SF小説だと思うのですが、要人の暗殺を阻止するよう命令されたロボットが、最善の方法を考えた挙句その要人を自分で撃ち殺して暗殺を不可能にしてしまう…という話があるらしいのですが、タイトルや作者をご存知の方いらっしゃるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これではないでしょうか?


バリントン・J・ベイリー「ロボットの魂」
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?isbn=4-488- …
「ごらんください──われわれがみずからの手で殺しました!どんなに優秀な暗殺者でも、もう任務の遂行は無理です!」
http://dabensya.sakura.ne.jp/meimonku/monku76.htm
    • good
    • 0

アシモフのロボットは決して人を殺しませんから、アイザック・アシモフの作ではないと思います。



ロボット工学三原則
【第一条】 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二人ともありがとうございます。
私も最初アシモフか、あるいは星新一あたりのショートショートかな?と当たりを付けたのですが、結局分からずじまいです。
SFに明るくない知人から「有名な小説らしいのだけど分かる?」と聞かれたのですけど(執筆の仕事関係の調べものらしいです)、少なくとも誰でも知っているような話ではないようですね。

お礼日時:2007/08/19 01:00

気になるお話ですが、アイザック・アシモフのロボットものではないでしょうか。


短編も少なくないので、もしかしたら、と思います。
あったような気もするし、違うような気もしますが・・・。

ハヤカワ書房です。大きな本屋か、古本屋にあるかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

小説 SF」に関するQ&A: 面白いsf小説

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSF好きな方、この本の作者または書名知りませんか?

もう20年以上前に読んだ小学校図書館にあったSFなのですが、もう一度読みたいので、もし心当たりのある方は手がかりがありましたらお教えください。
ストーリーは、うろ覚えなので正確ではないかもしれませんが、未来の地球で、人間は死んでも脳だけは生かされて永久に働かされ続けていてそのなかの何人かは「死ぬ」ことを目標に、極秘に自分たちの手足となる生物を作り出します。それは「手足」といっても最初はアメーバ状の生物なのですが飛び跳ねて移動します。研究を重ねるうちにだんだん人間のようなものがつくれるようになり、やがて彼らは自分たちを「殺す」ことに成功します。「死ぬ」間際に、主人公たちの2人は、手足となってくれたものを並んで座らせてキスをしながら死んでいく・・・というストーリーだったと思います。
確か?外国の作家だったとは思うのですが・・・小学校にあったものなので、子供向けに簡単にしてあったはずなので、今大人向けのものが読みたいのです・・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「合成脳のはんらん」(合成怪物)
ではないでしょうか。

レイモンド・F・ジョーンズの作品で、岩波書店から出版されていました。
今は、図書館にしか置いてないかもしれないですよ。
また、元々が子供用のSFなのではないでしょうか。

参考URL:http://sfclub.at.infoseek.co.jp/kodomomeisaku25.htm

Q「幕末の暗殺者」という本について。

3年ほど前、京都の古本屋で「幕末の暗殺者」という本を見つけました。ハードカバーの本で、章ごとに違う人物を取り上げた歴史小説だったと思います。思います、というのは、最終章しか見ていないからなんですが・・・。その最終章は、元新撰組三番隊組長斎藤一が、明治になって藤田五郎と名を変えたあとの話でした。
その時は、ほしいと思ったのですが、大量の荷物を抱えていたこともあり、ハードカバーを買う気になれず、「たぶん文庫が出ているだろう」と思って買いませんでした。今思えば買っとけばよかったのですが・・・。それからしばらくして、タイトルだけを頼りに探したら、角川文庫の目録か何かに出ていて、確か作者は船橋聖一氏だったと記憶しています。ところが、もう絶版しているらしいのです。何で知ったかは忘れてしまいましたが、とにかく絶版ということを知ってショックを受けた覚えがあるんです。(教えてgooを知って、聞いてみようと思うまで忘れていたのでなにぶん記憶がはっきりしていなくて申し訳ないんですが・・・。)
どこか入手できるところはありませんか?私は愛知県の名古屋に近いところに住んでいますが、大きい古本屋がどこにあるかもよく知りません。誰かご存知の方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。打っている場所に限らず、タイトル違うよ、とか、作者はこの人だ、とか、その本のことなら何でも結構です。よろしくお願いいたします。

3年ほど前、京都の古本屋で「幕末の暗殺者」という本を見つけました。ハードカバーの本で、章ごとに違う人物を取り上げた歴史小説だったと思います。思います、というのは、最終章しか見ていないからなんですが・・・。その最終章は、元新撰組三番隊組長斎藤一が、明治になって藤田五郎と名を変えたあとの話でした。
その時は、ほしいと思ったのですが、大量の荷物を抱えていたこともあり、ハードカバーを買う気になれず、「たぶん文庫が出ているだろう」と思って買いませんでした。今思えば買っとけばよかった...続きを読む

Aベストアンサー

古本の検索ができるサイト(参考URL参照)で検索してみたんですが、それらしい本は「定本 幕末の暗殺者/船山 馨/広済堂出版」だけでした。
読んだ事はないので、この本がお探しの本かどうかは分かりません。

参考URL:http://www.books-records.co.jp/

QSFチックな本

読書の秋ということで読書をしようと思っているんですが、現実でありそうでないようなSFチックな本を探しています。北村薫の『スキップ』、『ターン』、『リセット』や宮部みゆきの『蒲生邸事件』などのような本です。完全にSFな本はあまり好きではないので、このような本を知っている方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

まずは佐藤正午の「Y」。
時間を飛び越える能力を持つ男が出てきます。
この作品は北村氏の作品とニュアンスが似ていると思います。
ストーリーなどは、下記リンクでご確認ください。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/412ed0048d61a01001e3?aid=&bibid=01591302&volno=0000

QSF小説

第九地区を見てsf物の小説が読みたくなりました。
最後に「あ、そーゆーことだったのか」とかよくわからない感じで終わる様な作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

最後の先が気になるのは、「幼年期の終わり」。傑作という評価が高い作品ですが、私はこの作家さんがこの作品で希望を描きたいのか絶望を描きたいのか、読んだ後、分かりませんでした。

ご質問の意図とちょっと違う意味では、「最後に」だけでなく、全体として「よくわからない」内容だけで構成されているのが、「銀河ヒッチハイクガイド」。シリーズでは、「宇宙の果てのレストラン」がオススメです。
この作品をすべて理解するためには1000冊くらいのSFを読まないとダメらしいです。

QおすすめのSFを教えてください

大人になって(ちょっと年をとって)時間ができたので読書をしたいと思います。SFの分野でお勧めの本をお知らせください。
一番すきな作家はジョン・ヴァーリイ、その中でも「残像」、エイトワールドシリーズ。他にはラリイ・ニーヴン、コードウエイナー・スミス。他に作品としては「デューン」「冷たい方程式」「アルジャーノンに花束を」など。これらは中学、高校時代に読みました。
近頃読んだ中での感想は、キリンヤガ~ちょっといい、ハイペリオン~まあまあ、レッド・マーズ~面白かった・・・といったところです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フレデリック・ポールの「ゲイトウエイGateway」シリーズ
ロジャー・ゼラズニーの「アンバー」シリーズ
ハル・クレメントの「一千億の針」(古典)
グレッグ・ベア「永劫」「久遠」
イアン・ワトソンの「川の書」「星の書」「存在の書」黒き流れ3部作
フィリップ・ホセ・ファーマーの「階層宇宙シリーズ」
バリントン・J.ベイリー の「カエアンの聖衣」
フレッド・セイバーヘーゲンの「バーサーカー」シリーズ
ロバート・J.ソウヤーの「ゴールデン・フリース」
ディヴィッド・ブリンの「サンダイバー」
オースン・スコット・カードの「エンダーのゲーム」
ロバート・L.フォワード 「竜の卵」「スタークエイク」
ジェイムズ・P.ホーガン 「星を継ぐもの」

とりあえず、こんなもんで・・・
例にあがっているものに、近いものを書きました。
最近、書店のSFコーナーが狭くなっていて、手に入りにくいものばかりだと思います。図書館がおすすめです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報