女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

体脂肪計(体組成計)の購入を考えています。
そこでいくつか分からないことがあるのですが、

主にハンドルタイプのオムロンとタニタで精度に違いはあるのでしょうか?店員や口コミによると、違いはないとか、体の水分が下半身に下がる夜でも上半身からも正確に測れるオムロンのほうが誤差が少ないとか、言っていることが人によって違うので迷っています。

また、筋肉量の測定について分からないことがあるのですが、ある体組成計で測ってみたところ50%と出ました(体格は標準的です)。2/3が水であることを考えるとありえない数字だと思いますがこれはその体組成計がおかしいということでしょうか?

ちなみに、タニタにする場合はインナースキャンBC-562(精度がいいなら第一希望)、オムロンは体スキャンHBF-362、361、356を考えています。もしお持ちの方がいましたら是非感想をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

遊び感覚で両社の体組成計を同時使用して比較したことがあります。

どちらも足裏と手のひら、4つの電極を使って計るタイプです。
同じ日の同じ時間に、二つの体組成計で連続して計測したので、コンディションによる測定値の差は最小だと思います。
日を変えて10回ぐらい測定して比べましたが・・・

○体重
両社で一致(当たり前か。。。)
○体脂肪率
私の場合にはタニタの方が低い値が出ました。といっても最大で1回だけ1.6%の差が出ただけで、他は1%以下です。
○基礎代謝量
これもタニタが常に低めの数値を出しました。
1550~1600の値に対して、差が10~30程度。両社の差は2%程度以下ですね。
○体年齢
これもタニタの数値が低く出ます。オムロンは28~29に対してタニタが21~23と出ます。

体重以外の数値は、測定した抵抗値から各社独自の計算方法、データを元に提示された数字ですから差が出るのは当たり前だと思います。
両社のカタログ等にも明記されてますが、体組成計で出てくる体脂肪率や基礎代謝量は、あくまでも測定値から推測した目安の値でしかありません。

精度はどうか?と言うことについては、私自身の基礎代謝量や体脂肪率の実際の厳密な値が分からないので全く評価できません。
本当に値が分かってないのに、出てきた数値のどっちがより正しいか?は判断しようがないですよね??

私自身は、自分の測定した結果を見る限り、どちらのメーカーを使っても大差はないと判断してます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

少し私の書き方が悪かったので補足します。ハンドルタイプのオムロンと、足裏のみで計測するタイプのタニタで違いかあるのかどうか、つまりハンドルの有無での誤差はどのくらいかと言うことをお聞きしたかったのですが、両者ともハンドルタイプでの比較が知りたい、という感じの文になってしまい、すみません。

精度のことですが、両社の比較というのはなかなか機会もなく、貴重な意見ありがとうございます。qp3qp3さんの実測比較を見ると、体年齢以外はそれほどの違いはなさそうですね。

お礼日時:2007/08/03 12:15

誰から聞いたかも忘れてしまった話なのですが、ハンドルタイプだと


腕を上げた位置が違うだけでも、数値が変わってくるらしいです。
なので、私はタニタのほうを購入しました。
(質問者さんが挙げられたBC-562です。)

個人的に量り(体重計やキッチンスケール)=タニタという擦り込みもあります(^-^;)
精度はどちらも同じくらいなのではないかと思いますので、質問者さんの好みで
ハンドルタイプか普通の体重計タイプか決められるといいと思います。

BC-562の感想ですが、ここまで色々量れる体脂肪計は初めてですし
オムロンのほうは使ったことがないので、比較できないのが残念ですが
カルシウム目標量が毎回同じ数字(600mg/日)なので、そこだけはどうなのよ?と
思いました。(もっと細かく表示されるのだと思っていたので…)
カルシウム目標量で、毎回牛乳3杯分と表示されるのですが、私は牛乳が大好きで
それ以上に飲んどるわー!と毎回体重計にツッコミを入れてます(笑)
そのカルシウム目標量以外は個人的は満足していますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりBCー562は色々測れるのが魅力的です。
ただ、足裏のみから測るということで測定の時間や体の状態によってのばらつきがハンドルタイプに比べて大きいのではないか、という不安があります。

お礼日時:2007/08/03 22:01

水についてのみ


筋肉の75~80%は水分です。
体脂肪の20%は水分です。
体組成計がどの水分量を指し示しているかご確認を。
(脂肪の中の水分量が入っているか入ってないか・・・)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。高機能の体組成計で以前測ってみたことがあるのですが、体水分量が40kgで2/3、脂肪量が9kgと出ましたので脂肪と水分量が重なるというのはちょっと分かりません。

お礼日時:2007/08/03 11:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオムロンとタニタ、どっちが正しい?

家に体重計が二つあります。
一つは七年ほど前に購入したオムロンのもの。体脂肪も測れます。(手でバネ?を引っ張って測るタイプ)
もう一つは最近購入したタニタのものです。ボタンひとつで体脂肪も測れます。値段はそれほど高くありませんでした。

そこで質問ですが、オムロンで測ったときとタニタで測ったときで結構な誤差が出ます。体重だと五百g、体脂肪は四パーセントくらいです。測るときは同じ状態でそれぞれに乗ります。
オムロンのほうが低い数値が出ます。しかしタニタだと重くでます。

どちらを信じたらいいのでしょう?
やはり最新型のタニタでしょうか?
自分的にはオムロンを信じたいのですが笑、どうおもいますか?
良ければ回答お願いします。

Aベストアンサー

 体重の器差500gはあなたの体重を50kgとすれば1%ですからね。家庭用のものは、その程度の正しさだと思いますよ。いちばん最新のデジタル表示の体重計でも誤差は±300gほどですからね。

 体脂肪率の測定値はどのメーカのものも、スポーツジムにあるものも、数%くらいは信用できません。4%ほどの違いに収まっているのなら、そんなものです。体重計(体脂肪率計)の仕様(スペック)を見ると、体重には許容誤差表示がありますが、体脂肪率には許容誤差表示がありません。要するに保証できないわけで、それほど信用できないんです。どちらがより正しいのかは何とも言えません。どちらも同じ程度に正しくないかも知れません。表示された体脂肪率の数値は、目安程度に思ってください。測定原理上の問題で、正確な数値を出すのは困難だからです。

Qタニタの体脂肪計アスリートモードって?

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわってないし有酸素運動もかわらず行っているのに、筋肉量が増えるのはわかるのですが体脂肪率がアップするのはどうしても理解できませんでした。
そんなとき「そういえばアスリートモードってのもあるなあ・・・」と思い、そのモードを選択して計測すると体脂肪率が11%と出ました。いったいこの違いは何なのでしょうか?スタンダードモードとアスリートモードの違いをインストラクターに聞いてもいまいち納得できる答えが返ってきませんでした。おわかりになる方がおられましたらよろしくお願い致します。

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわ...続きを読む

Aベストアンサー

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが平均とかけ離れているため、上記の「統計的な推定値」が当てはまらなくなります。(体脂肪率が過大に推計されます。)そこでアスリートモードを利用します。

ですから、同じ「体重」「電気抵抗値」が測定されたのに対し、体脂肪計は「もしこの人が一般人なら体脂肪率○%」「もしこの人がアスリートなら体脂肪率●%」という推定値を表示します。だから、
>普通の人がアスリートモードで計ってもやっぱり体脂肪は低い値
になります。

体脂肪計で推定する体脂肪率自体、上記のように推定値ですから本当にその人の体脂肪率を正確に測っているか怪しいです。同じ人でも違うメイカーの製品だと違う数字になったりします。同じ人が、同じ条件で、同じ製品で測った時に、体脂肪率が増えているか・減っているかの目安にはなりますが。

そして一般人とアスリートの違いですが、「週12時間以上の運動」という基準で厳密な壁があるわけではありません。(質問者さんの場合は、数字から見てアスリートモードでの推定値に、ほぼ当てはまるような気もしますが。)そこそこ運動する人の場合、体脂肪率は「スタンダードモード」と「アスリートモード」の推計値の途中のどこかにある、というのが正確なところだと思います。

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが...続きを読む

Q体脂肪計(体組成計)で迷っています

体脂肪計(体組成計)を買おうかと思っているんですが、
オムロン製は大体ハンドル付きで、両手両足から測るものが多いですよね。それに対してタニタ製(購入候補機種はBC-562)は足だけから測るものしかないので、データの正確さの点でオムロンのほうが優れているのではないか?という疑問が生じます。直接量販店の店員に聞いてみたところ、両手両足で測るほうが正確だ、とのことでした。また、価格.com、アマゾンでのユーザーリヴューでも同様の意見が散見されました(一例として、ハンドル付きは上半身、下半身両方から測れるので正確だ、など)。

 一方、タニタの体組成計のパンフの説明書きには「手を上げずに自然な立ち姿勢で測定することが正確さにつながる」と書かれていました。自社商品の宣伝なのでどこまで信じていいかがわからないというのが率直な感想です。

 また、上記2社以外にドリテックというメーカーから出ている体組成計(BS-210)が4000円程度で売られていました。測定方法はタニタ同様、足から測るものです。そちらの情報、意見についても、知っている方がいましたら併せて回答お願いします。

体脂肪計(体組成計)を買おうかと思っているんですが、
オムロン製は大体ハンドル付きで、両手両足から測るものが多いですよね。それに対してタニタ製(購入候補機種はBC-562)は足だけから測るものしかないので、データの正確さの点でオムロンのほうが優れているのではないか?という疑問が生じます。直接量販店の店員に聞いてみたところ、両手両足で測るほうが正確だ、とのことでした。また、価格.com、アマゾンでのユーザーリヴューでも同様の意見が散見されました(一例として、ハンドル付きは上半身、...続きを読む

Aベストアンサー

体脂肪計はどこでも同じです
現在売っている家庭用の体脂肪を計れる機械は、体の電気抵抗から体脂肪率を推定しているだけです
 結構誤差が多く、計った人の体脂肪率の誤差2割に8割の人が入るって非常に誤差のある商品です
 (正しい測定データから体の電気抵抗地により推定値を出す添付資料より)
 この辺を理解して体脂肪率はあくまでも推定値であるを判ってないと駄目です
 この辺の誤差は、業務用も同じですので・・・・

 なお、タニタの家庭用の機械の取説には、資料は添付されてないですが、業務用にはその辺の資料は添付されてます
 それを見るといかに誤差が大きいかが判ります、資料が見たいときはタニタのお客様センターに連絡すれは貰えます

 まあ、あくまでも推定値ですから数字は参考にしなりません

 したががって、同じメーカならは一番安いので十分です
 高いのでも同じです

Q筋トレしてるのに、筋肉量が減ります。

筋肉量が増えるどころか減って行きます。

3週間前から、ダイエット兼筋トレをしています。

26歳男

170cm 74.0kg→170cm73.1kg
体脂肪率は25%を行ったり来たり

になりました。


かし、筋肉量は33%→29%位にさがってしまいました。

減量、筋トレの内容としては、

まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。

基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

サプリメントとして、
マルチビタミンマルチミネラル
エビオス
ソイプロテイン20gを牛乳割
等を服用しています。

トレーニングの内容は

5kmのランニング

ストレッチ

腕立て限界迄3セット
(胸の筋肉が他より極端に無いので、膝をついてます。)

ワンハンドロウイング限界3セット(5kg)

クランチ限界3セット

レッグレイズ限界3セット

バックエクステンション限界3セット

ストレッチ

プロテイン20g服用

寝る迄腹にEMS(安いやつ)

というような流れです。

筋トレ初心者で、体を絞りながら筋トレで筋肉をつけていければなと思い始めました。

有酸素運動をすると、筋肉が減るとネットに書いてありましたが、私の筋肉量が一行に増えないのは、これが原因でしょうか?

どのような、トレーニング、食事をすれば、体を絞りながら筋肉量を増やせるのでしょうか?

御教授お願いいたします!

筋肉量が増えるどころか減って行きます。

3週間前から、ダイエット兼筋トレをしています。

26歳男

170cm 74.0kg→170cm73.1kg
体脂肪率は25%を行ったり来たり

になりました。


かし、筋肉量は33%→29%位にさがってしまいました。

減量、筋トレの内容としては、

まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。

基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

サプリメントとして、
マルチビタミンマルチミネラル
エビオス
ソイプロテ...続きを読む

Aベストアンサー

有酸素運動をすると、筋肉が減るというのも、やり過ぎればありますが現状そこまで深刻に捉えなくてよいと思います。ただし筋トレ前に5kmのランニングは、筋トレの効果を阻害すると思います。やってもウォーミングアップにせいぜい1kmぐらいか。とにかく筋トレは万全の態勢でやってください。筋トレ全部終わってぐったりしてから、余力があったらランニングしてください。

それ以前に、減量しようとしているってことが最も大きな原因。筋肉を付けたければ体重を増やしてください。上に書いたことも大事でしょうけど、体を絞りながら筋肉を増やす事などできないですよ。

>まず、食事制限で一日1800-2000calに制限してます。
>基本食べるものは、豆腐1丁ー2丁、納豆1-2パック、麦飯1-2合、鳥肉100-200g、卵3つです。

これを言われても、十分なのか不十分なのかは判断できません。あなたの生活で、この食事によるカロリー収支がマイナスになる、つまり痩せるようなら筋肉は減る。筋肉増やしたいなら、もっと食べていた生活に戻してください。筋トレしつつ。
限界だと思うぐらいまで太ったら、改めてそのままのトレの負荷キープしながら食事減らしてください。一度筋肉を付けてからあとで余分についた脂肪を落とすわけです。
筋肉は栄養が十分な時につくのだし、体重は栄養が足りない時に減る。正反対の事なんだから、同時にやろうとすれば非常に効率が悪い。筋トレでさらに栄養使っちゃうんだから痩せるのは成功するが、筋肉付くってのは数年かかります。

現状、脂肪を落とすのが最優先だとしたら、筋肉が増えないのはしかたがないので我慢してください。筋トレだけはしっかり高い強度で続けましょう。筋肉が減りにくくなり、脂肪の減る割合が上がるので、筋肉は減っても見た目は筋肉質になります。

それと、3週間では筋トレのフォームさえ覚えていないと思いますよ。

有酸素運動をすると、筋肉が減るというのも、やり過ぎればありますが現状そこまで深刻に捉えなくてよいと思います。ただし筋トレ前に5kmのランニングは、筋トレの効果を阻害すると思います。やってもウォーミングアップにせいぜい1kmぐらいか。とにかく筋トレは万全の態勢でやってください。筋トレ全部終わってぐったりしてから、余力があったらランニングしてください。

それ以前に、減量しようとしているってことが最も大きな原因。筋肉を付けたければ体重を増やしてください。上に書いたことも大事でしょうけ...続きを読む

Qオムロン体組成計の筋肉率と骨格筋率の違いは?

こんばんは!
オムロンの体組成計の

筋肉率と骨格筋率

の違いが分かる方
教えてください!!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

骨格筋:
体を動かすための筋肉で横紋筋(筋肉に筋が入っているように見える)。随意筋(意識して動かすことができる)。
平滑筋:
血管や内臓を構成する筋肉。意識して動かすことができない。
心筋:
心臓の筋肉。横紋筋であるが、意識して動かすことができない。

筋肉率といった場合以上3種をあわせた率をいうのだと思います。
骨格筋は随意筋なので意識して動かし、鍛えることができます。だからトレーニングのバロメーターとして、骨格筋率を出すのだと思います。

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む

Q体重を変えずに体脂肪率だけ下げるトレーニング

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオーバーカロリーにした上で「太る」必要があると書かれています。

また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

それで質問なのですが、
体重70kg、体脂肪率20%→体重70kg、体脂肪率12%
にするには、

1. 食事制限無しで体重を変化されることなく、ジョギングと筋トレをそれなりの過度で行い、
体脂肪率の減少のみを追求するトレーニング

2. まず、食事制限を行い、有酸素運動中心のトレーニングを行い、体重を65kg程度にまで落とす、
それから食事をオーバーカロリーにした上で、筋トレ中心のトレーニングを行い体重を70kgまで上げる。
それから有酸素運動でまた65kgに落とす、というトレーニングを繰り返す。

のではどちらの方が効率的に体脂肪率を下げることができるのでしょうか?

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオー...続きを読む

Aベストアンサー

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解りやすく言えばこのように理解してください。

>また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

これは別に目的次第です。非効率というのは、単に有酸素運動をおこなうと、筋肉が付きにくくなるというだけです。


ウェイトトレーニング、短距離走、格闘技などの、強度が高い運動をしていれば、その中身の濃さに従って皮下脂肪は限りなく薄くなり、かつ筋肉量は食事量の範囲において最大限に維持できます。運動内容が軽ければ軽いほど、即ち無酸素運動ではなく有酸素運動で、有酸素運動の中でも負荷の軽いもの、たとえばジョギング、ウォーキングなどに行くに従い、体脂肪率は下げられなくなります。
有酸素運動≒持久トレーニングの代表であるマラソンでさえ、だいたい時速18~20kmで走る。なかなか強度の高い運動なんですが、それでもやはり運動内容が軽すぎて体脂肪率は見た目以上に高い。細くガリガリなのは体脂肪率が低いのではなく、運動量が多いから筋肉・脂肪共に限界まで減っているからです。


選択肢は2つです。

1.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にする。食事量は体重が増減しない程度に食べる。

これは普通に運動している人がやってる方法であって、劇的な変化はありません。2年、3年かかると思います。でも、これだけでも方法少しずつ体脂肪率は下がり、体つきはシャープに変わって行きます。


2.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にするというのは同じ。食事をコントロールして増量・減量する。例えばまず500Kcal程度オーバーカロリーになるように食べ、筋肉を付ける。5~8kgぐらい太って、これ以上太るのが嫌だなと思ったらまた食事量を戻す。そうすると体重は70kgまですぐに戻る。運動内容のおかげで、太る時は筋肉が優位につき、痩せる時も筋肉が減らずに皮下脂肪だけを優位に減らすことができます。これで、前回の70kg時点より体脂肪率の低い70kgになります。だいたい1の方法で2年かかるぐらいの肉体改造が、3ヶ月~半年で終わります。これを2~数回繰り返せば、比較的早く12%前後の体脂肪率を目指せます。もちろん、筋トレの内容がどれだけガッツリ出来ているか次第で効率は変わります。


有酸素運動、ジョギングなどは、別にやってダメということはありませんし、必ずしもマイナスになるとは限りません。趣味ならやっても良いと思います。ただ、食事制限の補助として体重を下げるためには有効だが、体脂肪率を下げるには効率的でないし、有酸素運動を中心に行うつもりなら、体脂肪率はある程度高いままです。体脂肪率が低いと、持久的な有酸素運動はできないですしね。

有酸素運動は脂肪を中心に使う運動なのだから、それを習慣にすれば逆に脂肪を減らさずにため込む体質にならなければならない。体はその運動習慣に適応するため、体脂肪率の高い体を維持しようとします。

また、反対に筋肉のほうは長時間のジョギングなどの有酸素運動では必要ではなく、むしろ重くて邪魔な存在であるため、からだはこれを分解して減らそうとします。筋肉量は強い力を出すために必要になるものであって、軽い運動には必要ないからです。
むしろ持久的な運動になるほど、重くてしかも無駄にエネルギーを消費する筋肉というのは無邪魔になります。

運動強度が高く、あまり長時間運動しないことが、筋肉量が多く皮下脂肪の少ない体、即ち体脂肪率の低い体型になる秘訣。

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解...続きを読む

Q体脂肪2%減。何グラムくらいの脂肪が減ったのでしょう?

まだ2週間しか経っていませんが、毎朝ジョギング30分、腹筋、背筋、腕立て、スクワットそれぞれ20回、
食事面は間食なし、朝、昼は普通に食べて(特に朝はしっかり食べます)
夕食はご飯は食べずにおかずのみ、腹八分目に抑えるようにして現在も続行中です。

2週間経過した時点で体重は0.6kg減、体脂肪2%減、と非常に少ない数字ではありますがお腹周りの贅肉が明らかに減り、
若干くびれも出てきたほどです。
とてもビックリしたのですが、体脂肪2%減てどのくらいの重さの脂肪が減ったのでしょうか?
体重で減っている0.6kg分なのか、それとも腹筋で引き締まっただけなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体脂肪率=体脂肪の重さ/体重×100ですから

減った体脂肪の重さは
(元の体脂肪率×元の体重)-(今の体脂肪率×今の体重)
です

50kg25%から49.4kg23%へと変化したなら減った体脂肪は{(50×0.25)-(49.4×0.23)}≒1.4kgですし
100kg35%から99.4kg33%の場合は{(100×0.35)-(99.4×0.23)}≒2.2kgとなります

減った体脂肪-0.6kgが増えた筋肉(+水分)と言う事になります。

Qこんなに食べたのになぜ一晩で1.2kgも減ったのか

一応常にダイエットを気にしている者です。
157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。
こんなこと初めてなので質問させてください。

昨晩自己嫌悪になるくらい
超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。
以下食べたものです。

・夕食前の間食にアーモンド40g
・五穀ブレンド米茶碗1杯
・さば1切
・茶色のいんげん豆の甘煮(袋に100gくらい入ってる甘~いもの)
サラダ1
・玉葱小さめを1/2スライス
・人参彩り程度にスライス
・ほうれん草1束
・鰹節小袋半分
・めんつゆ
・塩こしょう
・キムチ30gくらい
サラダ2(満足感が足りなくて追加)
・レタス大きめ4枚
・塩こしょう
・パルメザンチーズいっぱい
・オリーブオイルいっぱい
デザート(満足感が足りなくて追加)
・クリームパン40g位(我慢して半分は冷凍)
・パルム(アイス)171kcal

あーあ、と思ってましたが、寝る前は胃とか
そんなに嫌な気持ち悪さもなく、寝ました。

朝体重を測ったら1.2kgも減ってて、体重計が壊れたのかと思いました。
しかし何度測っても同じ。

便も出ましたが1kgも出たとは思えないし、そこまで出た!!って感じでもなく普通。
色は野菜が多めのヘルシーな便ではなく、肉とか食べた時のような、黒っぽくて臭いもある便。小便は夜と明け方2回行きました。

日々ダイエットを気にして炭水化物(ご飯)や肉類も二口とか、少なめにしてるのですが
昨日は久々にご飯1膳も食べて、魚も1切。

ちなみに、ご飯を食べない生活(1日茶碗半分くらい)1年続けたら
コレステロールが基準値をオーバーしてしまいました。
(ご飯食べなきゃ!って思う気持ちと、太る…っていう気持ちがあり、
食べたり食べなかったりしてます。)
けどご飯食べると便通が良い気がする…

話戻りますが、こんなに一気に減った事は人生で1度もありませんでした。

そこで質問です。
これは水分だけが減ったのでしょうか?
なので水分を取ればまた戻ってしまうのでしょうか?
運動してもこんなに減らないのに食べて寝ただけなのにどうしてこんなに?!
って思ってしまいます。

どなたか栄養の面などで分かりやすく説明していただけたらありがたいです。
よろしくお願い致します。

一応常にダイエットを気にしている者です。
157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。
こんなこと初めてなので質問させてください。

昨晩自己嫌悪になるくらい
超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。
以下食べたものです。

・夕食前の間食にアーモンド40g
・五穀ブレンド米茶碗1杯
・さば1切
・茶色のいんげん豆の甘煮(袋に100gくらい入ってる甘~いもの)
サラダ1
・玉葱小さめを1/2スライス
・人参彩り程度にスライス
・ほうれん草1束
・鰹節小袋半分
・めんつゆ
・塩こしょう
・キムチ30gくらい
サラ...続きを読む

Aベストアンサー

 おっと、失礼。回答(2)の訂正です。意外と体重が増えていない(むしろ減っている)と読み直してくださいませ。とくに利尿作用のあるものを飲み食いすると、体水分量が一時的にガクンと減ります。

Q体重計(メーカー)の数値の違いについて

先日までネットで買い求めた「AITEC」という体重計を使っていました。
デジタルで、体重、体脂肪、筋肉量、骨量、身体年齢を計れます。

そして昨日、TANITAの体重計を購入しました。
やはりデジタルで、体重、BMI、体脂肪、筋肉量、内臓脂肪、身体年齢を計れます。

どちらも、手で持つタイプではなく乗るだけの体重計です。

それぞれ計れる項目が微妙に違っているのですが、同じ項目に対してかなりの違いがでました。
これはよくある事なんでしょうか。
どちらのメーカーが信用できるのでしょうか(TANITAの方が信じたい数値が出てます・・)

「AITEC」
体重48.3 体脂肪24.5 身体年齢37才
「TANITA」
体重47.8 体脂肪20.6、身体年齢28才

私の実年齢は、まさにこの身体年齢のちょうど真ん中あたりです。
頑張ってダイエット(食事制限&運動)を一ヶ月してきたので、今まさに本当のところが知りたいところです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 デジタル表示の体重計は、ふつうは体重そのものはかなり正確に測れるはずですが、許容誤差があります。その誤差の程度はカタログか仕様書・取扱説明書に書かれているはずで、たぶん最大で0.5kgくらいではないでしょうか。

 一方、直接に測定することが困難な体脂肪率、筋肉量、骨量、身体年齢は極めていい加減で、これは測定原理から来ています。とくに測定電極が足だけにしか付かない「乗るだけのタイプ」は、どのメーカのものもあまり当てにしないほうがよろしい。
 そもそも体脂肪率がどのくらい正確に測定できるか、カタログ・仕様書・取扱説明書のどこにも明示がなくて、保証されていないはずです。

 体重計でどのくらい正確に測れるかよりも、その体重計をずっと使い続けて体重や体脂肪率の変化のトレンド(傾向)を知るほうがダイエットや健康管理には大切です。
 なお、同じ体重計を使っても、体脂肪率は測定するたびに2%くらいはバラツキますよ。とくに測定を朝にするのと晩にするのとでは数値が3%くらい違ってくることもあります。そんなものなんです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報