タンパク質と冷凍変性機構に関してなのですが、私は魚肉の凍結実験をおこなっています。お聞きしたいことは、
”魚肉を凍結した際、魚肉細胞内の棒状タンパク質、球状タンパク質は共にその周りの水が氷晶生成のため移動し、結果、タンパク質は疎水結合やイオン結合を起こし、変性する。”と現在考えているのですが(間違ってたらすいません)、その変性機構を何らかのパラメータを用いて数式化することができないモノでしょうか?(パラメータは氷晶径、筋繊維の収縮量(脱水量)、筋原繊維の収縮量等、他何でもよいのですが)
そこら辺に詳しい方、そのようなことが書いてあるHP、論文、文献等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「生化学辞典(東京化学同人、第3版)」の「低温変性」の欄には、「低温変性はアポミオグロビンなど、限られたタンパク質でのみ見出されている」と書いてあります。


一般的に、氷の結晶の成長などによってダメージを受けるのは細胞膜や細胞壁でタンパク質が変性することはそうないように思います。
低温変性については普通の熱変性と同様、エントロピー、エンタルピー、自由エネルギーで議論されているようです。

蛋白質工学、p58、応用化学講座 11、朝倉書店 にはミオグロビンの低温変性についての記述があります。
Adv. Protein Chem., 39, 191-234, (1988)
    • good
    • 0

パラメータが多すぎてしまうのでは・・・



蛋白質により、変性するエネルギー障壁がことなると思いますし、
細胞に含まれる組成も個体差があると思われます。

それにまず、変数(温度、脱水量等)に対して、蛋白質が変性したかどうかの判断基準が必要です。

まず観測結果があって、モデルが立てられますからね。
    • good
    • 0

直接の回答ではありませんが,以下の本は参考にならないでしょうか。




タンパク質~立体構造と医療への応用~
著編者:マックス・ファ-ディナンド・ペル-ツ
    黒田玲子
出版社:東京化学同人
刊行年:1995.10

新生化学実験講座 第1巻 タンパク質III ―高次構造― 日本生化学会 編
編集担当:荒田洋治,千谷晃一,太田隆久,鈴木紘一
出版社:東京化学同人

生物化学実験法4 蛋白質の分子量・分子形
編集:林 勝哉
出版社:学会出版センタ-

生物化学実験法6 蛋白質の旋光性 -ORDとCD
編集:浜口浩三,武貞啓子
出版社:学会出版センタ-
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q災害時に防災用の携帯浄水器で飲料水を作る条件は?

地震や台風等の災害が起こって、水道が止まったときに、飲料水を確保できる
防災用の携帯浄水器を選ぶのに迷っています。

色々なサイトの説明を読むと、結局簡単に作れると説明していても、実際には殺菌等が
別に必要で、そのまま飲むには不適合だという説明もあります(特に安物は)。

災害時に家族と一緒に避難することも考えれば、重い飲み水はたくさんもってはいけないし、家に溜めておいてもいつかは腐るだろうし。
やはり携帯できて軽く簡単に飲料水を作れる浄水器が良いと思うのですが、どんな浄水器が、
どんな条件の元で、どんな水が飲めるのか具体的に御存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

私が考えている中で利用できるのではないかと思っているのは、お風呂の残り湯、池や川の水、田んぼの水、井戸水、雨水などある程度はキレイですが、そのまま飲むのはどうかと思えるような水源です。

また使うときの条件や特殊な方法もございましたら購入前にご指摘いただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配は良く分かります。私も家族で逃げることを考えたら心配になっていろいろと調べました。私が購入したのはライフセーバーボトル4000という海外の製品です。残念ながら災害時には通常の常識は使えなくなります。災害が大きければなおさらです。たしかに3-4日で最初の救援物資が届きますが、3-4日水なしで過ごすのは本当に大変で、特に小さい子供がいたり、お年寄りがいれば本当にきついです。最初の給水車がきても3-4時間待ちはあたりまえで、それでも手に入らないこともあります。その後は改善されると思いますが、それまで生き延びる方法を考えるほうが大切だと思いました。

いつもはキレイな川の水も災害時には雑菌や細菌が多く発生してしまいます。そこでおっしゃるように普通の簡易な携帯型の浄水器ではろ過するだけで殺菌は別に行わなければなりません。殺菌なしで飲むのは危険です。当然蒸留水などを作ることも考えられますが、自分が怪我をしていたりしたらと思うともっと簡単な方法をとどうしても思ってしまします。そこで今回の大震災を機にネット検索で探し回りました。やっと見つけたのがこの方の防災ブログです。

http://ameblo.jp/thinktank5686/entry-10888368858.html

ここで、紹介されていた浄水器を購入しました(アメリカからの個人輸入でしたが、問題なく簡単でした)。これが結構すぐれもので、今はすぐに使えるように持ち出し袋のそばにおいてあります。これがあれば、小さなペットボトル1本あれば、十分に飲み水を確保でき、これ一つで4000リットルの飲料水を作ることが出来るそうです。このサイズでは世界でたった一つ、ろ過と殺菌が瞬時にできて、世界の軍隊や救援隊が使っているそうです。とにかくサイトにある動画がすごいので見てみてください。

農薬などで汚染されていなければどんな水(淡水なら)でも飲めるそうで、殺菌率がなんと99.999997%!?知り合いが教えてくれたのですが、よく巷で言われる殺菌率99.9%とか言うのはだめなのだそうで、細菌は0.1%程度でも残っていると数時間で膨れ上がるらしいです。ですからこの99.999997%というのはほぼ100%に近く、こういうものでないと実際には使えないらしいです。
ちょっと高めの値段ですが、重い水を持って歩かなくても良いことと、これ1本で家族全員がしのげることを考えれば安いものだと思います。備えることにやりすぎは無いでしょうし。

この方のブログには他にも防災用の持ち出し袋の中身のアイデアなどが紹介されているので一度読んで参考にされてはいかがでしょうか?

ご心配は良く分かります。私も家族で逃げることを考えたら心配になっていろいろと調べました。私が購入したのはライフセーバーボトル4000という海外の製品です。残念ながら災害時には通常の常識は使えなくなります。災害が大きければなおさらです。たしかに3-4日で最初の救援物資が届きますが、3-4日水なしで過ごすのは本当に大変で、特に小さい子供がいたり、お年寄りがいれば本当にきついです。最初の給水車がきても3-4時間待ちはあたりまえで、それでも手に入らないこともあります。その後は改善されると...続きを読む

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q小学5年生です。 クラスで、YouTubeに動画をアップしている友達がいるんですが、アカウントを作る

小学5年生です。
クラスで、YouTubeに動画をアップしている友達がいるんですが、アカウントを作るのに年齢制限ってあるんですか?YouTubeの動画のコメント欄には、「13歳以下はアカウント作っちゃダメ」等のコメントがありました。それってホントなんですか??

Aベストアンサー

正確には小学生ですね。
Googleでたしか決められてたんだと思います。

Qタンパク質の変性と巻き戻しについて

大腸菌を用いて15k程度のタンパク質を発現させてるんですが、ほとんど不溶画分にいってしまい、現在は変性剤等を用いて可溶化を試みています(低温培養、アルギニンの導入はダメでした)

そこで初歩的な質問なんですが、
1、変性剤を用いるとタグまで変性してしまうのでしょうか?また、タグが変性してしまった場合、樹脂には吸着しないものなんでしょうか?(使っているタグはGSTです)

2、変性剤でタンパク質をグチャグチャにし、その後変性剤を取り除き、タンパク質を巻き戻すことで可溶化させるという手法において、どの段階で可溶化が起きているのかがわかりません
「タンパク質が正しい構造をとった状態(refolding)=可溶化した状態」ということなのでしょうか?それとも変性した段階で可溶化が起っているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GSTは変性させるとだめですね。一度変性させて、refolding後に精製するという方法もやられているようですが、GSTでうまくいくプロトコールがあるか分かりません。

http://www.cosmobio.co.jp/technical/tech_NVG_20040518/tech_NVG-8-B_20040518.asp
http://www.emdbiosciences.com/docs/docs/PROT/tb234.pdf

タンパク質の可溶化というのはタンパクの変性と直接関係ありません。たんぱく質が水溶液に溶けたかかどうかです。変性はたんぱく質が従来の構造を失い、失活した状態です。
たんぱく質が水溶液に溶けない理由はいろいろありますが、表面に露出している疎水せいの部分がくっつきアグリゲーションが起こるなどの理由が考えられます。したがって可溶化するために疎水結合を切る試薬をよく使います。このような試薬はたんぱく質の構造を支えているタンパク質分子内の疎水結合も切ってしまうことがあります。そうするとたんぱく質は変性した状態にならざるおえません。可溶化にともない変性することがあるということです。
refoldingはこのような壊れた構造を本に戻す作業です。このこと自体も可溶化に直接関係ないということが分かってもらえたと思います。

GSTは変性させるとだめですね。一度変性させて、refolding後に精製するという方法もやられているようですが、GSTでうまくいくプロトコールがあるか分かりません。

http://www.cosmobio.co.jp/technical/tech_NVG_20040518/tech_NVG-8-B_20040518.asp
http://www.emdbiosciences.com/docs/docs/PROT/tb234.pdf

タンパク質の可溶化というのはタンパクの変性と直接関係ありません。たんぱく質が水溶液に溶けたかかどうかです。変性はたんぱく質が従来の構造を失い、失活した状態です。
たんぱく質が水溶液に...続きを読む

QあるYouTuberの動画(結構前公開)を見て電子レンジで作るオムレツを買いたいのですがどこにも売っ

あるYouTuberの動画(結構前公開)を見て電子レンジで作るオムレツを買いたいのですがどこにも売ってません
Amazon等以外でどこで売ってるでしょうか?

Aベストアンサー

ありゃ、オムレツ作る道具じゃなくてオムレツの元でしたか。

そういうチンして料理できるパック食材って、普通にスーパーの冷蔵品コーナー、確か乳製品かハムやソーセージのあたりにあったと思うのですが…。
写真の日本ハム製のは見たことありませんが、確かにパックに卵入れて(洗い物増やすの面倒なので直に割入れて混ぜた)作った記憶あります。

電子レンジ オムレツ

これで検索したらネットショップ(楽天市場)で似たような商品がHitしましたが
>本品はメーカー製造中止のため、在庫限りで販売終了となります。
とあります。
もしかしたら下火になりつつあるカテゴリーの商品なのかもしれませんね。

どうしても写真にある商品でなくてはダメというなら力になれなくて済みません。

Qタンパク質の変性剤について

 現在、タンパク質の変性剤としてジスルフィド結合を切断するためにβ-メルカプトエタノールを使用していますが、同様の還元剤であるジチオスレイトール(DTT)の使用を考えています。ある同僚から聞いた話によるとDTT(粉末)は使用直前に溶解させて使用した方が良いとのことでした。事前にDTT粉末を溶解させたものを作りだめしておくのは余りよくないのでしょうか。この点にお詳しい方はアドバイスをお願いします。  

Aベストアンサー

一般に言われることですが、DTTは凍結融解があまりよくないので、1Mのストック溶液をつくったら、すぐ使用する分は-20℃、しばらく使わない物は-80℃にいれて保存します。なるべく分注する量は一回に使いきるぐらいの量にするのがベストです。大過剰にDTTが必要な場合はそれほど気にならないかもしれませんが、通常の変性実験であれば、1-10mM程度の溶液を数mlも使えば多い方ではないですか?
そんな微量な粉末を計量して実験するのは、実験ごとのDTT濃度のぶれは非常に大きくなるか、計量するたびに試薬を捨てることになると思います。誤差やロスを少なくするには、ストック溶液を作製する方がいいように思います。

QYouTubeにアップしてQRコードを作る

ハガキに動画のQRコードを入れたいと思います。

調べてみたらYouTubeにアップしてそこからQRコードが作れるとありましたが、YouTubeアップは未経験だったのですが試しになんとか途中までiPhone5からアップしようと試みましたが、それは練習のためだったので、他の友人も写っているものが入っていたので焦って途中でやめました。

ただ、非公開とか限られた人だけ公開とかタイプも分かれていていたことがわかったのですが、非公開にした場合QRコードは使えるでしょうか?

また、使えるとして、アップしてからQRコード作成の手順を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

torayoshiです。
私はスマホ持ってなくて、PCのみの利用です。
QRコード作成もQRコード作成サイトで作ります。
なので、iconitのことは分かりません。申し訳ない。

iconitのURLスキームは使えませんか?

Qタンパク質の変性について

タンパク質の変性について
タンパク質が酸やアルカリによって変性するとき、ポリペプチド鎖の立体構造が変わるだけで、アミノ酸の配列は変わらない…ということはペプチド結合が切れたりはしないんですよね?
しかしペプチド結合は酸やアルカリによって加水分解される、とも参考書等に書いてあります。
これがわかりません。
酸変性、アルカリ変性の際、ペプチド結合は切れないのでしょうか?

Aベストアンサー

酸やアルカリの程度によります。

条件が緩やかであれば、ペプチド結合は切れたりせず、立体構造のみが影響を受けますが、
条件が厳しければ、ペプチド結合が切れることがある、ということです。

ちなみに、濃い塩酸(6N)を使い、110℃、24時間反応させれば、
ペプチド結合は切れます。

Qyoutubeみたいなサイトを作る際に使用する言語

Youtubeみたいなサイトを構築する際に使用する言語はperlなのでしょうか?
kakaku.comみたいなサイトでもokです。

Aベストアンサー

書き忘れ。
他に、ASP.NETやサーバーサイドJavaで作っている場合もあります。
大規模なものだとこっちの方が多いかもしれませんね。

Qタンパク質の変性剤(尿素)除去確認

いつもお世話になります。
タンパク質リフォールディングについて教えて頂きたい事があって質問させていただきました。
現在大腸菌を用いてタンパクを発現させ、さらに分子ふるいにて目的タンパク(90kDa)を精製しています。このサンプルには、変性剤として6Mの尿素を使用しているのですが、これをリフォールディングし、ほぼ完全に除去していきたいと思っています。
元々のサンプル濃度が低いため、希釈による方法ではなく透析によってリフォールディングを行いたいと考えていますが、この際、サンプル内の尿素除去の確認としてはどの様な方法を取るのが適切でしょうか。また、透析方法のポイントや、その他のリフォールディング方法についても、ご教授頂けたら幸いです。(リフォールディングに関して記載のある関連図書・資料などもありましたらぜひ教えてください。)
当方初心者のため、大変お恥ずかしい質問で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>サンプル濃度が低いため
サンプルの液量によります。
 少ないときは、限外ろ過膜の入ったチューブにサンプルをいれ、遠心分離というのに魅力を感じましたが、やったことはありません。
 普通に限外ろ過をして、液量が減れば、緩衝液などを継ぎ足す
 また、ゲルろ過、というのも確実でしょう。
 多いときは、透析くらいしか。透析チューブは、私の時代は糸で縛っていましたが今はプラスチックのものがあるようで。例えば、100mlだと、その10倍くらいの透析液を入れます。平衡になるのにどれくらいか記憶にありませんが、平衡になれば尿素の濃度は1/10になります。回転子を入れてカタカタ回し、朝と帰宅するときに透析液を3度ほど入れ替えていました。これだと1/1000程度になっていることが期待されますが、理論的にはいつまでも微量は残ります。

 私は、学生時代に尿素を分解するウレアーゼの精製をしたことがあります。粗抽出液のウレアーゼを沈殿させるために、アセトンを加えていました。沈殿を溶解したあと、活性の40%は戻っていました。
 変性させたときに、SHがS-Sになっていたりするので、還元剤も添加してください。メルカプトエタノールを使っていましたが、私はNaBH4なども利用しています。

 以上、20年前の経験なので、今はもっと便利な方法があるような気がします。

>サンプル濃度が低いため
サンプルの液量によります。
 少ないときは、限外ろ過膜の入ったチューブにサンプルをいれ、遠心分離というのに魅力を感じましたが、やったことはありません。
 普通に限外ろ過をして、液量が減れば、緩衝液などを継ぎ足す
 また、ゲルろ過、というのも確実でしょう。
 多いときは、透析くらいしか。透析チューブは、私の時代は糸で縛っていましたが今はプラスチックのものがあるようで。例えば、100mlだと、その10倍くらいの透析液を入れます。平衡になるのにどれくらいか記憶...続きを読む


人気Q&Aランキング