現在使い終わったエンジンオイル(排オイル)は、どのように処理されているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

かなりの部分は廃棄物処理業者により焼却処分されています。


http://www.u-net.or.jp/~okatu/2.html
個人でエンジンオイルを交換した場合の廃油については、以前は自治体が可燃物として収集してくれましたが、最近では「埋め立てるごみ」や「不燃物」としているところが多いようですね。
当然、環境に対して色々と問題もあるので
エンジンオイルをA重油や耐水性塗料にリサイクルする事業も進められています。

参考URL:http://www.aiweb.or.jp/fax/h10/a-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。交換したオイルがどこに行くのかずーと気になってました。すっきりしました。

お礼日時:2001/01/25 23:33

カテゴリーは間違えてはいないとは思いますが、車とかバイクのエンジンオイルなのでしょうか?そちらの方がお答えいただけると思いますが…



バイク屋さんや車屋さん、スタンドなどに持っていけば捨ててもらえますよ。

また、オイルパックリなどを使えばそのまま捨てられます。
ホームセンター等においてありますので覗いてみて下さい。

間違えてもそこらに『油田』などつくらないように…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもお答えありがとうございます。オイル交換は毎月やっていますので、大丈夫ですよ。質問の仕方が悪かったですね。実は私、オイル交換専門のアルバイトをしてまして、どうやって処理するのだろうとずーっと疑問に思ってました。また、何かあったら宜しくお願いします。

お礼日時:2001/01/25 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメタンハイドレードについて、どのように使われているか、という現在の実情

メタンハイドレードについて、どのように使われているか、という現在の実情ってどうなんですか?
また、どのようなことに使われているか教えていただけませんか?
詳しいサイトがあれば教えてください

Aベストアンサー

http://www.mh21japan.gr.jp/
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090306_methane_hydrate/

Qパラフィン系オイルとガソリン系オイルを混ぜたら危険?

オイルランプを購入しました。(アルコールランプともいうかもしれません。オイルをしみこませた芯の先に炎をともす、インテリアの一種です)
質問は、燃料となるオイルのことですが、メーカーによると必ず専用のオイル(パラフィン系だそうです)を使用すること、とあります。
が、値段が高いので、ランプの燃料として売られているイソプロピルアルコールを使いたいのですが、これはガソリン系オイルだと聞きました。
パラフィン系とガソリン系を混ぜてはいけないのでしょうか?メーカーに問い合わせたところ「イソプロピルアルコール」はそれだけで点火するため危ない、ランプ用にはパラフィン系がよい、といわれたのですが...
でも調べてみると、ランプベルジェの専用オイルもイソプロピルアルコールが90%(他に製油が3~5%、水が5~7%)でした。
混ぜることができなければ、せめてイソプロピルアルコール単独でも使えれば、と思うのですが、危険だといわれて気になっています。
イソプロ~は本当に危険なのか、またパラフィン系オイルと混ぜてもよいか、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

オイルランプを購入しました。(アルコールランプともいうかもしれません。オイルをしみこませた芯の先に炎をともす、インテリアの一種です)
質問は、燃料となるオイルのことですが、メーカーによると必ず専用のオイル(パラフィン系だそうです)を使用すること、とあります。
が、値段が高いので、ランプの燃料として売られているイソプロピルアルコールを使いたいのですが、これはガソリン系オイルだと聞きました。
パラフィン系とガソリン系を混ぜてはいけないのでしょうか?メーカーに問い合わせたところ...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、ムツカシイですねー。
化学で使うアルコールランプは通常メタノールを入れるので炎が黄色になりません。
またブランデーなどのエタノールに点火してもやはり青い炎しか出ないのです。
お示しになった各サイトの写真の炎は黄色で大きいですよね、これはパラフィン系のロウソクなどと同じ色です。
これがイソプロパノールの炎の色とは信じられません。含有されているアロマ成分の色でも明るすぎるような気がします。
イソプロパノールを混ぜて燃焼させることはムリではありませんが…。
もし元のオイルがパラフィン系だと灯油と混ぜることになりますが、灯油を消したときの匂いは「ヒドイ」事は周知の通りで、アロマ成分のために「2、3分燃してから消す」にはイソプロパノールである方が良いと思います。
結論として私はイソプロパノール多めの中に元のオイルを「ちゃんと溶けきるだけの量」少しずつ試しながら加えていく事をお薦めします。
m(_ _)m

Q砒素は人体でどのように使われるの?

「ヒ素は、化合物の、例えば、亜ヒ酸は毒性が高いですが、元素としてのヒ素では、微量であれば、人体にとっては、不可欠な物質であるようです。」

とありました。砒素が体に不可欠とのことですが、具体的にどういったことに使われるのでしょうか?

Aベストアンサー

ネズミの場合に「必須栄養素である」という報告があった

という本を読んだことがあります。しかし、人間の場合には不明です。
おそらく、ネズミの例からがいそうしているものと思われます。

勘違いしやすいものとして、メタルチオイネンというたんぱく質があります。これは、亜鉛と砒素などの重金属を骨格とする多核錯体で、有害物を血中から取り除き肝臓などで蓄積するときに発達するたんぱく質です。
重金属中毒を軽減するための物です。

Q【化学】オイルタンカーが座礁して重油流出事故災害時に重油の流出範囲を抑え込むオイルフェンスというもの

【化学】オイルタンカーが座礁して重油流出事故災害時に重油の流出範囲を抑え込むオイルフェンスというものが使用されますがオイルフェンスの素材は何ですか?

このオイルフェンスに使われている化学繊維?の素材は再利用出来るのでしょうか?

1回使うと使い捨てなのでしょうか?

Aベストアンサー

出来れば使い捨てですが、どこで燃すのか知りません、鉱物やガラス繊維は処理に困る。
素材は無機繊維を含んだプラスチックの風船です。なおバーミキュライトは再利用出来ますね。

Q【秋葉原化学爆弾事件】JR秋葉原駅に不審物が発見されて実際に爆発物認定されて警視庁の爆発物処理班が爆

【秋葉原化学爆弾事件】JR秋葉原駅に不審物が発見されて実際に爆発物認定されて警視庁の爆発物処理班が爆発物を撤去しましたが液体窒素に爆弾を入れると爆発しなくなるのはなぜですか?

時限爆弾のタイマーが液体窒素で壊れるから?

半導体の通電が液体窒素で通電しなくなる?

爆発物は火がないと爆発しないので液体窒素に入れたら火元がないので爆発出来ない?

Aベストアンサー

窒素の沸点は-196℃です。
そして燃焼の三要素は 可燃物、酸素供給源、点火源(熱源)でどれか1つでも欠けると燃焼しません。
爆発物(可燃物)への点火源と酸素を断つこと、及び-196℃の低温にすることで着火温度、引火点以下に
することが出来るためです。
ちなみにガソリンは-43℃以下で火を付けても引火しないし、300℃以下の環境では自然に発火しない。・・・理論上。
-196℃でガソリンを保管したらどうなるかわかりますね。理屈では可燃物ではなくなるのです。
燃焼の三要素の条件全てがなくなるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報