仮に宇宙の年齢を150億年とします。
調べてわかったのですけど地球から130億光年
離れた所にクエーサーがあるらしいのです。
ビックバン理論でいくと、そのクエーサーは13
0億年前には宇宙の中心から20億光年以内の所
にあったということになりますよね?
そうなると宇宙の中心は大体はわかると思うので
すが何が違っているのでしょうか?
 もっと不思議なことに130億光年先にあるク
エーサーとほとんど反対の方向の約75億光年の
所にもクェーサーがあるのです。
 銀河系は宇宙の端にあるのではないのですか?
一体何を勘違いしていて、どんな概念が欠けてい
るのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

 最初の礼文に対する返答を忘れておりました(^^;゜。



 開いた三次元球は、実際に頭に思い浮かべることはできません。表面が三次元で出来た球体ですから。
 昔のファミコンゲームは、世界の端っこまで行くと反対側から素の場所に戻っていってしまったものですが、あれが上下でも同じ事が起こると考えればいいのです。

 膨張についてはnutsさんの方が詳しいようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。大体想像はできそうです。

お礼日時:2001/01/28 19:01

 呼ばれて参りました。

deagleです(笑)

 えーとですね。宇宙が開いた三次元球ではない理由……というより、宇宙の半径が150億光年ではない理由です。

 宇宙の大きさが150億年なんて、そんなわけがないです(笑) 「実質的にそう考えて差し支えない」というだけで、実際にはさらにその向こうに、「我々の宇宙」と似たような光景が延々と続いていることは明白です。それはすなわち、宇宙の年齢ですら150億年どころではなく、もっともおおおっと高齢である可能性を含んでいます。もちろん天文学者の言う「宇宙の年齢」は、たかだか「我々の宇宙」の年齢です。
 アインシュタインが唱えた「宇宙は定数である」という論理が正しいなら、実際には宇宙はもっともおおおおおっと大きくないといけないはずです。

 でも、実際にはそんなこと誰も証明できないし、ドップラー効果の限界によって見ることもできません。
 ですから、「我々の見えないところに宇宙は存在しないことになっている」わけです。

この回答への補足

明白なのですか?
初めて聞く話なのでどう証明されているのか解らない
のですが、何か良いURLを教えていただけるとあり
がたいのですが。もしなければ参考文献をおしえてい
ただけませんでしょうか。
 定常宇宙論の話ではありませんよね?

補足日時:2001/01/28 18:52
    • good
    • 0

よく使われるたとえですが、ゴム風船を用意してください。

膨らます前のその表面に印を何ヶ所かつけ、膨らませてみます。ゴムが伸びるにつれて、印の間隔はどんどん拡がっていきます。ある特定の印から見ると、他の印は自分を中心に遠ざかっていくように見えます。
さて、この風船の表面に中心はあるでしょうか(息を吹き込む口はとりあえず考えないとして)。お互いの間隔が拡がっていくので、どこが中心だとは言えません。
また最近の理論では、我々から見える宇宙の半径は150億光年ですが、これは宇宙の年齢が150億年なので、そこから先は光が届かないというだけのようです。実際にはもっと先まで宇宙が広がっているとしたら、見える範囲だけで宇宙の中心をうんぬんするのはおかしい、ということになります。

もうひとつ、クェーサーの正体はよく分かっていないので、それがどんな実体なのか、いつ出来上がったものなのかは不明です。赤方偏移からこのぐらいの速度なんだろうな、するとこのぐらい先にあるんだろうな、という推測がされているだけですし、それが当たっているとしても、誕生した時期がバラバラである(130億年前にも75億年前にも別々に誕生していた)ということは大いに考えられます。

この回答への補足

「風船の表面に中心があるか」ということなのですか。
私はてっきり「風船の中の中心」かと思っていました。
でも、なぜ風船の表面に中心があるかという例え話に
繋がるのかがわかりません。

宇宙が光速で拡がっていたならば150億光年という
半径になるということですよね。それとも宇宙は初め
から点ではない体積を持っていたということになるの
でしょうか?

何にしろビックバン理論でいえば、130億光年先に
ある天体は130億年前にはそこにあったということ
だけはいえますよね。今よりも小さい宇宙はその方向
から広がってきたとは言えないのですか?
小さい風船が大きく膨らんでいくような感じではない
のですか?

補足日時:2001/01/26 22:06
    • good
    • 0

回答ではないのですが。


#1のdeagleさん
> この理論が間違いなのは明白なのですが、今のところ否定する材料もないのです
とは、これ如何に?
否定する材料が全くないものは、明らかに間違いとは言えないのでは?

この回答への補足

私も知りたいですね。

納得されたら納得したという事をを書いていただけ
ますか?

補足日時:2001/01/26 22:40
    • good
    • 0

 現在のマクロ天文学の理論を信用するならば、宇宙に中心はありません。

なぜなら、宇宙は「開いた三次元球」の形をしているからです(この理論が間違いなのは明白なのですが、今のところ否定する材料もないのです)。
 開いた三次元球とは、ある地点からまっすぐ進むと、そのうちにもとの場所に戻ってしまう三次元空間を言います。
 ですから、中心はありえないわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

球の表面を歩いていくといつの間にか元の所に戻って
いるというのを3次元にしたような感じですね?
良くは解っていないのですけど「そういうものだ」と
言われると「そうなのか」と納得せざるを得ないよう
な感じがします。

宇宙全体は球でそれが膨張するような感じで広がって
いっているのですよね?広がる角度の差とかでどちら
にひろがっているかは解らないのでしょうか?

宇宙の膨張のイメージがつかめません。どんな感じな
のでしょうか。できれば良い喩えを教えて下さい。

お礼日時:2001/01/26 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙から声が聞こえてくると聞くと怖いか?

私は(統合失調症で)宇宙から声が聞こえてきます
これを普通の方に「宇宙から声が聞こえてきたので仕事をお休みします」と伝えるのは怖いでしょうか?

Aベストアンサー

エスパーでなければふつうきこえないでしょうね。

ただし、エスパーでも宇宙の声はきこえないとお
もいます。

Q1光年って何年のことですか? 130億光年=130億年でいいですか?

1光年って何年のことですか? 130億光年=130億年でいいですか?

Aベストアンサー

光が1年間に進む距離を言います。
30万キロが光が1秒間に進む距離ですから

30万キロx60秒x60分x24時間x365日

これを計算してください。

Q宇宙開発 最新事情

現代の宇宙開発事情に興味がありますが
ニュースや新聞等では折に触れて取り上げられるだけで網羅的な情報が手に入りません。
各国機関や企業のHP等を見て情報を集めていますが、
やはり日本語以外の言語で書かれていることが多いため苦労します。

現代の宇宙開発の最新事情を知ることのできる日本語のHP等
を御存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

JAXAのページはもうご覧になっているかと思いますが、一応載せておきます。

参考URL:http://www.jaxa.jp/

Q150億光年と150億年・・矛盾しませんか?

現在観測される限り 宇宙の大きさは、一番遠いモノの観測で約150億光年(直径300億光年) 宇宙がビックバンで生まれて150億年・・・とすると
光速の半分以上のスピードで 広がった事になりませんか?・・・・なんか  ビックバンで生まれて150億年ってところが、間違っているよーな気がするのですが・・・
 
やっぱり、最近研究している、日本の主張している
高エネルギー線?・・・関係あるのかな???

 どう 思われますか。

Aベストアンサー

宇宙の膨張自体は光速を超えるのは、相対性理論
とは矛盾しないんです。

 相対性理論というのは、局所系の理論と
言われるもので、相互に情報が伝わる
ような限られた空間での話なんです。

 相対性理論は宇宙の至る所で使える
理論のはずなんですが、宇宙空間全体を
一度には扱えないんです。

 それと補足なんですが、ビックバン理論は
最近の宇宙観測の結果から否定されつつあります。

 理由はいくつかあるんですが、宇宙の背景放射と
膨張速度がビックバン理論と合わないんです。

 
 宇宙が1点から爆発的に広がったのだとすると、
爆発の中心付近とそこから離れた部分には
エネルギーや熱のムラが生じているはずなんですが、
背景放射(地球で受信できる宇宙空間からの電波)
はどの方向からも非常に高い、安定したレベルで
一定なんです。

 それとビックバンが始まりなら、膨張速度は
一定か、減速しているはずなのに、加速している
ことが分かったんです。
 宇宙を膨張させているのは、初期の爆発が原因では
ありえないということなんです。

宇宙の膨張自体は光速を超えるのは、相対性理論
とは矛盾しないんです。

 相対性理論というのは、局所系の理論と
言われるもので、相互に情報が伝わる
ような限られた空間での話なんです。

 相対性理論は宇宙の至る所で使える
理論のはずなんですが、宇宙空間全体を
一度には扱えないんです。

 それと補足なんですが、ビックバン理論は
最近の宇宙観測の結果から否定されつつあります。

 理由はいくつかあるんですが、宇宙の背景放射と
膨張速度がビックバン理論と合わないんです。

 
...続きを読む

QNHK「驚異の小宇宙人体」の冒頭の詩

今から14年ほど前にNHKスペシャル「驚異の小宇宙人体」が放送されていましたが、そのオープニングで、恐らく谷川俊太郎さん(と思うのですが)の詩が大滝秀治さんの朗読で流れていたと記憶しています。確かタイトルは「生命」だったような気がするのですが、近くのレンタルビデオ屋にはもう置いておらず、私の周りでは誰も持っていないので確認できません。
できれば、この詩が収録されている書籍のタイトルや出版社などが分かればうれしいのですが、どなたかご存知の方いらっしゃいますでしょうか?
かなり古い記憶なので人名や詩のタイトルはほとんど自身がありません。とりあえずは
「1989年放送のNHK-驚異の小宇宙人体-の冒頭で流れる詩の全文を知りたい」
と言うことです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

家にビデオがありました。

からだ―闇に浮かぶ未知の惑星
とおくけだものにつらなるもの
さらにとおく海と稲妻に
星くずにつらなるもの
                谷川俊太郎「からだ」より

上記はテロップに出たままをタイプしました。

Q宇宙の150億光年より先

このサイトでは「半径150億光年より向こうは宇宙の外側です」というような回答が多数ありますが、そんなことはありません。半径150億光年はそれより先は観測できない「地平線」ですが、宇宙は地平線を越えて一様であることが分かっています。これは「地平線問題」と言われ、インフレーション宇宙論がこれを解決したことも有名です。つまり150億光年より向こうは「宇宙の外側」などではなく、こちら側と同じ様な宇宙が続いているのです。それはともかく、150億光年より先のことは分からないはずです。しかし最近の観測では「宇宙は24Gpcより大きい」と言われています(http://www.aip.org/pnu/2004/split/685-1.html 、Cornish et al.:Phys. Rev. Lett. 92, 201302 (2004))。この24Gpcという数字は150億光年より大きいように思います。150億光年より先のことがなぜ分かるのでしょうか。

Aベストアンサー

代入すべき現在の値などに詳しくないのでちょっと混乱してきました.

まだ目を通していないのですが,No.2 で挙げた日経サイエンスの記事
「ビッグバンをめぐる6つの誤解」
の著者の論文をプレプリントサーバで見つけましたのでご覧になってみてください.
http://xxx.lanl.gov/PS_cache/astro-ph/pdf/0310/0310808.pdf

参考URL:http://xxx.lanl.gov/PS_cache/astro-ph/pdf/0310/0310808.pdf

Q映画「宇宙戦争」について

明日「宇宙戦争」のワールドプレミアらしいですが 仕事で観に行けません。
この映画に出てくる宇宙人の顔・姿形と
この映画のエンディングを どなたかご存じですか。

Aベストアンサー

もう映画をご覧になった頃でしょうか?間に合うといいのですが。
私もいっこ下の方が書かれているとおりだと思います。
もしtama5303さんが「見たこともないような宇宙人」とか「わくわくどきどき爽快なエンディング」を期待していらっしゃるのなら・・・
観終わったら怒っちゃうかもしれません。

Q150億光年彼方に宇宙の初期???

150(130かな?)億光年彼方にビッグバン直後の宇宙が観測されると聞きますが・・・
ビッグバン直後にすでに半径150億光年の大きさに膨張してた」って事でしょうか?
<ついでの質問>
ビッグバンて夜空の花火のイメージでいいのでしょうか?
もしそうでしたら夜空に相当するものはなんなんでしょうか?
  初歩の初歩の質問ですがよろしくお願いします m(__)m

Aベストアンサー

#3です.少しずつあなたの疑問点が判ってきました
>それとも観測されるのは宇宙のある一点だけでしょうか
いえ,全方位です.背景放射は全方位で観測されていると記憶しています.
>半径0=半径150億光年
そうなります.「=」というより「→」ですね.その意味で,花火や風船のイメージは便利です.初期状態が無限小でない点が違いますが.空間自体の膨張ですからね,イメージし難いですよね.私も正直限界です^^);

Q日本人宇宙飛行士がスペースシャトルに乗るニュースが良く報道されますが、

日本人宇宙飛行士がスペースシャトルに乗るニュースが良く報道されますが、アメリカにどれくらいのお金を支払うのですか?普通に考えるとアメリカのプロジェクトなのでアメリカ人宇宙飛行士が乗るのが至極当然だと思います。お金を提供してくれるからアメリカ人以外の人を乗せると思いますが、実際どうでしょうか?

Aベストアンサー

昔、TBSに勤務していた秋山さんが、ソ連のソユーズで衛星軌道の取材に行った時は、億単位の運賃を
TBSから払ったそうですが\(^^;).

 スペースシャトルに乗せてもらった日本人は、運賃を払いません、乗客ではなく、宇宙ステーションの技術船員として勤務のため乗船しているからです。

 宇宙飛行士は運賃をアメリカに払って観光旅行しているわけではありません。国際宇宙ステーションでは、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、日本など15の国が共同で出費し様々な科学実験をしたり宇宙観測をしているのです。
科学実験は微重力で振動が少なく温度も一定という環境でしかできない様々なことをしています。たとえば半導体の結晶を作る実験とか、タンパク質の合成とかです。これらたくさんの実験装置を国際宇宙ステーションへ持ち込み、宇宙飛行士は組み立てて取り付けたりします。実験そのものは地上からの遠隔操作で行い、データを収集します。そして次世代コンピュータの開発や難病の薬の開発などに役立てようとしているのです。

Q1年前までは宇宙を球体として直径850億光年だったのが、今ではNASAの学者が最低1500億光年これ

1年前までは宇宙を球体として直径850億光年だったのが、今ではNASAの学者が最低1500億光年これは膨張途中の閉じた宇宙なのですか?誰でもわかる解説をお願いします。

Aベストアンサー

【参考質問 宇宙の形】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9104528.html

#6の方が教えてくださいました。
「そんなのどうせ分からないんだ リチャード・ファインマン博士」


人気Q&Aランキング