マンガでよめる痔のこと・薬のこと

肥満は病気の一種です
肥満は一種の病気です

上の2つの文は、全く同じ意味でしょうか。
また、ニュアンス的にはどうでしょうか。

※肥満が病気かどうかを訊いているのではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#2さんのご回答で正しいと思います。



念のため、こちらのほか、いくつかの辞書で用例を調べましたが、
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%EC …

・「×××の一種だ」は、「基本的に×××に含まれる」の意味。

・「一種の×××だ」は、「ある意味×××だ」の意味。

というパターンです。


勝手に例文を自作してみますと、

・株式投資は、ゲームの一種です。→×
・株式投資は、一種のゲームです。(ある意味、ゲームです。)→○

・白熱電球は、暖房器具の一種です。
 だから蛍光灯を使いましょう。
  →×
・白熱電球は、一種の暖房器具です。(ある意味、暖房器具です。)
 だから蛍光灯を使いましょう。
  →○
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもわかりやすくて大変参考になります。
特に例文を使っての説明には説得力がありました。

お礼日時:2007/08/08 21:02

英語のa kind ofは一種の○○と訳さないと間違いにされてしまいます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり「○○の一種」と「一種の○○」では意味が違うようですね。

お礼日時:2007/08/08 23:06

はじめまして。



ご質問の2つの文は、「一種」の解釈が微妙に異なります。

1.「肥満は病気の一種です」:

ここで使われている「一種」は「ひとつの種類」「同じ種類」という意味です。

例:
「トマトは野菜の一種です。」
トマト=野菜、かつ、トマト<野菜
の関係があります。

つまりご質問文をこの公式に当てはめると、「肥満≦病気」の関係があり、肥満は病気であり、かつ、肥満は病気に含まれる、と断定しています。


2.「肥満は一種の病気です」:

ここで使われている「一種」は次の2つの解釈が可能です。

(1)一種=「その中に含まれてもよいと思われる、ある種類」という意味があります。
例:
「それは一種の愛情表現だ」

ここでは「それ≦愛情表現」という、1と同じ関係が成り立ちます。つまり「肥満≦病気」の関係がなりたちます。

ただ、1と違って、「肥満≦病気」の関係は断定的なものではなく、話し手の主観によって「その可能性もある」と婉曲的な用法になっています。

わかりやすい日本語で書き換えれば
「肥満は一種の病気です」
=「肥満は病気と言ってもよい」
となり、話し手の「病気」と断言するのを避けた婉曲表現になっています。

(2)一種=「どことなく異なっていること」という意味があります。
例:
「このトマトは一種独特のかおりがする」
「この文章は一種の味わいがある」

ここでは「このトマトは、他のトマトとは、少し違う香りの特徴を持っている」と言っています。

「肥満は一種の病気です」をこの用法にあてはめれば
「肥満は、病気一般とは、すこし違う特徴を持っている」
ということになります。

つまり、ここでは「肥満≠病気」の関係があり、肥満は病気そのものではなく、「病気に類似したもの」「病気に近いもの」といった、「病気である」という断定を避けた、やはり、婉曲表現になっています。


以上を踏まえて結論は

ご質問1:
<上の2つの文は、全く同じ意味でしょうか。>

違います。

ご質問2:
<また、ニュアンス的にはどうでしょうか。>

1.「肥満は病気の一種です」は
「肥満≦病気」と断定的に述べたもので

2.「肥満は一種の病気です」は
「肥満≦病気」を婉曲的に述べたもの
また、
「肥満≠病気」を婉曲的に示唆したもの

と言えます。
以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても丁寧でわかりやすい説明に感謝します。
以前から気になっていたことなので、大変助かりました。

お礼日時:2007/08/08 23:00

「病気の一種」と「一種の病気」のそれぞれの「病気」と「一種」の関係は、「病気の一種」と「病気が一種である」です。


「病気の一種」と「病気の一種である」はそれぞれ言い換えられるので、結局「病気の一種である」と「病気が一種である」です。

要らない説明かも知れませんが、つまり、
「病気の一種」の「病気」は「一種」を修飾する語であって、「一種」は示されていない主語の述語です。
「一種の病気」の「病気」は「一種」の主語であって、「一種」は「病気」の述語です。

例で示された「肥満は病気の一種です」と「肥満は一種の病気です」については、先の説明に「肥満」という主語との関係も示したら良いだけです。
「肥満は病気の一種です」の「肥満」は「一種」の主語であって、「一種」は先に示されていない主語と言った「肥満」の述語です。
「肥満は一種の病気です」の「肥満」は「病気」の主語であって、「病気」は「肥満」の述語です。

気付いたかも知れませんが、「肥満は一種の病気です」の「病気」は、「肥満」の述語でもありますし「一種」の主語でもありますね。

alleysさんが言った「意味」や「ニュアンス」の違いは、先に説明した語と語の関係の違いということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まるで国語の授業を受けているようで、ちょっと身構えてしまいました。
回答内容を理解するのにちょっと時間が掛かりそうですが、努力して理解してみたいと思います。
真剣に回答してくださり、本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/08/08 20:43

病気の一種は、あきらかに病気であり。


一種の病気は、病気のようなもの ということで正式な病気(病名)出ない場合。と解釈しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
正誤はともかく、納得できる説明で大変参考になります。

お礼日時:2007/08/08 20:26

「賭け事好きは病気の一種です。

」と
言われてもそんな病気知らないので納得出来ませんが
「賭け事好きは一種の病気です。」と言われると納得します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
伝える側は同じ意味のつもりでも、受け取る側は違う意味で受け取る可能性もありますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/07 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ある意味」の意味ってわかりませんか?

よく、「ある意味・・・だよね」とか、よく使いますが、それではこの「ある意味」の意味ってわかりませんか?ちょっと気になってしまって。どなたか、教えてくれませんか。お願いします

Aベストアンサー

「ある意味」の本来の使い方は「ある意味では」です。
違った見方をすれば・・・別の言い方をすれば・・・というような意味で、自己主張や新説を述べるときに使われますね。最近では短縮されて「ある意味」というので違和感を覚えます。

これは日本人の好きな表現で相手と違った意見を述べるときにも使われるので、多くの場合、話し手が一人納得していることがあるが、相手もあえてそれに反論しないパターンになっています。「ま~、ある意味でそれも正しいな」対立を避ける日本人の性格にあった便利な表現だと思います。

Q上がる と 上る の違いをどう小学生に説明したらよいでしょう

小学校2年生の息子から質問されました。

あがる と のぼる はどう違うのかと。

学習国語辞典(下村式)で調べたら、まったく同じ文言が書いてありました。

違いを考えてみましたが、どうもうまく説明できません。

わかりやすく説明するにはどうしたらよいでしょう。

Aベストアンサー

 
 基本的には「上(あ)がる」はデジタル的に結果として上のレベルに進むことであり、「上(のぼ)る」の方はアナログ的に徐々に上(あ)がるための運動や過程を意味している。 これについては具体的な例を上げて考えてもらった方が分かりやすいのではないでしょうか。

1.<~に> 木・山など
○ 木に上(のぼ)る⇔木から下(お)りる─自分の力で枝に足をかけたりして、上に向かってたどりつく。
△ 木(の上)に上(あ)がる⇔木から降(お)りる─ハシゴや肩車などを使ってでも、上にいけば良い。

 台(だい)・学校・家の中などのように、上がはっきりしたものなら「台に上(あ)がる」といえるが、木のようなときは「木<の上>に」としないとおかしい。

2-1.<~が> 成績(せいせき)・地位などレベルが段階的なもの。
× 成績が上(のぼ)る
○ 成績が上(あ)がる⇔落(お)ちる/下(さ)がる

2-2.<~が> 太陽・月・煙(けむり)・気温など動きがアナログ的なもの
○ 日が上(のぼ)る⇔沈む
× 日が上(あ)がる

 ただし、特に日が(中天に)かかる状態を、その位置で動きを止めた形で「上(あ)がっている」ということもできる。

3.<~を> 山道・川
○ 川を上(のぼ)る⇔下(くだ)る、下(お)りる
× 川を上(あ)がる

 ただし、川から陸(おか)「<に>上(あ)がる」など場所を変える時はデジタル的にとらえて使える。

 こんな風に、色んな例を上げさせて、自分からその違いに気付けるようになれば良いですね。

 
 基本的には「上(あ)がる」はデジタル的に結果として上のレベルに進むことであり、「上(のぼ)る」の方はアナログ的に徐々に上(あ)がるための運動や過程を意味している。 これについては具体的な例を上げて考えてもらった方が分かりやすいのではないでしょうか。

1.<~に> 木・山など
○ 木に上(のぼ)る⇔木から下(お)りる─自分の力で枝に足をかけたりして、上に向かってたどりつく。
△ 木(の上)に上(あ)がる⇔木から降(お)りる─ハシゴや肩車などを使ってでも、上にいけば良い。

 台(だい)・学校・...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む

Q「なりうる」「なりえる」の違い

「なりうる」と「なりえる」は何が違うのでしょうか。

ネットで検索すると「なりうる」はあまりヒットしませんが、「なり得る」はたくさんヒットするので、「なりうる」は間違いなのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なり得る」は「なりえる」、「なりうる」どちらの読み方も可能です。「える」も「うる」も漢字で書けば「得る」となるのです。

本々、文語では下二段動詞「う」だったのです。それが、現在語では下一段動詞「得る」になっているのです。

したがって、「うる」は「古臭い」、もしくは「格式ばった」用法となりますから、一般的には「える」が多用されるのです。

Q「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」

「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか?

辞書で調べると、「物事の筋道」とかなっていましたが、物事の筋道って何??って感じです。

Aベストアンサー

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。

「おまえは物事を頭の中だけで操作、処理してこねくり回しすぎる。もうすこし現実に沿って簡単に考えられないのか!」というような意味でしょう。この言葉自体は中間的な可もなく不可もないもの(発言者が悪いのか言われたものが悪いのか、これだけでは判断できない)です。

>「理屈で物を語るな」

これも上記と同様でしょう。理屈というのは言葉の世界ですから、物とは相容れないところがあるのは当然です。しかし、物はあくまで物に過ぎません。これをうまく転がし処理するのに言葉は不可欠のツールです。これがわかっていない、頭の固い、言葉を扱うのが不得意なひとが連発する苛立ち、悲鳴のような言葉である場合もよくある事例です。

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。...続きを読む

Q「言う通り」と「言った通り」との違い。

日本語を勉強している台湾人です。

ネットで調べてて「言う通り」と「言った通り」の基本的な差がわかりました。
ふつう簡単な例文を挙げられます。
●私が言うとおりに、ノートに書いてください。→今から言うことをそのままに書いてくださいと
●私が言ったとおりに、ノートに書いてください。→この前言ったことをそのように書いてくださいよ
単なるテンスにかかわる教え方でした。

でも、色々なTwitterの投稿や文章など、「言う通り」も過去のことも言えます。

●本当だ!君の言う通りだ!(今の状況にぴったりの君が言ったことは過去のことではありませんか?)
●主さんの言う通り、これは自分でも思ってた事なんですが、(略)
●美味しんぼの山岡さんの言う通り、ワラに入った納豆は臭くないのか!?

様々な表現から見ると、ほとんど過去のことを述べているはずですが、
「言った通り」と比べると、逆に「言う通り」がさらによく使われます。

なぜ過去のことは「言う通り」のほうがもっと使われますか。
それに過去のことを述べている時に、「言った通り」を入れ替えられますか。

よろしければ、例文でご教示願います。
よろしくお願いします!
(不自然な言い方があったら、遠慮なさずご訂正をどうぞよろしくお願いいたします。)

日本語を勉強している台湾人です。

ネットで調べてて「言う通り」と「言った通り」の基本的な差がわかりました。
ふつう簡単な例文を挙げられます。
●私が言うとおりに、ノートに書いてください。→今から言うことをそのままに書いてくださいと
●私が言ったとおりに、ノートに書いてください。→この前言ったことをそのように書いてくださいよ
単なるテンスにかかわる教え方でした。

でも、色々なTwitterの投稿や文章など、「言う通り」も過去のことも言えます。

●本当だ!君の言う通りだ!(今の状況にぴったり...続きを読む

Aベストアンサー

>ネットで調べてて「言う通り」と「言った通り」の基本的な差がわかりました。
>単なるテンスにかかわる教え方でした。
 :
その「基本的差」は「単なるテンスにかかわる」ものではありません。
テンスは単にその「時間的位置」を表わすだけです。
過去:そのノートは私が言った通りに書いてあった。
現在:そのノートに私が言う通り書いておきなさい。

この例文の場合は一次的アスペクトとして「完了/未完了」の相を表わしていると見ます。
完了:(すでに)私が言ったとおりにしなさい。
(既になされた指示に即して、これからの行動を命じている。)
未完了:(いまから)私が言うとおりにしなさい。
(今から行う指示に基づき、これからの行動を命じている。)

>本当だ!君の言う通りだ!
 :
現在形:本当だ!君の言う/言った通りだ!
過去形:本当に君の言う/言った通りだった!
ここで、「言う」と「言った」が共に使えるのは、二次的アスペクトの相とみなせます。
つまり、単なる過去でも、完了/未完了でもなく、話者の継続状態もしくは結果の残存意識「・・・テイル」に関わっている側面であり、とりわけ「言う」には次のような多重性があります。

現在 現在進行中 過去  結果の残存/動作継続
言う→言っている→言った→言っていた/言っている
結果の残存:言った通り=言っていた通り
動作の継続:言う通り=言っている/言っていた通り

つまり、「言う」は「結果動詞」でありながら「継続動詞」の側面もあるのです。
ですから、その側面からすれば「言う通り」と「言った通り」のそれぞれの意味の違いには関係なく、その文脈によって、つまり全体的な脈絡から判断されるものです。
このことは装着に関する動詞ではよくあることです。
「私は靴下をはいています。」の意味は?
1)今は素足で、目下はく行為の進行中。
2)はき終わって、今は素足ではない。

それぞれの文脈によって変わるのですが、一応は品詞的側面にも少し触れておきます。
言う通り
「言う」の連体形+同じ状態を指す名詞「通り」
言った通り
「言う」の連用形+助動詞「た」の連体形+同じ状態を指す名詞「通り」
1)完了やその後の状態や内容・事項を表わす。
2)動作の結果の存続。言っている。言ってある。

更にはこの「通り」についても、単なる名詞ではなく、その意味が薄れ変容した形式名詞的、あるいは副助詞的な意味合いで使われる場合もあり、その際には三次的アスペクトが関わってくるのですが、更にややこしさが増すばかりなのでここでは省きます。

>ネットで調べてて「言う通り」と「言った通り」の基本的な差がわかりました。
>単なるテンスにかかわる教え方でした。
 :
その「基本的差」は「単なるテンスにかかわる」ものではありません。
テンスは単にその「時間的位置」を表わすだけです。
過去:そのノートは私が言った通りに書いてあった。
現在:そのノートに私が言う通り書いておきなさい。

この例文の場合は一次的アスペクトとして「完了/未完了」の相を表わしていると見ます。
完了:(すでに)私が言ったとおりにしなさい。
(既になされた指...続きを読む


人気Q&Aランキング