オゾン層がフロン等に破壊されて、オゾンホールが出来た、と言われています。
これを聞くと、フロン等の影響を受ける以前は、オゾン層は曇り空の雲の様に地球全体を隈なく(厚さ3ミリ程度でも)覆っていた、と言うイメージが有るのですが、実際のところ昔から、晴れ間のような隙間が有ったりするものなのでしょうか?
また、オゾン層はこれから減っていく一方なのでしょうか?

A 回答 (3件)

オゾン層は数百mの厚さで地球を覆っています。


それによって、太陽からの紫外線を遮っているわけです。
また、フロン類は非常に安定で30年近くかけて、オゾン層に
到達して、そこで紫外線で分解されて、塩素や臭素となって
オゾンを連鎖的に壊します。1つの塩素が多量のオゾンを破壊します。
ですから、今排出されたフロンがオゾン層まで到達するのに数十年
かかりますので、まだまだ、オゾン層破壊は続きます。というか、
ですが、今、排出量を減らせば、将来の被害を少しでも減らすことが
出来るので、早急に取り組まなければいけないというわけです。

環境庁に関連の情報が出てますので見てみて下さい。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ozone/panf/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オゾン層の厚さの解釈を間違っていました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 21:20

主に熱帯地方でつくられたオゾンが極地まで運ばれます。

よってオゾン濃度は9,10月に低い値を示します。
この減少の程度が大きくなっていって、大きな穴があいちゃったというのがオゾンホールです。
オゾン層はは連鎖的に壊されていっています。今すぐCFCなどの化学物質の排出をゼロにしても、
オゾン層は後100年は破壊されつづけるだろうとも言われています。
しかしこの排出を止め、悪循環を止めることこそ必要で、そうすれば自然とオゾン層は元のようになるでしょう。
 参考「地球の報復 大気に映る環境破壊」ルイーズ・B・ヤング 時事通信社
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考文献を探してみます。

お礼日時:2001/01/28 21:21

 オゾン層が減っていくと言う質問には、答えられないけど、その原因のCFC(クロロフルオロカーボン)やメチルクロロホルムは減っているということです。

昨年行った科学技術庁主催の「シンポジウム2000」の報告によれば、中緯度~高緯度に掛けてオゾン濃度は減っていると言うことです。さすがモントリオール議定書ですね。
 あとはその他のコメンテータに任せます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モントリオール議定書、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Q成層圏の温度とオゾン層破壊

オゾン層は紫外線を吸収する際に周辺の空気を暖める効果があり、オゾンホールが成層圏気温を下げてさらにオゾン破壊を促進するんですよね?
だったら、温暖化が進んだ方がオゾン層破壊を止めることができるんですか?

Aベストアンサー

強力なエネルギーを持つ、高周波数の紫外線は、オゾン層、いわゆる酸素分子を、酸素原子に分解し、O3のオゾンを作り出し、出来たO3のオゾンを、また分解しO2+Oに分解し、その繰り返しにより、強力な紫外線のエネルギーを消滅させて、地球上に、降りかかるのを防いでいるのです。オゾンを作り、オゾンを壊す。これが紫外線のエネルギーの消滅になるのですが、O2(酸素分子)を酸素原子O+Oにするエネルギーを使った後、フロンなどの、合成物質Cl(塩素)が、酸素原子と結合して、オゾンは出来ません。そうなるとオゾンを壊すエネルギーが、オゾン層で、消滅できず、地上に降り注ぎ、細胞の核に異変をおこします。
そういう意味で、地上に換算した、エネルギーは、オゾン層のエネルギーは大きな物です。オゾンホールが、成層圏の温度を下げること(貴方の意味がわかりませんが、)は、強力紫外線のエネルギーが、消滅せず、地上に降り注ぐと言うことです。
オゾンを破壊すると言うことは、強力なエネルギーを要します。それが、紫外線のエネルギーの消費エネルギーです。
オゾンを作り、オゾンを壊して、この繰り返しが、紫外線のエネルギーを使い地上に降り注ぐ紫外線は、人体にそれほど、高エネルギーのしがいせんじゃなく、
低エネルギーの紫外線です。
オゾンを作り、オゾンを壊す、これは、ある意味、地上の生物にたいする。バリアーです。何か思い違いされていると思います。

強力なエネルギーを持つ、高周波数の紫外線は、オゾン層、いわゆる酸素分子を、酸素原子に分解し、O3のオゾンを作り出し、出来たO3のオゾンを、また分解しO2+Oに分解し、その繰り返しにより、強力な紫外線のエネルギーを消滅させて、地球上に、降りかかるのを防いでいるのです。オゾンを作り、オゾンを壊す。これが紫外線のエネルギーの消滅になるのですが、O2(酸素分子)を酸素原子O+Oにするエネルギーを使った後、フロンなどの、合成物質Cl(塩素)が、酸素原子と結合して、オゾンは出来ません。そうな...続きを読む

Qオゾン層の破壊について

レポートのためにオゾン層の破壊について調べています。
そこでフロンのことがでてきたのですが、調べでいるとフロンの規制で全廃したとあったんです。
これは本当ですか?
オゾン層の破壊は現在どのようになっているのでしょうか?オゾン層について知っていることがあれば教えてください(><)お願いします!

Aベストアンサー

昔、仕事上、精密洗浄で一日一途缶一本を蒸発させていた極悪人です(笑)

冷蔵庫やカーエアコン、ホームエアコンなど古い機種にはまだ使われていると思います。

「代替フロン」に移行して数年経ってますが、完全に移行出来ているのかどうかははなはだ疑問。

親戚の家には数台のフロンを使うエアコンが未だに稼動中だし。

製造は終わっても需要はあるので、どこからか流れてるんでしょうか

回答になってませんね
参考まで

Qオゾン層

オゾン層のオゾンホールの事について知っておられる方はいらっしゃいますか?すぐにレスください!!(>0<)

Aベストアンサー

え~と、お急ぎのようですので、詳しくは参考URLをどうぞ…。

参考URL:http://www.ietepa.org/myenvironmentalism/science/ozon.html,http://www.kankyonet.com/KANKYONET_OZONE/ozon_top.htm

Q今オゾン層の破壊ってどれぐらい進行しているのでしょうか?

今オゾン層の破壊ってどれぐらい進行しているのでしょうか?「フロンを撤廃して代替フロンを使用するようにしても、代替フロンも結局フロンの一種だからオゾン層の破壊は進行しているんだ」というような話を聞いたことがあるのですが...?また、今現在残っている古い冷蔵庫とか自動車とかのフロンガスがオゾンへ与える悪影響はどの程度なんでしょうか?

Aベストアンサー

参考になりそうなページをいくつか。

http://www.eic.or.jp/ecolife/c005.html
http://www2.big.or.jp/~yba/eco/001.html

代替フロンに関して
http://www.wnn.or.jp/wnn-eco/word/56.html

数年前にオゾン層に達しているフロンは現在まで使用した量の10%なんて言ってましたよね。
昨今問題になったものだと名古屋の水害時に廃棄された冷蔵庫や自動車から大量のフロンが
流出しましたね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報