gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

 杏林は医者さん、桂林は文人。というように下に林がついて、芸術家やその他の職業仲間を敬称することばが、杏林や桂林のほかにも幾つかあったと記憶していましたが、今どうしても検索も、記憶も辿れないので、どうかお教え下さい。すみません。竹林でも桃林でもな買ったと存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

敬称かどうかは存じませんが、「○林」シリーズです。


(ここでは「林」は「物や人が沢山集まっていること。仲間。「杏林」「桂林」は故事がありますね。)

■儒林(じゅりん)
…儒学者たち。儒学者の世界。

■禅林(ぜんりん)
…禅宗の寺院。仏教の寺院。禅僧の仲間。

■翰林(かんりん)
(*「翰」は筆に用いる羽。転じて筆。)
…文人、学者の世界。
 (唐の玄宗は詔勅をつかさどる役所を設けて「翰林院」とした。)

■芸林(げいりん)
…書物を多く集めた場所、文学者や芸術家の仲間、学芸の世界     


****
役者さんの世界は

■梨園(りえん)
…(唐の玄宗が梨の木を植えた庭園で楽人などに歌舞音曲を教えた故事から)歌舞演劇の教習所、俳優の世界。
(日本では)歌舞伎役者の社会

を連想しましたが…
 
*******

手軽な調べ方としては、漢和辞典の「林」の項目に、「林でおわっている単語」が併記されていることがあります。(それをまた調べるわけですが…)

この回答への補足

梨≪園≫でしたか。≪林≫と思い込んでいました。
ずいぶん、≪○林≫を教えていただき有難う御座いました。

補足日時:2007/08/09 10:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難う御座いました。。≪林≫はやはり、こういうふうに使われるのですね。≪園≫も植物の≪その≫ですし、字の感じが偲ばれます。
 重ねて御礼申しあげます。

お礼日時:2007/08/09 10:24

『広辞苑』の「後方一致」で「林」を調べましたら、それらしきものが一つだけ、ヒットしました。



りょく‐りん【緑林】
1.木の葉が青々としている林。
2.[後漢書劉玄伝](新代、王匡・王鳳らが、窮民を集め、湖北省当陽県の緑林山にかくれて盗賊となったことから) 盗賊。

「盗賊」は「芸術家」ではないですし、「職業仲間」になるかどうかも、ちょっと微妙ですが……。

この回答への補足

 早速のご教示にいたみ入ります。
 送信してから、そうだ役者さんの世界のこともなんか、○林とか謂ったな、とそこまでは思い出したのですけれども、・・・。
 もし『それなら、○○だよ』とお気づきでしたら、お手数ですがなにとぞよろしくお願いします。すみません。
 緑林は初耳でした。そのほか、お気づきの○林がありましたら、何とそご教示くださいますようお願い申しあげます。
 例えば、僧職の方々などはなかったでしょうか?

補足日時:2007/08/09 07:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難う御座います。緑林はまことに初耳ですね。
 「盗賊」は、確かに「芸術家」ではないですし、「職業仲間」になるかどうかも、ちょっと微妙ですよね。
 思わずユーモアを勝手に感じております。
 白川静さんのご本では、所謂、いずれの封国にも服わらざる者を、治外法権のものを「賊」と称したということを書かれておられますが、「盗賊」の場合は緑林なのですね。勉強になりました。
 重ねて御礼申しあげます。

お礼日時:2007/08/09 07:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング