12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

買建とは、米ドルを120円を、10万ドル買って、次の日に
121円で売ったら、利益になる。
売建とは、米ドルを120円を、10万ドルで売って、次の日に119円で
この解釈で正しいでしょうか?

預託保証金率〇〇%とありますが、これはどのような意味でしょうか?
これについては、まったく意味が分かりません。
「会社によっても変わりますが30%以下で、ロスカットとなっています。」この事は、理解しています。
つまり、預託保証金を高くすれば、安心と考えてしまいますが、
高くすることによって、リスクなどはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>売建とは、米ドルを120円を、10万ドルで売って、次の日に119円で


「買う。」ちなみに、次の日でなくても、5分後でも3時間後でも良いです。
>米ドルを120円を、10万ドルで売って
米ドルを120円「で」、10万ドル売って 
と書いた方がわかりやすいですね。

預託保証金÷必要保証金×100=預託保証金率〇〇%

レバレッジを逆側からみたものです。
120円で10万ドル買うために、必要保証金が120万円とします。ちなみにレバレッジは10倍です。その時、口座に120万円あれば、預託保証金率100%です。円高になって118円になったとします。そうすると保証金120万円から為替差損(評価損)20万円を差し引いて100万円で計算します。
預託保証金100万円÷必要保証金120万円×100=83.33%。
これが、30%になるとロスカットというわけです。
実際には、レバレッジよりも、こちらを管理しています。

預託保証金率を高くしておけば、ロスカットを回避できやすくなります。預託保証金率を高くしてリスクがあるとは、何を言っているのかわかりません。お金がたくさん必要なのはリスクってことですかね。私はそうは思わないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXのロスカット率と預託保証金率について

初歩的な質問ですいません。
FX初心者で遊び程度にやっています。
現在、ロスカット率が30%で預託保証金率が115%の状態です。
単純に預託保証金率が30%を切るとロスカットされるという事でいいんでしょうか?
それと建玉余力が減ってきてるんですが新たにポジションを持てないだけで0円になっても
ロスカットされる事はありませんか?

くだらない質問ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には預託保証金率(建玉の含み損を保証金から差し引いた残りで計算します)が30%を切った時点でロスカットします。
ですから、ロスカット前に保証金を追加するか又は早目に損切りすべきです。
会社によっては現引き現渡しが可能な会社もあります(取引規定に書いてあります)。現引き現渡し代金に保証金から充当出来る場合出来ない場合があります。
現引き現渡しした場合、その受け渡しした通貨の時価で保証金に充当出来る場合もあります。

Q一般預かりと特定預かり

本日、イートレード証券の口座が開設出来たのですが
取引のときの預り区分の「一般預り」と「特定預り」はどう違うのですか?

Aベストアンサー

昨日も同じ質問が出て、回答したのも同じ人(私以外)。

推測ですが、イートレード証券は、特定口座から一般口座へ移動できないので、最初に選ぶようになっているのでしょう。他社では、特定口座を申し込んであれば、特定口座がデフォルトになっていますから。


人気Q&Aランキング