嘉永5年でしたでしょうか、条約のまずい金融システムで、国内の金が大量に海外に流失したことがありました。これは、幕府役人の失態なのでしょうか?それとも、予想された事なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ●世界中で日本だけが管理通貨制度をやっていた●


 金本位制、銀本位制、あるいは金銀本位制は貴金属の価値を基準にしているので、世界中で金と銀との交換比率はあまり違いません。でも日本では当時違っていたのです。銀が世界の標準よりもずっと高く評価されていたのです。何故かというと、日本では銀は、本来の価値ではなく、金の補助通貨として評価されていたのです。現在日本の1万円札は製造原価はいくらでしょうか?1万円はしませんね。でも、1万円として通用します。これは管理通貨制度の考え方です。日本では、元禄時代に荻原重秀はこのように言っています、「貨幣は国家が造る所、瓦礫を以ってこれに代えるといえども、まさに行うべし。今、鋳するところの銅銭、悪薄といえどもなお、、紙鈔に勝る。これ遂行すべし」と。つまり瓦礫でさえ国家が「貨幣だ」と言えば、貨幣として通用する、ということです。銀も、「貴金属銀としての価値は金の10分の1だけども、幕府は、金の5分の1の貨幣として認める」と言えば、金の5分の1として通用します。
 この場合、日本総領事のタウンゼント・ハリスが香港で銀5単位を仕入れて日本に持ってくると、日本では金1単位と交換できる。その金を香港に持っていくと、銀10単位と交換できる。今度は、その銀10単位を日本に持ってくると金2単位と交換できる。これを香港に持っていくと銀20単位と交換できる。
 ハリスをはじめ、外国人はこのようにして日本から金を持ち出し、銀を持ち込んだのでした。
 この、「国家が保証すれば瓦礫でさえ貨幣になる」との荻原重秀の言ったことは管理通貨制度の基本的な考えです。世界で管理通貨制度が優れているとハッキリ認められたのは、1971年8月15日ニクソン・ショック以後のことです。
 では幕府の役人はどのように考えたのでしょうか?私はこう考えます。「銀は、金の補助貨幣なのだから、貴金属貨幣の価値と違っても当たり前だ。元禄の時代からそうだった。今さら、何故だと言われても困ってしまう。でも、ハリスと喧嘩するのはいやだから、言われる通りにしよう」との弱腰だったのだと思います。日本の金融制度は進んだものだったけれど、西洋ほど理論武装できていなかったのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経済は難しいですね。ご丁寧に解説していただき、ありがとうございます。
勉強になりますね。幕府役人は致しかたなかったという感じですか。

お礼日時:2007/08/20 22:14

 金と銀の交換レートが、国内と国外では違っていたことに原因があるようです。

幕府の役人は、薄々気がついていたようです。以上は、佐藤雅美氏の「大君の通貨」(講談社文庫のハズ)からの受け売りです。

 江戸幕府は、米が中心の経済です。鎖国をしていたわけですから、長崎の出島を通じての交易だけでは、変動相場の為替の仕組みについて明るかったとは思えません。ですから、為替のような金融システムの原理を明確に理解しろというのは酷でしょう。

>これは、幕府役人の失態なのでしょうか?それとも、予想された事なのでしょうか?
 自由貿易のシステムの経験が皆無なので、誰も予想できなかったでしょうから、誰の失態ともいえないでしょう。
 これを防ぐには、現在の中国のように、外国人の入場料を高くするのように、二重価格にするしかないと想います。それでも、外国人は、貿易の支払い時に金ではなく銀で支払うでしょうから、防げない。まして、外国から武力を背景に脅されているので、日本に不利だからと分かっても、外国人が自分に有利な銀の持込を止めるはずも無く、そう簡単には変更できないでしょう。
 結局、小判の金の重量を減らすしかなかったようで、実際には1/3にしたようです。そうすると、今度は、小判の枚数を単純には3倍にできるので、インフレになり・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験不足が響きましたか。納得ですね。勉強になりました。江戸の経済って言うのは奥が深いものですね。

お礼日時:2007/08/20 22:10

 これは経済の中での当然の成り行きでした。

銀と金の交換比率が日本では世界のレートよりも遙かに銀にとって有利だったからです。だから外国の商人は銀を持ち込んで、これを金と交換したのです。
 これがある程度続くと日本国内から金が流出し、金相場が上がりますから流失は自然に止まります。
 これで日本が損失を蒙ったのかというとそうではありません。その代わりに大量の銀が日本へ入って来たので不満はなかった筈です。商取引というのは不正がない限り、このように両者が潤うのです。そこで変な介入をするとそれが不正の素になったり、金相場が不安定になって投機筋が不当な利益を上げたりするのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日本での、特殊なレートというのは何か理由があったのでしょうか?介入しないでもよかったことだったのでしょうか?

お礼日時:2007/08/20 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幕末期のインフレの原因は何でしょうか?

幕末には諸物価が高騰しています。
これの原因は何でしょうか?
諸外国との開港が原因ですか、それとも世情不安でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理由①;開港後直後の貿易は大幅な輸出超過になったため、生産が追い付かなくなり、国内の品物が不足したことで、輸出品の価格が高騰した。それに刺激されて、他の品物の価格も高騰し、インフレが発生。

因みに、これに対して幕府は五品江戸回送令を出したが効果なし

理由②;日本と外国の金銀比価が違った(外国では1;15だが、日本では1;5)ため、大量に金貨が流出した(推定10万両)。幕府は粗悪な万延小判を鋳造することでこれに対処したが、それはまた貨幣の実質価値が下げることとなり、物価騰貴に拍車をかけ、インフレを深刻化させる。

理由②は、元禄期の荻原重秀の貨幣改鋳と同じ流れ。(金が不足→改鋳→貨併価値の低下→インフレ)

Q太政官札

太政官札とは、初の全国通用貨幣であるということと習いましたが、
この太政官札が発行されたことの意義はどんなことがあげられますか?
何か検索すると江戸時代の貨幣が存在していたから、その貨幣との兼ね合いで発行されたという感じのことが書かれてあったのですが、
江戸時代の貨幣というのは、金貨であれば両、分、朱ですよね?
ちょっといまいちなので教えてください。

Aベストアンサー

#2です。お礼ありがとうございます。

大政奉還が為されたといっても、まだ幕府と新政府は戦争をしていました。例えは悪いですが、今のイラクと同じ状態です。

この時点では、幕府→新政府と外国への窓口は変わりましたが、各藩はどちらにつくか決めかねていました。もちろん軍事力も温存しています。

新政府としては、とにかくはやく日本国内に主権を確立しなければなりませんでした。そのために太政官札を発行し、通貨と経済をコントロールできるようにしたかったのです。これが第1段階です。しかし、太政官札には信用がありませんでした。
その後、天皇の勅旨と各藩がそれに准じるという約束を経て、ようやく太政官札に信用が生まれます。ようやく国内通貨としての地位を確立するのです。これが第2段階です。
そして、通貨単位の変更(円・銭・厘)が行われ、日本国内の通貨体系がひとつになります。(江戸時代は、関東が銀本位制・関西が金本位制で別の通貨体系、藩も藩札など、それぞれ別の通貨体系を持っていました)これで3段階です。
そして、日本銀行券(今の日本の紙幣と同じ)の登場です。ここまで15年かかっています。

最初の太政官札は、どちらかというと借金のために発行したという意味合いが強いのです。新通貨体系に成ってから発行した太政官札は、確かに金や銀の兌換を保障し、藩札の回収や金本位・銀本位をひとつの枠に収めることに成功しました。これは政府に信用があって初めてできることです。
そして、お金(紙幣に限らず)を回収することが出来て初めて、殖産興業にお金を回すことができます。最初は太政官札だけでなく国民銀行券(日銀ではない)もあったようですが、これも政府の信用があって、お金を回すことがでるということに注意が必要です。

#2です。お礼ありがとうございます。

大政奉還が為されたといっても、まだ幕府と新政府は戦争をしていました。例えは悪いですが、今のイラクと同じ状態です。

この時点では、幕府→新政府と外国への窓口は変わりましたが、各藩はどちらにつくか決めかねていました。もちろん軍事力も温存しています。

新政府としては、とにかくはやく日本国内に主権を確立しなければなりませんでした。そのために太政官札を発行し、通貨と経済をコントロールできるようにしたかったのです。これが第1段階です。しかし、...続きを読む

Q質の悪い貨幣が流通すると物価が上がる理由

こんばんは。
今日日本史の勉強をしていたら、江戸時代末期の開国後の日本で『金が国外に流出し、質の悪い貨幣が流通した結果、物価の上昇を招いた』というような記述があったのですが、まず質の悪い貨幣とはどういうものですか、またなぜ質の悪い貨幣が流通すると物価が上がるのでしょうか??
よくわからないので、どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

貨幣の元を理解すれば簡単です。現在の貨幣で考えていては理解出来ません。
昔の貨幣は金や銀そのもを形にしたものでした。従ってとの価値はその金属の価値と同じです。
ところが、政府が悪知恵を出して質の悪い貨幣を作りました。即ち今まで1枚1万円の金属で作っていた1万円小判に他の金属を混ぜて5000円の価値しかない小判をつくったとします。これが流通すると、質感その他が違うし、価値が異なると誰もが気づき、良い小判は溜め込むでしょうし、質の悪い小判は手元に置いて置きたくないので、使おうとします。だけど受け取る人は、質の悪い小判だったら2枚じゃないと1万円の価値のあるものと交換しないよ、と言うでしょうね。
だから額面上の物価があがるのです。
もうひとつのことわざ、悪貨が良貨を駆逐する。
理由はお分かりですよね。
因みに今の紙幣も昔は兌換紙幣と言って、例えば1万円(当然当時の額面は銭の単位でしょうけれど)の紙幣を日銀に持っていけば1万円分の金と交換してくれました。現在は不換紙幣なので交換してもらえません。兌換紙幣の時はインフレは起こりませんよね。
これは質問と関係ありませんでしたね。

貨幣の元を理解すれば簡単です。現在の貨幣で考えていては理解出来ません。
昔の貨幣は金や銀そのもを形にしたものでした。従ってとの価値はその金属の価値と同じです。
ところが、政府が悪知恵を出して質の悪い貨幣を作りました。即ち今まで1枚1万円の金属で作っていた1万円小判に他の金属を混ぜて5000円の価値しかない小判をつくったとします。これが流通すると、質感その他が違うし、価値が異なると誰もが気づき、良い小判は溜め込むでしょうし、質の悪い小判は手元に置いて置きたくないので、使おうとします...続きを読む

Q江戸幕府の改鋳によるインフレと金の流出対策について

当時 江戸時代の日本の金は安く、大量に海外に金が出て行ったらしく
それを食い止めるための『海外に出て行く金を減らす』
というのが目的で、幕府は金貨の質を大幅に下げた(改鋳)とテキストに書いてあるのですが、今ひとつ腑に落ちません。

・『金貨に含まれる金の量を半分にすると、その金で買えるものも、元の半値分になる』とも書いてあります。
これは『額面』ではなく『金貨』自体に価値がある構造になっていて、現代の貨幣制度とは異なっているということでしょうか。

金貨の価値が下がると物価が高騰するということは分かっていますが、海外に出て行く金の量を減らすことと直接に繋がるのはよく分かりません。
金貨に含まれる金の量を減らす→金貨の価値が金を減らした分だけ相応に下がる→海外に出て行く金貨1枚あたりの金の量は減っているが、それに応じて積む枚数も増えるので 結局は同じ金の分だけ出て行く

外国人が日本の商品を買いまくる→日本では品不足で物の供給が減るので物の値段が高くなる→改鋳して更に物の値が高くなる(だけ)

こういうことではないのでしょうか。

すでに海外の貿易商人に日本の改鋳する前の金貨が大量に回った後に改鋳をし、外国商人から日本の商品と引き換えに、改鋳前の金貨を大量(枚数的に)に通貨としてもらうということも考えてみましたが
良質な金貨の回収はできますが結局は無意味ですし・・

これはそもそも改鋳前の金貨・改鋳後の金貨を区別して使っていたかによりますかね?
もし区別せずに、「金貨一枚の価値は~円分です」。ということにすれば、海外商人に回った良質な金貨を大量に回収して、それに含まれる金を
抽出・再利用..などで金不足を図れそうですが。。

金貨に含まれる金の量を減らし、かつその金貨の価値を減らさない限りに、金が流出する絶対数は減らないと思うのです。
腑に落ちないので、詳しい方はぜひ回答をお願いします。

当時 江戸時代の日本の金は安く、大量に海外に金が出て行ったらしく
それを食い止めるための『海外に出て行く金を減らす』
というのが目的で、幕府は金貨の質を大幅に下げた(改鋳)とテキストに書いてあるのですが、今ひとつ腑に落ちません。

・『金貨に含まれる金の量を半分にすると、その金で買えるものも、元の半値分になる』とも書いてあります。
これは『額面』ではなく『金貨』自体に価値がある構造になっていて、現代の貨幣制度とは異なっているということでしょうか。

金貨の価値が下がると物価が...続きを読む

Aベストアンサー

背景として少なくとも以下があります。
[浪費の果て]
・幕府が歴代将軍家の浪費で金蔵が空になったこと。
・金を生む手品として金貨の改鋳を思いついたこと。
  何回かやっていますが、いつ誰がどのくらい 等はお調べ下さい。
  金貨ばかりではなく、庶民の使う銭(ゼニ=原則は鉄銭)や小粒(銀=秤量貨幣)
  の改鋳の許認可で、幕閣が裏金稼ぎもしています。
[外貨との交換レート]
・日本では金ばかりでなく銀が経済の重要な位置を占めていたこと。
・西欧は金本位制で金の需要が圧倒的だったこと。
・メキシコ銀の価値が貿易代価の決済で一定の位置を占めていたこと。
・結果、相対的に日本の金が安かったこと。
・特に幕末の開国以降は、米国主導で金・銀交換レートの設定が行われたこと。
・日本に不利で歪んだ仕組みであったこと。
・英国は金・銀交換レートの設定にあたり、米国版を踏襲したこと。
・幕府は制度の正常化よりも金貨・銀の改鋳で対応を試みるも、理解を得られなかったこと。
・米国の公使ハリスが私腹を肥やすため制度の改正に徹底抗戦したこと。
とりわけ、幕末の惨状は甚だしく、幕府倒壊の間接的ながら重要な因となっています。
この間の詳細は、『大君の通貨』副題-幕末円ドル戦争- 佐藤雅美 文春文庫に詳しいので
是非一読をお奨めします。
 *ハリスがいかに人として汚かったか、素性がいかがわしいか、米国国会や大統領府に
  如何に嫌われていたか。
 *一方で英国公使オールコックが不当な通貨条約内容に気付き、英本国の指導の下に
  見解をレポートし、ハリスを弾劾した経緯。
 などにも触れています。
 *日本の役人が、額面>実質価値 (すなわち兌換性の無い政府保証の概念)の貨幣を発行し
  英米に通用させる試みをして紛糾したが、当時西欧の常識を外れた画期的発想であった。
  但し後になってからこのことの意味に気付いた。
 といったエピソードもあるようです。

背景として少なくとも以下があります。
[浪費の果て]
・幕府が歴代将軍家の浪費で金蔵が空になったこと。
・金を生む手品として金貨の改鋳を思いついたこと。
  何回かやっていますが、いつ誰がどのくらい 等はお調べ下さい。
  金貨ばかりではなく、庶民の使う銭(ゼニ=原則は鉄銭)や小粒(銀=秤量貨幣)
  の改鋳の許認可で、幕閣が裏金稼ぎもしています。
[外貨との交換レート]
・日本では金ばかりでなく銀が経済の重要な位置を占めていたこと。
・西欧は金本位制で金の需要が圧倒的だっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報