女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

先日「世界一受けたい授業」で
「一段落」の読みは「いちだんらく」で
「ひとだんらく」は誤りという話題があり、
その根拠として「だんらく」は音読みだから…と説明していました。
http://www.ntv.co.jp/sekaju/class/070804/01.html

しかし、二字熟語の場合でも湯桶読みや重箱読みと
呼ばれるものは存在するわけですから
音読みには音読みを組み合わせないといけないというのは
根拠にならないのではないかと思います。

「一段落」の読みに限らず
「音読みには音読みを組み合わせる」というのが
この手の話題の決定的根拠になりうるのか
教えていただきたく思います。

因みに↓の既出の質問も読みました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1407660.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とりとめもなく書くことにします:


根拠にはなるかもしれないけど, あまり強い根拠にはならないと思います.
まず, 「ある規則には例外がある」というのは, 言い換えれば「たいていの場合はその規則に従っている」ということです. つまり, 「その規則に従う方が正しい*可能性が高い*」とは言えるでしょう. 「正しい」とは言い切れないんだけど.
次に反論ですが, 「一段落」そのものは本来「一」+「段落」でできています. だから, 「意味の切れ目で訓読みと音読みがわかれているだけ」という解釈は可能だと思います. つまり, 「熟語で音読み同士, あるいは訓読み同士になるのは全体で 1つの意味をなすからであり, 複合語においてその規則を堅持しなければならないということはない」ということはできるんじゃないでしょうか.
表面上「一」+「2字の熟語」という形で「ひと~」になるものとしては, 「一苦労」とか「一芝居」なんかがあります. 「一口説」も「ひとくぜつ」になっていたなぁ (広辞苑による: こんな表現, 始めて見たよ). 「一呼吸」は... 「ひとこきゅう」?
まあ, 変に理屈をつけようとするといらん反論を受けるわけだ. だいたい, 「正しい」かどうかってのは必ずしも規則とか理屈で決まっているわけじゃない (だからこそ「例外」が存在する, ともいえる) のに....
あ, そうそう, 「ひと~」と読むパターンだと, 「ちょっとした」というニュアンスが入るような感じがします.

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>根拠にはなるかもしれないけど, あまり強い根拠にはならないと思います.
私もそう思います。
もし「一段落」の読みを今までに耳にしたことが無く
「勘で読んでみなさい」と言われたなら
“音読みには音読み”ルールを適用し
「いちだんらく」と読んだと思います。

>だいたい, 「正しい」かどうかってのは必ずしも規則とか理屈で決まっているわけじゃない
先生の説明の仕方として、例えば「“いちだんらく”が正しいです。
音読みの言葉には音読みを組み合わせることが多いのですよ。」
と付加的に説明するなら、理解できるのですが
「音読みの言葉には音読みを組み合わせるからです。」
と、あたかも根拠であるような説明をしていたことに
私は引っ掛かりを感じました。

国語の先生って論理的な思考・説明が苦手なのでしょうか?

補足日時:2007/08/14 18:08
    • good
    • 5

文化庁の「『ことば』シリーズ39」では、次のような見解をとっています。

若干古い資料(平成五年)ですし、国がいうから正しいとも言えませんが、一応の基準にはなると思います。

>「ほとんどの辞書で『ヒトダンラク』という語形は認めていない。また、『イチダンラク』では、その意味を表すのに不都合だとも考えにくい。そのような点からは、『ヒトダンラク』という言い方は許容としては認められても、普通の言い方としては『イチダンラク』を採るのが穏当であろう。」

なお「『ヒトダンラク』という言い方は許容としては認められても」とあるのは、実際にそう読む人がいて、「意味の上からそれほど不自然に聞こえない」という、同書の前半に書かれている内容を受けたものです。

その部分を少し要約すると、
「一安心(ひとあんしん)」というように、「ひと」という接頭語は、漢語(「安心」のほか「工夫」「思案」「騒動」など)の上につき、動作性のある意味を表す。よって「段落」の上についてもおかしくない。今後「ひとだんらく」の方が主流になることも、十分に考えられる。
というものです。

以上を総合的に勘案すると、現段階の結論としては、
『ヒトダンラク』と読んでも誤りではないが、『イチダンラク』と読んだ方が無難である
ということになるでしょう。

ちなみに「一段落」という言葉が使われるようになったのは、鴎外、漱石のころからだそうです。もちろん、当時はすべて『イチダンラク』だったことでしょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

文化庁の見解のような説明の仕方だったら
(賛成できるかどうかは別として)納得できますが、
“音読みには音読み”のみを根拠とする議論の仕方を
どう思われますか?

補足日時:2007/08/14 18:10
    • good
    • 4

音読みには音読みを組み合わせないといけないが、湯桶や重箱など、例外もあります。

湯桶や重箱が許されているからと言って、ひとだんらくを許す訳にはいきません。

飛行機に拳銃を持ち込んではいけないが、職務中の刑事や捜査官など、例外もある。刑事や捜査官が許されているからと言って、一般人が拳銃を持ち込むのを許す訳にはいきません。

例外が存在するからと言って、その例外を根拠に間違いを正当化する事は出来ません。

「例外があるから根拠にならない」と言うのは「例外があるから一般人も飛行機に拳銃を持ち込んで良い」と言っているのと同じです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

私は湯桶読みや重箱読みの存在を根拠として
「ひとだんらく」が正しいと言いたいのではありませんし
「いちだんらく」が誤りだと言いたいのでもありません。
まず、そこをご理解いただきたいです。

「音読みには音読みを組み合わせる」というのは
飽くまで一般則だと思うのですが、
ある先生がそれを根拠に「ひとだんらく」を否定
していることに疑問を感じたわけです。

喩えを流用させていただくならば
その人が刑事や捜査官なのかどうかを確かめもしないで
ただ「飛行機に乗る人は拳銃を持ち込んではダメ」という
議論の仕方をしているのではないか、と思ったのです。

もし、湯桶読みや重箱読みが“重箱の隅”であるならば
仰ることも理解できる気がしますが
そんなに稀なケースなのでしょうか?
因みにNo.2の回答にある「一苦労」は何と読まれますか?

補足日時:2007/08/14 17:54
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一段落って・・・

「一段落」は、「ひとだんらく」と読むのは間違いでしょうか?
「いちだんらく」が正しいと辞典にはでてきます。
しかし、親も友人も、みな「ひとだんらく」といっているので気になってしかたがありません。

だれか教えてくれないでしょうか??

Aベストアンサー

「一段落つく」は、「いちだんらく」が本来の読み方です。
「いち」が音読み、「ひと」が訓読みですから、
一段落、一個、一等、一方向、一度(いちど)…など、後に続く単位が音読み・漢語のものは「いち」
一棹、一重(ひとえ)、一度(ひとたび)、一揃え…など、訓読み・和語のものは「ひと」
と読むことが多いと思います。
「ひとだんらく」という読みでは辞書には出ていませんが、「ひとだんらく」と言う人は非常に増えています。今の段階では誤用と考えるべきだと思いますが、そのうちどちらでも良い、ということになっていくのではないかという気がします。
「ひとだんらく」と読む傾向が強くなったのには、次のような理由が考えられます。
たとえばクラスなどを「1組、2組…」と数えるときは「いちくみ」と言うのに対し、「1学年4組あるうちの1組(1クラス)」と言う場合には「ひとくみ(ひとクラス)」と言うことがありますね。誤解を避けるために、本来の読み方とは違っても、序数詞の場合は「いち」、いくつかあるうちの一つを選び出す場合は「ひと」と使い分ける傾向があります。
No.4さんのおっしゃるように「一区切り(ひとくぎり)」という表現に引っ張られている面もあると思いますが、「1段落目、2段落目というような特定の区切りを指しているのではなく、一連の工程のうちのある一つの区切り」というニュアンスを出したいために、「ひとだんらく」と言い換えるようになったのではないでしょうか。

「一段落つく」は、「いちだんらく」が本来の読み方です。
「いち」が音読み、「ひと」が訓読みですから、
一段落、一個、一等、一方向、一度(いちど)…など、後に続く単位が音読み・漢語のものは「いち」
一棹、一重(ひとえ)、一度(ひとたび)、一揃え…など、訓読み・和語のものは「ひと」
と読むことが多いと思います。
「ひとだんらく」という読みでは辞書には出ていませんが、「ひとだんらく」と言う人は非常に増えています。今の段階では誤用と考えるべきだと思いますが、そのうちどちらでも良い、...続きを読む

Q一段落つく・・一段落した。一段落つく・・。どちらが、正しいのでしょうか

一段落つく・・一段落した。一段落つく・・。どちらが、正しいのでしょうか。一段落つく。この場合のつくは「着く」「就く」「尽く」それとも漢字が無いのでしょうか・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

広辞苑では、一段落「つく」、「した」両方の用例が載っており、漢字ではありませんでした。
よって、「つく」「した」はどちらも正しく、「つく」についてはひらがななら間違いないが、漢字の正しい用法はあるかないかも分かりません。
あれば載っているはず、という考えの元であれば、漢字は無い、というのが正解かと思われます。
曖昧ではありますが、使用する際は「つく」か「した」で間違いありません。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報