【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

(1) 軽自動車の営業ナンバーの取得方法を教えてください。
(2) 営業ナンバーを取得した場合、税金とか、車検とかは変わりますか? (現在は4ナンバーの商業車です。)
(3) 営業ナンバー取得にかかる金額はいくらぐらいですか?
(4) 任意保険は今までのままでしょうか?変更しなければなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1)軽自動車事務所で聞けば教えてくれます、軽自動車事務所とは軽自動車の登録検査をしているところで、普通車の陸運事務所にあたります。

軽自動車登録などでググれば出てくるでしょう。

2)検査に関する自賠責は同じなので変わりません、軽自動車税についてはすいません、私には経験がありません。

3)自分で申請書類を書いて申請すれば印紙代などで20000円くらいだったとおもいます。赤帽や軽急便などの法人に依頼すれば20万円くらい取られます。

4)任意保険は営業ナンバーになると契約を書き換えないといけません。アホみたいに高くなります。びっくりしないでください。3~4倍になります。

保険の代理店をしていた経験で書かせてもらいました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/12 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業車の黒ナンバーの取り方

こんばんは
仕事で使う車を中古で買いたいのですが、黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
中古車ショップでやってくれるのでしょうか?
自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?
お金はいくらかかるのでしょうか?
車検がまだ残っていても、もう一度車検を受けなければいけないようなことを聞いたのですが、どうゆうことなのでしょうか?
あと関係ないですが、信頼できる車のオークション代行のサイトを知っていましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
>自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?

営業ナンバーは、各都道府県の運輸支局に置いてある事業計画書(無料)に必要事項を記入し、支局内にあるトラック協会で軽貨物運送約款(¥700位)を購入し記入済み事業計画書とともに提出します。
窓口担当者から内容に不備がなければ受理証の印を押してくれるので、これを持って支局指定の軽自動車検査協会へ行き所定の用紙に必要事項を記入し提出しますこのときかかる費用は、印紙代
¥700、ナンバープレート¥2000、で先の¥700と合わせて¥3400
です。
但しナンバープレートは自分ではずして返却し、営業用ナンバーを取り付けます、この作業はドライバー1本あれば出来ます。
書類については高校生程度の学力があれば書ける書類です1日あればかけますので翌日朝から陸運支局へ行けば合計2日ですみます。


注意:軽貨物自動車を所有していることが前提です、ローンで買ったものも現金で買ったものも区別、制限はありません。
不明の点は各陸運支局へ問い合わせをしてください、
営業ナンバー取得に10万、20万はかかりませんたった¥3400
です、いつでも誰でも取得できます。営業ナンバーは許可、認可ではありません、ただの届出制です。

>黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
>自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?

営業ナンバーは、各都道府県の運輸支局に置いてある事業計画書(無料)に必要事項を記入し、支局内にあるトラック協会で軽貨物運送約款(¥700位)を購入し記入済み事業計画書とともに提出します。
窓口担当者から内容に不備がなければ受理証の印を押してくれるので、これを持って支局指定の軽自動車検査協会へ行き所定の用紙に必要事項を記入し提出しますこのときかかる費用は、印紙代
¥...続きを読む

Q自宅用の軽自動車を、軽貨物登録4ナンバーにできますか?

スズキ ワゴンR N-1を軽貨物登録4ナンバーに登録できますか?
できるなら現状をどういじればいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、ワゴンRを軽貨物車にとのことですが、

リアシートを外し、荷台として使えるように鉄板か木製の板を加工してそれらしい平らな形に加工し、
ライン通し(持ち込み登録)をすれば取れないことは無いと思います。

ただし、乗用車に戻せないようにシートを外したボルト穴などは熔接等でふさぐことをお勧めします。

そもそも完全な乗用車ですから、貨物使用に向くかは疑問です。
サスペンションだって人が乗って乗り心地を良くしようと設計されているはず。

なお、事業用(黒ナンバー)にする場合は予め「運送事業者」の届けを
陸運局に申請した書類が必要です。当然フロントドア下部に「軽貨物」
のステッカーが必要ですが。

ご参考までに
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/inspect.htm

Q営業ナンバーの軽貨物です。任意保険に新規で加入します。安いところ、お薦

営業ナンバーの軽貨物です。任意保険に新規で加入します。安いところ、お薦めはどこですか?

Aベストアンサー

営業ナンバーですから
安いもお勧めもありません。

何処でも高い!!

それだけです。

如何に軽四輪とはいえ
最初は免責設定して
対人だけでも入るのが精一杯でしょう。

多少の高い安いはあるでしょうが
誤差の範疇ですし
安いからと言って
あいおい、日本興亜、富士
辺りの
自ら
「ウチはもうお金ないんです」
と言い切ってしまうような会社は辞めておきましょう。

Q自家用車の業務使用・軽貨物の保険契約がお得な会社は?

自家用車の業務使用・軽貨物の保険契約がお得な会社は?

普通自動車(15等級契約あり)を所持していますが、仕事の関係で軽貨物バンを購入しました。
現在の普通自動車の契約はSBI損保ですが、ここは自家用車でも業務使用がメインだと契約しないようです。
他にお値打ちな保険会社をご存知でしたらご教授をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

通販型自動車保険は基本的に使用目的が業務使用の場合契約引受をしない保険会社が多いですが、三井ダイレクト損保は使用目的が問われませんし保険料水準も安い方です。
代理店チャネルだと朝日火災の自動車保険なども使用目的が関係ありませんから業務使用の場合大手よりもかなり割安です。

お客様側からすると保険料は安いに越したことはないのですが、自動車保険は事故が発生した時の対応力が商品力です。
通販型自動車保険会社は「営業コストを削減したので安い保険料になりました」と広告していますが、事故対応についてもコスト削減しているのが実態です。
くれぐれも保険料の安さだけでは選ばれないほうがいいと思います。

Qゆうパックの配送の委託について

ゆうパックの配送の委託についての質問です。
もう50歳を過ぎておりますが、独立を考え軽トラックの配送業を検討しています。
まずはゆうパックの配達の委託の仕事からとの事ですが、
軽車両はリースで貸して貰えるようで、近隣の狭いエリアを担当して月に30万くら
いになる様に書いてますが、ガソリン代などの経費は委託なら自分持ちのはずです。

以前、フランチャイズの軽運送は最初だけしか仕事は紹介されないと聞いたことがありますが、ゆうパックなどは如何(仕事がきつい)でしょうか?又、採算は合うのでしょうか?実際はどの程度の収入が見込めるでしょうか。

Aベストアンサー

昔郵便局(集配局)で働いてた事があります。
といっても配達の業務ではありませんでしたが、
ゆうパックの配達を委託されてた会社で配達員として働いてた人と仲良くなったのでいろいろ話を聞いた事があります。

やはりかなりきついみたいです。長く続いてる人は何人かいましたが、出入りが激しいように見えました。
繁忙期だとかなり朝早い時間から出勤して配達前の準備やルート確認などしなきゃいけません。

お客さんも結構無理言って再配達依頼してくる人が多いので帰りも遅いのもしばしば・・・。
そして1個配達して○○円(150円前後だったかな)っていう歩合制だったので、
比較的配達の少ない地域や荷物の少ない時期にあたると稼ぐ意欲はあっても、どうしようもないという。
特に月曜は荷物が少なく時間を持て余してるとも言ってました。

稼いでた時で月50~60万、おおよそ平均35万前後だったらしいです。
だけど、結局体力的にもきつく、割に合わないと感じたのか、その人は1年半くらいで辞めちゃいました。

Q自動車税や軽自動車税の営業用とは

よろしくお願いいたします。

運送業などではない会社経営者です。

今度の自動車税や軽自動車税の法改正に伴い、改正案などを読んでいます。
そこで疑問を感じたのが、今の税制でも使われている『営業用』という課税の区分です。

事業用としての緑ナンバーなどは聞いたことがあるのですが、営業用の乗用車などというものは、どのようなものなのでしょうか?
同一のくくりであれば厳しいとは思いますが、自家用を営業用に認められる利用となれば、税金が安くなるように思います。

ただ、営業用にすることで任意保険などが一般のものでなくなるというのは困ります。保険料が上がることは厳しいです。

運送業の会社の車で、実際に人や物を事業で運ぶ用途に使っていなくても緑ナンバーを使っているところがありますが、このためなのでしょうか?

一般の運送業としての許認可を得ることは難しいと思いますが、軽自動車を保有していますので、軽自動車での運送業であれば比較的簡単に許認可を取れるようにも思います。これにより税金が安くなるのであれば、少し検討したいと思います。

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

運送業などではない会社経営者です。

今度の自動車税や軽自動車税の法改正に伴い、改正案などを読んでいます。
そこで疑問を感じたのが、今の税制でも使われている『営業用』という課税の区分です。

事業用としての緑ナンバーなどは聞いたことがあるのですが、営業用の乗用車などというものは、どのようなものなのでしょうか?
同一のくくりであれば厳しいとは思いますが、自家用を営業用に認められる利用となれば、税金が安くなるように思います。

ただ、営業用にすることで任意...続きを読む

Aベストアンサー

緑ナンバーは運送業、車両の運行自体が業務の場合です。タクシーやバスは旅客業として緑です。2種免許が必要なアレです。

で、車体はまた別で、いわゆる4ナンバーが営業車となります。
荷室の広さ、タイヤの耐久力(重量に対する)などの規定が乗用とは異なっています。従って普通の5ナンバー車を営業用登録する事はできません。軽の営業車は無くなったか、税金の違いが無くなったか非常に小さくなったかと思います。改定でまた広がるのかな?
また、普通車の4ナンバーは1年車検です。営業で距離が伸びるから、という理屈らしいですが、いちいち面倒です。もちろん、工場へ出せば整備手数料がかかりますから、税金の安さを相殺してしまいます。
軽の4ナンバーは2年車検なので、この点は有利です。ただ、規定がちょっと変わったはずで・・・

任意保険はバカ高くなります。業務用ですから事故率がずっと上がります。
大手運送会社やタクシー会社は任意保険に入りません。全て自己資金で補償します。その方が結果的に安上がりになるからです。そのぐらい高いです。


人気Q&Aランキング