今、私は29歳です。もし29光年離れた場所に瞬間移動できたとして、そこから地球を見たとしたら、私が生まれるところをこの目で見る事が出来ますよね?「万物は光速を超えられない」という事を考えると無理ですが...。(この際、そんな望遠鏡があるのか?というような光学的な疑問はナシです)

そこで、光速に限りなく近い速度で移動し、同じように地球を眺めたら、私がそこまでの移動に費やした時間≒光が到達するまでの時間、つまり私が出発した直後の地球を見る事になり、やはり自分の過去の姿をこの目で見る事は出来ない事になりますよね?
または「光速度不変の法則」により、どんなに速く移動しても、その時点での過去の地球の姿を見る事自体不可能なのでしょうか?

逆に「未来の世界、未来の自分の姿を見れる」説を考えたひと、可能・不可能はともかくとして、ぜひ教えてください。

夢物語のような質問ですけど、付き合っていただける方、よろしくお願いします。
最後まで御覧いただきありがとうございました。

A 回答 (5件)

まず、自分の過去をみることについて::


それは、別に因果律を破っていないので可能です。
実際、29歳であれば、14.5光年離れたところに
鏡があれば、生まれる瞬間を今見ることができるでしょう。

自分の未来をみることについて::
因果律さえ破らなければ古典的には可能です。そのためには、
タイムマシンが必要です。少なくとも知られている3つのタイプのタイムマシンが
あります。

1つは、下の回答にあるようにKerrブラックホールの
特異点近傍にあります。ただし、この領域は不安定で実際のブラックホール
の中に入れたとしても、存在しません。

もう1つはワームホールと呼ばれる時空の虫食い穴(何処でもドア)を利用するものです。ただし、ワームホールを作るには負のエネルギーが必要であることを
示すことができます。普通の物質は全て正のエネルギーをもっています。

もう1つは、もっと簡単です。単に、時間座標を周期化するだけです。
すなわち、カセットテープの連続再生のような構造をした時空を考えれば
よいのです。10年周期であれば、10年後には今の自分にあうことができるでしょう。この場合も実際には時空は不安定であると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
鏡ね、気がつきませんでした。一生の不覚!
>まず、自分の過去をみることについて::
>それは、別に因果律を破っていないので可能です。
私は、一生の内にもし過去に行けたら過去の自分に会おうと思ってるんです。それも現在よりも若い自分に....。
まだ未来の自分に会ったことがないという事は、結局その思いは果たせなかったという事ですよね。私の生きてる間には過去に行く事は不可能だった....あれ、この点に関してだけは、未来が分かってしまった(笑)
>ワームホールと呼ばれる時空の虫食い穴
今いる時空と別の時空をむすぶトンネルのような物でしたっけ?
必要な負のエネルギーとは反物質の事ですか?一説によると某国が原水爆の次に来る超兵器として、科学者の頭脳を結集して開発し、実現のめどが立ったという(爆笑)

お礼日時:2001/01/26 21:49

瞬間移動なんてしなくても、14.5光年離れたところに鏡があれば可能です。


(この際、そんな都合の良いところに鏡があるのか?というような疑問はナシです)
    • good
    • 0

詳しくは知らないんですが、高速回転するブラックホールの「事象の地平線」より内側に侵入し、ブラックホールの周囲を回る軌道に乗れば、過去の自分の姿を拝むことが出来るらしいです。



情報ソースは、10年以上前のブルーバックスのブラックホールに関する本だったと記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
事象の地平線!時間も空間も質量も、この世界の概念が全く通用しない究極の時空間ですね!

お礼日時:2001/01/26 21:23

 アインシュタインが「特殊相対性理論」の構想を出したのが、「光速で走る車から似た光景はどんなだろう」だったそうです。


 結論から言って、「過去」をみることはできません。光速に近い系では、時計は遅くなりますが、逆には回りません。

 …年下の実兄にあうことは可能ということになりますね。

 ちなみに、光速に近づくと、光のドップラー現象「赤方偏移」がおこり、見える色が変わるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>…年下の実兄にあうことは可能ということになりますね。
いわゆる「ウラシマ効果」ってやつですか。

お礼日時:2001/01/26 21:15

常識的な範囲での(つまらない)回答でなら、「どちらも無理」でしょうね。

因果律の保持(原因があって結果がある)ということに物理学では異様に気をつかっているので、それを破るような理論は無条件で却下されるような印象があります。(時間の逆転はあり得るか、という議論に因果律の保持が持ち出されたり……。時間が逆なら因果律が逆になってもいいんじゃなかろうか)。
光速を突破せずに過去や未来の世界を見ることができるかどうか、という質問ですが、「世界線が光円錐の外に出られない限りは無理」というのが一つの回答です。図を使わないで説明するのは難しいので、適当なブルーバックスなどを参考にしてください。
回転しているブラックホールの中に飛び込めば光速を超えられるとか時間が逆転するという議論もあるようですが、これは素粒子レベルの話で、人間の体はその前にバラバラになるはずです(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。ご回答の中の時間の逆転はあり得るか、ということについてはあり得ると思いますよ。ただ、その時には因果律も逆転しているのでそれを認識する事は出来ないんじゃないでしょうか。まあその境界線がどうなるのかは想像できませんけど...因果律というもの自体が時間の矢という概念の中から出てきた気がします。ブラックホールに落ちていく物の速度は光速を超えるという説は、光ですらブラックホールから出て行くことは出来ない、ということから来ているんでしょうね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/26 21:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球から1光年先の星から現在発している

地球から1光年先の星から現在発している光が地球に届いていれば、その星が地球から見て右に動いたら、現在右に動いたという事になりますか?それとも1年前に動いたという事になりますか?
と言う質問をした回答で、→そうです。1年前の状態を見ているので、今見て右に動いたのであれば、それは1年前のことです。という回答でした。
という事は、私たちが今地球から見ている月も、月が現在動いている姿を見ている訳ではないと言う事ですか?
光が地球に届いていて、地球が今月という物体が既に見えている状態で月が動いても、実際は月は数秒前に動いているって事ですか?
何か、、、、、もやもやしてます。

Aベストアンサー

 そうです。見えているのは、1.2秒くらい過去の月です。月に送った無人探査船やロボットは、操縦が大変です。指示電波が届くのに1.2秒、カメラ映像の電波が届くのにも1.2秒、合計2.4秒遅れですから。

 それが、最低でも何分とかかる火星探査ロボット車の遠隔操作は、非常に大変なゆっくりした作業で膨大な調査を行わねばならず、その苦労は大変なものです。

 光は秒速30万kmで有限の速度ですから、本当にリアルタイムに見えるものは、何一つしてないのです。

 たとえば携帯電話で誰かと話しているとき、聞こえた言葉より少しだけ先を、相手は喋っているわけです。自分の手を動かしたときも、目に見えた位置より、実際の手の位置は、わずかとはいえ、先に進んでいます。

P.S.

 パソコンのCPUが3GHzになったとき、光速度を知っている人は驚きました。光がわずか10cm進む間に、CPUは仕事を一つしてしまいます。モニターに結果が表示され、それがユーザーの目に届いたとき、CPUはさらに先の仕事をどんどん片づけているわけです。今は、もっと凄いわけですね。

Q1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球か

1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球から遠ざかってゆく月の潮汐力の影響で、現在の周期より徐々に短くなってゆくと考えられます。

2.ある物体から受ける引力は、物体の質量に比例し、物体からの距離の2乗に反比例します。月の質量は地球の82分の1です。地球と月との中心間距離を1としたとき、等重力点(地球と月の引力が同じ地点)は、月の中心から約0.35、地球の中心から約0.65離れた地点にあります。

丸バツ問題でこの二問が出たのですが答えはどうなるのでしょうか?
わかる方、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1に関してですがヒント、

地球は月の引力の影響を受けて潮の満ちひきがある。

そのせいで、地球の自転速度は落ち続けている。(1年前に比べ今年の方が自転速度が遅い)


問題にある<現在の周期より徐々に短くなっていく>ってのは、地球の自転速度が月が離れるほどに増していくってことですよね。


月が地球から離れるほどに月は地球を減速させなくなるが、車のタイヤのように地球は自力で回転していて、月がブレーキの役割をしているため本来のスピードが出ていないわけじゃあない。
ブレーキが無くなったタイヤが回転速度を取り戻し早くなるのとは話が違う。


地球の自転スピードを減速させないレベルまで月が離れた頃の地球のスピードと今のスピードを比較すればいいわけです。

自転周期が短い=回転速度が速い。
自転周期が長い=回転速度が遅い。


2はどう考えればいいのかわからないのでヒントあげれません。

Q地球って春から夏の間に、太陽から見て3億kmも移動

地球って春から夏の間に、太陽から見て3億kmも移動するって本当ですか?

夏から秋も3億km? 春夏秋冬で1年間で地球は12億kmも太陽の周りを回る?それを毎年?

Aベストアンサー

はい、その通りですよ。
地球は時速10400kmで太陽の周りを回ってます。
それだけではなく太陽も銀河系の中心の周りを時速864000kmで
回ってます。
それだけではなく銀河系自体も時速2160000kmで移動してます。

Q地球から光速で12時間の距離

地球から光速で12時間の距離にある天体は何がありますか?

Aベストアンサー

光速は約30万km/秒なので、12時間の距離は
30万km/秒×12時間×3600秒=129億6千万km
よって地球から約130億離れた天体になります。
検索してみると
太陽系最遠の天体発見 地球から130億キロ
天体の名前は「セドナ」と名付けられているみたいです。

参考URL:http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=89954&pg=20040316

Q太陽や地球の自転が光速になったら何が起こりますか

ありえない話ですが、生物の存在を抜きにして考えた場合、公転の軌道はそのままに地球や太陽、他の太陽系惑星が光速で自転しだしたら何がおこるでしょうか?いや、特に意味はないですが何が起こるのかなと思って・・・

Aベストアンサー

こういうの、好きです!。

まぁ、外周の速度が「光速」と言うことで。

・・・今、手元にある「地球儀」でやってみました!。
1秒間に7.5回・・・意外とシンドイものです。
叩いて勢い良く回すしかなく、叩き過ぎて軸が外れてしまいました!!。

常識的に明らかに言えるのは、「光速」になる遥か前に遠心力でバラバラ・・・。
それ以外考えられない・・・。
そうなれば太陽系の重力バランスが崩れ、いずれは消滅でしょうかねェ。

逆に、「光速」になっても大丈夫であるときの条件を聞いてみた方が面白いかも。(質問に要求を出してしまい、申し訳ありません。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報