数ヶ月前、ある事故で重傷を負い約7時間の緊急手術(全身麻酔)をしました。
麻酔がかけられている間は、思い返してもほんの2,3秒暗闇の中にいたという感じで、
夢などまったく見ませんでした。
大変だったのは意識が戻った後です。
まず、起きた直後。喉にチューブが差し込まれていて呼吸ができず、半ばパニックになりました。
病室に運ばれてから踵が痛むことに気づき、看護士さんに見てもらうと
長時間ベッドに押さえつけられていたせいか、踵に床ずれが起きていました。
朝食が無かったのは良かったけど、昼食にグラタンが出たときは「やめてくれ」と思いました。
他にも、細かいことを挙げればキリがありません。


私の場合は「緊急手術」でしたが、事前に準備していた場合、手術後の状態が、また違ったりするのでしょうか・・・。
全身麻酔の手術を受けた方の体験を、ぜひ聞いてみたいです。
こういうことは日常では中々聞けないので、この場を借りて質問をしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

全身麻酔は一度だけ、他に下半身麻酔、局所麻酔など経験しています。



全身麻酔のときはもう15年ほど前になりますので、その頃と今のかけ方が同じかどうかわかりませんが、手術前麻酔科医が脊髄の注射を打つ場所をを決めている?頃にはスコーンと眠りに入ってしまった記憶があります。
つくずく私って麻酔かかりやすいんだ・・・と思いました。

麻酔が覚めた時には「私は誰?ここはどこ?」という感じでした。
手術中はなにもわからないですが、確かに目が覚めると喉や尿のチューブがしばらく不快でしたね・・・

私は生まれつき胆嚢の形が少し奇形だったらしく正常に動かなくなった為、胆嚢を取ったのですが、手術中に予期しない所に血管が有った為に血管に傷が付いたそうで先生があわてて処置をして助かったのですが、手術時間も予定より2時間ほど長引いてしまい「全身麻酔で良かった」と両親は言っていました。

全身麻酔の場合は手術後もしばらく麻酔効果で痛みは感じないですが、私の場合、最悪だったのは局所麻酔でした。

足の付け根に子宮内膜症が出来た時(こんな場所にでも出来るのです)、婦人科で診断したにもかかわらず、出来た場所が足の付け根だったので切除は皮膚科にまわされました。

皮膚科外来で局所麻酔で手術したのですが、内膜症の組織の根が深く、手術中に何度も麻酔が切れ、その都度また麻酔をかけながら手術を終えました。
結局、内膜症の組織は取り切れず少し残したまま当日帰宅しましたが、麻酔が切れてから痛いのなんの・・・
痛み止めを飲んでも全然効かず、麻酔のリスクはあるとしても、全身麻酔、せめて下半身麻酔ならこんなに痛みはないのに・・・と本当に辛かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

局所麻酔の手術も一回しました。
受ける前は、麻酔は最初だけ打つものだとなんとなく思っていました。
まさか、終始「痛いですか?」と聞かれ、その都度打たれるとは・・・。
軽く20本以上打ったと思います。

私の場合は事故だったけど、内臓などに疾患を抱えた方の手術は、何倍も大変そうですね・・・。
入院中、同室に内臓の疾患で手術を何度も受けた方がいて、見るからにつらそうでした。
だから、回答者様も、すっごいつらかったのだろうな、と思います。

お礼日時:2007/08/13 20:33

私の話ではなく弟から聞いた話ですが、「がんばって耐えようとしたけど無理だった」て言ってました。


麻酔かけられる時に絶対に寝るもんか!と思ったが、無理だったと(笑)

どんな感じか聞くと、いきなり抜かれた感じって言ってました。
「何が?」 と聞いたら「あれだよあれ」と言ったので、最初何か分かりませんでしたが「コンセントをいきなり引き抜かれた感じ」と言ってました。

起きたあと2日ぐらい生死をさまよったそうです。
「起きた瞬間ものすごい死にそうな感じだった」と言ってました。

局部麻酔は私も何回か経験あります。
麻酔で一番痛かったのは背中に打ったやつです、ビリビリきました。
背中に電気を流された感じです。
もうできるなら一生したくないですね。

歯茎に麻酔した時も痛かったですね。
歯茎に直接注射してました。
まあその前に歯茎が腐ってたらしく、その時の痛みの方が痛かったですが・・
くちびるの感覚がなくなって、タラコみたいな感じになったのを覚えてます。
麻酔が切れた後って痛いですね、燃えるような痛み(;´д` )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は逆に、手術の途中で起きないかどうかが心配でした(苦笑
まあそんなことは無いだろうと思っていたけど、それでも不安でした。

>麻酔で一番痛かったのは背中に打ったやつです、ビリビリきました。

これは知り合いの人のことですが、その人も背中に麻酔を打ったといっていました。
たぶん何回もやっているのだと思います・・・。

どこに打たれるにしろ、局所麻酔は痛いです。
痛いというか、神経に液体窒素が流されているような感じがしました。

お礼日時:2007/08/14 11:31

全身麻酔は3回ほど経験しました。


一回目は、食事の数時間後に事故に遭い、食べ物が胃にあるときは全身麻酔はできないらしく、翌日の手術になってしまいました。
腕が折れてずれちゃってたので、「早く手術してよ~」って感じでした。
手術室に運ばれるときは、「早く♪早く♪」って感じでしたが、手術が終わって意識混濁のあの怖さ!
「寒い・・・寒い・・・」とうわごとのように言ってました。

2回目は慣れたので(笑)、麻酔覚めかけも「あ~こんなもんだったな」でおしまいでしたが、知っている看護婦さんが来たとき、「あ、○○さんこんばんは。またお世話になります」と言おうと思ったのに、「あ゛~~~○○さぁーーん!」なんて声を上げてしまい(体のコントロールができない)、恥ずかしかったです。

3回目は他の病院だったのですが。起きたら集中治療室でした。

麻酔は嫌だけど、抜糸は気持ちいいよね。(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私のときは、食事から事故、手術まで5,6時間あったから、ギリギリだったかもしれません。
同じ事故でも、怪我の具合によって対応が違うのですね。
私の怪我は....とても翌日にまわせるものではありませんでした(汗

抜糸は・・・痛かったです。
痛くないところもあったけど、痛いところは痛かった・・・。
抜糸なんてもうごめんだけど、来月またやらなきゃいけないです・・。

お礼日時:2007/08/14 11:23

通常の手術なら、局部でも全身でも、事前に麻酔に関しての説明が必ずあるはずです。

可能であれば、全身か局部麻酔にするかも聞かれます。

質問者様の場合、緊急でしたのである程度の事は致し方ないかと思います。

ただ、麻酔が切れた直後のグラタンは流石にキツイかも知れないです。もうチョット気を使ってもよいのでは?と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

事故による重傷ということで、命に別状は無かったから一般の食事になったのだと思います。
事実、夕食は半分ほど、次の日には余裕で全部食べられてましたから。

でもやっぱり、あのときの昼食は無しでも良かったと思ってます...

お礼日時:2007/08/14 11:16

すいません、すごく気になっちゃたんですが、どうしてグラタンはダメだったんですか?



単純にご自分の好き嫌いの話ですか、それとも手術に伴う何か特別な理由あったのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

スミマセン、説明不足でしたね。
全身麻酔から覚めた後は、これでもかというくらい気分が悪く、「ゲッソリ」って感じでした。
当然食欲もなし。グラタンを「やめてくれ」と思ったのはこういうわけです。

普段なら、グラタンは大好物ですよ!

お礼日時:2007/08/13 20:36

No3です 追加願います


嫌だ嫌だでむすびましたが 医師看護婦検査技師の方にはとても感謝しています 教も元気だ煙草が美味いと言えるのも 病院のスタッフのおかげですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

そうですね。
手術中(局所麻酔)に励ましてくれたり、一日に何度も様子を見に来てくれた看護士さん。
前にも書いたけど、時間をかけて精一杯手術をしてくれた主治医の先生と、もう一人の先生。

本当に、感謝です。

お礼日時:2007/08/13 20:42

私は全身麻酔、とっても緊張しました。


事前にネットでどんな風か調べ、ドラマのように酸素マスクをかけられ、「眠くなりますよ、いち、に、さん、、、」と言われ、どこまで数えられるのかなあと、思っていました。
でも、実際はとってもあっけなく、マスクをかけられ、「いよいよだな」と思ったところで記憶は途切れています。他の方のように、意識が遠のいていくのを実感したかったです!
手術が終わり、起き上がってください、といわれ、背中を起こした時に、「これから手術か。」と思ったのに、包帯が巻かれており、「え、もう終わったの?」ってびっくりしました。
不安だったのに、楽勝でした。ネットで事前に体験談を読んだ時「楽勝だよ」と言っていた人がいたけれど、その通りでした。
なんだか、自分の人生観を変えるような体験でした。 苦しんで死ぬより、こんな風にあっけなく意識がなくなって死ねたらいいのにって心から思いました。
手術後の状態はそれぞれの病状などによるんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は、看護士さんに何か声をかけてもらった直後に、すうっと意識が遠くなりました。
何かされたのでしょうね。全然覚えてません。

>手術後の状態はそれぞれの病状などによるんでしょうね。
やはり、ケースによって違うんですね。

死ぬときはどうなんでしょう。穏やかなら、ああやってすうっと意識が遠くなるのかな。

お礼日時:2007/08/13 20:20

二三回有ります その内一回は腹が少し痛いと医者に行ったらそのまま緊急手術ビックリしました No2の方のようには逝きませんよ 怖いようって感じ 手術中は完全に意識無し病室に帰ってベットに鬱されるとき一時的に酸素が切れ死ぬかと思った 鼻から胃まで細いチュウブが入り気持ち悪いし脊髄に麻酔のチュウブが入り尿を出すためあそこにもチュウブが 腕には点滴のチュウブが 胸や指にセンサーの電線が…


二ヶ月近く食事抜き<点滴で栄養は問題ない様です>アァ思い出しても嫌だ嫌だ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の体験なんて、回答者様のそれの足元にも及びませんな・・。

一週間点滴してましたが・・・・2度とやるもんか。
点滴が体中についてると考えれば、回答者様の気持ちに近づけるかな、とおもいました。

お礼日時:2007/08/13 20:13

事前に準備したとても同じことされるわけですから同じですよ。


手術はそういうものです。
事前に決まった手術の場合は前日からの絶食や精神的な不安などから前日眠れなかったり逆に大変な面もあります。
全てはあなたを助けるためにやったことです。
昔なら命を落としてたかもしれないと思えば我慢できませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
誤解されているようですが、私はあの体験が嫌なものだとは思っていません。
ただ、「私はこうだったけど、他の人はどうだったのかな?」と思って質問しただけです。
でも、それにより不快に思う人がいるなら、謝ります。

手術、そして今に至るまで治療をしてくれている主治医の先生には、とても感謝しています。

お礼日時:2007/08/13 18:48

全身麻酔で何度か手術したことあります。


どちらも前から準備していたのですが最初は貴方とおんなじ様な感じですよ。
確かに喉にチューブはきついですよね。2回目からはあぁ、呼吸のために入ってるやつだと分かるのでそんなにパニックにはなりません。でも、喉に傷みたいなのができて数日痛みます。
やっぱり床ずれみたいなのは準備していてもなりますよ。手術時間が長いとしょうがないです。
あと、排尿のためのチューブが入ってますよね。あれがとてもいやでした。

あと、麻酔が入るとき、口からなんかガスみたいなのを吸って、なんとなく意識が遠のいていきますよね。あの感覚、ぜんぜん嫌じゃないんだけどなんか忘れられませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
手術後数時間は、喉が乾きすぎて声が出せませんでした。
私も排尿チューブが入っていたけど、抜くとき少し痛かったです。

>あと、麻酔が入るとき、口からなんかガスみたいなのを吸って、なんとなく意識が遠のいていきますよね。あの感覚、ぜんぜん嫌じゃないんだけどなんか忘れられませんね。
私も似たような感じです。何故だか、何回も思い返してしまいます。

お礼日時:2007/08/13 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報