当」が、意識障害、記憶障害などのことを指す、ということは、
やっぱり「高次脳機能」=「見当識」でいいのかな??
「見当識」についての文献は結構あったようなのでもうちょっと調べてみます。

あと・・・・・・
私も私なりにいろいろ調べているんですが、調べきれなかったことを質問させていただきました。最初から最後まで人に頼る、という気はありません。
naokunさんに怒られているような気がしたのでちょっと言い訳(じみたこと?)を言ってみました。(^-^;

何はともあれ、今回はどうもありがとうございました。

補足日時:2001/01/26 04:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「記憶を含めた認知機能」ですか・・・・なるほど。
「高次脳機能」=「見当識」ということでしょうか?
「見当識」調べてみます。
んんん。教科書にはありませんでした・・・・・(T-T)あぅあぅ。
心理学辞典は持っていないので、明日学校で調べてきます。うしゃ。

今日学校で、
「精神機能障害」を辞典で調べた所、
「疾患による直接的な機能の障害のことで、知覚、思考、判断、記憶、動機付け、情緒、行動の選択と組織化など世親機能の諸要素が障害されること」
とありました。
それは「高次機能障害」と似たような障害のような気がするのですが、
「高次」がつくことで何か他の意味があるのでしょうか?

あぅ。お礼のつもりがまたまた質問してしまいました。
この質問は、試験とは関係なく(直接関係はないはず?)質問に答えていただいて新たに生まれた疑問?です。
気が向いたら教えてください。(^-^*

今回は「専門家」の貴重な回答ありがとうございました。
しかしこれは本当に一般教養科目なんでしょうか・・・・・・・(^-^;

お礼日時:2001/01/25 00:50

「脳の高次機能の精神障害」が、失語・失行・失読・失書・健忘なら、それに対応する機能、すなわち会話、正しい行動、読む、書く、記憶って事が高次機能って事になるんじゃないですか?一般人の想像ですけど。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど。
確かにnobor3さんの言う通りですよね。
「高次機能」なんて私にはむつかしい言葉でついついむつかしい事を考えてたんですけど、
普通に元をたどればそういう事ですよね。
なるほど!
とても参考になりました。ありがとうございます。(^-^*

お礼日時:2001/01/25 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうだつが上がらない

うだつ「の」上がらないと言いますが辞書にはうだつが上がらないと書いてあります。うだつ「の」上がらないでは間違いですか?
それからうだつが上がらないとは出世しないという意味で見た感じさえないという意味は含まれないんでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<うだつ「の」上がらないでは間違いですか?>

間違いとは言えません。

1.通常は「が」が使用されるのが慣用的です。

2.一方、格助詞「の」にも「主格」の用法があります。

3.主格の「の」は本来準体用法をつくる助詞として、述部が名詞にかかったり、その名詞が省略される語法で使われていました。
例:
「白き鳥の端と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食う」

ここでは「白き鳥の」の「の」が主格の格助詞で、主語として
「端と脚と赤き」
「しぎの大きさなる」
という2つの述部にかかっています。

そして、それぞれ「赤き」「大きさなる」という連体形止めになり、ここでは「(白き)鳥」という名詞が省略されているのです。この「主格の『の』+連体形+名詞の省略」の形を準体用法といいます。

4.現代語でも、この主格の「の」が用いられる場合は、「準体用法」の名残として、名詞を補うことが多く、省略されていても「名詞」が暗示されています。
例:
「頭の良い人」=「頭が良い、人」
「都合のいい時間」=「都合がいい、時間」

これらの「の」は主格の格助詞で「が」と同じ働きをします。しかし、通常は「人」「時間」などの名詞と共に使われる用法なのです。それが準体用法の名残と説明する理由です。

5.従って、「うだつの上がらない」という表現も間違いではありませんが、述部で言いきる叙述用法はなく、上記のように「準体用法」の名残を受けて、通常は名詞にかかるように限定用法として用いられるのが正しい用法です。
例:
「彼はうだつが上がらない」(O:叙述用法)
「彼はうだつの上がらない」(X:叙述用法)
「彼はうだつの上がらない人だ」(O:限定用法)


ご質問2:
<うだつが上がらないとは~見た感じさえないという意味は含まれないんでしょうか?>

含まれません。

1.「見た感じ冴えない」という印象は、「うだつが上がらない」の副次的な印象で、必然的な「=」の関係はありません。

2.つまり、
「うだつが上がらなくても見た感じは立派」
「うだつは上がる(出世している)のに見た感じは冴えない」
という例外も十分ありうるからです。

3.「うだつが上がらない」を使って「見た感じ冴えない」という意味と同義にするには、婉曲を表す語「そう」などを使って「うだつが上がらなさそう」などとすればいいでしょう。

4.ちなみにご存知だと思いますが、「うだつ」とは、徳島県の脇町で発祥した「隣家との境にある小屋根付きの火よけ壁」のことをいい、この建造にかなりの費用がかかったため、それが立つことは経済状態がよく商売繁盛を意味し、そこから「出世する」という意味で使われるようになったものです。

5.従って、「うだつが上がる」とは、文字通り「うだつを立てることができた」ことを意味しますから、「出世する」という直接的な事実としての言葉が使われるのです。「出世しそう」という予想・雰囲気ではありません。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<うだつ「の」上がらないでは間違いですか?>

間違いとは言えません。

1.通常は「が」が使用されるのが慣用的です。

2.一方、格助詞「の」にも「主格」の用法があります。

3.主格の「の」は本来準体用法をつくる助詞として、述部が名詞にかかったり、その名詞が省略される語法で使われていました。
例:
「白き鳥の端と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食う」

ここでは「白き鳥の」の「の」が主格の格助詞で、主語として
「端と脚と赤...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q時給が上がらないのは、先輩が仕事を教えてくれないから

アルバイトの職場に勤めています。日に四時間勤務のパートなのですが、午前中、午後、夜間とシフトを組み、十人の女性が勤めています。(五十代中心、家庭の奥さんばかり)私は夜間の時間帯を主にしていますが、午後の時間のある女性(Sさんといいます)の陰口をよく耳にします。
最近、契約更新になったばかりなのですが、更新時に、評価で時給が少しづつ上がります。評価は三段階で、一段階十円づつで、一番よい評価でも、三十円です。
契約書の前に打診がありますが、それによると、今回、私は十円だけ上がりました。つまり、普通の評価なのだと思います。私としては、夕方から夜にかけて、一番忙しい時間帯に働いて、十円しか上がらないのは、少し残念なのですが、Sさんの噂を耳にしました。
「今回時給が上がらなかったんだって。時給が上がらないのは先輩の○さんが仕事を引き継いでくれたり、教えてくれないからだって言っていたって。」
同僚の一人が、陰で教えてくれました。
今はこういうご時勢です。パートの時給もなかなか上がらないでしょう。私は、Sさんに気にすることなんかないんだよ、不況なんだから、人件費も厳しいのだから、仕事があること自体、感謝しなければ、と言ってあげたくなりました。またこういう陰口を言う、同僚も世知辛いなと感じました。
パート同士も、そう凄い技術や能力の差があるわけではないので、先輩も獲得した仕事をなかなか渡さないのはわかりますが、時給が上がらないのは、先輩が仕事を教えないからという言い訳は通ると思いますか。
私とSさんは、入職して十ヶ月程度の差しかありません。Sさんのほうが先輩です。

アルバイトの職場に勤めています。日に四時間勤務のパートなのですが、午前中、午後、夜間とシフトを組み、十人の女性が勤めています。(五十代中心、家庭の奥さんばかり)私は夜間の時間帯を主にしていますが、午後の時間のある女性(Sさんといいます)の陰口をよく耳にします。
最近、契約更新になったばかりなのですが、更新時に、評価で時給が少しづつ上がります。評価は三段階で、一段階十円づつで、一番よい評価でも、三十円です。
契約書の前に打診がありますが、それによると、今回、私は十円だけ上が...続きを読む

Aベストアンサー

>時給が上がらないのは、先輩が仕事を教えないからという言い訳は通ると思いますか。

どんな世界でも、それはありえません。
「盗んででも覚える」のは基本の基本。

ウチの会社だったら、「先輩が仕事を教えないから」って言ったら
あと2年は給料が上がらないです。

こんな時代だからこそ、努力が収入になるのですよ。

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q一般事務の賞与が上がらないというのは本当ですか?

タイトルの通りなのですが、一般事務は賞与が上がらないのですか?
できる業務内容が増えてもですか?
業務範囲が広がり 会社に貢献しているのに、どこの会社でも賞与が上がらないのですか?
もちろん不景気だから一時的に上がらなくなるっていうならわかるのですが・・・
どこの会社でも100%、一般事務の給与は上がらないのですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
某企業で一般事務をしていました。
賞与は会社の業績によって決まる場合がほとんどですが、
「すべての会社で100%一般事務は賞与が上がらない」
ということはあり得ません。
なぜなら、私の賞与は順調に上がっていましたから。
もちろん。この不景気に突入する前は他企業に勤める
友人の賞与も上がっていました。

しかし、会社によって人事考課のあり方も業績の指標も異なりますし、
おっしゃっているように、こういう時期ですから、
残念ながら「年次が進めば上がる」とも言えません。

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Q日本が好景気になるには不動産の地価が上がらないと好景気にはならないのでは?物価が上がって好景気と

日本が好景気になるには不動産の地価が上がらないと好景気にはならないのでは?

物価が上がって好景気とか円安で好景気とかなり得ない。

好景気になるには不動産の土地の価格が上がらないといけないがもう日本が戦後のように少子化で地価が上がることはないと思う。

よって日本に再度の好景気というのは起こらないと思います。

どれだけトヨタ自動車が好業績を収めても日本が好景気にはならない。

不動産の土地の価格が上がって好景気になった。

好景気になるには不動産の土地の価格が上がらないと起こりえない。

土地の価格が上がらないで好景気になるってあり得ますか?

Aベストアンサー

地価が上がれば好景気になるということではなくて、好景気になれば波及効果として地価が上がるということでは?
好景気はお金の循環が盛んになって、その余剰部分が不動産投機に走って、結果的に需要と供給の関係で値上がりするんだと思います。
そもそも、土地の値段が上がるためには、それを買う需要が増えなければいけません。そしてその需要を増やすためには、その原資となるお金巡りがよくなければいけません。

Q精神科医 心理学(臨床心理士)

精神科医 心理学(臨床心理士)

精神科医は西洋医学(唯物論)を学ぶわけですよね?臨床心理士(心理学)はどちらかと言えば形而上に近いと思うのですが、これは唯心論にも近いように思えます。間違っていたら指摘して下さい。

病院のようなところでこの2つの職種は対立しないのでしょうか?
ご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

少なくとも現代の心理学は「唯心論」ではありません。
むしろ「心」なる存在の自明性に疑義を突きつけ,
「心」について語ることを棚上げしたことで
20世紀心理学の飛躍的発展は可能になったのです。

また「形而上」ということばで
「時空間の中に形をもつ感覚的現象として存在することなく,
超経験的な,理性的思惟によってのみ捉えられる存在」
のようなものを想定なさっているとするなら,
それも現代の心理学には当てはまりません。
心理学は「経験科学」たらんとして哲学から独立したのであり,
「測定」できないものは心理学の対象とはなり得ません。

病院臨床において
臨床心理士に期待される職務の第一は
知能やパーソナリティについての
心理学的査定を行なうテスターとしての役割であって,
まさに「測定」の専門家という位置づけです。
この役割を忠実に遂行する限りにおいて,
診断における行動科学化の進展した
現代の精神医学と齟齬を来たすはずはありません。

実際の臨床現場において
臨床心理士が医師の診断や治療方針に
異議を唱えることがあったとしても,
臨床心理士には法的な権限も責任もないため,
取り入れるかどうかは医師しだいです。
個人的信念に基づくスピリチュアルな解釈や
エビデンスの乏しい療法を振り回すような臨床心理士では
病院臨床は成り立たないでしょう。

臨床心理士の立ち位置は
気象予報士のそれと似たところがあるかもしれません。
気象学は独自の概念や認識枠を用いながら
物理法則を勝手に乗り越えたりすることがないように,
心理学も独自の概念や認識枠を用いながら
生物学的事実を否定したり無視したりはしません。
だからこそ臨床の現場において
精神科医との共同作業が可能になるわけです。
心理学の研究成果を水先案内として
いわゆる脳科学と称する研究分野が発展を遂げているのも
同じ理屈です。

こちらのQ&Aも参考にしてください

■心理学と哲学・思想の違い
 http://okwave.jp/qa/q2030505.html
 (回答数がむやみに多く,また編集が入っています。前半だけ読めば充分でしょう)

■心理学と哲学の違い
 http://okwave.jp/qa/q5156058.html

少なくとも現代の心理学は「唯心論」ではありません。
むしろ「心」なる存在の自明性に疑義を突きつけ,
「心」について語ることを棚上げしたことで
20世紀心理学の飛躍的発展は可能になったのです。

また「形而上」ということばで
「時空間の中に形をもつ感覚的現象として存在することなく,
超経験的な,理性的思惟によってのみ捉えられる存在」
のようなものを想定なさっているとするなら,
それも現代の心理学には当てはまりません。
心理学は「経験科学」たらんとして哲学から独立したのであり,
「測定」で...続きを読む

Q今の若いニートの子供たちが、いくら努力しても社会的地位や給与が、上がらない現実を知る時、日本社会の安

今の若いニートの子供たちが、いくら努力しても社会的地位や給与が、上がらない現実を知る時、日本社会の安定や平穏が、保てるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、努力しても社会的地位や給与が上がらないからニートになるのではなくて、ニートになってしまったが故に自ら努力する機会を放棄して、結果的に社会的地位や給与を得ることが出来ないんだと思います。
彼らが目指すべきは、社会的地位や給与ではなくて、ニートから脱却するための努力です。
スタートラインにも立っていないので、立つことの努力をすべきです。

Q心理学(精神学)的に何と言うのでしょうか?

自分の非をけっして認めず、他人または他の要素に転換して言い訳をする状態の人間(患者?)を何と言うのでしょうか?
自分の非を転換するために虚言を平然と言い、虚言と感じない精神状態の人間(患者?)を何と言うのでしょうか?

漠然として申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「自己愛性人格障害」と言います。
    

参考URL:http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報