ジブリアニメの(なるべく)全作品の挿入歌・挿入曲が(これもなるべく)全て入っているCDを探しています。
(昔通販で売っていた記憶があるので探してみたけど見つかりませんでした。)
ご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

さらにtakonaguriです。


色々と探してみたのですが、「晴れた日に…」と「仕事はじめ」、そして「めぐる季節」が一緒に収録されているCDはありませんでした。
「晴れた日に…」と「仕事はじめ」が一緒のCDはあったのですが、「めぐる季節」は一緒には収録されているものは見当たりませんでした。
以前に見られた覚えがあるとのことですが、生産中止となっているかもしれません。
ただ、下記のサイトでCDを探してもらえるので(ジブリ関係オンリーで通販しているサイトです)、そこで探されてはいかがでしょうか?
一度行ってみてください。

参考URL:http://sound7.com/anime/jiburi/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
早速行ってみます。

お礼日時:2001/01/25 22:03

お探しの曲なら、53065さんの言うように、ジブリ関係じゃなく、アニメージュ関係を探したほうがいいです。


あ、でもサントラを聞きたいならジブリが良いですね。

「仕事始め」と「晴れたに」(←これ「晴れた日に」でしょう)は、「魔女の宅急便サントラ音楽集」に入ってます。
私が持っているのはテープですけど、CDも出ているはずです。
ここには「めぐる季節」の挿入歌無しもあります。

挿入歌の「めぐる季節」は「アニメージュボーカルコレクション」に入ってます。
ボーカルと付きますから、歌ばかりです。
「風の谷のナウシカ」から「魔女の宅急便」までの歌がすべて入ってます。
ちなみに「魔女宅」の歌では、「想い出がかけてゆく」「鳥になった私」「好きなのに!」「あこがれのまち」「めぐる季節」が入ってます。

私の持っているCDでは、だいたい「ナウシカ」から「魔女宅」までが1枚のCDとして出ています。
ジブリすべての曲が欲しいなら、10枚以上買う覚悟を持ったほうが良いですよ。
私は「魔女宅」で止まっちゃいましたが・・・(それだけでも5枚以上持ってる)



・・・・・通販で売っていたというのはあれですか?「魔女宅」が映画になったときに出たアニメージュの音楽集。それ買いましたね。私の気に入った曲ばかり入ってたんですけど、アニキに取られてしまいました。(シクシク)
    • good
    • 0

確か、アニメージュ(雑誌の)が作っていたアニメソングベスト版にもジブリ作品は結構入っていたような気がします。

ただ、かなり前のものですので、レンタルショップにはあるかもしれませんが・・・。実際私もテープにとってはあるのですが、曲名や、CDのタイトルを書いていません。すみません。「めぐる季節(?)」は入っていたような・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
一度レンタルショップに探しに行って見ます

お礼日時:2001/01/25 22:05

再びtakonaguriです。


>私が今特に聴きたいのは魔女の宅急便で使われていた「仕事はじめ」と「晴れたに・・・」と最後の1つはあまり覚えてないんですがたしか「めぐる?季節?」こんな感じの曲名~
と、ありましたが、残念ながら「STUDIO GHIBLI SONGS」にその3つは入っていません。
これは主題歌を集めたものなので、魔女の宅急便は荒井由美さんの「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」だけです。
あの、ところでその上記された3つは歌詞が入っていましたっけ?
それと、その他の曲名も書いた方がよろしいですか?
    • good
    • 0

えーと、これはサントラではなく「歌詞の入ったもの」という意味でしょうか?


そう解釈した上で、ご質問にお答えします。

TOKUMA JAPANより「STUDIO GHIBLI SONGS」というアルバムが出ています。品番は〝TKCA-71381〟です。
これには「風の谷のナウシカ」から「もののけ姫」までの代表的なものが入っています。
ただ、あくまで〝代表的なもの〟ですから、例えば「となりのトトロ」なら井上あずみさんの「さんぽ」と「となりのトトロ」だけが入っています。「猫バス」は入っていない、こういう感じです。
まあベスト盤ですね、いわゆる。

おそらく1つのCDに挿入歌などが集められているものでは、これが一番ではないでしょうか。もし、入っている作品名・曲名等知りたければ、補足要求していただければ全部お答えしますので。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
私が今特に聴きたいのは魔女の宅急便で使われていた「仕事はじめ」と「晴れたに・・・」と最後の1つはあまり覚えてないんですがたしか「めぐる?季節?」こんな感じの曲名(これは歌が入っていたと思います)だったような・・・気がするんですがこの三つは「STUDIO GHIBLI SONGS」に入っているんでしょうか?

補足日時:2001/01/24 23:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮崎駿さんの作品でジブリ・シリーズがありますね。ジブリの意味がわかりません。

宮崎駿さんの作品でジブリ・シリーズがありますね。そのジブリなんですが、ジブリの意味がわかりません。どなたか詳しく教えてくれませんか?お願いします。

Aベストアンサー

 宮崎さんの事務所が「スタジオ・ジブリ」っていう名前だからですよ。
 ジブリは「サハラ砂漠に吹く熱風」という意味ですが、本当は「ギブリ」と発音するのです。しかし、宮崎駿さんが間違えて付けてしまったという話です。
 なぜその名前にしたかは、「日本のアニメーション界に旋風を巻き起こそう」という事らしいです。
 第2次世界大戦中にイタリアの偵察戦闘機が名前に使用していたものでもあったらしく、これを知っていた飛行機マニアの宮崎駿さんが名付けたそうです。

Qジブリ作品

これから先ジブリ作品の
昔のもの(魔女の宅急便や耳をすませばなど)は
ブルーレイで発売されると
思いますか?

Aベストアンサー

すでに「崖の上のポニョ」を手始めにパナソニックと共同で全ジブリ作品がブルーレイ化される事が公表されています。
ポニョは今年の12月発売なので他の作品も来年あたりには発売されるんじゃないでしょうか。

Qジブリで好きな作品とキャラクターを教えてください

もうすぐ「風立ちぬ」が公開ということでジブリファンとして楽しみにしています。

皆さんのジブリで好きな作品とキャラクターを教えていただけますか。
(好きな作品とキャラクターは同作品でなくてもOKです)

私は、好きな作品は「魔女の宅急便」で好きなキャラクターは「ナウシカ」です。

Aベストアンサー

好きな作品
『天空の城ラピュタ』
『となりのトトロ』

好きなキャラクター
※ジジ
※猫バス

宮崎駿監督のアニメーション映画はほとんど観てます。
映画楽しみですね♪

Qジブリ作品

ジブリ作品
一般層には広く人気があり話題性に優れたジブリ作品ですが、アキバ系アニオタ層
へのウケはあまり良くないように思われます。
これはどうしてなんでしょうか?
ただしジブリ作品でもナウシカやラピュタはそれなりに人気あるようにも思われますが。

Aベストアンサー

トトロ、ナウシカ、ラピュタはオタク層にも人気がありますね。
特にトトロはある部分の謎が噂になり、考察するために映画を10回以上見たという人までいました。
これ以降の作品はもののけ姫しか見たことがありませんが、意味がよくわかりませんでした。
盛り上がりに欠けていたようにも思います。

一般化しすぎた事が原因ではないでしょうか?
ラピュタやナウシカは子供向けアニメとは言い難いと思います。
最近のジブリ作品は小さい子供をターゲットにしているようなイメージです。
すると、物語も単純化せざるを得ません。
そうすると薄っぺらくなり、考察する余地がないのではないかと思います。
考察する余地のない作品はオタク層にはウケません。

Qスタジオジブリ作品はアニメ?、それとも映画?

よくスタジオジブリ作品の紹介とか評論とか宮崎監督をはじめとした関係者のインタビューとかでは作品のことを「映画」という言葉で(とくに最近数年は)よく表現していますが、他の劇場アニメは「アニメ」とはいっても「映画」とはあまりいいませんよね。

そこで質問なのですが、スタジオジブリ作品って皆さん「アニメ」として見ていますか?。それとも「映画」として見ていますか?。
あるいは世間一般の認識はどうなのでしょうか?


ちなみに私のある知人は「スタッフの意識が「アニメーションという技法を利用した映画」であるか「映画というメディアを使ったアニメ」であるかの違いでは」といっていました。

Aベストアンサー

 「アニメ」だろうと「映画」だろうと映像作品であることに変わりはありません。
 いわゆる劇場用映画(実写、長編アニメーション作品問わず)は、一時に(製作、宣伝に)投じる金額が大きくなり、TV用のそれと較べても大掛かりになってしまうので、現場では『本編』と呼んで、その他の作品と区別をすることがあります。
 邪推でしかありませんけど、ジブリの取り巻きがジブリ作品のことをわざわざ「映画」と呼ぶのは、劇場用であるいうこと以上に、この作品はタダのアニメ作品とは違うのだ、そんじょそこらのアニメと一緒にするな!と言いたいのでは?
 つまりこの表現の仕方の影に見え隠れしているものは、このような暗示をかけることで、自分たちの(作品)は特別なんだ!と思ってもらいたいという、かなり恣意的ないうプロパガンダなのではないかと思われます。
 そもそも「アニメ」と「映画」という言葉を対比として用いること自体がナンセンスです。
 大事なことは、その作品が劇場(映画館)で公開されたかどうかということではなく、面白いかどうかということに尽きるのではないでしょうか。
 いいかげんに業界も、こんな言葉遊びで人心を惑わすような売り方は止めといたほうが良いんじゃないかと思います。
 また受け手である我々ユーザーも、そこの所を良くわきまえて、こんなことぐらいで振り回されないように注意して行かなければいけないでしょう。

 「アニメ」だろうと「映画」だろうと映像作品であることに変わりはありません。
 いわゆる劇場用映画(実写、長編アニメーション作品問わず)は、一時に(製作、宣伝に)投じる金額が大きくなり、TV用のそれと較べても大掛かりになってしまうので、現場では『本編』と呼んで、その他の作品と区別をすることがあります。
 邪推でしかありませんけど、ジブリの取り巻きがジブリ作品のことをわざわざ「映画」と呼ぶのは、劇場用であるいうこと以上に、この作品はタダのアニメ作品とは違うのだ、そんじょそこら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報