グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

公園で見かけるハトやカラスは地上を移動するとき主として両足を交互に前後させて歩きます。これに対してスズメなど小鳥は一般に両足を揃え、ぴょんぴょんと跳ぶことによって移動します。小さくてもインコの仲間は歩きます。
「歩く」と「跳ぶ」は何によって別れるのですか。多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
専門家志向ではないので時間を割いての本格的なお答えでなくて十分です。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

面白いご質問だったので、私も少し調べてみました。

下のHPを見てまとめたところ、こんな感じでした。

・鳥は「歩く」方が基本で、「跳ぶ」は枝から枝への足運びが地上でも応用されたものである。
・「跳ぶ」のは陸鳥だけで、しかも樹上性の鳥に限られる。
・「跳ぶ」は素早く動き回るのに適しているが、「歩く」よりエネルギーを多く必要とするので、大型の鳥や長距離の歩行には適していない。
・カラスやヒバリのようなスズメ目では、巣立ち直後は「跳ぶ」が、その後には「歩く」ようになるものが多い。

>多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
歩く鳥にはダチョウなど大型のものもいますが、跳ぶ鳥ではイワトビペンギン(体重 3kg)が最大のようなので、質問者さまがお考えのように、やはり体への負担も大きいのでしょうね。

以前、TVでペンギンのドキュメンタリーを観たのですが、彼らはあのよちよち歩きで、思いのほか長距離を移動することに驚きました。一見すると不器用な歩き方ですが、意外とエネルギー効率が良いそうです。面白いですね。

参考URL:http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/aruki.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり研究者がいるのですね。
>>鳥は「歩く」方が基本  
言われてみれば爬虫類の子孫だそうですから「跳ぶ」のは、より進化した結果かもしれませんね。纏めて下さった4つの項目は、なるほどと思いました。

セキレイが歩くのは承知していましたが、カワセミ、ツバメ、ヒバリが「ウォーキング派」とは意外でした。確かに樹林帯よりは、開けたところに棲んでいますね。サイズだけではなく生活圏が無視できないのですね。

ペンギンが、あの歩き方で理屈にあっているとは!

有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。 

お礼日時:2007/08/05 11:27

ちょっと脱線しますが、前の方のペンギンの歩き方について。


これは、生物学・人間工学などの目でみると、昔の日本人がやっていた「なんば」という歩き方と同じなのです。
この歩き方は長時間歩くのに大変都合よく、エネルギー消費を減らす事が出来ますので、極地など寒い所の鳥であるペンギンがこれを取り入れてるのは結構理にかなってるのではないかと思います。

人間の行進などでは、西洋式の手足を逆に出して腕を高く上げるというのが一般に行われますが、これは見てかっこいいだけで、エネルギー消費から言えば非常に非効率的な動作で、長距離行軍などには適していません。

子供の頃、歩くと手と足が一緒になってしまって、行進の時、みんなと合わせられずに散々先生に怒られて苦労して直したのを思い出します。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「なんば」と名前までついているのですね。われわれの歩行様式が訓練された結果であることは忘れていました。確かに笑う側だったか、笑われる側だったか、そんな練習をしたのが思い出されます。訓練されていない子供は自然で楽な歩き方をしているのでしょうから「なんば」歩きには一理あるのかもしれません。ということは左利きと同じくらいの比率で成人の中にも「なんば」歩きが混じっていてもよい理屈になりますが果たして?
有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。 

お礼日時:2007/08/05 11:50

インコやオウは、基本的に枝に足を絡ませて場合によっては口ばしも利用しながら移動しているのをよく観察します。

原産地柄というか、生息区域柄そういう移動のしかたを習得したのでしょう。

カラスも跳ねるのを見たことありますよ。スズメも家の中に巣を作られたことがあるのですが、ぱたぱた歩いている音は毎日聞こえてきました。ハトについてはよくわかりません。跳ねた方が音を出さないので敵からの自衛や獲物の確保に役立てるときに使うんではないでしょうか?

おまけ:
言葉の意味上の「歩く」と「跳ぶ」は、片方の足を持ち上げてから地面に着地するまでの間に、もう一方の足が地面についていながら移動するのが「歩く」。片方の足が持ち上がってから着地する前にもう一方の足が地面から離れているのが「跳ぶ」。信州の方言でかけっこのことを「跳びっこ」ということがあるのはこのためでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インコやオウムは口ばしもよく利用しますね。密林では比較の上でいうと、飛んだり跳んだりするほどには樹木が疎ではないからでしょうか。
スズメも巣のように狭い空間では歩くのでしょうか。
信濃の人は流石に観察が鋭く表現が正確です。
有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。 

お礼日時:2007/08/05 10:59

そういえばそうですね。


面白そうなのでちょっとだけ調べてみました。
「両足を交互に前後させて歩く」のが「ウォーキング」
「ぴょんぴょんと跳ぶことによって移動する」のは「ホッピング」
と呼ばれているそうです。


以下は参考URLからの抜粋です。

2つの歩き方はウォーキングのほうが基本で、ホッピングは枝から枝へと移る足運びが地上での歩行に応用されたものと考えられています。
したがって、水鳥や地上性の陸の鳥はすべてウォーキングで、陸の鳥の中でも樹上性のグループににはホッピングをするものが見られます。


う~ん、なるほど。

ただこれは実証的研究は無く、こうではないか、と考えられているだけの段階のようです。

参考URL:http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discov …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小さい鳥はホッピング、大きい鳥はウォーキングと思っていましたが樹上生活か地上生活かに着目する手もあったのは迂闊でした。
古生物学者などは、ちっぽけな骨片から種を特定しているようですから、跳ぶのが得意な鳥と歩くのが得意な鳥では解剖学的に違いが分かっているのだと思っていましたが、そうとは限らないのですね。
有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。 

お礼日時:2007/08/05 10:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地面で歩く鳥と跳ねる鳥

地面で歩く鳥と跳ねる鳥

素朴な質問なのですが、
公園なんかで離れた地面に居る鳥を見ていると、
歩いて移動する時と跳ねて移動する鳥と2種類いますよね?

あれって種類で決まってるんでしょうか?
それとも同じ種類でも使い分けているんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらがわかりやすいかも。

鳥便り>ウォーキングとホッピング
http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/aruki.htm

Qはねる鳥と歩く鳥の違いは?

スズメみたいにピョンピョンと跳ねる鳥と、鳩みたいにペタンペタンと歩く鳥がいますよね?あと、カラスみたいに、跳ねたり歩いたり両方する鳥もいます。

種類によって、骨格とか筋肉のつき方が違ったりするのでしょうか?
違う場合は、なぜ、そのような進化?の違いが生じたのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらに違うサイトで同じ質問をされていたのでリンク張っておきます。
>種類によって、骨格とか筋肉のつき方が違ったりするのでしょうか?
基本的な骨格はどの鳥も共通でしょうが、環境や大きさによって発達したものや退化したものなど、その種類によって随分変わると思います。
そうやって進化していった体に合う移動方法が、このように跳ねたり歩いたりするようになったのではないのでしょうか。

参考URL:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=9480307

Qジャンプして歩く鳥と普通に歩く鳥

スズメみたいにジャンプして歩く鳥もいますし、ダチョウみたいに普通に歩く鳥もいますが、なぜなのでしょうか?外見から見ると、大きな鳥は歩き、小さな鳥はジャンプするように思われます。でも自分が知りたいのはもっと詳しく科学的な理由が知りたいのですが些細なことでもいいので知ってる方は教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

 餌の取り方による違いかもしれませんね。
 yoyoyoさんの回答にありました、「木の上で生活する鳥」とは「地表じゃないところ(木の上など)で餌を取ることが多い鳥」で、「地上で生活する鳥」とは「地面を歩いて餌を取ることが多い鳥」と、置き換えれると思うんです。
 そうすれば、ダチョウのような飛べない鳥はもちろん地表で餌を取りますし、多くのハトや、ムクドリ、ニワトリ、サギ類等も地上を歩いて、草や木の実、昆虫などを食べることが多いですね。
 地表で餌を探すとき、ジャンプしながら探すよりも、頭を安定させながら(目の位置の高さが安定するように)探す方が探しやすいのですかね?また、昆虫等をとらえるにしても、歩く方が素早い方向転換をしやすいので捕まえやすいのでしょう。
 
 余談ですがカラスの仲間は、片足ずつ交互にだして歩くこともするし、両足を同時に出してピョンピョンと「はね歩き」をすることもあり、両方ともします。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

QI appreciateとI appreciatedの使い分け

何かしてもらって感謝するとき、将来のことであれば、I would appreciate. (何かしてくれたらありがたいです。)となりますが、直前のこと、丁度今のこととなると、本当にjust nowであれば、I appreciateと言っているような気がしますが、ちょっとでも過去になるとすぐにI appreciatedと言っているようで、使い分け方が分かりません。
どなたか、アドバイスを宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

今そう感じているのであれば、そしてそのフィーリングを相手に伝えたいと言うのであれば、I appreciate itでThank youと同じです。

しかし、ある過去の事でそのときに感じた感謝の気持ちを伝えないと言うフィーリングを今示すのであれば、I appreciated it.と普通の文章とおりに使います。 

ただ、日本語の「あの時はどうもありがとうございました」という表現は、あのときにそう感じていたかどうかを表現しているのではなくあのときの事を「今」表現したいと言うフィーリングですね。 しかし、I appreciated itはそうではなく、あくまでも、あの時は感謝した、と言う表現なのです。 「あの時ちゃんと感謝しただろう、なんだよ、いま頃になって感謝していなかったなんていうんだよ。 ランチ奢ってやっただろう。」といい時のあのときに感謝した、という事なのです。

そして更に事を複雑にしている、特にこの動詞は他動詞として使うんだと決め付けている人(アメリカ人も含めて、私も含めてです)にとって気になるかもしれないのが、このitを非常に弱くとも言うのではなく言わない人もいる事なのです。 I would appreciate itの代わりにI would appreciateと言い、I appreciate itと言う代わりにI appreciateと言い、I appreciated itの代わりにI appreciated.と言うように言う人がいるわけです。 どれだけ浸透しているか別に英語で生活している人たちで、しかも一応教養があると言う人たちでも言う事実が存在します。

これが定着するかどうかは私はするかもしれないと思います。 定着して辞書に自動詞として載るかどうかはまだまだ先の話でしょう。

確かにappreciate itとappreciatedの発音はitと言う代名詞をthank youでは殆ど言わないと同じように、I appreciate itがすでにフィーリングを心から出しているとは限らないくらい社交辞令的にも使われる事からitそのものに対するフィーリングや口出す(発音という事です)をわざわざ強く出す必要がないと感じていることから、edの発音とまるっきり同じになっている人がかなり多いと思います。 つまり、appreciate itといっているにもかかわらずappreciatedに聞こえる、という事は十分ありえます。

その状況が存在する事を知っている人は、また、itの意味合いをはっきりフィーリングの一部として出したいと感じる人は、I appreciate that. I appreciate what you've done for us. I appreciate your kindness.と言う風にはっきりフィーリングを出す「英語力から来る思いやり」があるわけです。 これは私は英語力の一部と言います。

また、appreciatedがappreciate itに聞こえるという事を知っている人は、どうせ過去のことを言うのだからある程度強調のフィーリングを必要とする状況にあるわけですし(普通なら過去に感謝した事をいう必要はないとします)、 I did appreciate itと言うようにdidを前に持ってきて表現するわけです。

このappreciateと言う単語にはthankよりもっと幅の広いフィーリングが出せる表現なので、今回の様に発音に関してよりもどういうフィーリングまで示せるか、I appreciate your pointと言いながら別に同意しているわけではないフィーリング、I don't appreciate what you said to me yesterdayの様に相手の好意によって気分を壊したというフィーリングを表わしていると言う使い方はいいのか、など理解・フィーリングの表現についてかなりの幅がありそれらの点で???となる人も多いです。 しかしThank以上に使える品のある単語として使える単語だとして私は重宝しています。

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

今そう感じているのであれば、そしてそのフィーリングを相手に伝えたいと言うのであれば、I appreciate itでThank youと同じです。

しかし、ある過去の事でそのときに感じた感謝の気持ちを伝えないと言うフィーリングを今示すのであれば、I appreciated it.と普通の文章とおりに使います。 

ただ、日本語の「あの時はどうもありがとうございました」という表現は、あのときにそう感じていたかどうかを表現しているのではなくあのとき...続きを読む

Q最近、文鳥がクチバシで私の指を噛んだり、つついたりして痛くて困ります。

最近、文鳥がクチバシで私の指を噛んだり、つついたりして痛くて困ります。

お世話になります。生後3ヶ月の文鳥を飼っています。
毎日、朝晩二回、カゴから出して遊んでやっていますが、最近やたらと私の手の指を噛んだり(痕が付くほど痛い)、同じく私の手指の爪や筆記用具(ボールペンやペン先)などに対して異常に攻撃的で(キュルキュル!とけたたましい怒り声をあげて)クチバシで何度も突いてきます。
攻撃?は数秒で終わり、すぐに手の平や肩に乗ったりしてチャッカリ甘えてきますが・・・

これって鳥の本能なのでしょうか?この先ずっと続くのでしょうか?
安全の為にクチバシも爪同様に先っぽを少し切ってもいいものでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時期から思ったのですが、「換羽(とや)」ということはありませんか?
大人の羽に抜け変わり中という…。
うちの子も春にお迎えして、その年の今頃に大人羽への換羽になりました。

換羽中は本人もかなりイライラしていたみたいです。
1か月くらい続いたような記憶があります。
そのあいだに僕の腕は噛み傷だらけになってしまいました。

でも、今はべったりしっぱなしで、噛むことはほとんどありません。
パソコンのキーボードを叩くと、激怒して噛まれますが(笑)

ずっとね、先入観などを捨てて接すると、感情が見えるようになってきますよ。
彼らには彼らなりの常識や感情があります。
指の先をいつもいつも敵だとは思っていないみたいですよ。

くちばしは切らないでね。
そのくちばしでパートナーの指を甘く噛みながら安心しているみたいだから。
ボールペンなどに攻撃するのは、そもそもパートナーだと思っていないから…パートナーの指と同列に考えることがちょっと違うかも。

縁あってお迎えした子でしょうから、大切にしてくださいね。

Q元気な文鳥。目をつぶるのは癖?病気?

10月初旬生まれの白文鳥を家族に迎え、9日目になります。
手乗り文鳥は、幼少期から数え3羽か4羽目です。
順調に育っており、よくなついてくれて、とってもかわいいです。

しかし、気になる点が一つあります。

2日目から気付いたのですが、よく目をつぶるのです。

始めは「右目をよく閉じている・・・?」と思いました。
その後「あれ?結構両目でもつぶってる?」となり、
今は「左目だけ閉じてる時もある!」となり、
本当に謎です。

片目だったり、両目だったり、しょっちゅうつぶります。
まだ子供なので、遊ぶ・食べる・寝るを、短時間ずつ繰り返していますが、とっても元気だし、眠くてつぶっている訳でもないようです。物音や気配がすると、パッと両目で見て、また目をつぶります。食べたり遊んだりが十分出来ているところを見ると、片目か薄目で必要最小限に開けてはいるのかもしれません。

瞼の腫れや目やにや出来物もないようですし、眼球の曇りや涙もみられません。

他にも数種類小鳥を飼っていた経験もあるし、あきらかに健康上問題があれば、気付くことが出来ると思います。

手持ちの本やインターネットで調べてもイマイチわからず、ペットショップは休業日・・・。(明日再度かけてみます)

どなたか、お分かりになりますでしょうか?

10月初旬生まれの白文鳥を家族に迎え、9日目になります。
手乗り文鳥は、幼少期から数え3羽か4羽目です。
順調に育っており、よくなついてくれて、とってもかわいいです。

しかし、気になる点が一つあります。

2日目から気付いたのですが、よく目をつぶるのです。

始めは「右目をよく閉じている・・・?」と思いました。
その後「あれ?結構両目でもつぶってる?」となり、
今は「左目だけ閉じてる時もある!」となり、
本当に謎です。

片目だったり、両目だったり、しょっちゅうつぶります。
まだ子供なので...続きを読む

Aベストアンサー

白文鳥さんのお迎え、おめでとうございます。m(_ _)m

文鳥に限らず の話になりますが、「頭を掻かれて心地よくて、つい目をつぶってしまう」なども含めて、目をつぶる機会は 結構あるようには思います。握り文鳥の最中 などに片目をつぶっていたり・半眼になっているような画像も よく見ますし、「文鳥は 割とよく目をつぶる」との話も、聞いたことはあります(「よく」の程度がどれ位なのか? は、感覚的・主観的なので 難しいところですが)。

そして、「目をつぶること」自体は 癖とも病気とも言い得るものであって、その線引きは、特定の側の目だけをつぶる・つぶる側の目やその周辺に異常が見られる・体調不良 などでなければ、目をつぶる行動の「頻度・期間の長さ」に依存する程度問題だろうと思います。

ですが、本鳥にいつも接している飼い主の感覚は、貴重です。ましてや、質問者さまが「手乗り文鳥は、幼少期から数え3羽か4羽目です」「他にも数種類小鳥を飼っていた経験もあるし」と経験豊富なことや、その 今までのご経験を踏まえてもなお「『しょっちゅう』つぶります」と表現しておられることを考慮すると、現時点で感じておられるご不安や違和感に そのまま従って、大事を取ってのご対応をされるべきなのではないか? と感じました。

さらに、お迎え後「9日目」であること(お迎え前に 既に何らかの病気を保因していて、その後の環境の変化 などに伴って発症した ということもあり得ます)といった状況も勘案すれば、私としては、念のために、できるだけ早く 適切な病院に受診して(少なくとも 病院に問い合わせて)頂くことをオススメしたいところです(例え 単なる早合点に終わったとしても、手遅れになるよりは 数段マシでしょう)。お迎え後の健康診断も兼ねて ということで、如何でしょうか。m(_ _)m

ご質問内容の中では、「眠くてつぶっている訳でもないようです。物音や気配がすると、パッと両目で見て、また目をつぶります」「片目か薄目で必要最小限に開けてはいるのかもしれません」あたりに、実は 体調不良が始まっている もしくは 体調不良を隠している(小鳥の習性として あり得ることです)のではないか? という懸念もあります。トリコモナス症 などの感染症でも、目をつぶるのが見られることもあるようです。

既に 主治医の先生がおられるかも知れませんが、一応、鳥を診られる病院リストを下記に貼らせて頂きます。獣医師の専門性の違いから、より適切な診療をより速やかに受けるためには、例え 遠方であっても、鳥専門の もしくは 鳥の診療に詳しい 獣医さんのおられる病院をお選びになることを、強くオススメ致します。

小鳥を診てくれる獣医さん紹介 - nifty (小鳥のお部屋)
http://homepage2.nifty.com/ikedachunko/byoin.html

文鳥を診られるはずの動物病院サイト一覧 (文鳥団地の生活)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/bun2/siikuhou/list.htm

「鳥獣医」さんは全予約制のこともありますので、事前のお電話は必要でしょう。その際に、移動手段や費用 などのご不明な点についても お尋ねになれると思います。寒くなってきましたので、移動中の充分な保温にも、ご留意下さい。m(_ _)m

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

長文失礼致しました。 どうかお大事になさって下さい。

白文鳥さんのお迎え、おめでとうございます。m(_ _)m

文鳥に限らず の話になりますが、「頭を掻かれて心地よくて、つい目をつぶってしまう」なども含めて、目をつぶる機会は 結構あるようには思います。握り文鳥の最中 などに片目をつぶっていたり・半眼になっているような画像も よく見ますし、「文鳥は 割とよく目をつぶる」との話も、聞いたことはあります(「よく」の程度がどれ位なのか? は、感覚的・主観的なので 難しいところですが)。

そして、「目をつぶること」自体は 癖とも病気とも言い得るもの...続きを読む


人気Q&Aランキング