30年位前の漫画、たしか少年ジャンプかマガジンの読みきりだったと思うのですが、ある男の乗った船が難破して無人島にひとり漂着する。緑色の血を持った爬虫類しか住んでいない島。仕方なくそれを食するが、体調を崩してしまう。覚悟を決めた主人公は島の中へ入っていく。すると突然目の前に白い高い壁が現れる。耳を澄ますと上の方から太鼓の音や話し声のようなものが微かに聞こえてくる。主人公は人間が他にいると思いその構築物を上ろうとし、やっとの思いでその構築物の屋上に登る。だが、そこには誰もいないし、何もなかった。見渡す限りの空とまだ続く壁だけだった。主人公は「助けて」と書いたメモを紙飛行機にして飛ばす。誰もいない、たった一人。
終わり方が非常に不条理なので、気になって夢にまで見るストーリーです。もう何十年も気になっています。どなたか、ご存知の方、題名でも、作者でも分かることがありましたら教えてください。

A 回答 (3件)

NO1のrin00003です。



日野日出志さんの[幻色の孤島]とは違っていましたでしょうか?

私もうろ覚えなので、確信はぜんぜんないのですが、孤島で爬虫類とも昆虫ともわかないものを食し、最後は飛行機をとばして、助けを呼んでいる。という点では、ほとんど同じです。

それ以外のコミックであれば、私もぜひ読んでみたく、気になってた次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rin00003様。ありがとうございました。
まさしく!「幻色の孤島」でした。 昔の記憶ですがトラウマのようになってしまうほどのインパクトのある作品でした。
何年も何年も探し続け、どうしても知りたかった作品でしたので、教えてくださって大変感謝しています。 さっそく購入してしまいました。 日野さんの作品も他にたくさんあることを知り、日野ワールドにはまってしまいそうです。感謝です!

お礼日時:2007/08/03 19:09

NO1のrin00003です。



ご返答ありがとうございました。
日野さんの作品はひとまねできない独特のものがありますね。

こわいというより、気持ち悪いというか。。。

日野さんの作品のなかで、日本人形のような綺麗な少女にたぶらかされて、自分の両親の首をはねて少女に捧げる、という作品がありましたが、私の知っている範囲で言えば、それが一番気持ち悪くない作品ですし、私は一番好きな作品です。(題名は忘れました)
    • good
    • 0

間違っているかもしれませんが、日野日出志さんの漫画ではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報、ありがとうございます。さっそく調べてみます。

お礼日時:2007/08/01 08:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジャンプの読みきり?

昔、すもももももも~地上最強のヨメ~のような読みきりがジャンプで掲載されてませんでした?

Aベストアンサー

太臓もて王サーガの作者・大亜門さんが書いていた、『無敵鉄姫スピンちゃん』?
なんかパッ!っとコレが浮かびましたよ♪^^

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%95%B5%E9%89%84%E5%A7%AB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

Qボーイズラブでオール読みきり

ボーイズラブの月刊・季刊等のコミックで、オール読みきりのものはありませんか??

あまり過激すぎないもの(束縛系が苦手なので)で、普通の書店でも購入できるものを探しています。

もしご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

夢花李さんの『同細胞生物。』『チョウになる日。』をオススメします♪過激な描写は殆どありませんし、なにより絵が素晴らしく美しいので、一度読んでみる価値ありですよ!

あとは、佐倉ハイジさんのコミックスは読みきりが多いですし、面白いです♪『感応喫茶店』『思い知れ。』『お味はどうですか? 』など。こちらはちょっと過激かもしれません。

『てのひらの星座』原作:桜木知沙子 漫画:穂波ゆきね
も面白かったです。表紙が好きで♪

何か気に入っていただけるものがあれば幸いです☆

Qとりいかずよしの大昔の読みきりが読みたい

もう存在しないなら諦めますが、もしかしてということもあるので訊かせて下さい。
今から30年くらい昔の作品で、「魔子」という女の子が主人公で、こいつが名前の通り悪い子だった。何か、紙に文を書くとそれが現実になる、というような内容でした。・・・自分も小さい頃だったので記憶が曖昧です。ジャンプの読みきりだったような気がします。

もう一度読みたいのですが、ムリなら「それを読んだ記憶がある」というお話だけでもありがたいです。

Aベストアンサー

「のっとり魔子」
の事だと思われます。
以下参照

http://www.coara.or.jp/~kazumiim/bonso/my-mangasi/manga.html

Q主人公の名前は『関 雪乃』って女の子だったような…

昔、ハマっていたコミックを探しているのですが、タイトルが思い浮かびません。
主役の女の子は(確か)関雪乃という名前の女の子で、実家は喫茶店だったと思います。
店の片隅でタロット占いを行っていたのですが、そのうち悪魔?と戦うっていう話になっていきました。
タロット以外の占い(聖書占いとか)を使ったり、仲間をつくってみんなで戦ったりしていました。
途中から神様の弟子?になって断食とかしてたり…していたと思います。
多分秋田書店かカドカワだと思うのですが、自力では分かりませんでした。
どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

うろ覚えですが。

主人公関雪乃の家はペンションを経営していました。
近所に住むおじいさん(かつては聖書の研究家だった)からタロットを教わり、
ペンションのお客相手にタロット占いをしていました。
ある時、悪魔崇拝集団の攻撃によって両親が倒れ、
雪乃は単身で集団に立ち向かって行く…ってな話だったかと。

著者は氷室奈美さんですね、
この他にも『保健室の怪人』ってのを書いてました。
以上のストーリーが単行本『タロット・ロード』収録、
以降、仲間と一緒に悪魔と戦う…というのが、
『タロットウォーズ』だったと思います。

昔『ハロウィン(※すでに休刊)』で連載していて、
単行本は朝日ソノラマ社から出ていたと思います。

以上、少しでも参考になれば。

Q別冊マーガレットでの読みきりマンガについて知ってる方いますか?(1990年頃)

恐らく別冊マーガレットかデラックスマーガレットで、1990年の前後2、3年あたりにちょくちょく載っていた漫画家さんの名前が思い出せません。

よく覚えてるお話は、
(1)グランマ・モーゼスという実在の画家の絵を飾っている喫茶店に、いじめにあっている女子高生が仲良しの友達といつも通っている。
そこに同じく通っている男の人が相談に乗っているうちに打ち解ける。「辛くない?」との問いに、「卒業する日は必ず来る。時間が経つのを待ってるだけでいいから辛くない。」と。
最後はその喫茶店に夫婦になった二人が。

(2)女子高生の主人公のクラスに、いつも一人でいる女の子がいて気になっている。
お弁当の時間に「一緒に食べない?」の一言が言えず、いつも影から見ている。
ある日、雨の日に濡れながら帰る彼女を見つけ、思わず呼び止めてタオルを買って渡す。
その次の日、彼女は事故(?)で亡くなる。ショックを受ける主人公。さらに何年か経ち、大人になった主人公の前にその彼女が現れ、あの時のタオルがとても温かかったと告げる。
最後はちょっと曖昧ですが、ふと気付くと一人で公園に座っていて、タオルが置いてあった・・というような結末だったような・・。

他にもいくつかお話を覚えていますが、絵柄は当時の他の読みきりのようなお目めパッチリの少女漫画的なタッチではなく、ほのぼの素朴なかわいらしい絵でした。ストーリーも温かいものが多かったです。

当時は、冬野さほさんと、この漫画家さんがお気に入りでした。
どなたかわかりませんか・・?

恐らく別冊マーガレットかデラックスマーガレットで、1990年の前後2、3年あたりにちょくちょく載っていた漫画家さんの名前が思い出せません。

よく覚えてるお話は、
(1)グランマ・モーゼスという実在の画家の絵を飾っている喫茶店に、いじめにあっている女子高生が仲良しの友達といつも通っている。
そこに同じく通っている男の人が相談に乗っているうちに打ち解ける。「辛くない?」との問いに、「卒業する日は必ず来る。時間が経つのを待ってるだけでいいから辛くない。」と。
最後はその喫茶店に夫婦にな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お探しの漫画家さんは、あきの香奈さんという方ではないでしょうか。
私もマーガレットを昔から読んでおり、
気になったので検索をしてみると
ファンサイトにのっていたあらすじが出てきまして、
内容があっていましたのでこの方だと思います。
2の内容の話は、すみません、どれかわかりませんでした。
昔のマーガレットはいい漫画家さんが多かったですよね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/2262/meipuru2.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報