仕事がらみで「株主が投資をする企業を選ぶ際にどのような基準で選んでいるのか?」を調べています。
当然、トクをする損をしない企業を選んでいるのでしょうが、チャート等を見て買い時を考えるだけではなく、企業のイメージや将来性等を考慮しているのだろうと考えてはいるのですが、調査データとしてないかな…と探してはいるのですが見つかりません。
どなたかご存知の方がおられれば、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この調査データは、恐らく存在しないかと思われます。


あったとしても、雑誌等の特集でのアンケート程度のものぐらいでしょう。
と、いうのは信憑性のあるデータを取る事が非常に困難だからです。
何故ならば、短期保有者=値幅取りの投資家がほとんどであるからいちいち企業の事を調べている人達は居ないという事なのです。(もし、企業を調べて買っているのであれば、その企業の成長が怪しくなるか、極端に高過ぎる水準まで株を売るような行動には出ない。)
そのような人達が何で判断するかといえば圧倒的にチャート等が多く、それ以外をあえて言うならば材料ぐらいな物でしょう。

一般投資家の情報の仕入れ方は、クイック、インターネット、証券会社、新聞、テレビでしょう。情報の一番早い媒体はクイックだと思います。

又、あなたの質問に答えられる長期保有を前提とした投資家ならば若干質問に答えられる下地はあるかと思います。
しかしながら、私が感じているものでは大部分は単なるイメージに踊らされているが、当の本人だけがそれに気づかず論理的な思考をしていると信じている人達が多いのでアンケートを実施しても実りのあるデータにはならないでしょう。

全く答えにはなって無いかもしれませんが、まとめてしまえば調べる対象が間違っているという返事なのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0

株主とは、機関投資家つまりファンドマネージャーのことを指しているのでしょうか?個人投資家はそれぞれのやり方で選んでいますよね。



ファンドマネージャーといっても、年金の運用者、投信の運用者
などいろいろですが、それぞれのタイプによって当然、組み入れる
銘柄の条件は異なります。
一般には、規模(時価総額や発行株数)や業種、そして勿論業績などですが、
具体的になるとあらゆる指標を用い(財務指標やPERなどの指標など)
銘柄を絞り込んだり、最終的にはアナリストの分析情報を用いたりとさまざまです。

この回答への補足

すいません。確かに、説明不足でした。

ファンドマネージャーやアナリスト等のいわゆるプロの人ではなく、一般の
個人投資家の方がどのような媒体や人からの情報を利用しているのか、そし
て株価チャート等の数字以外にどういった視点・指標で企業を選んでいるの
かを知りたいのです。
例えば、有名企業だから・その企業の商品に愛着を持っているから・開発能
力が高そうだから・これからの成長に期待できるから、等といったイメージ
にどの程度左右されるのかを知りたいのです。
非常に、基本的でかつ、業界の人にとっては常識的な事柄なのか、ネット上
でもなかなかまとまったデータがみつからず、苦労をしています。

補足日時:2001/01/26 14:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広島県内で株主総会があり、株主優待のある上場企業は?

表題のとおりです。

株主総会が広島県内で行われ、なおかつ株主優待のある上場企業はありますか?
私が知っているのはアヲハタと広島電鉄くらいです。

他にご存知でしたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

本社は広島ですが、総会を広島でやるかどうかはちょっと不明ですが。
東証一部にコンビニのポプラ・・配当もありますし、クオカードの優待があります。
東証マザーズにアスカネット・・写真の製本を作っているところがあります。優待はないですが、配当出します。

Q企業の株主総会について

どのような感じでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら御投稿お願いします。

Aベストアンサー

いくつかの会社の株主総会に行ってみたことがあります。
だいたいどこもそうだろうと言えるのは、議案の採決をとるのは、会場では拍手で行います。
もちろん、賛成の人が拍手をするという形です。
それから司会は社長がするところが多いです。
東京電力の場合だけは会長でしたが。
これは正確に言うと、招集通知を社長名義で出しているか、会長名義で出しているかで違うようです。多くの企業は社長名義で、社長が司会をするというわけです。
あとは会社ごとにいろいろ違いますから、いろいろ行ってみるのが一番です。
カゴメは野菜生活を4本ほどおみやげにくれましたし、アサヒビールの場合は、スーパードライと発泡酒、十六茶などのグループ会社の製品詰め合わせがおみやげでした。

Q個人株主の比率が多いほうが企業に有利なんでしょうか?

資本政策で個人株主の比率をあげますとかいていますが、これは会社にとってどういうメリットなのでしょうか?

Aベストアンサー

広く個人に持ってもらった方が、経営方針などをめぐって特定の大株主の意向に影響されにくいというメリットがあります。

あとは「個人重視」の姿勢を明確にすることで、会社のイメージアップにもつなげたいという思惑もあるでしょう。

株主軽視していると市場に判断されると、株価が下がって時価総額が減ってしまいます。時価総額が減れば買収の脅威にもさらされやすくなります。昨今、時価総額を上げることはそのような企業防衛という意味でも重視されています。

Q株主優待は選択できるのか?それとも企業側が勝手に決めるのか?

ある会社の株主優待に
クリーニング無料券 または クオカードと書いてあったのですが、
これは、株主が選択できるのか?それとも企業側が勝手に決めるのか?
どちらなんでしょうか?

Aベストアンサー

今まで何度か選択できる優待を受けた事がありますが、すべて選べました。
どちらを選ぶかは郵送で送られてくる用紙に記入して送り返すだけです。
こちらの優待も自由に選べると思います。

Q東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?株主は株は無価値になるん

東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?

株主は株は無価値になるんですか?

払い戻ししたら潰れるのでは?

Aベストアンサー

上場する以前を考えよう
証券市場に上場をしていなくとも、株券も株主も存在する
当然、株券の価値も存在する

上場・非上場と株の価値は別問題
取引が容易かそうでないかで、株価のプラスアルファの有る無しという違いはあるが
だからといって、いきなり無価値にはならん


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報