最新閲覧日:

ガン治療で骨に転移後、放射線治療を行ないましたが、晩期型の副作用で手足のしびれ等の作用が起こり、診断の結果放射性脊髄炎と診断されました。世間ではあまり知されていない複雑な病気ですが、何か効果の認められている治療法はないか探しています

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

二年前、がん治療のため、胸椎に照射した放射線による脊髄症で、現在、歩行障害と胸椎付近の強い痛みに耐える毎日です。

なにか対処法は見つけられましたか?
整形外科の主治医は、「治療法はわからない・・・経過観察のみ」でしたが、
高気圧酸素治療が症状を緩和するという情報を聞き、病院を探して回り、合計80回以上治療しに通いました。MRIの所見では脊髄症とみられる陰影は消えてはいませんが症状は変わらない状態です。
数か月前、がんが再発したので、高気圧酸素治療に通えなくなりましたが、そのせいなのかはわかりませんが、下肢のしびれや歩行障害が進行したので高気圧酸素治療の効果で、症状を抑えていたのではないかと思います。
    • good
    • 0

晩期型(late delayed reaction)だとすると脊髄の放射線凝固壊死症と思われます。


残念ながら、治療は困難な場合が多いです。
しかし、放射線凝固壊死も血管内皮細胞の障害に起因するものとの観点からは、ヘパリン療法や脳圧(脊髄圧)降下剤、ステロイドの多量静脈内投与が有効であるとの報告もあります。
進行性に病巣が拡大していく場合には、外科的摘出もあり得ますが、非常に小さな脊髄のことですから、適応はほとんどないと思われます。
radiation necrosisの専門家は非常に少ないと思われますが、担当の先生によくご相談下さい。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報