赤熱脆性,低温脆性がなぜ起きるのかについて教えてください。

A 回答 (1件)

赤熱脆性について


これは、硫黄を多量に含む炭素鋼を、高温雰囲気中で加工した時に
亀裂を生じる脆化現象のことです。
不純物である硫黄(S)が、高温雰囲気中で、硫化鉄(FeS)として、粒界に析出します。この硫化鉄は、非常に脆く、しかも、融点が低いために、全体として、著しい脆化が起こってしまうのです。

低温脆性について
このメカニズムは、僕もよくわかりません。すいません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「テーパーシャンクドリル」ってどう使うの?

仕事関連で困っちゃってます。
この手の事柄って調べてもなかなか見付からないので、誰か教えてください。

Aベストアンサー

回転する片もち軸に(かた側に軸受けがあり、一方の軸)何かも物体を付けて仕事をしたい。(特に回転しての作業)
このような時の軸に違う、物体を取り付ける時に使う方法の一つです。
オス側とメス側は同一な精密かつ超仕上げ度に加工された角度のテーパが付けられています。このオスメスは埃、ゴミ等の付着がない限り、それを勘合(入れる)すると外れません。この性質を利用したメカの一つです。
ドリルには
その取り付け方法に色々あります。その代表的な物は、取り付け部分の形状から。
1、 ストレートドリル。(径は同じでまっすぐ)
2、 テーパーシャンクドリル。(テーパーがついている。)
3、 三角
4、 異型、
5、 特殊型等沢山あります。3、から5、は用途から各種考案されていて、一般的でない物も数多くあります。回転しながら、本体を止めずにドリル類(リーマー、タップ、)などを脱着するワンタッチのシャンクも一般的です。
話を戻します。その径によりシャンク径の太さが変わりますから、MT1,MT2,MT3でその大きさを表します。
当然、メス側は同じサイズである必要があります。機械の回転側、(動力側)はある程度の許容範囲で出来る限り、太い物に対応する様にメーカは作ります。
その為に間にスペサーの役目をするソケットというオス、メス、のある工具で対応します。
例えば、60φのドリルはMT4であればそれ以下の工作機械では使えない。
13φ(これ位からテーパーシャンクを使います。)はMT1とします。一般的には(旋盤など)MT3位ですから、先のソケットを挟みます。
ソケットにはオスメス逆の物もありますが負荷により、恐くて使えません。
またこれらはその特長から容易の外れません。ケレという物を長穴に入れ叩いて外します。
これらは清掃、管理、取り扱い、に充分注意する。傷などを付けるともうダメです。シャンクの効果なくはずれてしまします。
テーパーにはモールステーパー、シャー?なんとかテーパーの二種類があります。
お判りでしょうか。判らない説明不足がありましたら、又質問をお願いします。

回転する片もち軸に(かた側に軸受けがあり、一方の軸)何かも物体を付けて仕事をしたい。(特に回転しての作業)
このような時の軸に違う、物体を取り付ける時に使う方法の一つです。
オス側とメス側は同一な精密かつ超仕上げ度に加工された角度のテーパが付けられています。このオスメスは埃、ゴミ等の付着がない限り、それを勘合(入れる)すると外れません。この性質を利用したメカの一つです。
ドリルには
その取り付け方法に色々あります。その代表的な物は、取り付け部分の形状から。
1、 ストレート...続きを読む


人気Q&Aランキング