数ヶ月前、ある事故で重傷を負い約7時間の緊急手術(全身麻酔)をしました。
麻酔がかけられている間は、思い返してもほんの2,3秒暗闇の中にいたという感じで、
夢などまったく見ませんでした。
大変だったのは意識が戻った後です。
まず、起きた直後。喉にチューブが差し込まれていて呼吸ができず、半ばパニックになりました。
病室に運ばれてから踵が痛むことに気づき、看護士さんに見てもらうと
長時間ベッドに押さえつけられていたせいか、踵に床ずれが起きていました。
朝食が無かったのは良かったけど、昼食にグラタンが出たときは「やめてくれ」と思いました。
他にも、細かいことを挙げればキリがありません。


私の場合は「緊急手術」でしたが、事前に準備していた場合、手術後の状態が、また違ったりするのでしょうか・・・。
全身麻酔の手術を受けた方の体験を、ぜひ聞いてみたいです。
こういうことは日常では中々聞けないので、この場を借りて質問をしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

全身麻酔は一度だけ、他に下半身麻酔、局所麻酔など経験しています。



全身麻酔のときはもう15年ほど前になりますので、その頃と今のかけ方が同じかどうかわかりませんが、手術前麻酔科医が脊髄の注射を打つ場所をを決めている?頃にはスコーンと眠りに入ってしまった記憶があります。
つくずく私って麻酔かかりやすいんだ・・・と思いました。

麻酔が覚めた時には「私は誰?ここはどこ?」という感じでした。
手術中はなにもわからないですが、確かに目が覚めると喉や尿のチューブがしばらく不快でしたね・・・

私は生まれつき胆嚢の形が少し奇形だったらしく正常に動かなくなった為、胆嚢を取ったのですが、手術中に予期しない所に血管が有った為に血管に傷が付いたそうで先生があわてて処置をして助かったのですが、手術時間も予定より2時間ほど長引いてしまい「全身麻酔で良かった」と両親は言っていました。

全身麻酔の場合は手術後もしばらく麻酔効果で痛みは感じないですが、私の場合、最悪だったのは局所麻酔でした。

足の付け根に子宮内膜症が出来た時(こんな場所にでも出来るのです)、婦人科で診断したにもかかわらず、出来た場所が足の付け根だったので切除は皮膚科にまわされました。

皮膚科外来で局所麻酔で手術したのですが、内膜症の組織の根が深く、手術中に何度も麻酔が切れ、その都度また麻酔をかけながら手術を終えました。
結局、内膜症の組織は取り切れず少し残したまま当日帰宅しましたが、麻酔が切れてから痛いのなんの・・・
痛み止めを飲んでも全然効かず、麻酔のリスクはあるとしても、全身麻酔、せめて下半身麻酔ならこんなに痛みはないのに・・・と本当に辛かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

局所麻酔の手術も一回しました。
受ける前は、麻酔は最初だけ打つものだとなんとなく思っていました。
まさか、終始「痛いですか?」と聞かれ、その都度打たれるとは・・・。
軽く20本以上打ったと思います。

私の場合は事故だったけど、内臓などに疾患を抱えた方の手術は、何倍も大変そうですね・・・。
入院中、同室に内臓の疾患で手術を何度も受けた方がいて、見るからにつらそうでした。
だから、回答者様も、すっごいつらかったのだろうな、と思います。

お礼日時:2007/08/13 20:33

私の話ではなく弟から聞いた話ですが、「がんばって耐えようとしたけど無理だった」て言ってました。


麻酔かけられる時に絶対に寝るもんか!と思ったが、無理だったと(笑)

どんな感じか聞くと、いきなり抜かれた感じって言ってました。
「何が?」 と聞いたら「あれだよあれ」と言ったので、最初何か分かりませんでしたが「コンセントをいきなり引き抜かれた感じ」と言ってました。

起きたあと2日ぐらい生死をさまよったそうです。
「起きた瞬間ものすごい死にそうな感じだった」と言ってました。

局部麻酔は私も何回か経験あります。
麻酔で一番痛かったのは背中に打ったやつです、ビリビリきました。
背中に電気を流された感じです。
もうできるなら一生したくないですね。

歯茎に麻酔した時も痛かったですね。
歯茎に直接注射してました。
まあその前に歯茎が腐ってたらしく、その時の痛みの方が痛かったですが・・
くちびるの感覚がなくなって、タラコみたいな感じになったのを覚えてます。
麻酔が切れた後って痛いですね、燃えるような痛み(;´д` )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は逆に、手術の途中で起きないかどうかが心配でした(苦笑
まあそんなことは無いだろうと思っていたけど、それでも不安でした。

>麻酔で一番痛かったのは背中に打ったやつです、ビリビリきました。

これは知り合いの人のことですが、その人も背中に麻酔を打ったといっていました。
たぶん何回もやっているのだと思います・・・。

どこに打たれるにしろ、局所麻酔は痛いです。
痛いというか、神経に液体窒素が流されているような感じがしました。

お礼日時:2007/08/14 11:31

全身麻酔は3回ほど経験しました。


一回目は、食事の数時間後に事故に遭い、食べ物が胃にあるときは全身麻酔はできないらしく、翌日の手術になってしまいました。
腕が折れてずれちゃってたので、「早く手術してよ~」って感じでした。
手術室に運ばれるときは、「早く♪早く♪」って感じでしたが、手術が終わって意識混濁のあの怖さ!
「寒い・・・寒い・・・」とうわごとのように言ってました。

2回目は慣れたので(笑)、麻酔覚めかけも「あ~こんなもんだったな」でおしまいでしたが、知っている看護婦さんが来たとき、「あ、○○さんこんばんは。またお世話になります」と言おうと思ったのに、「あ゛~~~○○さぁーーん!」なんて声を上げてしまい(体のコントロールができない)、恥ずかしかったです。

3回目は他の病院だったのですが。起きたら集中治療室でした。

麻酔は嫌だけど、抜糸は気持ちいいよね。(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私のときは、食事から事故、手術まで5,6時間あったから、ギリギリだったかもしれません。
同じ事故でも、怪我の具合によって対応が違うのですね。
私の怪我は....とても翌日にまわせるものではありませんでした(汗

抜糸は・・・痛かったです。
痛くないところもあったけど、痛いところは痛かった・・・。
抜糸なんてもうごめんだけど、来月またやらなきゃいけないです・・。

お礼日時:2007/08/14 11:23

通常の手術なら、局部でも全身でも、事前に麻酔に関しての説明が必ずあるはずです。

可能であれば、全身か局部麻酔にするかも聞かれます。

質問者様の場合、緊急でしたのである程度の事は致し方ないかと思います。

ただ、麻酔が切れた直後のグラタンは流石にキツイかも知れないです。もうチョット気を使ってもよいのでは?と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

事故による重傷ということで、命に別状は無かったから一般の食事になったのだと思います。
事実、夕食は半分ほど、次の日には余裕で全部食べられてましたから。

でもやっぱり、あのときの昼食は無しでも良かったと思ってます...

お礼日時:2007/08/14 11:16

すいません、すごく気になっちゃたんですが、どうしてグラタンはダメだったんですか?



単純にご自分の好き嫌いの話ですか、それとも手術に伴う何か特別な理由あったのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

スミマセン、説明不足でしたね。
全身麻酔から覚めた後は、これでもかというくらい気分が悪く、「ゲッソリ」って感じでした。
当然食欲もなし。グラタンを「やめてくれ」と思ったのはこういうわけです。

普段なら、グラタンは大好物ですよ!

お礼日時:2007/08/13 20:36

No3です 追加願います


嫌だ嫌だでむすびましたが 医師看護婦検査技師の方にはとても感謝しています 教も元気だ煙草が美味いと言えるのも 病院のスタッフのおかげですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

そうですね。
手術中(局所麻酔)に励ましてくれたり、一日に何度も様子を見に来てくれた看護士さん。
前にも書いたけど、時間をかけて精一杯手術をしてくれた主治医の先生と、もう一人の先生。

本当に、感謝です。

お礼日時:2007/08/13 20:42

私は全身麻酔、とっても緊張しました。


事前にネットでどんな風か調べ、ドラマのように酸素マスクをかけられ、「眠くなりますよ、いち、に、さん、、、」と言われ、どこまで数えられるのかなあと、思っていました。
でも、実際はとってもあっけなく、マスクをかけられ、「いよいよだな」と思ったところで記憶は途切れています。他の方のように、意識が遠のいていくのを実感したかったです!
手術が終わり、起き上がってください、といわれ、背中を起こした時に、「これから手術か。」と思ったのに、包帯が巻かれており、「え、もう終わったの?」ってびっくりしました。
不安だったのに、楽勝でした。ネットで事前に体験談を読んだ時「楽勝だよ」と言っていた人がいたけれど、その通りでした。
なんだか、自分の人生観を変えるような体験でした。 苦しんで死ぬより、こんな風にあっけなく意識がなくなって死ねたらいいのにって心から思いました。
手術後の状態はそれぞれの病状などによるんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は、看護士さんに何か声をかけてもらった直後に、すうっと意識が遠くなりました。
何かされたのでしょうね。全然覚えてません。

>手術後の状態はそれぞれの病状などによるんでしょうね。
やはり、ケースによって違うんですね。

死ぬときはどうなんでしょう。穏やかなら、ああやってすうっと意識が遠くなるのかな。

お礼日時:2007/08/13 20:20

二三回有ります その内一回は腹が少し痛いと医者に行ったらそのまま緊急手術ビックリしました No2の方のようには逝きませんよ 怖いようって感じ 手術中は完全に意識無し病室に帰ってベットに鬱されるとき一時的に酸素が切れ死ぬかと思った 鼻から胃まで細いチュウブが入り気持ち悪いし脊髄に麻酔のチュウブが入り尿を出すためあそこにもチュウブが 腕には点滴のチュウブが 胸や指にセンサーの電線が…


二ヶ月近く食事抜き<点滴で栄養は問題ない様です>アァ思い出しても嫌だ嫌だ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の体験なんて、回答者様のそれの足元にも及びませんな・・。

一週間点滴してましたが・・・・2度とやるもんか。
点滴が体中についてると考えれば、回答者様の気持ちに近づけるかな、とおもいました。

お礼日時:2007/08/13 20:13

事前に準備したとても同じことされるわけですから同じですよ。


手術はそういうものです。
事前に決まった手術の場合は前日からの絶食や精神的な不安などから前日眠れなかったり逆に大変な面もあります。
全てはあなたを助けるためにやったことです。
昔なら命を落としてたかもしれないと思えば我慢できませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
誤解されているようですが、私はあの体験が嫌なものだとは思っていません。
ただ、「私はこうだったけど、他の人はどうだったのかな?」と思って質問しただけです。
でも、それにより不快に思う人がいるなら、謝ります。

手術、そして今に至るまで治療をしてくれている主治医の先生には、とても感謝しています。

お礼日時:2007/08/13 18:48

全身麻酔で何度か手術したことあります。


どちらも前から準備していたのですが最初は貴方とおんなじ様な感じですよ。
確かに喉にチューブはきついですよね。2回目からはあぁ、呼吸のために入ってるやつだと分かるのでそんなにパニックにはなりません。でも、喉に傷みたいなのができて数日痛みます。
やっぱり床ずれみたいなのは準備していてもなりますよ。手術時間が長いとしょうがないです。
あと、排尿のためのチューブが入ってますよね。あれがとてもいやでした。

あと、麻酔が入るとき、口からなんかガスみたいなのを吸って、なんとなく意識が遠のいていきますよね。あの感覚、ぜんぜん嫌じゃないんだけどなんか忘れられませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
手術後数時間は、喉が乾きすぎて声が出せませんでした。
私も排尿チューブが入っていたけど、抜くとき少し痛かったです。

>あと、麻酔が入るとき、口からなんかガスみたいなのを吸って、なんとなく意識が遠のいていきますよね。あの感覚、ぜんぜん嫌じゃないんだけどなんか忘れられませんね。
私も似たような感じです。何故だか、何回も思い返してしまいます。

お礼日時:2007/08/13 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全身麻酔について(高齢者)

81歳の父のことでお尋ねいたします。
今度、手術を受ける予定なのですが、全身麻酔に耐えられるか、心配です。
2年前に受けた検査では、脳の血管の一部に詰まった部分があると言われましたが、
影響が無いのかも不安です。
高齢者が全身麻酔を受ける場合の危険度(生命にかかわる)や
注意しなくてはいけない点など、教えて頂きたいと思います。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

通常は術前検査をすると思いますがそれに合格すれば大丈夫でしょう。また執刀医や麻酔医や助手など複数の医師などが管理してますから余り心配はないです。ただ高齢者でもありますので手術同意書にも書いたと思いますが、全く安全とは言い切れません。全身麻酔も静脈麻酔やガス麻酔などありどの麻酔薬をしようするのか解りませんが、家族は特に何も無いです。患者が過去に悪性高熱症の可能性やアレルギーがあれば申告して下さい。まあ既往歴や家族暦は既に申告してますよね。麻酔の段階には1段階から5段階あります。麻酔は体調管理しながら適度な分量を注入します。メスを入れる時の皮膚刺激で脈拍や血圧が変化します。元々高齢者は高血圧や各臓器が弱ってますから、肺や心臓の負担や意外な所から出血などリスクはあります。ですから術中や術後の夜も手術を成功しても人手もないですし暫くは安心できません。とは言え手術が決定したのなら家族は余り心配しても余計に不安になるだけです。ドクターが判断したのでしたら信じて任せてみましょう。

Q身長約170cm、体重約77kg、胸囲約100cm、ウエスト約85cm

身長約170cm、体重約77kg、胸囲約100cm、ウエスト約85cm、体脂肪率約23%。
皆様から見て、このような体型はどう思われますか?

というのは、ここ数年、運動不足解消にジムに通っているわけですけれど、
どう考えてもジムに何年も通っている体型ではないなぁと、我ながら飽きれています。

他の質問にも内容的に続きますので、ひとまずここで皆様の印象を教えてください。

Aベストアンサー

強そうで羨ましいです。

ボクシングの階級を例に挙げるまでも無く、肉弾戦の場合、重さは強さです。

身長178cm体重55kgの私とご質問者さんが素手で闘えば私の負けだと思いますよ。

誰にでも悩みはあるもので私は厚い胸板と太い上腕が欲しくて週に3日プールで3000m泳ぎ、プロティンを摂取する生活を半年続けた結果、体重が3kg落ちただけでした。(T_T)

なかなか、自分の望んだようになってくれないものですね。。。

Q全身麻酔のリスクを教えて

73歳になる母が明日三叉神経痛で手術をします。全身麻酔は高齢者にはリスクが大きいときいたのですが、具体的にどういうことなのでしょうか?因みに母は腎臓が片方しかありません。

Aベストアンサー

私の親の場合に.
1.白内障手術中に麻酔薬ショックをおこして.生きて手術室から出られるかの騒ぎに
2.切り方を間違えて.出血が止らず.病院内からかき集めた全部の血を使い尽くして.医師全体の希望として.「生きて手術室から出したい」。なぜか心臓だけは止らなかったので.生きていました。が.麻酔から覚めないで大騒ぎに。麻酔医と担当医は.さめるまで(寝ないで)ついていました。翌日からは.痛み止めを減らされて(痛み止めなしかも).いたいいたいとわめいていたのが.私の親です。下手に痛み止めを投与すると.又さめないことになりかねませんから。

私の親の場合には.ショック死.出血多量死.麻酔薬中毒による死亡を潜り抜けて.しぶとく生き残りました。

使う麻酔薬の種類によりますが.腎臓排泄が不十分で体内に蓄積した場合に急いで透析を出来るかどうかでしょう。
あと.日本中毒学会前理事長山下衛氏の報告によれば.麻酔薬の軽い中毒は比較的頻繁に発生しているとのことで.その対応が必要としています。

麻酔医がしっかりしていれば.麻酔薬の管理が出来ていますから.心配はないはずですが.合理化していると.分解・排泄が遅いにもかかわらず.投与しつづけて.血中濃度があがりすぎで.麻酔から覚めないことにもなり易いかもしれません。

私の親の場合に.
1.白内障手術中に麻酔薬ショックをおこして.生きて手術室から出られるかの騒ぎに
2.切り方を間違えて.出血が止らず.病院内からかき集めた全部の血を使い尽くして.医師全体の希望として.「生きて手術室から出したい」。なぜか心臓だけは止らなかったので.生きていました。が.麻酔から覚めないで大騒ぎに。麻酔医と担当医は.さめるまで(寝ないで)ついていました。翌日からは.痛み止めを減らされて(痛み止めなしかも).いたいいたいとわめいていたのが.私の親です。下手に痛み...続きを読む

Q質問歴は誰でも見られますか?..................!(^_-)-☆.......

質問歴を見らる方が居る様ですが,私だけが見る方法を知らない,だけですか?,
教えて下さい。............(´・ω・`)

Aベストアンサー

googleで[ "質問者:awjhxe" ]
と 「"」を含めた状態で検索すれば良いです。

Q78歳卵巣のう腫の手術の全身麻酔大丈夫でしょうか?

78歳になる母が茎捻転を起こし、卵巣の摘出手術を受けることになりました。
(激痛がある程度治まったので、手術は入院4日後です)
その際、手術担当の医師から
・全身麻酔
・術後の痛み止めの為、背骨から麻酔
という説明を受けました。
説明を受けてる時は、重大な病気では無い事や、
高齢者でも卵巣摘出手術を受けてる人は多いことを知り安心してしまったのですが、
いざ1人で家に戻ると、全身麻酔を受けて大丈夫なのだろうか?
ネットで調べると、高齢者が全身麻酔を受けると認知症になるなどの記事を見てしまうと
不安で不安で、死にそうになります。
私は母と二人暮らしなので、母が認知症になったり寝たきりになったりしたことを考えると
今まで苦労させてきた母が可哀そうで物凄く辛いし、また
自分も「仕事を続けつつ介護できるだろうか?」などの将来の不安も重なって
今どうしたらいいかわからず、パニック状態です。
せめて結婚でもしていたら、この不安を相談できるのだろうけど、
1人者なので誰にも相談できず、不安を抱えたままどうしたらいいかわかりません。
前置きが長くなってしまいましたが、
78歳という高齢でも全身麻酔を受けても認知症になることは無いですか?
術後、どうすれば認知症にならずに済みますか?
尚、余談ではありますが担当医の先生は
母が今まで大病を患わず、入院手術はしたことがない。
毎年簡単ではありますが、定期健診(会社で受ける健康診断みたいな簡単なもの)を受け、
そのリストを見る限り、不安材料が無いこと。
毎朝、30分ぐらいのウォーキングや家事を1人で出来ること。
食事も無理なく出来ること(飲み込みとか問題なし)
等を考慮しても、全身麻酔の手術が耐えられると思ったのじゃないかと思われます。

78歳になる母が茎捻転を起こし、卵巣の摘出手術を受けることになりました。
(激痛がある程度治まったので、手術は入院4日後です)
その際、手術担当の医師から
・全身麻酔
・術後の痛み止めの為、背骨から麻酔
という説明を受けました。
説明を受けてる時は、重大な病気では無い事や、
高齢者でも卵巣摘出手術を受けてる人は多いことを知り安心してしまったのですが、
いざ1人で家に戻ると、全身麻酔を受けて大丈夫なのだろうか?
ネットで調べると、高齢者が全身麻酔を受けると認知症になるなどの記事を見てし...続きを読む

Aベストアンサー

私も専門家でもなんでもないので、確たることは言えませんが…危険性については昔に比べれば「格段に向上した」というのは言えると思います。

麻酔にはたしかにリスクはあります。
糖尿病とか、呼吸器疾患とか、いろいろな既往症があるとリスクは高くなりますが、質問から見るとそうではないようです。
なので、医師の方も許可されたのだと思います。

全身麻酔の後遺症によるものでは「術後せん妄」というものがあげられます。
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000800/hpg000000773.htm
しかし、これは一過性の場合が多く、また、認知症とは別に分けて考えられるものです。
また「痛み止め」などの服用によっての幻覚なども見られる時がありますが、これも認知障害とは少し違います。

詳しいことは、専門的知識が豊富な方にお任せしたいと思います。
とりあえず、ということで。

Q  ☆★ あなたも真似する...................!?

こんにちは。
とっても単純な質問です。

昨日、おかずの計り売りで(バイキング方式で、自由にパック詰め出来る)

「野菜炒め、出来上がりました~」と店員さんが持って来ました。

そこへ20代と40代(女性)の親子が、早速、自分達の好きなものだけを入れ終わりました。

大皿(5人分位)を見ると、残っているのは残り野菜のみ、 味がしみ込んだ、肉やイカや海老は全くありませんでした。

これでは、商品にもならず、買う気にもなれません。

あなたがそこの店員だったら、その親子に、注意をしますか お客さんだから見て見ぬ様にしますか?

私だったら後の人の事を、考えて注意をします。

皆さんでしたら、どうですか!?

**議論(削除になる)でないので、あなたなら、
どうしますか!?

Aベストアンサー

そういうバイキング形式の惣菜屋で働いています。

注意はしません。
そういうことを注意すると面倒なお客様からクレームが来ますから。(--;)ヒステリックな・・・「バイキングみたいに自由にとれるはずなのに、客に文句言うな!!」って・・・。
本当は「バランスよく持っていってよね!」と言いたいところですが、自由にパック詰めできる方式をとっているのですからしかたありません。

そういうお客様がしょっちゅう来られて、時間帯もだいたい決まっていれば、出し方をちょっと変えます。
一度お肉やイカなどを他によけておいて、野菜たっぷりの状態で出します。そしてそのお客様が帰ったあとに、よけておいたお肉などを混ぜて盛りなおしてまた出します。

実際にそういう対処をせざるを得ないときがありました。(^-^;)
だって、肉じゃがのジャガイモだけ大量に持っていっちゃうおばあちゃんがいて、その人が帰ったあとはニンジン入りの肉じゃがが「肉ニンジン」になっちゃうんですもん・・・。その後は当然他のお客様もお買い上げにならないので、廃棄処分です。ジャガイモがないだけで・・・かわいそうな肉じゃが・・・
(;_;)「おばあちゃん!家でイモだけ煮て食べてくれ!!」って思いました。

後は・・・具材のバランスが悪くなる前に、小分けにパック詰めすることもあります。
半分大皿で出して、半分パック詰めとか。


本当は買う側が後の人のことを考えて、バランスよくパックにとってくれるのが理想です。
でも、バイキング形式をとっているのならば「自由におとりください」ってお客様に提案しているということなので、お店側としてはそれについて注意をする権利(?)は消滅してしまっています。(涙)

私は売る側の気持ちがわかるので、自分が買うときはできるだけバランスよく買います。

そういうバイキング形式の惣菜屋で働いています。

注意はしません。
そういうことを注意すると面倒なお客様からクレームが来ますから。(--;)ヒステリックな・・・「バイキングみたいに自由にとれるはずなのに、客に文句言うな!!」って・・・。
本当は「バランスよく持っていってよね!」と言いたいところですが、自由にパック詰めできる方式をとっているのですからしかたありません。

そういうお客様がしょっちゅう来られて、時間帯もだいたい決まっていれば、出し方をちょっと変えます。
一度お肉やイカ...続きを読む

Q83歳の全身麻酔による脳梗塞手術は認知症を引き起こすのですか

二週間前に夫の父が脳梗塞。右半身麻痺で夜10時ごろ入院しましたが、翌朝麻痺がなくなり、現在後遺症もありません。
精密検査の結果首の後ろの血管が67%くらい詰まっている。
手術する場合、全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性があるのであまり勧めないと医師に言われ、
家族でよく考えるようにと退院してきました。
地方の拠点病院ですが、83歳という年齢での手術経験はないそうです。
この病院での症例数が少ないからそういっているのでしょうか?それとも一般的に高齢者の全身麻酔は危険なのでしょうか?
東京などの大きな病院で手術したほうがいいのでしょうか?
現在血液をさらさらにする薬を飲んでいるそうですが、血管が細くなった状態でもそのままにしていたほうがいいのでしょうか?その場合、気をつけることはありますか?

Aベストアンサー

はじめまして.ご家族が大病を患われご心配かと存じます.

>全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性がある

 若い方なら認知症は考えなくても良いのですが,ご高齢の方ですと手術後の回復が遅れたり,様々な合併症が起きる可能性があるため,離床するのに時間がかかる可能性があります.そうすると認知症になる可能性がある,ということです.当たり前ですが,高齢者の方が確率的になりやすい,という事が前提です.そうならない方がいらっしゃるのもまた当然のことです.ちなみに,日本人男性の平均寿命は78歳程度,ご家族のご年齢を考えると医者がこのようなお話をするのはやむをえないと考えられます.これは,どんなに大きな病院に行っても同じことです.

 セカンドオピニオンを求められることは良いことだと思います.この文面からでは詳しいご病状がわかりませんが,頚動脈の狭窄の治療では,今回提示された全身麻酔下での手術以外に局所麻酔しか使わないステント留置,という方法もあることはあります.世界的には既に行われていますが,日本では未だ保険適応になっていませんので,難しいとはありますが,83歳の方が受けるにはステントの方が望ましいと考えられます.

 ではお大事にどうぞ.

参考URL:http://www.ho.chiba-u.ac.jp/17/point/disorder/05.html

はじめまして.ご家族が大病を患われご心配かと存じます.

>全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性がある

 若い方なら認知症は考えなくても良いのですが,ご高齢の方ですと手術後の回復が遅れたり,様々な合併症が起きる可能性があるため,離床するのに時間がかかる可能性があります.そうすると認知症になる可能性がある,ということです.当たり前ですが,高齢者の方が確率的になりやすい,という事が前提です.そうならない方がいらっしゃるのもまた当然のことです.ちなみに,日本人男性の平...続きを読む

Q全身麻酔された方に聞きます

手術している時、あなたはどこに居ますか?

コスモス畑に居て
コスモス畑の川を挟んだ向かい側に複数の人が居る

川を渡って複数の人と遊んで楽しいの

コスモス畑に寝ながらうずくまって
手術終了

Aベストアンサー

ぼくも見てませんね

頚部椎間板ヘルニアの手術でしたが 朝麻酔して 夕方病室で目覚めるまで何の記憶もないです
ふだんんゆめも殆ど見ない 見てもすぐに忘れてしまう ので


麻酔薬もいろいろあります
本麻酔前に 体質試験で試したもので発疹が出たので別なのを使用
26年前ですから 今も同じ薬が使われているかどうかわかりませんけど・・

Q全身麻酔の検査

親知らずの抜歯のために全身麻酔をする可能性があります。
そのためには、検査入院が必要だと聞きましたが、全身麻酔をするための検査とは、具体的にどのような検査をするのでしょうか?身体にどのような問題があれば、全身麻酔はできなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

先日、全身麻酔での手術(折れた骨の内固定)をしました。
私の場合は、
・血液
・尿
・心電図
・血圧
・肺活量
・血中酸素
・アレルギー
の検査をしました。

抜歯のために全身麻酔と言うことは、
歯根が神経と干渉していて、
抜歯と言うより口腔外科手術に近いと思います。

ところで、麻酔科が併設されているのでしょうか?
全身麻酔は、脳の機能を一時的に麻痺させる
かなり危険なことです。不測の事態も考えられます。

麻酔科の医師がいる病院の方が安全です。
また、本当に全身麻酔が要るのか、
セカンドオピニオンをとって確認した方が良いでしょう。

Qポイントなしで締め切る..................!?!?

最近、このサイトをよく訪問します。
教わる事も多くて、とても勉強になります。

返答があるけれど、ポイント無しで締め切っているのも見かけます。

自分の持分が減るわけでないのに、何故なんでしょうか? (人それぞれと言えば、それまでですが)

分からないです。 教えてください。

Aベストアンサー

私もポイントなしで締め切らせていただいたことがあります。

 理由は、NO,2さんの「2」でした。
 どれが一番、二番と優劣をつけるのも、場合によっては失礼になるのではないかと思い、いただいたご回答ひとつずつにお礼の言葉を些少書き、最後は「ポイントはつけませんが・・」とお断りをし、締め切らせていただきました。
 子どものおねだりではないのですから、回答者さんも皆が皆、ポイント欲しさで回答を送るとも限りません・・(それに、ポイントのメリットって、何ですか?)
 ただ、何故ポイントをつけないかの「説明」は、要るかもしれませんね。私はこの方法を、教えてgooの長年の経験者さんから教わりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報