西洋の悪魔というものは、元々は異教の神であったり天使だったりしたものだと聞きます。
一神教のせいで悪魔にされてしまった異教の神は、もし仮に日本に来たとしたら八百万の神として迎え入れられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 「神」の顔を描いた絵

A 回答 (3件)

八百万の神という時、普通仏は含めませんよね。


既に1000年以上共存しているというのに。
であるならば、仏教以外の異教の神はやはり別のものとして捉えられる(パラレルに共存させる)のではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やっぱり、八百万の神としたのが間違いだったようで・・・すみません;
もうとにかく、日本の何でも来い!な性質のことを言ったのです。
神仏習合とか、他国や別の宗教の神様も自国文化に取り入れていくというか。

やはり、悪魔は別物として捉えられてしまうのでしょうかね。

お礼日時:2007/08/12 20:20

八百万の神は、自然神です。


悪魔は、観念神です。

全く違うんです。
が、融合されて行きます。^^

スサノオはどうみてもまともな神様には見えません。
学問の神様などは悪霊が祟っているようなので祀る事で鎮めようと試みただけなのです。
平将門神社も有名です。

自然神と、天皇の祖先神、観念神とは融合されて行きます。

>もし仮に日本に来たとしたら
なれません!^^;

天皇の命に関わった病気が起こった。または、一気に血筋を断たれそうになった。
公家が次々おっちんだ。

都が伝染病になった。
飢饉が連続して起こった。

この時、
異教の神を宣教師が流布していた。→絶対に追放されます。
ぜったいに。^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

悪魔は観念神ですか・・・
でも、私が知っている悪魔の中には、
カナンの農耕神(雷神でもある)・バール神やエジプトの太陽神アメン・ラーを前身としたものもいます。
ので、必ずしも観念神ではなく自然神もいると思うのですが・・・

日本に来ていたとしたら・・・神々として捉えられることはないんですか・・・
考えてみれば、そうかもしれないです。
宣教師の影響は鎖国に繋がるほどありましたしね;

お礼日時:2007/08/12 20:23

八百万の神って日本古来からいるいろんな神様のことをいうのではないでしょうか。


なので他の宗教の神様や悪魔とされているものはそれには含まれないと思います。キリストやマホメットやサタンなどが含まれているとは到底思えないので・・・(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

でも、仏教の守護神は普通に取り込まれていますよね。
元々はインドの神様のはずなのに。
八百万の神と例えたのが、ちょっと間違いだったかな・・・
八百万の神というか、日本が昔から行っている、
色んな神様を自国の文化に取り入れていくっていうのを言いたかったんですが・・・

お礼日時:2007/08/12 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本には八百万の神がいるそうですが葬式の神様は

日本には八百万の神がいるそうですね。


かまどの神様→カグツチ・オキツヒコ・オキツヒメ(神道) 三方荒神(仏教)
トイレの神様→ ハニヤスビコ・ハニヤスビメ(神道) 烏枢沙摩明王(仏教)

葬式の神様っているんでしょうか?

記紀にはアメノワカヒコの葬儀が行われるという記述があったようにおもいますが
他にもいますか?

Aベストアンサー

氏神の担当では?
http://www.e-osoushiki.jp/osoushiki3-4.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%91%AC%E7%A5%AD

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%A2%E3%82%8C

Q汎神論と多神教(八百万の神?)の違い

汎神論と多神教(八百万の神?)の違いは、簡潔に言うとどのような点にあるのでしょうか?また、汎神論は一神教特有の考え方でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい人格的個別の存在の神を置かないのが特徴で、
人間も含めてすべてが神の内包物であると考えるわけです。
神が恣意的に世界を動かすというのではなくて、
人間も含めて宇宙全体が神を構成する一部にすぎないので、
そこには神の意思が存在しないか、
あるいは存在しても人間のレベルと遠くかけ離れている高次元的であるので、
その意思は人間が認識できる人的な意思・精神とは全く異なるというわけです。
汎神論は一神教の考えに加えて、数学的な世界観が影響してます。
一神教も、精神主義・神秘主義から離れて、世俗化して
多神教と大差ない人格を持つ”神様”をあがめ、
天使とか悪魔とか、聖人うんうんと、神様以外の神的存在を
多く求めるようになったので、その対極として哲学の世界で
神とは何か、を真剣に問うていった過程でさまざまな思考がうまれたわけで、
汎神論もそのひとつということになります。

汎神論は哲学に似て難解で、多様な形があるので、
一概には言えませんが、極力簡単にいうと、
人間に似た人格的存在の神を否定する考えです。
もちろん宮崎監督のアニメの世界とは似ても似つかないものです。
(宮崎アニメは寓意具現が多いのでむしろ多神教的)
一切万有は神であり、神と世界とは同一であるとする宗教観・哲学観は、
英雄神的な神格を見るギリシャ神話のような世界の対極といえます。
多神教が、すべての自然現象、ひとつひとつに人格的な神の存在を置くのに対して、
汎神論は、いっさい...続きを読む

Q出雲神社の八百万の神を迎える祭り???

先日TVニュースで「海の彼方からお越しになる八百万神を迎える準備をしている」「よって出雲のみ神在月、他は神無月となる」と馬鹿アナウンサーが原稿を読んでいました。
ついては、具体的質問内容ですが、「何故八百万の神が海の彼方から来る」点です。
旧暦10月以外は海の彼方(大陸?半島?)におられるのであれば、他の地域は年中「神無月」の筈。
古事記では海の彼方から来られる神様は1柱のみで、他の神様はこの国又は高天原におられる筈。
よって、何故海の彼方からなのか不明です。

Aベストアンサー

 出雲のみ神在月、他は神無月となる」と馬鹿アナウンサーが原稿を読んでいました

 確かにお馬鹿な内容ですね。

 神無月と言うけれど、実際には神社には沢山の神様が居て神無月には、神社には留守居神がていますねん。


 神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神・・・

 http://ja.wikipedia.org/wiki/えびす講

 はいえべっさん以外にも留守居神が居てますから完全に留守に成るわけはなく、出雲のみ神在月では無く、出雲以外も神在月なのね・・・・

 原稿作った人、留守神しらないんでしょうね・・・・

Q一神教では悪魔もいないの?

一神教では、神様一人だけなのでしょうか?
悪魔や神の使いもいないのでしょうか?

神様1人がこの世を作り上げ、1人でいるのでしょうか?

Aベストアンサー

一神教と多神教は、基本的に同じものです。
一神教が多神教に、多神教が一神教になることは、よくあります。
多神教の世界で、有力神が統一してゆき、統一された場合に、実質的な一神教となり、最高神が没落してゆくとまた多神教になります。
バラモン教では、当初インドラを知友神とする一神教の要素を持つ多神教でしたが、ベーダの世界が進むにつれ、インドラに対抗できる神がいなくなり、絶対的権力を持つ一神教へと変化しますが、絶対神となると、反抗する者がいなくなってしまい、しだいに形式的な存在となり、忘れられてゆき、また多神教の世界に移ります。
ゾロアスター教も、一神教として生まれますが、しだいに多神教化してゆき、現在再び一神教になってきています。
日本の神道も、明治から第二次大戦のあいだは、国家神道という天照とその子孫である天皇を絶対化した一神教でした。
キリスト教でも、グノーシス派の考え方では、多神教の世界です。
カトリックは、一神教というよりも、多神教に近い考え方をします。

宗教を多神教と一神教に分けて考える事は、物事の判断を誤ります。

Q八百万の神について

八百万の神とは日本独特の考えなのでしょうか?

Aベストアンサー

八百万の神=多くの神様 という解釈では

自然崇拝=多くの神様 という式が成り立つと思います。大きな木があれば、そこには神が宿り、高い山があればそこにも神様はいました。太陽にも、月にも、火にも、雷にも神様はいました。古代ギリシア神話の世界、ローマ帝国、キリスト教がはびこる前のヨーロッパ(ケルト人、ゲルマン人の宗教:森に多くの妖精がいた時代)、中国の道教、仏教の如来様、菩薩等多くの神様がいる例が多いです。自然崇拝は世界各地のごく自然な感覚でした。多神教の世界です。
一神教は砂漠の民の宗教で、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じ流れの宗教です。ごく一部の地域の宗教(一神教)が今は世界の多くを占めているだけです。多神教がごく自然の形態でした。

八百万の神=神様に席順は無く、外国の多くの神様も自国の神様と同等に扱い という拡大解釈では

ローマ帝国も同じようにギリシャ等の神様もローマ帝国古来の神様同様に扱うものありましたが、滅亡してしまいました。日本は日本古来の神様と仏教のほとけさまを融合しています。七福神などの道教の神様や最近の例では一神教のキリスト教まで、クリスマスには御利益のある神様として、八百万の神様の一員としてお祝いしています。そういう意味では、日本独特の考え方だと思います。

八百万の神=多くの神様 という解釈では

自然崇拝=多くの神様 という式が成り立つと思います。大きな木があれば、そこには神が宿り、高い山があればそこにも神様はいました。太陽にも、月にも、火にも、雷にも神様はいました。古代ギリシア神話の世界、ローマ帝国、キリスト教がはびこる前のヨーロッパ(ケルト人、ゲルマン人の宗教:森に多くの妖精がいた時代)、中国の道教、仏教の如来様、菩薩等多くの神様がいる例が多いです。自然崇拝は世界各地のごく自然な感覚でした。多神教の世界です。
一神教は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報