gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

キリスト教の神父さんなどが、よく胸の前で手を動かして、なにかしていると思います。あれのやり方を教えていただけたらうれしいのですが・・・。

A 回答 (4件)

 


「神父さん」という限りは、一応カトリックだと思います。日本では、プロテスタント諸派とカトリックと、あと聖公会(イギリス教会)が代表的にキリスト教として布教しています。他にギリシア正教などもあるのかも知れませんが、少し知りません。

カトリックは、祈りの時に、十字を切ります。ただ、それは神父さんだけでなく、信徒もみな切るのですが、特に、神父さんの切り方がよく印象に残ったということでしょうか。

わたしも、昔はしょっちゅう切っていました。カトリックなら、次のように切ります(これは、神父さんから正式に教えてもらったもので、時代と共に変化するなら、いまは違っているかも知れませんが、そういうはずはないと思います)。

指を一本か数本まとめて、あるいは、手全体でもよいですが、胸の前当たりに持って来ます。

1)指数本を、額の辺りに持って行き、軽く触れて、「父と」と言います。

2)その指を下におろして、胸の下、腹部の上辺りまで持ってきて、軽くそこに触れて、「子と」と言います。

3)その指を左の胸、大体、左手の付け根の辺りに持って行き、そこに軽く触れて、「聖霊の」と言います。

4)左の肩辺りから、水平に右の肩辺りに指(手)を動かし、右肩に軽く触れて、「御名によりて」と言います。

5)右手だけでなく、両手を、胸の前で、合わせて、合掌させ、「アーメン」と言います。

これがカトリックの、一番基本的な祈りの仕方、十字の切り方です。以上のステップを、流れるように、一気に、「父と子と聖霊の御名(みな)によりて、アーメン」と言いながら行います。

ゆっくり祈る場合は、動作も大きく、胸全体で十字を切りますが、速く祈る場合は、身体にも触れないで、宙で短い距離の動きで十字を切ります。この短い距離で素早く十字を切ると、見ていて何をしているのか、分からなくなります。

何か胸の辺りで、手を動かしているように見えますし、そんなに大きな声で、「父と子と聖霊の御名によりて、アーメン」とは言わないので、聞こえない場合が多いのでしょう。

何かあると頻繁に十字を切るので,動作が、簡単になって、何をしているのか、よく分からなくなるのです。ゆっくりと、動作をはっきりさせて、声も大きな声を出して、十字を切ると、上の1)から5)までの過程だと分かります。

「父」が上にあり、「子」がその下で、「父」と「子」を結ぶように、また胸の上を水平に進むように、「聖霊の御名」と進んで、手を合掌させて、「アーメン」というのです。ただ、最後の手を合わせる部分は、省略することがあるのだと思います。

(これは、三位一体を象徴する祈りで、人間の胸……心臓を囲んで、象徴的な意味を形成しています。基本的な祈りで、悪くすると、一種の呪術行為と見えなくもありません。それほど、重要な意味を持っているのです)。
 
    • good
    • 5

こんにちは。

えっと、すでに下の方々が回答されているようにあの動作は「十字架を切っている」ものです。補足いたしますと、キリスト教は三大宗派と呼ばれる「カトリック・正教会・プロテスタント」に大きく分類されるのですが「十字架をきる」のはカトリックと正教会だけです。この2つの宗派でも十字架の切り方が異なるので参考までに書かせていただきますね♪
*カトリック=手を軽く丸めて額→胸→左肩→右肩
*正教会=親指人差し指中指を重ねて額→胸→右肩→左肩・・・です。
正教会については日本では馴染み薄いものですが映画「屋根の上のヴァイオリン弾き」では冒頭やラストに、この十字のことも含め正教会の風景が出てきますので参考までに♪
    • good
    • 2

キリスト教の学校だったので、


授業が始まる前に
「父と子と聖霊の御名によってアーメン」
と言って十字をきっていました。

参考URL:http://www.pauline.or.jp/sps/sps3.html
    • good
    • 1

あのしぐさは胸の前で「十字」を切っているのです。

手は指に力を入れず、何かを覆う感じで軽く曲げて、(やっているのをみると皆そんな指つきをしてます)額、胸の真ん中、左肩(腕のつけねあたり)、右肩(腕のつけねあたり)の順に軽くタッチして、「十字」の形で動かすのだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の食事の前の祈り

キリスト教の食事の前の祈り…(十字架を書いて)なんですが、どういう意味を込めてなんでしょうか?
同時に祈りの文章を一緒に戴けたら幸いです☆

Aベストアンサー

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手中指を胸の辺りに移動して止め「子と」と言葉に出し、(3)次にその手中指を左腕の付け根辺りに移動させて止め、「聖霊のみ名に」と言いながら
(4)右手中指を右腕付け根あたりにて止めた時には「よって」と言い、
(5)最後に両手を合わせ「アーメン」と言います。

続けて言いますと、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
また、声に出さなくてもよいのですが出せばベストですね。

「父と子と聖霊」は三位一体といって
神様=「父と子と聖霊」
ということを意味します。

●私の場合の食事のお祈り
(1)食事を頂くとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、あなたの慈しみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意された物(食物)を祝福し、私達の心と身体を支える糧としてください。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」

(2)食事を終えるとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたの慈しみを忘れず、全ての人の幸せを祈りながら。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
私の場合ここで再び両手を合わせ「ご馳走さまでした。」と言います。

以上参考になりましたでしょうか

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手...続きを読む

Qキリスト教・カトリック・プロテスタント 3つの違いは?

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教えてもらえるとありがたいです。

私の知人の生活を見ると、、、

<カトリック>
・神父さんがいる教会(ほとんどのカトリック信者の知人が毎週日曜日にミサに通い、行かなかった日は良くない事をしたと思っている)
・お酒・たばこは禁止
・恋人はいても婚前交渉は禁止(避妊も禁止)
・夕食の前にお祈りをしている

<プロテスタント>
・牧師さんのいる教会(気が向いた時に行く)
・お酒・たばこOK
・婚前交渉OK(避妊もOK)
・夕食のお祈り(する人としない人がいる)

<キリスト教>
?キリスト教ってカトリックとプロテスタントのことじゃないの?
他の少数派のグループのこと?

といった印象です。よろしくお願いします。

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバブテスト、メソジスト、聖公会など沢山あります。その中には狭義的な所で1教会しかないものもありますし、大きなもの、ゆるやかにカトリックと一致しているものなど様々です。
 カトリックはヴァチカンを中心とした1教派です。そこから正教会が最初に分かれ(ロシア正教とかギリシャ正教などです)、さらにカトリックの腐敗のためにルターがプロテスタントを立ち上げます。プロテスタントとは抗議するものという意味もあるそうです。大きな派としてはこの3つが主流になると思います。

 質問者様の印象では、カトリックは非常に厳しいように見受けられますが、多分知人の影響じゃないでしょうか?カトリックは代々信仰している人が多く、あまり熱心にというか声高に自分がカトリックだと主張しない人が多い傾向にあります。傾向にあるというだけで、中には非常に熱心で視野の狭い人もいますが、大体がおおらかというかあまり他宗教を排斥しない傾向にあります。神父(司祭)がいるというのはまあ当てはまりますが、ミサは毎週参加する人もいますし、しない人もいます。しないからといって咎められませんし、クリスマス&復活祭だけに来る人もいます。来るもの拒まず去る者追わずの印象です。お酒タバコや全然咎められませんよ。司祭の方でヘビースモーカーの方いらっしゃいますし、お酒大好きな人もいます。ビアガーデンにいったりとか、普段でも飲酒をたしなむ人はいます。ただ今は四旬節ですので節制した生活を送りますのであまり酩酊するほど飲まないと思いますが。婚前交渉はまあその考え方ですが、あまりガチガチの人っていないんじゃないでしょうか。夕食のお祈りは私はしません。むしろカトリック信者はロザリオの祈りを熱心にすると思いますよ。つねにポケットにいれて祈っている人は割と多いです。
 プロテスタントの方は数人しか知りませんし、先程述べましたように教派が多岐に渡っていますのでこれという印象をつけるのは難しいですが、牧師さんがいらっしゃって、妻帯可能ですので牧師さんのご家族がいらっしゃる人は大勢います。聖書をよく読んでいるという感じで、ちょっとした手紙にも聖句が書かれてあったりします。数人で集まって聖書を読む会などもよく行われていて熱心に勉強しています。お酒タバコは同じくOKですし、夕食の祈りはむしろプロテスタントの方がよくやってるんじゃないでしょうか?友人などで夕食前に祈っている人知ってますので。教会も熱心によく行ってます。カトリックはミサといいますが、プロテスタントは礼拝といいます。礼拝に参加した事は1度ぐらいしかないのですが、カトリックは儀式的なのに対して(ある程度形が決まっています)、プロテスタントは説教を非常に重んじていて自由な雰囲気があります。ゴスペルなんかもプロテスタントですよね。
 正教会はわかりません。私の住んでいる地域にはありませんので。ニコライ堂などがそうです。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバ...続きを読む

Qクリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

クリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

少しでも多くの情報を集めたいと思ってアンケート形式にしました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少しでも多くとのことですので、友人たちのものを羅列しておきます。
珍しい名前は本当に特殊なので、ちょっと本人の許可なく載せられないので、ポピュラーなものだけになりますが……。
ユリア、エステル、モニカ、エヴァ、イーヴァ(綴りはエヴァと同じですが、本人はイーヴァと発音していました)、アンジェラ、マリア、ハンナ、男性だとジョン、ペテロ、パウロ、マルコ、アリエル、レヴォなど。
基本的に聖人の名前から取りますから、かぶりやすい名前もけっこうありますね。
洗礼名とは別に堅信名というのもありますので、2つの名前をくっつけたような名前もあります。

Q教会における懺悔室について

教会にある懺悔室について詳しく知ってらっしゃるもしくは詳細がわかるHPや小説の抜粋等ありましたら教えてください。
必ず知りたいのは<懺悔室にも閉館時間はあるのか><どんな内容でも絶対に神父は意見を言わないのか>です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

懺悔という制度は、キリスト教でも、たぶんカトリック特有のものだと思います。(ちなみに私は、元カトリック教徒) プロテスタント教会の信徒さんに聞いたら、そんなものはないと言ってましたから。
カトリック教会では「懺悔」とは言わず、「告解(こっかい)」と言ってましたが、今は「ゆるしの秘蹟」と言ってます。

ヨーロッパ諸国を初め、外国のことはよく分かりませんが、私が所属していた日本のカトリック教会では、復活祭(イースター)の前と、降誕祭(クリスマス)の少し前に、教会では「黙想会」というものがあって、そのときは、聖堂で神父の話を聞いて、その後、皆、私語を慎んで黙って祈り、自分の生活や信仰を顧みたりして、さらにその後、神父のいる部屋にひとりずつ入って行って、自分の犯した罪を告白していました。

ただ、これは教会側で設定された告解の日であって、普段の日でも、どうしても告白したい罪等があれば、個人的に申し出れば、神父さんには応じてもらえると思います。

昔は、月に2、3回は告解したものなのに、今は皆、告解をあまりしなくなって、たるんでいる・・・と嘆き怒っていたお婆さんの信者さんをよく見かけましたよ。


大きな規模の教会には懺悔室というようなものが、ちゃんと普段から設置されていますが、小さい教会にはそんなものはありません。私の所属教会でもそうでした。

ただ、教会の中には事務室や、会議に使える小さい部屋や、食堂なんかがありますから、告解をするときは、神父さんがそれらの部屋に入って待っておられて、信者はそこの前に並んでひとりずつ入って行きます。
入ると、神父と信者が顔を合わせないように、一枚もののついたてのようなものが立っていて、その真ん中へんに小さな小窓のようなものがありましたが、細かい網が貼ってあって、お互いの顔は見えなくなっていました。
演劇の舞台なんかで使われているドアだけのセットみたいなものを想像してもらったらいいと思います。
そのついたてをはさんで、罪を告白していました。

ただ、先ほども書きましたが、比較的大きな規模の教会には告解するための部屋がもともとあって、そこに入ると、教会によって造りは少し異なると思いますが、パチンコ屋の景品交換所とか、昔のラブホテルのキーを渡すフロントみたいに、壁で仕切られていて、その壁に小さい窓のようなものはあるけれど、お互いの顔が見えなくなっていて、壁を挟んで話します。

ただ、いくらついたてがあっても、いつも逢っている神父さんと信者さんなら、信者さんの声とか話し方でその人が誰か分かる場合がありますでしょう。そうすると、たとえば、とんでもない大きな罪を告白しちゃったわはいいけれど、次の週からその神父に逢いづらいとかいうことになり兼ねないので、先に書いたような教会が設定している年2回の告解のときは、そこの教会の神父さんはよその教会へ行き、そこの教会には、また別の教会の神父さんが来たりします。そうすると、神父も信者も知らない同士だから、声を聞いても、神父さんが「ああ、あの人だな」なんて
分からないでしょう。


告解する部屋に閉館時間はあるのかということですが、基本的に、やっぱり夜9時とか10時になると、教会の門自体が閉められて、神父さんも就寝しちゃうので、普通だと
ずっと開いているわけではないと思います。
ただ、もう、どうしても今夜中に告白したいのです!と電話入れて懇願でもすれば、その切羽詰まり具合によっては夜中でも応じてくれることもあるのかもしれません。
しかし、基本ややっぱり教会の門を閉めた時点で、告解の部屋も閉まるということになりますでしょう。

あと、神父は告白されたことを絶対に、ほかに漏らしてはいけないというのは、厳守されていると思います。
神父は個人的な意見も特には言わないです。ただ、罪の告白を聞いて「では悔い改めの祈りをしましょう」というようなことを言われて、一緒に祈祷文を唱え、「同じ罪をおかさないようにしましょう」と言われるくらいです。
と言うか、告解の台本みたいなものがちゃんとあって、信者はここでこう言って、それに対して神父はこういうように言うというのが、すでに定型であるんですよ。ただ、その告白する罪のところが各々個人で違うだけで、あとは台詞が決まっているので、その通り言って終わりです。

神父は「告解」のときに、あれこれ意見は言わないですが、たとえば「私は殺人を犯しました」とか「強盗を働きました」とか言う、明らかに法的にも犯罪のことを告白されたら、警察に通報したりしてはいけないことになっていますが、その本人に「自首しなさい」と説得するそうです。これは、現役神父に聞きました。


日本はキリスト教の人口自体がものすごく低いので、映画でも適当なものが思い浮かびませんが、フランスやイタリアなどのカトリック信仰国では、映画にも告解しているシーンがよく出てきます。
たとえば、大ヒットしたイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」や、リュック・ベッソンが監督して、ミラ・ジョヴォビッチが主演した「ジャンヌ・ダルク」なんて映画には、告解のシーンが出てきますから、一度、ご覧になってください。あと、サスペンス映画の巨匠、ヒッチコックの映画の中に「私は告白する」という映画がありますが、これは、先ほどの話ではありませんが、信者に「殺人を犯したことを告白されてしまって、苦悩する神父の話
です。
いずれもレンタルビデオ店に行けば、ビデオがありますから見てみてください。

長文になりましたが、参考になりましたでしょうか。まだ、分からないことがあれば聞いてください。

懺悔という制度は、キリスト教でも、たぶんカトリック特有のものだと思います。(ちなみに私は、元カトリック教徒) プロテスタント教会の信徒さんに聞いたら、そんなものはないと言ってましたから。
カトリック教会では「懺悔」とは言わず、「告解(こっかい)」と言ってましたが、今は「ゆるしの秘蹟」と言ってます。

ヨーロッパ諸国を初め、外国のことはよく分かりませんが、私が所属していた日本のカトリック教会では、復活祭(イースター)の前と、降誕祭(クリスマス)の少し前に、教会では「黙想会」...続きを読む

Qキリスト教の「父と子と精霊」とは何でしょうか?

キリスト教のお祈りで、「父と子と精霊の御名において」という文言があります。
これの意味を教えてください。
父=神、子=イエスでしょうか?
それなら「神とイエス」といえばいいですよね。
これはキリスト教以前のユダヤ教に根ざしているのでしょうか。
また精霊はマリアと交わったので、イエスの父でしょうか?
三位一体などともいわれますが、その意味もよくわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともと原始キリスト教では三位一体はありませんでした。
後世にカトリックの司祭たちがその概念を生み出したものです。

その元となるものが、処女ー聖母ー破壊者の概念を持つ女神です。
神は三相だと古代は思われていました。
女性原理の時代から男性原理の時代に変化して、紀元前300年頃は、男性原理にあの地域一体となり、神は女から男に代わり、キリスト教は女性を憎んでいますので、教父たちは神は男だとして、三位一体 父ー息子ー聖霊 という概念を作り上げていきました。

イエスの考えではなく、後世の人の考えが現在の三位一体になっただけです。

何故聖霊になったかというとキリスト教は「男が罪を犯したのは女のせいだ」と決定したからでした。
それで両親と子供という聖家族の中から女性を排除して、聖霊をとってつけたわけです。
父親と息子と聖霊が神の豊穣をもららすと考えたのでしょうか。

今の科学でしても、父親と息子が交わっても子孫はできませんが、キリスト教は精神世界でそれは可能であると考えたようです。
永遠の命を与えられる人は子孫はいらない という考えだったのかもしれません。
それで、男性オンリーの修道会など作り、男性だけで暮らしたようです。

もし、イエスが実在の人物だったとしても、イエスは天から突然降って沸いたものではなく、ちゃんと人間の父親がいたようです。
司祭で<神の父>と呼ばれる人物の一人がイエスの本当の父親だったようです。

それで神殿で「父の家」とイエスが言ったわけです。
司祭ですから神殿が住居でもおかしくないですね。

もともと原始キリスト教では三位一体はありませんでした。
後世にカトリックの司祭たちがその概念を生み出したものです。

その元となるものが、処女ー聖母ー破壊者の概念を持つ女神です。
神は三相だと古代は思われていました。
女性原理の時代から男性原理の時代に変化して、紀元前300年頃は、男性原理にあの地域一体となり、神は女から男に代わり、キリスト教は女性を憎んでいますので、教父たちは神は男だとして、三位一体 父ー息子ー聖霊 という概念を作り上げていきました。

イエスの考えではなく...続きを読む

Qアーメンの意味

アーメンとは何語でどのような意味なのですか?

Aベストアンサー

アーメン(amen)と言う言葉は元来はヘブライ語で「まことに、たしかに」と言う意味。
それがアーメンのもともとの意味であり、のちに「まことにそのようでありますように」と言う意味に用いられるようになりました。
アーメンはそうした意味を持った言葉なのですがどこの国でもそれを翻訳しないでそのまま「アーメン」として用いています。
日本人の仲にはあーめんを単なるおまじないの言葉として受け取っている方が多いようです。
歴史的には安土桃山時代に日本で出版されたキリスト教の教理書「どちりなきりしたん」に「我らを凶悪よりのがしたまへ。あめん」「わがためにわれらが御あるじでうすをたのみたまへ。あめん」
とありますのでかなり古くから使われているようですね。

Qクリスチャンが十字をきる。

よく、キリスト教の信者の方が、
胸の前で、指で十字の形を空中に描きますよね?
あれは、どういった意味なのでしょうか?

以前、キリスト教の「隣人愛」「神への愛」の
表出として、
タテ(神からの愛、神への愛)
そして、ヨコ(隣人同士の愛)を
ジェスチャであらわしている、
との説を
耳にしたことがあるのですが、
そのような説があるのでしょうか?

あのジェスチャについて、
くわしくご存知の方が
いたらお教えください。

Aベストアンサー

[以前、キリスト教の「隣人愛」「神への愛」の
表出として、
タテ(神からの愛、神への愛)
そして、ヨコ(隣人同士の愛)を
ジェスチャであらわしている、
との説を耳にしたことがあるのですが、
そのような説があるのでしょうか?]

あると思いますよ。
イスラエルに行くとわかりますけど、古い教会にある十字の初期の形式は十字ではなく±形なんですね。つまり張り付けの板の形で足を置く台も含まれているんです。そういうところをみると十字になったというのは十字架にかかったからという意味以外の部分があるといわざるをえないですね。イエスの説法のお姿に似せているのではないかとおもいますね。その姿が、タテ(神からの愛、神への愛)そして、ヨコ(隣人同士の愛)を意識しているということじゃないかな。
参考まで

Qカトリックのお祈りについて

キリスト教のカトリックについて、まったく知識がないのでお聞きしたいのですが・・・。
先日見学した、カトリック系の幼稚園でお祈りをしていました。お祈りでは、マリア様に向けてお祈りをしているように聞こえました。
私はキリスト教はイエス様にお祈りするものだと思っていたのですが、カトリックの場合はマリア様にお祈りするのでしょうか?やっぱり、イエス様をお産みになったからなのですか?どなたか簡単でいいので教えてください。
まったくキリスト教に知識がないものですので、もし質問内容に失礼がありましたらすみません。

Aベストアンサー

カトリック信者ですので、一信者として分かる範囲でお答えします。

まず、崇拝するのは三位の神だけです。三位の神というのは、父なる神、イエス、聖霊です。
つまり、祈りの対象としましては、(父なる)神にも、イエスにも、時に聖霊に対しても祈ります。
(三位一体の奥義を説明すると長くなるので、ここでは割愛します)


さて、三位の神以外についてですが、実は、聖母マリアの他、天使、聖人に対しても「神への取り次ぎ」を願って祈ります。取り次ぎというのは、「神さまに共に祈って下さい」と願うことです。ペトロやアンデレといった使徒を初め、多くの先人が聖人とされています。プロテスタントの方は一般に聖人の概念が無いのですが、カトリックや東方正教(ギリシャ正教など)では、これを持ちます。

(聖人の中でもマリアは特別な存在とされています。神を生んだ母であり(神は生みましたが、その母マリアは神ではありません、念のため)、イエスの十字架上の死を見守り、その後の聖霊降臨による教会の誕生にも立ち会います。カトリックや正教では、救いの歴史を共に歩んだ特別な存在とされています。クラシック曲として有名なアヴェマリアは、実は聖母への取り次ぎの祈りに曲を付けたものです。次のように締めくくっています。『神の母、聖マリア、罪深い私たちのために今も死を迎えるときにも神に祈って下さい』)


★結論としては、あくまでも神さまに向かって祈るのが基本ですが、聖母や諸聖人にも共に神に祈ってもらうように祈ります。それでも、あくまでも、崇拝する対象は、三位の神だけです。

カトリック信者ですので、一信者として分かる範囲でお答えします。

まず、崇拝するのは三位の神だけです。三位の神というのは、父なる神、イエス、聖霊です。
つまり、祈りの対象としましては、(父なる)神にも、イエスにも、時に聖霊に対しても祈ります。
(三位一体の奥義を説明すると長くなるので、ここでは割愛します)


さて、三位の神以外についてですが、実は、聖母マリアの他、天使、聖人に対しても「神への取り次ぎ」を願って祈ります。取り次ぎというのは、「神さまに共に祈って下さい」と願う...続きを読む

Qカトリック教会の階級

カトリック教会の中で、地位の順序っていうか、階級の上からっていうか、地位ある順からそれを教えてください。

教皇
枢機卿
大司教
司教
の順ですか?

Aベストアンサー

 教皇がトップ。

 枢機卿は、80歳未満の者は教皇の選挙(コンクラーベ)に参加する権利を持つ聖職者で、司教以下からも選ばれる可能性はある(が、現在では司教でないものはほぼいない、らしい)。内部に「司教枢機卿」「司祭枢機卿」「助祭枢機卿」という位階がある(これは枢機卿のもとの身分とは関係がない。司祭であっても、助祭枢機卿になる)。教皇が任命する。

 司教は例外はあるが、特定のブロック(司教区)のトップ。特に大きい司教区(大司教区)か、数司教区を束ねるトップは大司教となる。
以下、司祭(=神父)、助祭という聖職者位階がある。

 で、位階制度として叙階の秘跡を授けらるのは「司教」「司祭」「助祭」の3ランクだけ。これらは(秘跡でそのランクを受けるので)職を停止・引退しても残る階級。
 一方、例えば教皇ですら、職を辞めることは出来る(ここ500年ほど例は無いが。辞めた後の階級がどうなるかは不明)。

つまり
教皇>枢機卿>大司教>司教>司祭>助祭
ではあるが、司教以上は全員教義上の階級は司教であって、その職掌によってランク分けされているだけである、と考えれば司教以上は皆司教、
教皇≧枢機卿≧大司教≧司教>司祭>助祭
と考えられる。
また、形骸化しているが、枢機卿は必ずしも司教ではないばあいもある(ただし、司教と同じような礼遇を受ける特権が枢機卿位にはついてくる)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF#.E8.81.96.E8.81.B7.E8.80.85.E3.81.A8.E7.B5.84

 教皇がトップ。

 枢機卿は、80歳未満の者は教皇の選挙(コンクラーベ)に参加する権利を持つ聖職者で、司教以下からも選ばれる可能性はある(が、現在では司教でないものはほぼいない、らしい)。内部に「司教枢機卿」「司祭枢機卿」「助祭枢機卿」という位階がある(これは枢機卿のもとの身分とは関係がない。司祭であっても、助祭枢機卿になる)。教皇が任命する。

 司教は例外はあるが、特定のブロック(司教区)のトップ。特に大きい司教区(大司教区)か、数司教区を束ねるトップは大司教となる...続きを読む

Qカトリック教会のミサについて

キリスト教に興味を持っている者です。
2年ほど独学で本を読んだりして、いつかは洗礼を受けたいと思っています。
それにはまず教会でミサ(礼拝)に参加したいと思っているのですが・・・

カトリック教会では毎日ミサを行っているようですが、
信者の方は毎日参加されているのでしょうか?
プロテスタントの場合、日曜礼拝が主で、日曜日以外には水曜の夜に聖書研究などが行われている所が多いようですが(うちの近くの教会では)。
プロテスタント教会の日曜礼拝には行ったことがあります。
今、無職なので毎朝のミサにも参加しようと思えばできるのですが、
信者でもないものが毎朝のミサに行ってもいいのでしょうか。

また、ちょっとした疑問なのですが、
1)土曜日の夜も主日のミサとみなすというような説明を見たことがあるのですが、本当ですか?
2)カトリック教会ではプロテスタント教会のような聖書研究会や教会学校はないのでしょうか?

小学生の頃、カトリック教会内の敷地を借りた学童保育所に通っていまして、優しいシスターの思い出があります。
この年になって、キリスト教に興味を持ったことにすごく不思議な縁を感じています。

キリスト教に興味を持っている者です。
2年ほど独学で本を読んだりして、いつかは洗礼を受けたいと思っています。
それにはまず教会でミサ(礼拝)に参加したいと思っているのですが・・・

カトリック教会では毎日ミサを行っているようですが、
信者の方は毎日参加されているのでしょうか?
プロテスタントの場合、日曜礼拝が主で、日曜日以外には水曜の夜に聖書研究などが行われている所が多いようですが(うちの近くの教会では)。
プロテスタント教会の日曜礼拝には行ったことがあります。
今、無職な...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。詳しくはないですがカトリック信者です(^o^)。
>カトリック教会では毎日ミサを行っているようですが、
信者の方は毎日参加されているのでしょうか?
 多くの教会では毎日ミサが行われています。時間や行われる頻度はその教会によって違いますが、大きな教会程頻度は高いです。人が来るのは(1)クリスマス(2)復活祭(3)日曜日(4)初金のミサ(5)毎朝のミサの順番じゃないかなと思います。信仰が熱心な所(長崎)とか、東京や大阪などの都会では毎朝のミサでも信者の絶対数が多いので、朝ミサに参加されている人は多いと思います。ただやはり日曜などに比べたら少ないでしょう。うちの教会は日曜の主日のミサは割と教会いっぱいになりますが、平日の朝ミサは10人程度みたいです。ちなみに私も平日の朝のミサは参加していません(^_^;)。朝が6時と早すぎるし、遠いので。
 平日の朝のミサはもちろん、信者未信者問わずOKです。お気軽に入ってみて下さい。ただ日曜は案内係がいる教会でも、平日はいない場合があります(係りの人も仕事とかありますので)。その場合は周りの人に聞いたりしてみて下さい。カトリック教会は(多分プロテスタントも同じだと思いますが)、別にミサ以外でも気楽に入ってお祈りする事が出来ますので、誰もいなくても大丈夫です。
 (1)の疑問ですが、それも教会によってまちまちです。私の教会でも日曜日に来れない人の為に、土曜日の夜に日曜日のミサをしています。サービス業や医療に携わっている人は日曜日は必ずしも休みではないので、とても良いなと思います。ただ前述の通り規模やニーズによって違いますので、お近くの教会に問い合わせてみて下さい。
 (2)ですが、もちろんカトリックでもあります。古い言い方だと公共要理といったりします。聖書研究会、様々な勉強会、洗礼を受ける人の為の講座、堅信を受けるための勉強会など沢山あります。大きな教会だとそれに加えて語学教室や文化的な講座をやっている所もあります。講師も司祭、修道士(ブラザー)、修道女(シスター)、信者同士など様々です。このような講座は信者、未信者問いません。洗礼を受けるための講座でも受けたからといって必ず洗礼を強制される訳でもありません(私の時も講座だけの人もいらっしゃいました)。全て教会によって違いますので、こちらもお近くの教会に問い合わせて下さい。
 教会の検索は「お住まいの地域+カトリック教会」で出来ますし、カトリック中央協議会のHPからも検索できます。是非お近くの教会をのぞいてみて下さい。
http://www.cbcj.catholic.jp/
 豊かなお恵みと素晴しい出会いがありますようにm(__)m。

 こんにちは。詳しくはないですがカトリック信者です(^o^)。
>カトリック教会では毎日ミサを行っているようですが、
信者の方は毎日参加されているのでしょうか?
 多くの教会では毎日ミサが行われています。時間や行われる頻度はその教会によって違いますが、大きな教会程頻度は高いです。人が来るのは(1)クリスマス(2)復活祭(3)日曜日(4)初金のミサ(5)毎朝のミサの順番じゃないかなと思います。信仰が熱心な所(長崎)とか、東京や大阪などの都会では毎朝のミサでも信者の絶対数が多いので、朝ミサに参加...続きを読む


人気Q&Aランキング