痔になりやすい生活習慣とは?

.htaccessを用いたBASIC認証を行っています。
自分のテスト環境を含めて、ほとんどの人は問題なく通過できています。
ただ、稀にIDとパスワードを入れるダイアログボックスそのものが出てこなくて、弾かれてはいれないという方がいます。
その方の環境もXP+IE6など特に特殊なものではありませんでした。

私の記述が間違っているのか閲覧者側の環境の問題なのか…。
ダイアログボックスが表示されなくなる要因にお心当たりがございましたら教えていただけませんか?

.htaccessの中身は下記の通りです。
上位フォルダ含め、ホスト等による他のアクセス制限は行っていません。
-----------------------

AuthType Basic
AuthUserFile /home/hoge/html/test/.htpasswd
AuthName "input password"
AuthGroupFile /dev/null
<Limit GET POST>
require valid-user
</Limit>

<Files ~ "^\.(htpasswd|htaccess)$">
deny from all
</Files>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

クライアント端末のIEでproxyを参照していませんか?


その場合、ID/パスワードのダイアログボックスが表示されない時に画面をリフレッシュ(F5)すると、再度Webページにアクセスして、ダイアログボックスが表示されます。

対象Webページをイントラネットに構築された場合の原因として、URLに不明なアドレス等の入力があるために、インターネットへ接続していき、proxyが一時ファイルを保管していた場合に、そのページを表示するので、Basic認証がされない場合があります。

ご確認下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
閲覧された方の回線がproxy経由の場合に一時ファイルによる原因が考えられるということですね。

イントラネット等ではなくて、個人のホームページで、一般的なレンタルサーバー(.htaccessに制限なし、BASIC認証使用OK)での出来事です。
閲覧される方も企業等ではなくて、ご家庭からのアクセスになります。
一般的なプロバイダ経由でも起こりうるものなのかわかりませんが、参考になりました^^

まだまだ他にお心当たりがございましたら、お知恵を募集しております。
宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/08/15 13:49

> イントラネット等ではなくて、個人のホームページで、一般的なレンタルサーバー(.htaccessに制限なし、BASIC認証使用OK)での出来事です。


> 閲覧される方も企業等ではなくて、ご家庭からのアクセスになります。
> 一般的なプロバイダ経由でも起こりうるものなのかわかりませんが、参考になりました^^

私の説明が悪かったのかもしれませんが、イントラネットは一例です。
私はapacheに詳しくはないので、.htaccessについてはよくわかりませんが、Basic認証自体は、サーバが保持しているページ(HTMLファイル)にアクセスがあった時に初めて働くので、プロバイダがproxyサーバを使用していれば、同様のことが起こるのではないでしょうか?

すいません。私もそんなに詳しくはないので、参考程度に読んで下さい。
ちなみに私は同様と思われる事象を経験しましたが、その時は上記のような理由が原因であることが判明しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBASIC認証で確認ダイアログが表示されない

あるディレクトリにBASIC認証をかけようと思っているのですが、
ダイアログが表示されずに困っています。

[.htaccess]
AuthType Basic
AuthName "Login ID and Password"
AuthUserFile /home/アカウント/www/test/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
require valid-user

[.htpasswd]
test:暗号化されたパスワード

ページを開くと返ってくるのが404Errorです。
(「このプログラムではこの Web ページを表示できません」と表示されます)
.htpasswdまでのパスは合っていると思います。
なぜダイアログが出てくれないのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

.htpasswdはWEBサーバの実行者がアクセスできる場所に置きましょう。
(だからといって/var/www/などには置かないこと)

apacheは、/home/アカウント/www/test/.htpasswd へのアクセス権限はあるのでしょうか?
/home/アカウントは、おそらく特定のユーザしかアクセスできないパスなので、.htpasswdファイルはapacheが参照できるエリアに置くといいと思われます。

使われているOSやWEBサーバ名が分からないのですが、設定ファイル(通常はhttpd.conf)にWEBサーバの実行権限を設定する欄があるので、その実行者(例えばnobody)で/home/アカウント/にアクセスできないなら、上記の可能性がある、ということです。

Q認証エラー「Authorization Required」の原因について

運営しているサイトのコンテンツの一部に、特定のメンバーだけが見られるようにBasic認証をかけました。
ところが一人だけが、ログインしようとすると「Authorization Required」が出てしまうというのです。
ID、パスワードの入力ミスでないとすると、どのような原因が考えられるでしょうか。
windows XP IE6 とのことです。

Aベストアンサー

NO2追加
もっと詳しくは参考URLを準用。

インターネット一時ファイル(キャッシュ)のクリア後、再起動し、再度ログイン。

cookieが有効になっていますか?
IE「ツール」「インターネットオプション」「プライバシー」
「既定」「中」「設定の詳細設定」「自動クッキー処理を上書きする」選択「常にセッションクッキーを許可する」を選択。
「ファースト、サードパーティの両方のクッキーを受け入れる」「適用」「OK」。
IEを閉じて、再起動する。

参考URL:http://www.showtime.jp/help/guide_0702/#q3

QBasic認証と401エラーについて

ホームページを作っていて、Basic認証を付けているのですが、401エラーページがうまく、表示させられません。

非認証でアクセスし、キャンセルした場合、401.html が表示されるのですが、CSSが反映しないでページが崩れています。
画像も表示されていません。

認証された状態で url/401.html にアクセスすると、正常に表示されます。

CSSや画像ファイルなどはすべて絶対パスで入力しています。

私なりに調べたところ、CSSが崩れた状態のページのソースから、CSSファイルや画像にアクセスすると、そこでも401が返されるので、それらのファイルが拒否されているのだと思います。

401.html のヘッダーに直接CSSを書き込んで、非認証でアクセス→キャンセルした場合、CSSは正常に表示されました。

他にもサイトを作っていて、そこではBasic認証を使っていてもちゃんとCSSは機能しています。

恥ずかしながら、今回作っているサイトと何が違うのか、サーバーにあるファイルを調べてもわかりませんでした。

html に直接CSSを書き込むのは、今後のCSSの修正時に手間がかかるので、できれば一つのCSSで管理したいです。

Basic認証を全体にかけているサイトで、401が返された時、CSSや画像のファイルを有効にする方法はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

ホームページを作っていて、Basic認証を付けているのですが、401エラーページがうまく、表示させられません。

非認証でアクセスし、キャンセルした場合、401.html が表示されるのですが、CSSが反映しないでページが崩れています。
画像も表示されていません。

認証された状態で url/401.html にアクセスすると、正常に表示されます。

CSSや画像ファイルなどはすべて絶対パスで入力しています。

私なりに調べたところ、CSSが崩れた状態のページのソースから、CSSファイルや画像にアクセスすると、そこでも401...続きを読む

Aベストアンサー

まさかCSSや画像ファイルは認証対象になっていませんよね?

Q.htaccessによるBasic認証ができない

初歩的な質問で恥ずかしいのですが本当に困っているので助けてください。。。

自宅PC(XP)にapache1.3.9(訳あってこんな古いバージョンです)をインストールしました。
Basic認証を使用しようと思い↓のサイトを参考にやってみました。
http://www.shtml.jp/htaccess/basic.html

.htaccessは c:/Program Files/Apache Group/Apache/htdocs/mysite/.htaccess に保存して、
AuthUserFileは /Program Files/Apache Group/Apache/htdocs/.htpasswd とし、
.htpasswdは同サイト内の"こちらにPHPプログラム"からID・PASSを作成しメモ帳で↑で指定した場所に保存しました。

その後ブラウザで配下のファイルにアクセスすると普通に表示されてしまうのです。認証画面すら出てきません。

↓のサイトを見て設定してみたのですがダメでした。また、.txtにはなっていないはずです。
http://www.ponko2.com/win_htaccess.html

なにか根本的に間違ったことをしているのでしょうか??わかる方がいらっしゃったら教えてください。お願いしますm(__)m

初歩的な質問で恥ずかしいのですが本当に困っているので助けてください。。。

自宅PC(XP)にapache1.3.9(訳あってこんな古いバージョンです)をインストールしました。
Basic認証を使用しようと思い↓のサイトを参考にやってみました。
http://www.shtml.jp/htaccess/basic.html

.htaccessは c:/Program Files/Apache Group/Apache/htdocs/mysite/.htaccess に保存して、
AuthUserFileは /Program Files/Apache Group/Apache/htdocs/.htpasswd とし、
.htpasswdは同サイト内の"こちらにPHPプログラム"...続きを読む

Aベストアンサー

>結局今はデフォルトのnoneになっています。
これが原因だとおもわれます
noneだと上位ディレクトリの.htaccessの設定しか有効にならず
ディレクトリ毎に.htaccessを作っても反映されません

AllowOverride AuthConfig Limit
で試してください

Qテーブルタグの中にdivを含めてはダメ?

テーブルタグの中にdiv要素を入れるとダメなのでしょうか?
何か不都合でもあるのでしょうか?
何かご存知の方がいれば教えていただけませんか?

Aベストアンサー

以下、HTML 4.01での話です。(XHTMLでもほぼ同じだと思います)

tableタグ直下に書けるのは、caption,col,colgroup,head,tfoot,tbodyと定義されています。
特定の条件下でtbodyが省略できますので、実際はtrも書けます。これら以外は書けないことになっています。
tr直下にはth,tdが書けることになっています(それ以外は不可)。

th,tdの下にはブロック要素が書けるので、divも書けます。

このように、テーブル内でth,tdの中以外でdivが使えないのはHTMLの仕様でそう決まっているからです。

QJavaScriptde途中で、「exit」するには?

function kensaku(){
s_data = document.kaiin_form.input_name.value;

if(!s_data){ alert("キーワードを入れて下さい!"); }

if(s_data != dumy){ ...... }
for(i=st_no;i<=n;i++){
......省略.................;
.......省略................}
}

----------------------------------
3行目で表示されたアラートをOKで閉じても、4行目以下が実行されてしまいます。
3行目でexitするにはどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

>関数(kensaku())からは抜けられませんでした。
そうですね、勘違いしていました、f(^^;
すみません。
if(!s_data){
alert("キーワードを入れて下さい!");
return;
}
ですね。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング