カバトットのキャラクター画像があるサイト知りませんか?
どうしても子供に見せたいんですが、探しても見つかりません。

ご存知の方みえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考URLはタツノコプロのオフィシャルサイトです。


こちらに載っています。

参考URL:http://www.tatsunoko.co.jp/02works/catg02.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「カバとトット」??というアニメ知ってる方いませんか?

題名も覚えていないくらいなのですが、
「カバとトットは仲良しこよし、カバとトットでカバトット~♪」という感じの歌のアニメです。
アニメの名前は「カバとトット」ですか?
いつごろがオンエア期間だったのでしょう?

詳しい方、詳しいHPなどあれば教えて下さい。
アニメのタイトルが覚えていないので、検索しようがないくて・・・。
お願いします。

Aベストアンサー

懐かしいですね。そのアニメのタイトルは「カバトット」です。1971年1月1日~1972年9月30日に放映されていました。

http://www.tatsunoko.co.jp/Works/Works1/1_2/

参考URL:http://www.tatsunoko.co.jp/Works/Works1/1_2/

Qこの画像のキャラクターの名前が知りたいです

この画像のキャラクターの名前を教えて下さい。
宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

 特徴からは東方の博麗霊夢かと。

Q窓際のトットちゃんについて

大変今更な感じなのですが、小学生の頃黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」を読み、「?」と思い、それなりに年齢が高くなった今でもよく分からないので質問させて下さい。

こんなエピソードがあったと思います。

トット(黒柳徹子の小学生時代)には身体障害者の少年の友人がいた。
(その子は木登りをトットとした後、トットが本を借りっぱなしにしている状態で死んでしまったと記憶しています)
担任の先生が授業でその少年に、「○○くんにはしっぽがあるんじゃないの?」と言ってしまった。
その先生は身体障害のことを意識したわけではなく、可愛らしかったからつい言ってしまったとかそんな感じだったと思います。
それを聞きつけた校長がその先生を呼び出し厳重注意。
先生は泣きながら反省。
盗み聞き?していたトットは「なんで怒られているの?私だったらそんなこと言われたら嬉しいのに」と疑問に思ったが、黒柳徹子は校長はその子のことを本当に考えていると語った。


私には校長の「○○くんにはそんなことを言ってはいけない」は、その子だけ特別扱いしろと言っているようで、逆に差別しているような感じを受けたのですが、何が問題なのか教えてください。

大変今更な感じなのですが、小学生の頃黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」を読み、「?」と思い、それなりに年齢が高くなった今でもよく分からないので質問させて下さい。

こんなエピソードがあったと思います。

トット(黒柳徹子の小学生時代)には身体障害者の少年の友人がいた。
(その子は木登りをトットとした後、トットが本を借りっぱなしにしている状態で死んでしまったと記憶しています)
担任の先生が授業でその少年に、「○○くんにはしっぽがあるんじゃないの?」と言ってしまった。
その先生は...続きを読む

Aベストアンサー

健常者だって「しっぽがある」と言われて嬉しい人もいるかもしれないけど、嫌な気持ちになる人もいるでしょう。

障害があるから、と短絡的な考えでなく、○○くんが抱えていること全て(もちろん障害のことは含まれるし、なしに語れないでしょうけど)、○○くんの感受性をもっと考えて、それを言われたらどんな気持ちになるか、そこまで子どもの気持ちを考えて言葉を発しましょう、ということです。

同じ言葉でも、嬉しくなる人、何も感じない人、嫌な気持ちになる人、いろいろいます。質問者様も同じ場面でも、人によって言葉を使い分けていませんか?それは差別ではないでしょう?

特別扱い、というと言い方は悪いようですが、一人ひとりの子どもの個性や感受性をきちんと考えることは、先生として心がけなければなりません。

QコードギアスR2の1話を子供に見せたくない(雑誌程度のネタバレ)

試写で見てきたのですが、子供が見る時間帯にしては内容がエグかったです。
人によってはトラウマものの残虐シーンと受け取る人もいそうな内容でした。
(個人的には好きですが、22話の時点でダメという人も周囲にいたので)

放送してから非難→規制という流れには問題があると思うのですが、放送前のチェック体制とかどうなっているのでしょう?
時期が時期だけにこれから焦点が当たる「中華連邦」とかマズくないですか?

要は他の作品みたいに規制・打ち切りになったりしないか?という感じです。
この作品ってどのジャンルに分類するかも見る人によって違いそうだな、と思うので・・・

Aベストアンサー

各局によっての自主規制基準でしかないので、あのTVシリーズ北斗の拳の当時でもその残虐的描写から非難されましたが放送が自粛される事は無かったです。
世論によって他のメディア含めて問題視するような自体に発展すれば、再放送であったり今後の制作に制限がされる事はあるかもしれませんけどね。

また、「中華連邦」とか挙げられておられますが、中国内のネットで日本批判がされる事はあっても放送禁止になる事は難しいでしょう。
2CHとかはネタになるから、格好の餌になりそうですが…。
それにコードギアスはあの「竹田菁滋」が企画・プロデュースしているのでその程度のプロパガンダは制作OKというかそう作るべきという体制です。
私はそういう作品制作が嫌いなのであの人が絡むアニメは大嫌いなのですが、放送上には問題が無いようです。

最近のアニメは何でもOKになっていて、逆にモラルが無節操になっているような感じはします。
まぁコードギアスは、ハイティーン向けアニメだからこの程度の刺激がないと今の若い子らは見向きもしてくれないのかもしれませんね。

Qトットとチッチ

ずーと探しているのですが、昔の漫画?かさだかではないのですが
トットとチッチが出てくる本を探しています。その本の名前もわからず
わかっているのは、トットという小さい女の子とチッチという背の高い男の子の恋の物語みたいなのですが、どなたか本の名前だけでも知っていたら教えてください。
3年付き合って今年結婚をしたのですが、お店の店員さんや、同じマンションの年配の方によく『トットとチッチみたいだね』と言われ、約3年間この本を探しているのですが・・・どうしても読んでみたいのでよろしくお願いします。
カテゴリーがよくわからなくここにしてしまいました。
間違っていたらすみません。

Aベストアンサー

チッチとサリーではないですよね?ちなみに書名は“小さな恋の物語”です。小さい女の子と背の高い男の子の話です。
私も、背の高い男性と小さい女性が並んでいると、「チッチとサリーみたい!」っていつも言います。私は20代なので、読んだ世代ではありませんが、有名なマンガです。

Qこんなアニメご存知ですか?

1年前くらいに夜中に放送していたようなんですが、ガッチャマンのパロディみたいな内容で、「バードミサイル発射」「いかん、バードミサイルは危険だ!」とか言ってミサイルが爆発?したり「くらえ忍法火の鳥だ!」「いかん、火の鳥は危険だ!」とか言って乗っているロケット?が炎上したりと、なんだかとってもおもしろくて、ちょっと見ただけなので題名とかも全く判らないんです。常にガッチャマンをパロディにしていたのでは無く、たまたま私が見た回がガッチャマンのパロディだったのだと思うのですが、どうにも気になって、もう1度見たいので知ってる方がいらっしゃれば是非、教えてください

Aベストアンサー

私の記憶に残っているのは

ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて

ですかな。

ガッチャマンパロディがあったように思うのだが。
詳しい人、補足たのんます。

参考URL:http://www.mugimugi.com/magikarte/

Q【PC98x1/国民機】窓ぎわのトットちゃん

【PC98x1/国民機】窓ぎわのトットちゃん 黒柳徹子

http://www.suruga-ya.jp/database/155006777001.html

駿河屋オンラインショップさんのミスなのでしょうか。


ご存じの方、ご一報下さい。

Aベストアンサー

でしょうねぇ。当時は5インチが主流だったし。うちは外付けで3.5を使ってましたよ。40MB!HDとのコンパチだったなぁ。5万とか取られた気が・・・NEC儲けすぎだよね。
トットちゃんも年代的には合ってるのかな?

Qこのアニメ映画のタイトルをご存知の方!

現在28歳の私が、小学校低学年の時にTVで観たアニメ映画のタイトルが知りたくて、ずっと探しているのですがどうしてもわかりません。
最後の方で、髪の毛の長いヒロインが、ネックレスとして付けていた銃弾を引きちぎって銃に詰め、何かを倒すというアニメ映画なのですが…。20年ほど前にTVで観たということは、以前に映画館などで公開されたものではないかと推測できますが、確か2時間のアニメ映画だと思います。曖昧な記憶と情報で申し訳ありませんが、ご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

No.1の方と同じ見解です。

↓サイトで確認していただければ・・・

参考URL:http://bankara.hp.infoseek.co.jp/gosyogun.html

Q『窓際のトットちゃん』は何故そんなに売れたの?

黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』は何故580万部も超える売り上げを成し得たのでしょうか。
読んでみたのですが、いくら何でもそんな記録をたたき出す様な作品かと言われると???という感じでした。
何か売れる時代背景でもあったのですか?

Aベストアンサー

時代背景が絡む理由は2つあると思います。

(1)1981年の出版当時は、まだ“トットちゃん”のようなタイプの子供の存在や、彼女をとりまく柔軟な教育環境の存在が、広く知られてはいませんでした。当然、ADHDやアスペルゲンガーといった言葉を知っている一般人は皆無に等しかったし、「平等」は謳われていても、実際に、障害者を完全に同等に扱ったり、本当の意味で個性を尊重する教育は、なされていなかったどころか、システムとして確立し得るという概念が殆どありませんでした。そこへ来て、この本は「こういう子もいるんだよ。こういうやり方も現実にあるんだよ」という斬新な事実を知らしめたと同時に、トットちゃんのような読者に勇気を与えたのだと思います。今、本書が大したことがないと思われる時代になったのは、ある意味、いいことなのかもしれませんね。(念のために申しますと、黒柳さんがADHDやアスペルゲンガーや障害者だと申しているのではありません。)

(2)出版当時は『徹子の部屋』が、今のようなネタ切れ感がなく、絶頂期でした。このあとで、類似の番組が出没してはポシャるのを繰り返したほどです。そんな絶頂期のフシギちゃんであった黒柳さんの生い立ちを、初めて本格的に描いたものとして、注目を浴びた部分も大きかったと思います。

(3)時代背景とは別に、この本の特徴は、時代を経ても読まれ続けていることだと知りました。それはおそらく、本書がタレントの自伝にとどまらず、教育的な分野にまで及んでいるので、新たな子育て世代や教育者世代に読まれ続けているということなのでしょう。

時代背景が絡む理由は2つあると思います。

(1)1981年の出版当時は、まだ“トットちゃん”のようなタイプの子供の存在や、彼女をとりまく柔軟な教育環境の存在が、広く知られてはいませんでした。当然、ADHDやアスペルゲンガーといった言葉を知っている一般人は皆無に等しかったし、「平等」は謳われていても、実際に、障害者を完全に同等に扱ったり、本当の意味で個性を尊重する教育は、なされていなかったどころか、システムとして確立し得るという概念が殆どありませんでした。そこへ来て、この本は「...続きを読む

Qみかんちゃん(ミカンちゃん?)ご存知ですか?

先日京都に旅行に行ったときにポスターで発見したんですが、ミカンに手足が生えたカンジのかわいいイラストなんです。

たぶん「ミカンちゃん」とか「みかんちゃん」ていう名前だったと思うのですが・・・

キャラは泣き虫でかわいいんです。
京都の新京極あたりで見かけたのですが、それしか分かりません。

みかんちゃんに関する情報をご存知の方がいらっしゃったら教えてください、お願いします!

Aベストアンサー

かなり自信は無いのですが、参考URLに載っているキャラクターではないでしょうか?
ここ最近の、みかんのキャラで心当たりがあるのはこれだけなので。

もし違いましたら、ごめんなさいです。

参考URL:http://www.san-x.co.jp/newcha/new48.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報