今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

質問はふたつあるんです。

一つ目が、8月15日の聖母被昇天祭です。
その日はミラノにいるのですが、
祝日ならではの何かが、あるのでしょうか?
イベントや特別な風習があるなら、ぜひ見てみたいんです。
(お店やレストランが軒並み休みらしい...とも聞きましたが)

二つ目は、ローマからフィレンツェへの列車移動について。
昔は、バスケット入りワイン付きの駅弁のようなものがあり
楽しいランチが楽しめましたが、今は何かお勧めってあるのでしょうか。

たった8日間で、ローマ、フィレンツェ、ミラノの忙しいたびですが、
この時期、これはお勧め!というものがほかにもあったら
教えてください。
趣味は写真とワインです(でも何でもOKです。お願いします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

イタリアですか・・・良いですね。


まず8月15日はイタリア全土で祝日となっています。よって、街中の店、レストランはほとんどが休みとなります。教会ではミサが行われ、国中が厳粛な雰囲気になっています。レストランのほか、スーパーマーケットなども休みになってしまうので、当日の食料調達は計画的に、予め買っておいたほうが良いかもしれません。また、ホテルなどで開店しているレストランの情報を聞くのも良いかもしれません。情報があれば教えてくれるはずです。
次に、ローマからフィレンツェまでの電車移動ですが、最近は駅弁などは見かけませんね。列車は何を使うのか分かりませんが、ユーロスターならば、1時間半のノンストップで着くので、あっという間です。食事はフィレンツェですることにして、ローマのテルミニ駅でパニーノなどを買って、軽く済ませた方が良いと思います。フィレンツェに着いたらジェラート、ワインなど、美味しいものがたくさんあるので、レストランでの食事をお勧めします。その他、今の時期はバーゲンをやっているかもしれないので、買い物も良いかもしれません。ただ・・・夏のフィレンツェは蚊が多いので、虫刺されには気をつけてください。それと、夏のイタリアは日差しが日本に比べてかなりキツイので、日焼け対策にも気をつけたほうが良いと思います。
ちょうど1年前の夏、イタリアに住んでいたので、せめてもの情報になればと思います。良い旅を・・・。
ちなみに、夏のイタリアの街は悪戯好きの少年たちが多くいます。暗くなってからの外出は貴重品や現金などの管理に気をつけてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
8/15の食料事情の情報も、助かりました。

ディナーもフィレンツェで楽しむことにします。
虫よけスプレー、ウナと日焼け止め、日傘もトランクに詰めました。

フィレンツェやローマでお勧めのお店(食事)も、
教えていただけると嬉しいです♪
健康管理に気をつけながら行ってきます。

お礼日時:2007/08/05 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qバチカン市国への行き方+気をつけること★

こんにちわ。

来年2月にローマに所用で行く予定なのですが、一日自由行動ができるので、バチカン市国に行ってみたいと考えています。
そこで、バチカン市国への行き方なのですが、
トレビの泉やコロッセオからどういう風に行ったら行けるのでしょうか。それかバチカン市国へ行く道としてローマ内で通ったらよいルートとかありますでしょうか。
かかる時間や簡単でいいので行き方を教えていただければ嬉しいです。
またそのようなサイトがあればぜひともご教授下さい。

それと、バチカン市国へ行くに当たって気をつけること等ございましたら、お願いします。


この質問にお付き合いしてくださる方、
お手数ですが、よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

経験談だけで書かせていただきます。

私はバチカンからスペイン広場まで歩いたことがあります。トレビの泉なら十分歩いて行けますよ。
その前に、コロッセオも行かれるご予定のようですから、コロッセオをスタートとします。

直ぐにフォロロマーノに出るので、そこを見て、ベネチア広場に向かいます。コルソ通りから、トレビの泉に曲がります。
トレビのあと、さっきのコルソ通りに出て、ナボーナ広場を目指して歩き、そこからテベレ川に出ましょう。
対岸にサンタンジェロ城を見ながら橋を渡ると、バチカンのサンピエトロ寺院の大きなドームが正面に見えます。
まっすぐ進んで、文字通りの大広場、そしてでっかい寺院の中へ入ります。(すりにご注意)
外に出て、バチカンの塀沿いに相当行くと、バチカン美術館の入り口があります。システィナ礼拝堂はこの中・・

ローマでタクシーに乗るのは怖いので、帰りも歩きしかありません~~
ホテルの位置が分かりませんが、地図を見ながらご研究下さい。

注意はやっぱり「油断大敵!」の格言を胸に~~でしょうね。
冬だから、コートの下にカバンをかけるなどなさってください。
いい旅を~~

経験談だけで書かせていただきます。

私はバチカンからスペイン広場まで歩いたことがあります。トレビの泉なら十分歩いて行けますよ。
その前に、コロッセオも行かれるご予定のようですから、コロッセオをスタートとします。

直ぐにフォロロマーノに出るので、そこを見て、ベネチア広場に向かいます。コルソ通りから、トレビの泉に曲がります。
トレビのあと、さっきのコルソ通りに出て、ナボーナ広場を目指して歩き、そこからテベレ川に出ましょう。
対岸にサンタンジェロ城を見ながら橋を渡ると、バチ...続きを読む

Qイタリア、空港の入国審査?の所要時間

2月にイタリアに行きます。
12:40にフィウミチーノ空港到着予定なんですがおよそ何時頃にテルミニ駅周辺に到着できるでしょうか?私の予想では14時には到着している予定なんですが…。

前回イタリアに行った時は約15分程度で空港から出られたのですが、何故か入国のスタンプが押されていないことが帰国時に発覚しました。恐らく空港のミスということでその時はことなきを得たのですが、私は何かをすっ飛ばして空港から出てしまったのでしょうか?普通の人はどれくらい時間が掛かるものですか?それとも15分は妥当な時間でしょうか?

もちろんその時はスーツケースも預け入れしていたのですが、飛行機から降りてすぐに受け取ることができそのまま出口に向かってアフリカ系の受付の人にパスポートを渡して観光です!と言いました。そのあと目の前に出口があったのでそちらに向かうと知人のイタリア人が待っていたのでそのまま車で空港を出ました。

スタンプが無かったのはなにか手順を間違えていたのでしょうか?何となく不安になってしまったのでご質問させていただきました。

Aベストアンサー

No.2です。補足を拝見しました。

日本からの直行便だったのでしたら、フィウミチーノで入国審査を受けたはずですね。
入国審査も空いていて預け荷物もすぐ出てきて、到着から15分で空港を出られたというのは、かなりラッキーなケースだと思います。シェンゲン外からの到着便が重なって、しかもそれが入国審査が厳しくなる国籍の人を多く乗せた便だった場合、入国審査の列が前々進まなくてそこで30分くらい足止めされることだってありますから。
審査で特に質問されないのは珍しくありませんが、パスポートをきちんとチェックしない・スタンプを押さないのは、忘れたのではなく、単にその係官の怠慢です。No.2にも書いたように、日本のパスポートだとほぼスルー状態でそのまま通過させられそうになることがたまにあるんですよ(どうせ短期の観光旅行でしょ、不法滞在はしないでしょと、良くも悪くも信用が高いんですよね)。
パスポートに入国の記録がないと、どこかで職務質問を受けたときに不法滞在を疑われます。スタンプがないだけでなく、係官がパスポート情報を読み込むことすらしなかったら、あなたがいつイタリアに(シェンゲン域に)入国したのかを証明するものは何もありませんから、密入国扱いされても仕方ない状況になってしまいます。特に、団体ツアーではなく個人での滞在のときは要注意です。
こればかりは、入国審査のところできちんと確認して、自衛するしかありません。

>シェンゲン協定加盟国とはEUのことでしょうか?

違います。重なっている国は多いですが、違います。
例えば、イギリスはEUですが非シェンゲンです。スイスはシェンゲンですが非EUです。
旅行者に大きく関係するのは、出入国審査の省略(シェンゲン間)と、免税手続き(EU最終国)あたりでしょうか。

No.2です。補足を拝見しました。

日本からの直行便だったのでしたら、フィウミチーノで入国審査を受けたはずですね。
入国審査も空いていて預け荷物もすぐ出てきて、到着から15分で空港を出られたというのは、かなりラッキーなケースだと思います。シェンゲン外からの到着便が重なって、しかもそれが入国審査が厳しくなる国籍の人を多く乗せた便だった場合、入国審査の列が前々進まなくてそこで30分くらい足止めされることだってありますから。
審査で特に質問されないのは珍しくありませんが、パスポートをきち...続きを読む

Qバウチャーってなんですか?

旅のしおりに「ホテルのバウチャー」という言葉が出てきましたが、何のことなのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

 簡単明瞭にご説明します。
バウチャーとは、ホテルの予約確認券(金額が入っているもの、いないもの両方があります。)を指し、ホテルクーポン(券面の表示は宿泊券/ホテル券/旅館券 等)とはホテルに泊まるためのクーポン(金券)です。
 クーポン券は金券ですから紛失したらそれまでで、再発行はできません。予約はそのままに、再度お金を払って買い直します。また、現物を忘れてきても原則として宿泊できません。
 バウチャーは予約確認券ですから、紛失しても宿泊には大きな影響はありませんし、もちろん時間さえあればいくらでも再発行できます。また、FAXなんかで送ってもらっても大丈夫です。

 ただし、旅行会社(または職員)によっては混同している事もあります。ご注意を・・・

Qイタリア旅行:服装や注意事項について

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

自由時間にはブランドショップにも行ってみたいので,Tシャツ+ジーンズ+スニーカーだけ用意するのもマズイかな?とも思っておりますが,なるべく荷物は増やしたくないという気持ちもあります。

夕食も普通のレストランに行く予定ですが,色々調べると,夕食時には着替えるという文化?があるとかで,せめて襟付きのシャツやポロシャツにスラックスなど,ジーンズ以外の服装も用意した方がいいというアドバイスもありました。

一番の心配は,妻の服装で,あまり派手な格好で,スリなどに狙われるのも嫌ですし,男性の私が色々調べても良く分からないのが現状です。

また,スリ対策として貴重品は首掛けのポケットをぶら下げ,カメラやガイドブックは,小さなショルダーバッグをタスキ掛けにして行こうかと思っております。
何か他に注意した方が良いことや,お勧めのグッツがありましたらアドバイスお願い致します。

乱文にて分かりにくいかと思いますが,どうかよろしくお願いします。

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな格好をされていますね。
T シャツ+ジーンズ、短パンはまわり多くの人の格好なので特に問題は無いと思います。

サングラスはあったほうがいいですよ!

それと外はとても暑くても女性は羽織モノを持っていったほうがいいと思います。冷房の聞いた室内(レストランやバス)に長くいると冷えてきますし、教会に入る為にも。

私はカジュアルな布トートひとつでふらふら歩き回っていましたが、肩からバッグを提げ簡単にはすれない状態にしているので一度も危険にあった事はありません。
気持ちさえ引き締めていれば大丈夫ですよ。

スカートでも派手な格好でもたいてい問題ないと思いますが、とにかく靴は歩きやすいもので底の厚いものをお勧めします。

いってらっしゃ~い。

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな...続きを読む

Q8月のお盆前後にイタリア(ローマ)旅行

来月のお盆前後に1週間、イタリア(ローマ)へ個人旅行で行きます(30歳夫婦)。下記についてアドバイスを頂けないでしょうか?
(1)空港からローマ市内のホテル(ホテル名は未定)まで、直通列車で行こうと考えているのですが、特に問題なく行けるでしょうか?ホテルの場所によっては送迎車でお願いしようかとも考えているのですが…。
(2)現地はかなり暑いらしいので、常時、服装は短パン+Tシャツ(ポロシャツ)+スニーカー+キャップ+サングラスで考えているのですが、ドゥオモや教会にもこの格好で入るのはやはり失礼なのでしょうか?
(3)ガイド本を読んでいるとホテルのセーフティボックスに貴重品を入れていても、それごと盗まれたケースも書かれていましたが、パスポート等の貴重品は腹巻等して持ち歩いた方が安全なのでしょうか?できれば暑いので避けたいのですが…。
(4)ずばり雨具は必要でしょうか?
(5)あと、これは持って行った方が良いよ!という物や、主要な観光場所ではないが、ここは行く価値があるよ!といった情報があれば教えて下さい。
答えれるものだけでも良いので、良いアドバイスをお聞かせ下さい!!宜しくお願いします。

来月のお盆前後に1週間、イタリア(ローマ)へ個人旅行で行きます(30歳夫婦)。下記についてアドバイスを頂けないでしょうか?
(1)空港からローマ市内のホテル(ホテル名は未定)まで、直通列車で行こうと考えているのですが、特に問題なく行けるでしょうか?ホテルの場所によっては送迎車でお願いしようかとも考えているのですが…。
(2)現地はかなり暑いらしいので、常時、服装は短パン+Tシャツ(ポロシャツ)+スニーカー+キャップ+サングラスで考えているのですが、ドゥオモや教会にもこの格好で入るのは...続きを読む

Aベストアンサー

1)空港駅からテルミニ駅までレオナルドエクスプレスに乗って移動するだけなら特に問題はないと思いますが、送迎の方が良いかどうかはホテルの場所次第でしょう。

2)失礼という前に入れない可能性があります。気の利いた教会だと、入り口で服装チェックをする人がいて、短パンやランニングシャツ、ミニスカートにタンクトップといった教会に相応しくない恰好の人には、不織布のポンチョを貸したりするところもありますが、ただ単に追い払われるところもあります。もともと教会は信徒が祈りを捧げるための神聖な場所。肌の露出は嫌われます。観光客はあくまでも神聖な場所にお邪魔しているという意識を持って、不文律であっても決まりごとには敬意を払い従うべきでしょう。

3)これが正しいという方法論はそれぞれ異なると思いますが、私自身は「膚身離さず」です。インナーセキュリティベストなど、いろいろ海外旅行向けのアイディアグッズがあるのでそれを利用してみてはいかがですか。

4)8月の晴天率は高めですが、砂漠ではないので当然雨の降る日もあります。夏の場合は日本と同じで夕立のようにいきなりどかっと大量に降ることがあります。激しい雨のときは傘を持っていても役に立たないくらいの、いわゆるバケツをひっくり返したような土砂降りになることも多々ありますが、折り畳み傘くらいは持ち歩いた方が安全でしょう。TVの天気予報もこうしたスコールの様な雨に対しては予報機能を果たしていない気がします。

5)
携帯湯沸かし棒(コンパクト・セラミックヒーター)+紅茶や緑茶のティーパック、インスタントコーヒー、インスタント味噌汁、
日本であればどんな安ホテル、ビジネスホテルの類でも、部屋でお茶を飲むのは前提でお湯を沸かしてお茶が飲める設備(湯沸しポットなど)がありますが、あちらでは飲み物はバールに行って飲むもの、あるいは高級ホテルであれば、ルームサービスでオーダーするものと相場が決まっていて、ホテルの部屋で自分でお茶(コーヒーなども)をいれて飲むという発想がないので、携帯湯沸かし棒(コンパクト・セラミックヒーター)は一般的日本人にはあると便利です。

使い捨てスプーン、フォーク
最近は現地のスーペルメルカートでも入手可能ですが、ワンセットだけ欲しいとなるとどこでも売っているとうわけにはいきません。テルミニ駅の地下のスーペルメルカート(地下街の案内図にはドラッグストアとなっていた)にはありますが...。

保冷剤。
100均で売っている程度のもので良いのでソフトクーラーバッグ。
除菌ティッシュ。
水に流せるタイプのポケットティッシュ。
現地で使える携帯電話。
帽子。
サングラス。


お盆前後のイタリアはバカンスシーズンのど真ん中。8月15日の祭日をはさんで、通常は8月中でも営業しているという店でも休みになってしまうところが多いので要注意。状況に応じて臨機応変に行動してください。

とにかく暑い時期なので、水分補給は忘れずに。観光地の近くで他に開いているお店があまりないような場所ではペットボトルの水を法外な値段で売るような店もあるので、水はホテルの近くのスーペルメルカートなどで買っておき、ペットボトルを水筒代わり持ち歩いてください。
現地の人を見習って、お昼から4時くらいまでは食事をしたらホテルに戻ってシェスタにするくらいでないとかなり疲れます。あまり無理をされないように。

では良い旅を!

1)空港駅からテルミニ駅までレオナルドエクスプレスに乗って移動するだけなら特に問題はないと思いますが、送迎の方が良いかどうかはホテルの場所次第でしょう。

2)失礼という前に入れない可能性があります。気の利いた教会だと、入り口で服装チェックをする人がいて、短パンやランニングシャツ、ミニスカートにタンクトップといった教会に相応しくない恰好の人には、不織布のポンチョを貸したりするところもありますが、ただ単に追い払われるところもあります。もともと教会は信徒が祈りを捧げるための神...続きを読む

Qフィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前

フィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前9時くらいにフィレンツェを出発し、食事をベネツィアですませ観光をしながら夕方の列車にてフィレンツェに戻る予定ですが、日帰りは可能ですか?

Aベストアンサー

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って水上バスか水上タクシーの利用となります。資金が潤沢であれば待ち時間もほとんど要らない水上タクシーがお薦めですが、その分料金はかなり高額です。一番ポピュラーかつ安価(といっても結構高い)な方法としては水上バスですが、慣れていないと逆方向に乗ってしまったり(山手線を逆方向に乗るようなものでいつかは到着するが滅茶苦茶時間がかかる)、乗り場がわかり難くて右往左往して時間をロスする可能性もあります。列車と水上バスの連絡も良いわけではないので、ヴァネツィアのサンタ・ルチア駅に着いてからがまた結構時間がかかるということを頭に入れて置いてください。

ちなみに私は昨年の夏に実際フィレンツェから9時30発のESでヴェネツィアに移動しましたが、夏休み期間で観光客が多い時期だったせいもあって水上バスの切符の販売窓口は長蛇の列。切符を購入するだけでもかなりの時間をロスし、そこから水上バスの到着待の時間、実際の乗船時間を含めるとサン・マルコ広場の最寄の水上バス乗り場に到着した段階で13時近くになっていました。

帰りはヴェネツィア サンタ・ルチア駅18時27分のESに乗るとフィレンツェSMN駅に20時30につきます。フィレンツェ行きの最終は19時27分発ですが、最終に乗り遅れる二進も三進も行かなくなるので、保険という意味で最終の一本前を利用することをお薦めします。

復路も駅までの移動の時間等あるので、実際の観光に使えるのは17時半ぐらいまで。フィレンツェからヴェネツィア サンタ・ルチア駅までで考えるなら現地滞在時間は約7時間ほどですが、駅到着後中心部への移動時間等を差し引くと厳密に観光に使える時間は5時間強。食事は列車の中でパニーノなどで済ませるなら、サンマルコ広場で写真でも撮って、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿の入場観光かあるいはゴンドラクルーズのうち2つくらいはできるでしょうが、ヴェネツィアの本来の魅力である迷路のような街並みを探索するには残念ながら時間不足でしょう。
ヴェネツィアで食事をするつもりなら、ランチでも2時間弱はかかりますから、観光は入場観光はどこもせずに外観のみが精一杯ではないでしょうか。

運賃は割引なしで一等59ユーロ、二等42ユーロ。時間的に余裕があるなら、FSのHPから事前購入の場合、旅行者でも利用できるmeno30やmeno15といった早割り的な割引サービスがあります。
meno15:7日前まで購入可。通常料金から15%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
meno30:15日前まで購入可。通常料金から30%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
万が一、指定の列車に乗り遅れた場合、少し手数料がかかりますが、席さえあれば次発の同等列車に変更してもらえます。

個人的には、往復に6時間もかけて5時間かそこらの観光しかできないヴェネツィアに行くのであれば、フィレンツェ近郊のアレッツォやシエナ、オルヴィエートといった街(それぞれとても美しく趣があります)に行くことをお薦めしたいところです。

参考URL:http://www.ferroviedellostato.it/homepage_en.html

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って...続きを読む

Qヨーロッパの夏休みの期間はどの辺ですか?

ヨーロッパの夏休みの期間はどの辺ですか?
ヨーロッパでバカンスで夏休みを取るのは有名な話ですが、
話によると夏は約3週間、冬2週間と聞きます。
 
実際には8月1日頃から3週間となるのでしょうか。
それとも8月末に合わせて3週間となるのでしょうか。
 
また、これらの期間に旅行に行くと、お店なども限られてきますか。
それともお店はかき入れ時なので、どこも熱心に商売しているのでしょうか。

Aベストアンサー

>ユダヤ教に至っては日曜日は労働すら禁止だそうですね。

ユダヤ教は土曜日が安息日です(正確には金曜の日没から土曜の日没らしい)
キリスト教も最初は土曜日だったらしいです。今調べたら正教会は今でも土曜だと。
イスラム教は金曜日。

でも西欧社会は日曜休みで動いているのだろうと思います。
ギリシャやロシア(正教の国)も日曜休みみたいですし。
(北米に住んでいるイスラム教徒は金曜でなく日曜日に礼拝に行くと本で読んだことがあります)

何曜日かという理由はそれぞれ違うようですが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は兄弟宗教ですから、似た考え方があるんじゃないでしょうか。

ちなみにユダヤ教徒も現代では正統派から気にしない人までさまざまですので、世界中のユダヤ系の人が全員、安息日には働かないと考えているわけではないです。


まあでも、ヨーロッパは「休むときは休む」感じなのでしょうね。
数年前に行った韓国の秋夕時期もかなりのお休みモードでしたが・・・・・日本も正月あたりはもう少しお休みモードに戻っていいんじゃないかと思ったりします。

学校の夏休みはアメリカやカナダも6月途中で学年が終わり、8月終わりか9月初め(地域により違う)に次の学年が始まると聞きます。西洋は学年の開始が9月始まりなので、どこもこんな感じなんじゃないでしょうか??
スペインは9月中旬まで休みだとか(笑)
大人は会社によって異なるが「少なくとも2週間」だそうです。
http://www.spain-column.com/2007/06/post_5.html

観光的見地からすると、地域によっては真夏は暑過ぎるとか、地元民で混むとかありそうな。
ヨーロッパ旅行は6月ぐらいが良い季節ではないかと思います(時期を選べるならばですけどね)。

参考URL:http://kasespain.muybien.info/live/live017.htm

>ユダヤ教に至っては日曜日は労働すら禁止だそうですね。

ユダヤ教は土曜日が安息日です(正確には金曜の日没から土曜の日没らしい)
キリスト教も最初は土曜日だったらしいです。今調べたら正教会は今でも土曜だと。
イスラム教は金曜日。

でも西欧社会は日曜休みで動いているのだろうと思います。
ギリシャやロシア(正教の国)も日曜休みみたいですし。
(北米に住んでいるイスラム教徒は金曜でなく日曜日に礼拝に行くと本で読んだことがあります)

何曜日かという理由はそれぞれ違うようですが、ユダヤ教...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む


人気Q&Aランキング