西洋の悪魔というものは、元々は異教の神であったり天使だったりしたものだと聞きます。
一神教のせいで悪魔にされてしまった異教の神は、もし仮に日本に来たとしたら八百万の神として迎え入れられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 「神」の顔を描いた絵

A 回答 (3件)

八百万の神という時、普通仏は含めませんよね。


既に1000年以上共存しているというのに。
であるならば、仏教以外の異教の神はやはり別のものとして捉えられる(パラレルに共存させる)のではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やっぱり、八百万の神としたのが間違いだったようで・・・すみません;
もうとにかく、日本の何でも来い!な性質のことを言ったのです。
神仏習合とか、他国や別の宗教の神様も自国文化に取り入れていくというか。

やはり、悪魔は別物として捉えられてしまうのでしょうかね。

お礼日時:2007/08/12 20:20

八百万の神は、自然神です。


悪魔は、観念神です。

全く違うんです。
が、融合されて行きます。^^

スサノオはどうみてもまともな神様には見えません。
学問の神様などは悪霊が祟っているようなので祀る事で鎮めようと試みただけなのです。
平将門神社も有名です。

自然神と、天皇の祖先神、観念神とは融合されて行きます。

>もし仮に日本に来たとしたら
なれません!^^;

天皇の命に関わった病気が起こった。または、一気に血筋を断たれそうになった。
公家が次々おっちんだ。

都が伝染病になった。
飢饉が連続して起こった。

この時、
異教の神を宣教師が流布していた。→絶対に追放されます。
ぜったいに。^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

悪魔は観念神ですか・・・
でも、私が知っている悪魔の中には、
カナンの農耕神(雷神でもある)・バール神やエジプトの太陽神アメン・ラーを前身としたものもいます。
ので、必ずしも観念神ではなく自然神もいると思うのですが・・・

日本に来ていたとしたら・・・神々として捉えられることはないんですか・・・
考えてみれば、そうかもしれないです。
宣教師の影響は鎖国に繋がるほどありましたしね;

お礼日時:2007/08/12 20:23

八百万の神って日本古来からいるいろんな神様のことをいうのではないでしょうか。


なので他の宗教の神様や悪魔とされているものはそれには含まれないと思います。キリストやマホメットやサタンなどが含まれているとは到底思えないので・・・(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

でも、仏教の守護神は普通に取り込まれていますよね。
元々はインドの神様のはずなのに。
八百万の神と例えたのが、ちょっと間違いだったかな・・・
八百万の神というか、日本が昔から行っている、
色んな神様を自国の文化に取り入れていくっていうのを言いたかったんですが・・・

お礼日時:2007/08/12 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪魔の種類について

 一口に悪魔って言っても、色々な人たちがいますよねぇ?デビルもいるし、デーモンも聞いたことがあるし、ミカエルは天使だったような気がするし・・・。聖書を読めば書いてあるのでしょうが、誰か詳しい方、悪魔の家系図や関係図みたいなものをご存知の方は、情報をお願い致します!!!

Aベストアンサー

原初のキリスト教では、「悪魔」は単に神への敵対者としての概念でしかありませんので、聖書(正典)を読んでも悪魔についての体系的な記述は見つからないと思います。
もしかしたら、外典や偽典まで調べれば、いくらかは天使や悪魔についての記述があるかもしれませんが。
(*聖書はもともと初めから体系立って記述されたものではなく、多くの古文書の中から、後にキリスト教の聖典としてふさわしいものが選ばれ編集されたもので、外典や偽典というのはその時に正典から外れたものです。)

悪魔についてのもっともらしい研究でしたら、カバラ(ユダヤ教をルーツにする密教)あたりを調べるのが良いかと思います。

co-1さんもおっしゃっていますけど、「悪魔」というのは、もともと異教の神々(主に中近東の土着の神)だったものがほとんどで、初めから体系的に存在していたわけではなく、後に半ばこじつけで分類されていったようです。
たとえば悪魔の階級については、十七世紀のセバスチャン・ミカエリスの分類がポピュラーですが、この他にもさまざまな悪魔学があり、きちんとオーソライズされたようなものは無いと思います。

とりあえず簡単に調べるなら、ファンタジー系のRPG(女神転生シリーズあたり?)の影響か、天使や悪魔についての個人HPがたくさんありますので、(わざわざ文献を調べなくても、)ネット上でかなりの情報が見つかります。
ためしにちょっと検索したところ、以下のサイトが見つかりました(探せばまだまだたくさんありそうです)ので、とりあえずご参考まで。

http://urawa.cool.ne.jp/seraph/devilhie.htm
http://www.linkclub.or.jp/~argrath/de.html
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/rinoan/fantasy/dms_fan.html
http://www2f.biglobe.ne.jp/~mandra/d1_hierarchy.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/w-solomon72.htm
http://www.ya.sakura.ne.jp/~swallow/library/magic/

原初のキリスト教では、「悪魔」は単に神への敵対者としての概念でしかありませんので、聖書(正典)を読んでも悪魔についての体系的な記述は見つからないと思います。
もしかしたら、外典や偽典まで調べれば、いくらかは天使や悪魔についての記述があるかもしれませんが。
(*聖書はもともと初めから体系立って記述されたものではなく、多くの古文書の中から、後にキリスト教の聖典としてふさわしいものが選ばれ編集されたもので、外典や偽典というのはその時に正典から外れたものです。)

悪魔についての...続きを読む

Q日本には八百万の神がいるそうですが葬式の神様は

日本には八百万の神がいるそうですね。


かまどの神様→カグツチ・オキツヒコ・オキツヒメ(神道) 三方荒神(仏教)
トイレの神様→ ハニヤスビコ・ハニヤスビメ(神道) 烏枢沙摩明王(仏教)

葬式の神様っているんでしょうか?

記紀にはアメノワカヒコの葬儀が行われるという記述があったようにおもいますが
他にもいますか?

Aベストアンサー

氏神の担当では?
http://www.e-osoushiki.jp/osoushiki3-4.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%91%AC%E7%A5%AD

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%A2%E3%82%8C

Q小悪魔????

最近あちこちで小悪魔とゆー言葉を見ます・・・よね。
ブログとかでも小悪魔ってつけてるの多いし・・・。
たまに気になるのが、小悪魔って、狙ってやるもんなんですか?
自分は小悪魔になれるようなキャラでもないし、容姿も小悪魔とは程遠いいので理解できないところが多々あるんですが・・。
よく色々なブログとかホームページ見ると、「小悪魔テク」とか「小悪魔術」とかってあるんですけど、小悪魔って狙ってというか、やろうと思ってやるもんなんですかー?
演じなくてもそういう風にできる方が可愛いような気がするんですが・・・・。
小悪魔テクっていうのを語っているのを見れば見るほど、なんだか小悪魔のイメージが悪くなっていく気が・・・・しなくもないです。
男性の方はやっぱり小悪魔な女の子にドキッとする人もいると思うんですが、それがもし小悪魔テクとかを見て、狙ってやってるとしたらどう思うんでしょうか。
小悪魔とぶりっ子の違いが最近よくわかりません><


全然質問になってないですね。。ごめんなさい。。。

Aベストアンサー

小悪魔とぶりっこって大きな違いがあると思う。
小悪魔という感じは、美人で気だてが良くて、色気があって、変に男性を警戒せずに接するものだから、近寄った男性をちょっとその気にさせる、だけど本気にならずに、性と愛を使い分けるというイメージ。
ぶりっこは、男性の気を引くためにわざとうぶな振りをしたり、可愛い仕草を意識して使う子ってイメージ。

小悪魔を女優で言えば若い頃の加賀まりこ(古いなぁ♪)
今でいえば奥菜恵かな??

無意識に男性を手玉に取るのが小悪魔、意識して男性を手玉に取ろうとしているのがぶりっこ。
こんなイメージでどうかな?

Q汎神論と多神教(八百万の神?)の違い

汎神論と多神教(八百万の神?)の違いは、簡潔に言うとどのような点にあるのでしょうか?また、汎神論は一神教特有の考え方でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい人格的個別の存在の神を置かないのが特徴で、
人間も含めてすべてが神の内包物であると考えるわけです。
神が恣意的に世界を動かすというのではなくて、
人間も含めて宇宙全体が神を構成する一部にすぎないので、
そこには神の意思が存在しないか、
あるいは存在しても人間のレベルと遠くかけ離れている高次元的であるので、
その意思は人間が認識できる人的な意思・精神とは全く異なるというわけです。
汎神論は一神教の考えに加えて、数学的な世界観が影響してます。
一神教も、精神主義・神秘主義から離れて、世俗化して
多神教と大差ない人格を持つ”神様”をあがめ、
天使とか悪魔とか、聖人うんうんと、神様以外の神的存在を
多く求めるようになったので、その対極として哲学の世界で
神とは何か、を真剣に問うていった過程でさまざまな思考がうまれたわけで、
汎神論もそのひとつということになります。

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい...続きを読む

Q悪魔の実在

悪魔の実在

悪魔って実在するんですか?
悪霊ではなくベルゼブブとかの悪魔です。

先日、エクソシストの悪魔払いがある番組でとりあげられていました。

そこで、悪魔に憑かれているという女性が夜な夜な自分の中にいる悪魔に噛み付かれていると言ってその傷痕をみせていました。

さらに悪魔に憑かれているある男性は上の歯をすべて悪魔に抜かれたといっていました。
たしかにきれいさっぱり歯がありませんでした;;


どうなんでしょうか…?
噛み付いたりできるということは物理的(?)に悪魔は存在しているということでしょうか?

番組にでていた神父(エクソシスト?)さんは存在していると断言していましたが…

Aベストアンサー

日本だと狐憑きとか犬神憑き、南欧だとライカンスロープ(人狼)などが同じようなケースでしょうね。精神科医や心理学者の中では、統合失調症の症状の一つというのが一番多い意見ですが、他に精神錯乱を起こすような感染症なども考えられています。
悪魔に傷つけられるというのも、観察してみると自傷行為だったりした報告例があります。実際は自己申告で、錯乱中に起きることですから、自傷や親族による折檻などがあるのだと思います。

取り敢えず、こういう症状については、昔は精神科医など居なかったわけで、何かに取り憑かれたと考えるのが一般的だったということで、そこに宗教的風土や地域の習慣などが絡んで取り憑かれた相手が決まると言うことでしょう。
悪魔というのは、聖書による一意的解釈の他にキリスト教が広まる中で地域の土俗信仰を取り入れて地域の神々や魑魅魍魎を悪魔の位置に置くと言う形での便法を使っているという論もあります。ロシアだと、ゴーゴリの書いたヴィー(映画は「妖婆死棺の呪い」)あたりかな。
ですから、ロシアの悪魔が聖書の悪魔と同じかは難しい問題です。

で、この番組、使い古されたり、トリックなどで、不思議ではないことがあることが明らかになっているのが結構ありました。バラエティとはいえ、誠実な番組とは言い難かったです。

日本だと狐憑きとか犬神憑き、南欧だとライカンスロープ(人狼)などが同じようなケースでしょうね。精神科医や心理学者の中では、統合失調症の症状の一つというのが一番多い意見ですが、他に精神錯乱を起こすような感染症なども考えられています。
悪魔に傷つけられるというのも、観察してみると自傷行為だったりした報告例があります。実際は自己申告で、錯乱中に起きることですから、自傷や親族による折檻などがあるのだと思います。

取り敢えず、こういう症状については、昔は精神科医など居なかったわけで、何...続きを読む

Q出雲神社の八百万の神を迎える祭り???

先日TVニュースで「海の彼方からお越しになる八百万神を迎える準備をしている」「よって出雲のみ神在月、他は神無月となる」と馬鹿アナウンサーが原稿を読んでいました。
ついては、具体的質問内容ですが、「何故八百万の神が海の彼方から来る」点です。
旧暦10月以外は海の彼方(大陸?半島?)におられるのであれば、他の地域は年中「神無月」の筈。
古事記では海の彼方から来られる神様は1柱のみで、他の神様はこの国又は高天原におられる筈。
よって、何故海の彼方からなのか不明です。

Aベストアンサー

 出雲のみ神在月、他は神無月となる」と馬鹿アナウンサーが原稿を読んでいました

 確かにお馬鹿な内容ですね。

 神無月と言うけれど、実際には神社には沢山の神様が居て神無月には、神社には留守居神がていますねん。


 神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神・・・

 http://ja.wikipedia.org/wiki/えびす講

 はいえべっさん以外にも留守居神が居てますから完全に留守に成るわけはなく、出雲のみ神在月では無く、出雲以外も神在月なのね・・・・

 原稿作った人、留守神しらないんでしょうね・・・・

Q悪魔学について

前回は私の質問が悪かったのかなんやら。。。。。。

ソロモン72柱やそれ以外のメフィストフェレスなどの悪魔自体を好きでいる人
のことを何者というんですか?

悪魔を崇拝してる人のことは 「悪魔崇拝者」「サタニズム」というように。
なんというのですか?悪魔を崇拝していないが悪魔を好きな人のことを。





※「悪魔を好きでいると憑依する」とか「~がおすすめ」とかそういう回答は一切求めてません。
宗教的にどーこー。悪魔はいないとかいるとかそういうのも求めてません。止めてください。

Aベストアンサー

なかなか解答がつかないようですね。

「悪魔学に興味がある」で良いんじゃないですか。
ただし、悪魔学という言葉自体が一般的では無いですから、多分通じないでしょう。
もしくは「オカルト好きなんです」でしょうか。でも追加説明が必要になるでしょうね。
あとは、「池内紀とか澁澤龍彦の本が好き」とか。これも解らない人には全く通じないでしょうけど。
ちょっとマイナーなジャンルだと、正しい用語を使っても、そのジャンルに知識が無い人が相手だと全く通じないのは致し方が無いですよね。

Q八百万の神について

八百万の神とは日本独特の考えなのでしょうか?

Aベストアンサー

八百万の神=多くの神様 という解釈では

自然崇拝=多くの神様 という式が成り立つと思います。大きな木があれば、そこには神が宿り、高い山があればそこにも神様はいました。太陽にも、月にも、火にも、雷にも神様はいました。古代ギリシア神話の世界、ローマ帝国、キリスト教がはびこる前のヨーロッパ(ケルト人、ゲルマン人の宗教:森に多くの妖精がいた時代)、中国の道教、仏教の如来様、菩薩等多くの神様がいる例が多いです。自然崇拝は世界各地のごく自然な感覚でした。多神教の世界です。
一神教は砂漠の民の宗教で、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じ流れの宗教です。ごく一部の地域の宗教(一神教)が今は世界の多くを占めているだけです。多神教がごく自然の形態でした。

八百万の神=神様に席順は無く、外国の多くの神様も自国の神様と同等に扱い という拡大解釈では

ローマ帝国も同じようにギリシャ等の神様もローマ帝国古来の神様同様に扱うものありましたが、滅亡してしまいました。日本は日本古来の神様と仏教のほとけさまを融合しています。七福神などの道教の神様や最近の例では一神教のキリスト教まで、クリスマスには御利益のある神様として、八百万の神様の一員としてお祝いしています。そういう意味では、日本独特の考え方だと思います。

八百万の神=多くの神様 という解釈では

自然崇拝=多くの神様 という式が成り立つと思います。大きな木があれば、そこには神が宿り、高い山があればそこにも神様はいました。太陽にも、月にも、火にも、雷にも神様はいました。古代ギリシア神話の世界、ローマ帝国、キリスト教がはびこる前のヨーロッパ(ケルト人、ゲルマン人の宗教:森に多くの妖精がいた時代)、中国の道教、仏教の如来様、菩薩等多くの神様がいる例が多いです。自然崇拝は世界各地のごく自然な感覚でした。多神教の世界です。
一神教は...続きを読む

Q天使・悪魔図鑑について

天使・悪魔図鑑について
ある海外ドラマを観て天使・悪魔に興味をもちました。そして天使・悪魔一覧がのっている本が欲しいと思い「天使と悪魔図鑑」という本を買いました。しかしこの本には少ししか天使・悪魔がのっていないようで・・。なので、おすすめの天使・悪魔の本があれば教えてください。(天使だけでも悪魔だけでも全然良いです)
ちなみに、なるべくちゃんと一体一体姿が描かれてあり、沢山のっている本がいいです。
ではよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

代表的なのはやはり『地獄の辞典』だと思われます。
辞典とあるようにイラストがメインの書籍ではありませんが、挿絵は比較的多く、
現代の悪魔像はほとんどこれらをモデルにアレンジしたものだと思います。
ここに載っていない悪魔については、ほとんどがイラストレイターさんの創作ですので、
画集としてはともかく資料的価値は微妙だと思います。

天使の方は、そもそも外見に関する記述がほとんどないため、
やはりほとんどがイラストレイターさんの創作であるので、画集としては以下略です。

ちなみに#1さんが挙げている悪魔絵師こと金子さんのイラストは、
ゲーム『女神転生』シリーズを遊んでいればいっそう楽しめることと思います。
天使悪魔に興味があるのならば楽しめる可能性が高いので、よければ調べてみてください。
自分はうっかり手を出して中毒状態です……。

Q映画「天使と悪魔」と歴史建造物

歴史を扱う映画や小説がどれほど事実に基づいているのかについて質問があります。
「天使と悪魔」「ダヴィンチコード」「トレジャーハンター」などです。

これらの映画(や小説)には多くの歴史的建造物が登場しますが、それらはほとんどが実際に存在しているものを利用していると考えていいのでしょうか?
あまり具体的な例を思い出す事が出来ないのですが、例えば「天使と悪魔」に関してはミケランジェロや付随する美術家のつくる像等が出てきます。人形の像が右手でどこかを指差していたり、劇中では広場の床の一枚の肖像は口から息を吐いていたりしています。
それらは本当に存在しているのでしょうか?
また劇中の推理の流れと同じように、像の指や槍が指す方向などが連なって一連の場所にたどり着けるような構造になっているのでしょうか?

(幾つかサイトを見た限りではミケランジェロとその組織の年代には誤差があり、フィクションであることは確認しました)

もちろん、エンターテインメントとして脚色してあることは承知ですが、どの程度事実なのだろうか、とふと疑問に思いましたので質問致します。

そう言った点をあつかうウェブサイトでも構いませんのでお教えいただけると助かります。

よろしくお願い致します。

【映画のカテゴリにも質問しておりますが、念のためこちらのも質問させて頂きます】

歴史を扱う映画や小説がどれほど事実に基づいているのかについて質問があります。
「天使と悪魔」「ダヴィンチコード」「トレジャーハンター」などです。

これらの映画(や小説)には多くの歴史的建造物が登場しますが、それらはほとんどが実際に存在しているものを利用していると考えていいのでしょうか?
あまり具体的な例を思い出す事が出来ないのですが、例えば「天使と悪魔」に関してはミケランジェロや付随する美術家のつくる像等が出てきます。人形の像が右手でどこかを指差していたり、劇中では広場の床...続きを読む

Aベストアンサー

 物語はフィクションですが、現地ロケで撮影しているので、多くの建築物は実在しています。ただし、内部の撮影ができなかった場合もあるので、内と外は同じではないこともあります。たとえば、ダヴィンチコードのウエストミンスター寺院の内部はウィンチェスター大聖堂など別の場所だそうです。撮影の都合からいっても、室内シーンの多くはセットだろうと思われます。

 天使と悪魔では、以下の記事が見つかりました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0014202

 なお、日本の伝統的建造物や絵画・彫刻などは、多くが紙、布あるいは木造で耐久性に問題があります。したがって、現在も実用に供されているものはほとんどありません。

 これに対し、ヨーロッパはフレスコ画や石造が多く、とくに建築物は現在でも多くが立ち入り自由です。彫刻でも、視覚不自由者なら触ることが許されている場合も少なくありません。上記映画の場合も、内部の撮影が断わられたのはストーリーが教義に反するという理由だったようです。

 たとえば日本では五重塔に昇れるところはほとんどないと思われますが、ヨーロッパの教会では塔やドームの屋上まで登れるし、エレベータを設置している場合も少なくありません。

 なお、WIKIの「天使と悪魔」で検索すると、日経エンタテインメントという雑誌に真偽についての記事が連載されているようです。

 ついでですが、ダヴィンチコードについては、謎を解くとか歩き方という解説本がいくつも出版されています。アマゾンで検索すると分かります。いまなら1冊1円で買える本もあるようです。見つからなければ補足で聞いてください。

 物語はフィクションですが、現地ロケで撮影しているので、多くの建築物は実在しています。ただし、内部の撮影ができなかった場合もあるので、内と外は同じではないこともあります。たとえば、ダヴィンチコードのウエストミンスター寺院の内部はウィンチェスター大聖堂など別の場所だそうです。撮影の都合からいっても、室内シーンの多くはセットだろうと思われます。

 天使と悪魔では、以下の記事が見つかりました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0014202

 なお、日本の伝統的建造物や絵画・彫刻などは...続きを読む


人気Q&Aランキング