12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

こんにちは。税金についての質問です。

私は個人事業の形態で、建築業を営んでいます。
以下のケースで経費として認められるかが知りたいです。

ケース 1
現場を紹介してくれた人に5~10万円くらいの謝礼を、ギフトカードで支払っています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

ケース 2
現場の近所の方に、工事前の挨拶際に、1000~3000円のギフトカードをお渡ししています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

ケース 3
郵送でのアンケートを実施し、その際の謝礼として、1000~3000円のギフトカードを郵送しています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

年間総額で、50万円くらいになります。
現金で渡すとイヤらしいですが、ギフトカードだと粗品として配りやすいのですが・・・経費として認められるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ケース 1とケース 2は比較的問題はないでしょうね。


ケース 3は、そのアンケートがどういう性格のものかによります。
業務と密接に関係するものなら認められるでしょう。

渡した先からの領収証がないことを心配のようですが、経費とするためには領収証が金科玉条なのではありません。
その支払いが業務用であることが事実であり、現金出納帳をはじめ経費帳や業務日報などで、その支払いが確認できればよいのです。

もちろん、ギフトカードを買ったときの領収証だけでは、私用に使用したとものとの区別が付きませんから、不十分です。
屋号名の領収証であっても、それだけでは事業用の裏付けとはなり得ません。

謝礼などとして渡すとき、のし袋にでも入れるでしょうから、そののし袋の表裏をコピーしておくのです。
そのコピーに渡した先と日付、渡した理由などを簡単にメモしておきます。
これを領収証代わりに保管しておけば万全です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。
大変参考になりました。

のしぶくろのコピーをとっておきます。

本当に助かりました。

お礼日時:2007/08/17 21:54

今回の場合、個人事業主ですので、全額経費になります。

交際費として処理出来ます。ギフトカードをあげたときに領収書をもらうのはこの場合、日本の慣例上難しいと思いますので、誰にいくらあげたかを詳細にメモしておけば十分です。ギフトカードを買ったときの領収書は絶対に必要です。
ちなみに、ギフトカードを買ったとき、またあげるときにも消費税は含まれていませんので、この点消費税の申告の時にご注意を...
    • good
    • 5
この回答へのお礼

消費税が含まれていないんですね。
申告のときは気をつけます。

大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/17 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギフト券購入で二重経費を計上してる会社はある?

ギフト券購入で二重経費を計上してる会社はある?

例えば・・・・・

(1)ギフト券を「接待交際費」として購入して、領収書もらう。
(2)それを客先に渡さずに、物品購入して、さらに領収書もらう
(ギフト券支払いに対して、現金支払い同様の領収書を出す店があります。あるデパートとか・・・)

これって、二重で経費計上になりますよね?
コンビニで使える「クオカード」も同じことができるようです。

個人経営者は接待交際費は無制限と聞いたことがあります。
このような二重で経費計上するのを税務署がチェックする方法があるのでしょうか?

ギフト券支払いでも、現金同様の領収書発行が出来る限り、税務署は気がつかないような気がしますが・・・・いかがでしょう?

Aベストアンサー

理論上の話から。
簿記をご存知ですか?
簿記の仕訳では、何かを購入した際、何で支払ったかを記入します。
例えば(1)であれば「接待交際費を現金で支払いました」というように入力します。
では(2)はどうなるでしょう?「物品(消耗品)を・・・何で支払いました?」となるわけです。
例えば、始めから自分たちで使う気であれば、
(1)「金券を現金で購入しました」
(2)「物品を金券で購入しました」
で辻褄は合います。
同様に
(1)「接待交際費を現金で購入しました」
(2)「物品を接待交際費で購入しました」
とすれば、自分たちで使ったときに科目が振り変わるだけで、辻褄は合います。
これが簿記の原則です。

なお、実務上の話で言えば、そういう会社はあると思います。
なぜなら、どんぶり勘定がありえるからです。
どんぶり勘定なら、どちらも現金支出で計上できるので、計上してしまっている企業や事業主もあると思います。

QAmazonギフト券で経費にしたいものを購入

アフィリエイトなどで得たAmazonギフト券で
経費にしたい書籍やパソコンのソフトなどを購入した場合、
青色申告の帳簿はどのように処理しますか?

また、このようなギフト券は、経費にするものに利用しない方がいいのでしょうか?
メリットやデメリットがありましたら、教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

【消耗品費 (ほか適宜科目) 2,000円/事業主借 2,000円】

で良いと思います。
「雑収入」とは、事業で生じた空箱や作業屑の売却金、仕入のリベートなど、とにかく事業に関連した収入のことです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/36.pdf

あなたは、アフィリエイトを本業として青色申告をしているわけではないでしょうから、「雑収入」ではありません。
家事用の財布から支払ったという考え方、すなわち「事業主借」で良いでしょう。

>このようなギフト券は、経費にするものに利用しない…

まあ、家事用の買い物をすることがあるなら、そちらを優先したほうがよいでしょう。

Q商品券の購入、経理仕分けは非課税?課税?

どなたか教えて下さい。
法人で、商品券を購入し、社員への誕生日祝いに渡しています。
経理の仕分けですが、科目は福利厚生費で、税が課税なのか非課税なのか迷っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

デパート共通券のような商品券を前提でお答えします。

非課税で間違いありません。
商品券は実際に使った(消費)ときに消費税が課税されます。

ただ、社員への誕生日祝いが福利厚生費になるかは疑問です。
金額にもよりますが、個人的には国税に否認されると思います。
費用には計上できないと思います。
1万円での判例がありますが、現物給与との判決です。
納税者敗訴となりました。

Qギフトカードで支払ったら、領収書を発行してもらえなかった

ホテルで飲食し、24000円かかりました。
20000円分を、三井住友VISAなどのカード会社が発行しているギフト券(ギフトカード)、4000円を現金で支払いました。
会社宛の領収書発行を依頼したところ、「現金分の4000円は発行できるが、カード分の20000円は領収書は発行できません」
と言われました。
なぜなら、ギフト券発行時にカード会社から領収書が発行されている筈であり、二重になってしまうから、ということです。
(ちなみにこのギフト券は景品として入手したものであり、私がカード会社から購入したものではないので、ホテル側の言い分は
不適当です。恐らく、ギフト券を受領しても、決済はホテル、カード会社間で行われる、ということを言いたかったのだと思います)。

納得できなかったので、後で調べたところ、次のような結論に到達しました。
1)私は、決済の手段として、ギフト券(有価証券)を使用した。
2)弁済者(私)が要求しているのだから、ホテルは領収書を発行しなければならない(民法第四八六条)
3)「金銭又は有価証券の受取書、領収書は」印紙税額一覧表の第17号文書
私の言い分が正しく、ホテル側が誤りだと思うのですが、判断がつきません。いかがでしょうか。

ホテルで飲食し、24000円かかりました。
20000円分を、三井住友VISAなどのカード会社が発行しているギフト券(ギフトカード)、4000円を現金で支払いました。
会社宛の領収書発行を依頼したところ、「現金分の4000円は発行できるが、カード分の20000円は領収書は発行できません」
と言われました。
なぜなら、ギフト券発行時にカード会社から領収書が発行されている筈であり、二重になってしまうから、ということです。
(ちなみにこのギフト券は景品として入手したものであり、...続きを読む

Aベストアンサー

法律上の解釈でいえば、まず、ギフト券での支払は代物弁済となりますから、民法482条により弁済と同一の効力を有します。そして、ご認識のとおり民法486条にて、弁済をした者が請求すれば弁済受領者は受取証書を発行しなければならないこととされています。

したがって、ギフト券を代物弁済として受領したホテルは、shuugi-50000さんの求めに応じて、領収書を発行しなければなりませんでした。

なお、領収書の発行義務の有無は民法の解釈の問題であり、税法は関係ありません。したがって、税法(印紙税法、消費税法、その他の税法)の規定は、いずれも領収書発行義務の有無に対する理由にはなりません。

Q商品券をもらった場合はどういう仕訳をすればいいの?

商品券を買った場合ではなく
もらった場合はどういう仕訳をすればいいのでしょうか?

現金で商品券を購入した場合は
借 商品券/貸 現金
になりますが、
もらった場合は
借 商品券/貸 ?
何になるのでしょうか?

Aベストアンサー

1、個人自営業の場合
仕訳なし。
貰ったのですから、贈与税の問題です。
所得税は無関係なので記帳義務がない。
税務署の半面調査があったら「確かに貰った」と回答する。

2、法人の場合

商品券  999   / 雑収入  999
商品券をくれた相手が法人なら、この仕訳をしておかないと、税務署の反面調査時に、記帳記録を見せることができません。
商品券勘定ではなく「貯蔵品」でも良いでしょう。
相手が法人でも明らかに社長等のポケットマネーから出てる場合には、仕訳無用です。
相手法人の仕訳がないので、こちらも要らないのです。
この場合は商品券を法人の貯蔵品にすると理論的には税負担増になりますので、みんなで使ってしまえばいいのです。

Q確定申告の際、ギフト券で購入したものの経費はどこまで計上できるでしょうか?

ギフト券で購入したものを確定申告で経費として計上しようと思っています。
1.全額ギフト券で支払った場合
2.一部だけギフト券で支払った場合
それぞれ購入金額の全額を経費として認められるでしょうか?
それとも1は無理で、2は残りの一部だけが計上できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>年間20万円以上の副収入…

具体的にどんな仕事なのですか。

税法上の「給与」に該当するなら、給与には実際の経費があってもなくても一定割合を経費と見なす「給与所得控除」があるので、個別の経費は原則として認められませんよ。

>ギフト券はWeb上のアンケートにこつこつ…

その対価が“20万円以上の副収”ということですか。

>この場合は「雑所得」でよろしいでしょうか…

そういうことならそれで良いです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>高いものは20万円近いノートパソコンの購入…

青色申告者でない限り、10万円以上の買い物は減価償却資産であり、取得年に一括して経費になるわけではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

>そのプリントアウトを添付することは可能…

添付も提示も必要ありません。
自分で保管しておきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2080.htm

>こうした場合はどうすればよいのでしょうか…

雑所得なら、「確定申告書 A」の第2表左側中ほど「雑所得(公的年金等以外)・配当時効・一時所得に関する事項」欄を埋めて、第1表に戻り、(ウ) と (2) 欄に転記。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h27/01.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>年間20万円以上の副収入…

具体的にどんな仕事なのですか。

税法上の「給与」に該当するなら、給与には実際の経費があってもなくても一定割合を経費と見なす「給与所得控除」があるので、個別の経費は原則として認められませんよ。

>ギフト券はWeb上のアンケートにこつこつ…

その対価が“20万円以上の副収”ということですか。

>この場合は「雑所得」でよろしいでしょうか…

そういうことならそれで良いです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>高いものは20万円近いノートパソコンの購...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング