無作為に選ぶという事ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

統計用語かと思います。



任意抽出法とは無作為抽出法 とも云い、母集団から標本を抽出する際に、選択者の意思が入らないよう全くの偶然に任せて、つまり、くじ引きの原理>で標本を抽出する方法です。
    • good
    • 0

どのような文脈ででてくる用語ですか?


文脈が分からないと回答のしようがありません。

補足を要求いたします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内部統制で、IT統制がありますが、『全般的統制』と『全般統制』の関係性

内部統制で、IT統制がありますが、『全般的統制』と『全般統制』の関係性がわかりません。
詳しい方、解説して戴けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

ちなみに『全般統制』と『業務処理統制』の違いはわかります。

Aベストアンサー

IT統制に関してはITAC,ITGC,ITCLCのすべてをまとめて理解したほうがいいと思います。
まず、ITCLC(IT全社統制)とは、全社的にITに関しての管理方針などを整えることと考えていいと思います。もともと、全社統制とは、会社の経営方針や経営環境への適切な配慮をすることを言うと理解していただいていると思いますが、その考え方をITというものに焦点を当てたものと考えていいと思います。
具体的には、システム管理規定や情報セキュリティ規定などの整備、あるいはIT戦略などのことをいうと考えていいと思います。
ITAC(IT業務処理統制)とはITの機能により業務プロセスの中での統制手続となっているものと考えてください。業務プロセスの中の統制手続には人の判断による統制手続であるマニュアル統制(MC)と機械(IT)の機能を発揮することによるアプリケーション統制(ITAC)があります。(細かく言うと、そのほかにその両者が合わさって機能するIT依存手作業統制(ITDMC)というものが在ります。)
MCは人の判断による統制手続、ITACは機械(IT)の機能による統制手続という違いがあります。
そして、ITGC(IT全般統制)とは上記のITACの信頼性を担保するための統制手続を言います。
業務プロセスの中での統制手続はMCとITACに分かれますが、このうちMCは人の判断による統制手続であり、その運用の有効性の評価はそれを実行している人の行為の信頼性を確かめる手続になるので、たとえば、25件のサンプルを取って評価するということが考えられます。この点、ITACの場合は機械(IT)の機能による統制手続なので、その運用の有効性の評価は機械(IT)の機能の信頼性を確かめる手続になる。
そこで、機械(IT)の機能の信頼性とは、それを実行している機械(IT)の信頼性を確かめる手続となります。通常、機械(IT)の信頼性を確保するために会社が行っている業務として、たとえばシステム部などがITシステムの運用管理を行っていると思います。つまり、このITシステムの運用管理業務がま違いなく有効に機能していることによりITACの運用の信頼性が確保されていると考えられます。この、ITACの運用の信頼性を担保するための統制手続がITGC(IT全般統制)と考えてください。

わかりにくいかな?

IT統制に関してはITAC,ITGC,ITCLCのすべてをまとめて理解したほうがいいと思います。
まず、ITCLC(IT全社統制)とは、全社的にITに関しての管理方針などを整えることと考えていいと思います。もともと、全社統制とは、会社の経営方針や経営環境への適切な配慮をすることを言うと理解していただいていると思いますが、その考え方をITというものに焦点を当てたものと考えていいと思います。
具体的には、システム管理規定や情報セキュリティ規定などの整備、あるいはIT戦略などのことをいうと考えていいと思います...続きを読む


人気Q&Aランキング