魏晉南北朝時代について調べています。

下記したものはあるサイトからの引用なのですが、これ以外に明確な特徴と言えるものはあるのでしょうか?
少々急いでいます。

[魏晉南北朝時代]220~589
 【南北朝時代】317~589 
   晉滅亡からの270年間、中国は南北に分裂
  1.南朝
   東晉→宋→斉→梁→陳
    江南中心:後の南京に都
    豪族勢力が強大で王権が弱体、王朝は「名前だけ」
    ※江南開発の促進
     自由な貴族文化=六朝文化
  2.北=五胡十六国時代
    5つの異民族による13の国と漢民族による3つの短命な国
    ↓この異民族の内“鮮卑族”が強大化
   =北魏(386~439~534)
     ※439年、華北統一=北朝開始
  3.北朝
   北魏→東魏→北斉─┐
    └→西魏→北周(華北統一)→隋
                ※589 南朝の陳を滅ぼし南北統一

A 回答 (1件)

これでほぼ完璧でしょう。

付け加えるとしたら、「胡」(野蛮な民族を意味する)という文字を避けて最近は「東晋十六国時代」と呼ぶことが多いとか、北朝勢力が発達するにつれて南朝は押されていきどんどん弱体化していったとか、あとは中国史上で東南に逃げた政権はほとんどが滅亡の運命をたどっている、ぐらいでしょうか。
それより、引用されているサイトがどちらなのか気になります。こういう場合には明示しておくことが先方への礼儀だと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。

ところで、引用したサイトですが、http://www.asahi-net.or.jp/~XR6K-MSD/weekly/kogi …です。
ただ、これを明記しなかったのは内容を既に上記しており、この場合必要がないと自身で判断したためでした。
お気になされたのであれば、謝罪いたします。

お礼日時:2001/01/25 04:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

Aベストアンサー

100 後小松天皇(北朝6)ー 101 称光天皇 」(南北朝時代96~102)・・・125 今上天皇 (北朝、持明院統の家系)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%B3%BB%E5%9B%B3%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E5.8D.97.E5.8C.97.E6.9C.9D.E6.99.82.E4.BB.A3.EF.BC.8896.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.89102.E4.BB.A3.E3.80.81.E5.8C.97.E6.9C.9D.E5.88.9D.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.896.E4.BB.A3.EF.BC.89

Qゲルマン民族、スラブ民族、ラテン民族 それぞれの宗教を教えてください。

ゲルマン民族、スラブ民族、ラテン民族
それぞれの宗教を教えてください。

Aベストアンサー

スラブ系:ロシアや東欧に多い。東方正教会(オーソドクス)の信者が主流。
ラテン系:南欧(イタリア・スペイン・ポルトガルなど)と中南米に多い。ローマ=カトリックが主流。
ゲルマン系:主に北西ヨーロッパと北米。カトリックも多いが、プロテスタントが比較的多い(特にイギリス・アメリカ。ともにゲルマンの一派、アングロ=サクソンが主流)。

大雑把に言うと、こんな感じです。いまでは形式上キリスト教徒なだけで、実際はほぼ無信仰、という人も多いと思いますが。

Q南北朝時代の天皇

皇室は南北朝時代に途絶えたと聞きますが、系図を見ると北も南も後嵯峨天皇の血筋ですよね?
途絶えたとは言うのは間違いですか?

Aベストアンサー

断絶の意味の理解次第だね

断絶という言葉の意味を精査しないと厳格な回答は出来ない


基本的には、”断絶していない”と断言するのは厳しい

してないという人は、南北朝の政治構造を理解できていない人であって、歴史的には支持されない


後円融天皇 と 後小松天皇 の間が断絶という見解がそれなりに有名。

後小松天皇は、後円融天皇の第1皇子等ではなく、足利義満の子


ちなみに、後小松天皇による断絶論は、南北朝統一によって指摘できる話なので、断絶という考えも

もっと先の話をすれば、この後に発足する「後南朝」が後小松天皇の系譜ではなかったりw

なお、「後南朝」の話はタブーらしいののだが・・・・



ちなみに、両統迭立の原初である「後嵯峨天皇の血筋」だが、
血筋だけで”断絶ではない”という考えもある
いわゆる男系継承という話ね

断絶とかはどうでも良い立場としては、虚像に虚像を塗り重ねるのは醜態としか思えないわけだが

まぁ、後南朝も神器もタブーらしいのでなんとも

この話は思想的でアフォらしいが、有識者会議として、何故か憲法学者が登場するのが意味不明だったり

断絶の意味の理解次第だね

断絶という言葉の意味を精査しないと厳格な回答は出来ない


基本的には、”断絶していない”と断言するのは厳しい

してないという人は、南北朝の政治構造を理解できていない人であって、歴史的には支持されない


後円融天皇 と 後小松天皇 の間が断絶という見解がそれなりに有名。

後小松天皇は、後円融天皇の第1皇子等ではなく、足利義満の子


ちなみに、後小松天皇による断絶論は、南北朝統一によって指摘できる話なので、断絶という考えも

もっと先の話をす...続きを読む

Q二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。 1<=X<=5 に

二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。

1<=X<=5 において、f(x)は最小値-3をとり、X=2のとき最大値6をとる。このとき、a=-1、b=4、c=2 である。

なぜa=-1、b=4、c=2 になるのかわかりません。教えてください!

Aベストアンサー

xの範囲が1≦x≦5 x=2で最大値6、上に凸(a<0)の放物線、
最小値-3はx=5の時とわかる。
微分を習っているなら、最大値x=2の時、f'(x)=0となる
f'(x)=2aX+b
f'(2)=2a2+b=0
4a=-b ①

x=2で最大値6、から
f(2)=a2^2+b2+c=6
=4a+2b+c ①を代入
=-b+2b+c
=b+c=6 → c=6-b ②

最小値-3はx=5の時から
f(5)=a5^2+b5+c
=25a+5b+c
=25a+5b+6-b
=25a+4b+6=-3
25a+4b=-9
25a+4(-4a)=-9 ①を代入、符号は変えている
9a=-9
a=-1 が得られる後は①や②からb=4 c=2

答え a=-1 b=4 c=0

Q我が国の南北朝時代の始まり(北朝の光厳天皇)

 高校の日本史では、
南北朝が分裂していた期間(両統が、皇位の正統が自分にあることを主張)は、1336年に北朝の光明天皇(在位1336~1348)が即位してから、
義満の呼びかけにより1392年に合体するまでとされています。
他方、同じく高校の日本史では、
北朝の光厳天皇(在位1331~1333年)と南朝の後醍醐天皇(第96代;在位1318~1339年)の在位がダブっていると教えられます。
これは、どう解釈したらいいのでしょうか?

 1331~1333年の間は、
もはや、大覚寺統と持明院統の両統迭立は成立していないように思われます。
退位してから再び(別の名前の)天皇になられている場合もありますので、
後醍醐天皇の在位が、1318~1331年及び1333~1338年となっていれば、1336年から南北朝の分裂とする説明も納得がいくのですが。
(後醍醐天皇が、1333~1338年の間も同名の「後醍醐天皇」であることが問題なのでしょうか?)

Aベストアンサー

補足への回答です。

【A】
弘文天皇は明治になってから即位したことを認められ、歴代天皇に追加された天皇です。
ですのでそれ以前の系図だと「弘文天皇」という天皇はいません。あくまで「大友皇子」扱いです。
一方光厳天皇ですが、南朝視点で見れば「歴代天皇には数えない」、北朝視点で見れば「第97代天皇」になります。
どちらにせよ当事者としては、自分達の頂く天皇以外は天皇だとは思ってないので、「北朝第○代」という数え方は後世の視点ということです。

【B】
北朝の天皇を「北朝第○代」として皇統譜に数えないのは、南朝正統論に由来した数え方です。
これで明治時代にはかなりもめたらしく、事態を憂慮した明治天皇が明治44年に「南朝を正統とする」旨を決定しました。
南朝正統論(もしくは南北朝正閏論)で少し調べてみると面白いと思います。明治あたりの色々なエピソードが沢山出てきますので…

Q589 79323 84626 433 832 795 02 88 41 97 1 この数字をみて

589 79323 84626 433 832 795 02 88 41 97 1
この数字をみてすぐに意味が分かりますか?

Aベストアンサー

円周率

Q南北朝の動乱

南北朝の動乱のあたりで、足利尊氏とか後醍醐天皇にかかわっている重要な人物やテスト対策として絶対暗記!の語句を教えてください。

Aベストアンサー

用語は
建武の新政
二条河原落書(これは全文暗記?)
悪党(楠木正成に関連して)

人物は
新田義貞・改名前の足利高氏・楠木正成

北朝は誰が初代で何代続いたか?(または何統と言うか)
南朝は誰が初代で何代続いたか?

後醍醐天皇は誰の何と言う時代を理想としていたか?


ウチら歴史マニアの友達とは「三種の神器」をすべて漢字で書けとか問題を出し合いました~(w

テストガンバ~

Q古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください 大学レポートで6枚書きなさいと

古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください
大学レポートで6枚書きなさいとのこと、如何書いてけば良いでか?

Aベストアンサー

「古代ローマ時代の時代」の定義によっては、ギリシャ神話に代表される多神教とキリスト教受容での一神教との違いを示せば簡単に収まる話です。
6枚(約1万字)程度ならギリシャ神話でのアテネを中心とする代表的な神々とそれを祀る神殿などを列挙し多神教であった結論付け、古代ローマ時代についてはキリスト教受容されるまでの歴史を概略し、4世紀後半のテオドシウス帝の頃には古代ローマは多神教から一神教になったとすればいいじゃありませんか。古代ローマの多神教についてはギリシャ神話からの模倣などとの解説がありますが不解明な部分があるでしょうから深入りをしない方がレポートでは簡単です。
短論文ならギリシャ神話とローマ神話との比較及びその代表的神殿遺跡の建立時期やピークまでは触る必要があるのではないでしょうか。

Q南北朝の「合体」とは結局、南朝の「廃絶」のこと?

「明徳の和約」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E5%BE%B3%E3%81%AE%E5%92%8C%E7%B4%84
1392年に足利義満により「南北朝の合体」が行なわれました。
「合体」とは言いますが、結局は南朝の天皇の子孫は即位させないという事になります。
なぜこれを「合体」と呼ぶのでしょうか?

せめて南朝天皇の娘を北朝へ嫁がせて、その子供を新天皇に即位させると
いう配慮あっても良かったんじゃないでしょうか?
継体天皇(妻は武烈天皇の娘)や光仁天皇(妻は聖武天皇の娘)や
光格天皇(妻は後桃園天皇の娘)の例を見ると、傍系の者を天皇として
即位させる場合、前天皇の娘と新天皇を結婚させて、その息子を
また次の天皇へと即位させるという例が実際にあります。

このように女系の血筋によって、先代の家系を守りつつ傍系の家系を
正統化させる方法が多々ありますが、南北朝の例ではなぜそれを
しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

政治ってのはそういうものです。
相手のことを配慮なんかしません。
北朝というか足利将軍が譲歩したのは
廃位を合体と表現したところです。
それで名目が保てる。
まがりなりにも戦乱を終結させるのが目的であり、
皇統の問題は二の次です。
南朝側は九州でがんばっていただけだったんで、名目だけで十分でした。
そして和約の後は、南朝側は完全に力を失ったので、
彼らの立場を考慮する必要がなくなったために無視されたということ。
既得権益もあるので、公家側も南朝系の天皇を望まなかった。
また武家側は強い天皇の登場をそもそも望まなかったので、
皇統が正しく統一されることは好ましくありません。
だから分家から入れて、天皇の力をますます弱めたということです。

Qギリシャ時代の宗教とローマ時代の宗教の相違点をみつのべよ レポートが出たんですが、如何答えていい

ギリシャ時代の宗教とローマ時代の宗教の相違点をみつのべよ

レポートが出たんですが、如何答えていいのやら分からなくて

教えてください

あと参考書籍も
色々済みません

Aベストアンサー

ギリシャ時代、ローマ時代って、「古代ギリシャ時代」「古代ローマ時代」ということですか?
 ローマ帝国の時代からキリスト教が国教となり、中世以降だと「ギリシャ正教」とかコンスタンチノープルに首都を置く「東ローマ帝国」というのもありますから。

 古代ギリシャは「ギリシャ神話」にみられるような多神教、古代ローマも「ローマ神話」にみられるような多神教だと思いますが、古代ローマは領土が広かった分、いろいろな地方の土着宗教を広範囲に含んでいたのではないでしょうか。
 キリスト教だって、当時のローマ帝国内での新興宗教ですし。

 専門家ではありませんが、「古代ギリシャ」「古代ローマ」の中心的・正統的な宗教の中身は、「ギリシャ神話」「ローマ神話」を参考文献として調査すれば、その宗教間・宗教観の違いが分かるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報