はじめて質問します。
数年前、物理でドップラー効果で(音などの)周波数が発信源の速度によって変化する・・・という式

f={(V-v)/(V-u)}*F
f:観測される周波数 V:音速 v:観測者の速度
u:発信源の速度 F:発信源の周波数

をやりました。この式で教科書には 「V>u>0」と書いてありました。
ここで仮に、u → Vもしくはそれ以上にした場合はどうなってしまうのでしょうか。
数式上では、u → V で f→infinity になりますよね・・・。
また、u>Vで、周波数が負となりますよね・・・。
超音速という事なので、物体よりも音が遅れるというのが現われされているのでしょうか。(周波数が負)

どなたか暇がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

f={(V-v)/(V-u)}*F


 u=V 発信源の速度=音速であるとき、この式は破綻しますね。それが「ソニックブーム」つまり音速の壁を破るときの衝撃波なんですよ。全ての音が一斉に来るってことですね。(衝撃波で窓ガラスが割れる、とか、聞いたことないでしょうか?)
 u>Vになりますと、「後から出した音の方が先に届く」という意味になります。マッハ2の超音速ジェット機(u=2V)で「ohayoo」と言うとその進行方向上の地点(v=0)では「ooyaho」と聞こえる。(もちろんジェット機が通り過ぎた後で。)
> 物体よりも音が遅れる
まさにそういうことです。

 なお正確には、f=...の式は音源が直線運動していて、その同じ直線上を観測者が動いている時にしか成り立ちません。
 一般に「音源が一定間隔Δtで短い音を出していて、それが空気中をVの速度で伝わる。観測者にはどういう間隔で届くか。」という問題です。たとえば、静止している観測者の脇100mをジェット機が飛んでいくとどうなるか。さして難しくないので、考えてみると面白いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

式の意味や例など、分かりやすくておもしろいです。
数式について考えると、しばしばこのような面白い事がわかってなんか感動です。
これからも何かくだらない事とか質問するかも知れませんので、その時またご縁があれば宜しくお願いします。

お礼日時:2001/01/25 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q周期T、周波数f、T=20[ms]のf=50[Hz]

T=20[ms]のf=50[Hz]とあります。
T=1/fを使い、秒を分にすればいいと考えたんですが、50[Hz]になりません、どう計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

msとはミリ秒、つまり1/1000秒のことです。
秒に換算すると、20/1000=1/50秒
f=1/T=1(1/50)=50Hzとなります。

QPIC16F88を使ったV/Fコンバータ回路

車にデジタルメーターを付けたいのですが、燃料計がデジタル入力になり、標準のアナログ入力からV/Fコンバーターを使ってデジタル出力回路を組みたいと思っております。

PICのプログラムはほぼ解決出来ていまして、あとは回路を組むだけですが
プルアップ回路をどのように組んだらよいのか(入力信号2.0mV~2.5V変移)に組むのか
PIC電源の5V(Vdd)に組むのか良くわかりません。

添付の回路図で良いのかアドバイスをお願い出来ますでしょうか?

回路図中の可変抵抗というのは、燃料計のフロートセンサーです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこからこの回路が出てきたのやら!
3Pinをアナログ入力として、フロートセンサーの可変抵抗データを読みたいのでしょう?
この回路では、可変抵抗といっても両端が1KΩとつながっているだけですから、データとしてよみとれません。
それに、なぜ12Vからつなぐのか?

フロートセンサーの可変抵抗の両端を5VとGNDにつなぎ、中の移動部を3Pinにつなぐだけで、いいはずですけど。

Q(∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P

大学の講義で (∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P
をマクスウェルを使わずに証明していたのですが
写真の?の部分の意味がわからないです…
教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

意味としてはマックスウェルの関係式と同じものですね。

df = fx dx + fy dy

が完全微分である条件は

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という数学の定理。

より一般に,3変数なら

df = fx dx + fy dy + fz dz

fx, fy, fzをベクトルFの成分としたとき,dfが完全微分である条件は

rot F = 0

このとき,ベクトルFを導くスカラーポテンシャルφが存在し

F = grad φ

となるので,

fx = ∂φ/∂x,fy = ∂φ/∂y

したがって,冒頭の

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という条件は

∂(∂φ/∂x)/∂y = ∂(∂φ/∂y)/∂x

Q角周波数がωの交流電圧源を持つ交流回路について。

図のように角周波数がωの交流電圧源を持つ交流回路において、電流Iの大きさが0および、無限大になる角振動数を求める途中式を教えてください。
それぞれ抵抗R1[Ω]、R2[Ω]、インダクタンスL[H]、容量C[F]となります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LやCがどんな値になったとしても全体のインピーダンスがR1より小さくなる事は無いので、電流が無限大になる事は無い。

電流がゼロになる場合はインピーダンスが無限大になる場合である。
この場合、無限大に対してはR1の有無は問題にならないのでR1無しで考える。
この時のインピーダンスは、Z=jωL+1/(1/R+jωC)
Zが無限大になるにはωL=∞、又は(1/R+jωC)=0であるが、(1/R+jωC)がゼロになる事は無い。
したがってZが無限大になるにはω=∞の時。

QF(r)=f(r)r/r のときF(x)=f(r)x/rとなる理由

時間があるので大学1年の物理を再度、深く勉強しなおしているのですが、教科書に当たり前のように書いてあることが分からなくて、しかも聞ける人もいないので質問させていただきました。

教科書の 「中心力F(r)=f(r)r/r が保存力か調べる」とあり(最後のr/rとは位置ベクトルrの単位ベクトルのことです)そのすぐ次の行には「F(x)=f(r)x/rとなるので…」と説明が始まってます。なぜF(x)がこのように求まるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

keyguy さんのご回答の通りと思うのですが,
もう少しわかりやすく書いてみますか.

keyguy さんご指摘のように,ベクトルとスカラーの表記に問題があります.
ベクトル r を 【r】 のように書くことにします.

(1)  【F】(【r】) = f(r)【r】/r
ということですね.
x,y,z 方向の単位ベクトルをそれぞれ 【i】【j】【k】とすれば
(2)  【r】= x【i】+ y【j】+ z【k】
です.
つまり,(1)(2)を合わせてみると,
(3)  【F】(【r】) = f(r)x【i】/r + f(r)y【j】/r + f(r)z【k】/r
になっていて,これは【F】の x 成分が
(4)  f(r)x/r
であることを示しています.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報