タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。

宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が大変遅れて申し訳ありません。
たくさん教えていただき有難うございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/12/23 13:37

「清水義範」は既読ですか?


パロディなど様々なパスティーシュのシリーズ、ユーモア色の濃い小説のシリーズ、西原理恵子との共著「おもしろくても理科」「どうころんでも社会科」のシリーズなど、守備範囲が広く面白いですよ。

「共通項」ですが、深い知識に基づくユーモアセンスがある、といったところが一つ挙げられるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が大変遅れて申し訳ありません。
参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/23 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重松清

重松清さんの最新の本はなんですか?

また重松清さんの本でオススメの
本があったら教えてください!

Aベストアンサー

2011年7月に「ポニーテール」「せんせい」と言う本が発売されるらしいです。
8月に「季節風 秋」。
他にもあります。

私が読んだ中では「流星ワゴン」が印象に残っています。

Q恋愛やミステリーものではない小説ばかりを書いている作家

なんでもない日常やそういう人格だからこそ見える世界、みたいなものを書いている作家さんを探しています。学生モノは苦手なのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

「ぶたぶたシリーズ」(矢崎在美)をおすすめします。ぶたのぬいぐるみの姿をしているおっさんがちらちらと現れては、ふつうの生活をしている人たちに少しだけ影響を与えていく、というシリーズです。
いろいろな出版社から出ていたりしますが、わりとどこから読んでも大丈夫なつくりになっています。私は光文社文庫から出ているシリーズが好きです。最初に読むなら「ぶたぶたの食卓」(光文社文庫)がおすすめです。

Q重松清系の本。

本をもっと読みたいと思っているのですが、
いつも同じ作家さんの本ばかり読んでしまいます。

主に、重松清さんの本をいつも読んでいます。

重松清さんの本が好きなら、この人の本も好きだろうなっていうオススメ本はありませんか?

Aベストアンサー

私も一時期だけですが重松さんの小説にはまっていました。
(特に『きよしこ』の手紙について書かれた冒頭部分が好きです。)

この人も好きだろうな、という程ではないのですが、
いしいしんじさんや星新一さん、
江國香織さん辺りはどうですか?
似てないでもないような気がします…けど、ちょっと違いますかね…。

解説を書いた繋がりではあさのあつこさんも居ますが、
あさのさんの話ではThe MANZAIシリーズが素敵でおすすめです。

Q表現のうまい官能作家を教えてください

今趣味で2次制作の官能小説を書いているんですが
濡場の表現がうまくいかなくて困っています
この人の表現はうまいと思う作家さんがいたら教えてください
できれば強姦や鬼畜ものではなく純愛や和姦でお願いします

Aベストアンサー

富島 健夫の「女人追憶」は、おすすめですが長いです。なので富島 健夫の書籍をいくつか読んでみるといいと思います。

Q重松清さんの本

教室に先生が本を置いているのですが、そこに重松清さんの作品がたくさんあって「その日の前に」を読みました。何とも言えないお話で、そこから重松清さんの作品をもっと読みたいと思いました。今は図書館で「熱球」と「エイジ」を借りて読んでいる途中です。クラスでも重松清さんの本が人気で図書館に行っても、ほとんどありません。なので今度、何冊か本を買おうと思います。もちろん重松清さんの作品です。私の友達は「卒業ホームラン」と「君の友達」をオススメしていました。みなさんは、どの作品がおすすめですか??「卒業ホームラン」と「君の友達」は面白いですか??是非、教えてください。できれば「自然と涙が出てくるような青春を描いた本がいいなぁ」と思っています。わがままですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kumamonnさん、こんにちは。

「エイジ」はとてもいい作品ですね。
>教室に先生が
 というからには学生さんと思われますが、文芸作品に親しむとはなかなかですね。

私は初期の作品が好きなので
『舞姫通信』『見張り塔からずっと』
 をお勧めします。タイトルだけでもそそられるでしょう?

未読ですが「ポニーテール」もいいらしい。。。

Q作家もタイトルもわからないミステリー

イギリスが舞台で、違法に死体を解剖しているのがばれそうになり、死体を煙突に隠したのに
それが消えていた・・・という話と平行してもうひとつのストーリーが展開するような内容

昨年の夏に買った雑誌(男性向けのPCの特集なんかしてるもの。これもタイトル忘れて(涙))
のコーナーで紹介されていました

女性作家でタイトルが文章になっているものでした(「ごらんいただきました」みたいな)
死体解剖の話なのを象徴するような言葉だったんですけど・・・・

コーナーを書いている人は「BL小説」みたいに書いてましたが、作家さんはそうではありません
当時検索したときは修道院物の女の子の話が電子書籍で売っていたように思うのですが・・

結局購入しなかったのですが、急に「あれ?なんだっけ」と思ったら気になって仕方ありません

どなたかご存知の方 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に作品を読んでいないので自信ナシですが、
皆川博子さんの『聞かせていただき光栄です』ではないかと思います。
<参考>
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110200166.html

Q重松清のエロ系な作品

重松清が好きです!
この人の作品は、感動系とエロ系に分かれると聞きましたが、
エロ系の作品のタイトルを教えてください。
疾走は読みました。なかなかパンチがきつかったです><
流星ワゴンは、かなり号泣しました。

他におすすめがあればお願いします。

Aベストアンサー

重松清さんの官能系作品としては小学館文庫から出ている「なぎさの媚薬」シリーズがあります。
第一巻「海の見えるホテル」から始まって第六巻まであり、統一されたデザインの表紙です。「なぎさの媚薬」で検索すると全六巻の全容が分かります。

そのほかに講談社文庫の「愛妻物語」も同系統です。

Qこのような内容の小説のタイトルが思い出せません;

数年前に読んだ小説のタイトルが思い出せなくて困っています。
ご存知の方がいましたら、教えてください。

【舞台】
『相撲』という国技が過去のものとなっている(たぶん未来の)日本。

【内容】
確か、『掃除』というスポーツの部活動モノ。
ラスト、主人公とヒロインは全国大会(?)へ…みたいな感じで終わる。

ルーツが『相撲』という国技だがその様相は全く違うスポーツ。
『相撲』が『素舞う』になって…というくだりがあった気がする。

その競技は、個人戦と団体戦がある。

競技の方法は、長い得物を使って、以下のようなことをする
 (1)相手と羽(塵に見立てたモノ)を打ちあう
 (2)いくつもの羽(塵)を落とさないように舞う
 (3)一定の範囲にばらまかれた羽(塵)をどれだけ短時間で『掃除』できるかタイムを競う

主人公は怪しげなバーで『舞う』バイトをしたり、中国人(異国人?)のヒロインと一緒に練習に励む

主人公は二刀流の使い手となる。

【本の見た目】
ハードカバー
カバー下の色が鮮やかな赤色
4~5cmくらいの分厚さ(結構分厚い)

ここまで詳細に覚えているのに、タイトルも作者も思い出せません。
よろしくお願いします。

数年前に読んだ小説のタイトルが思い出せなくて困っています。
ご存知の方がいましたら、教えてください。

【舞台】
『相撲』という国技が過去のものとなっている(たぶん未来の)日本。

【内容】
確か、『掃除』というスポーツの部活動モノ。
ラスト、主人公とヒロインは全国大会(?)へ…みたいな感じで終わる。

ルーツが『相撲』という国技だがその様相は全く違うスポーツ。
『相撲』が『素舞う』になって…というくだりがあった気がする。

その競技は、個人戦と団体戦がある。

競技の方法は、長い得物を使...続きを読む

Aベストアンサー

三崎 亜記さんの「コロヨシ!!」じゃないでしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%A8%E3%82%B7-%E4%B8%89%E5%B4%8E-%E4%BA%9C%E8%A8%98/dp/4048740148

Q重松清の作品でおすすめを教えてください!

小学生の時に読んだ重松清さんの『半パン・デイズ』を今になってもう一度読んでみたらとても感動し、また重松清さんの作品を読みたいな、と思っています。
『エイジ』と『青い鳥』を最近読んですごく感動したので、このような作品を教えていただけないでしょうか?

一応現在高校生で、あまりにも難しすぎる話や大人な作品は読みたくないので、逆に高校生くらいの人に読んでもらいたい、高校生だからこそ読むべき!!といった重松作品を教えてください。

自分としては『きみの友だち』を今度は読もうと思っています。
他におすすめがありましたら教えてください!

お願いします。

Aベストアンサー

同じ高校生の自分が読んだ中でお薦め作品は
疾走と熱球です。

いずれもとても面白い本でした!!

疾走(上/下)
http://www.amazon.co.jp/%E7%96%BE%E8%B5%B0-%E4%B8%8A-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/404364602X

熱球
http://www.amazon.co.jp/%E7%86%B1%E7%90%83-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/4101349215/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1264846476&sr=1-1

Qお薦めな作家、小説

お薦めな作家・小説を教えてください。ジャンルは特に問いませんが、ラブラブな恋愛小説、生々しい医療系は苦手なのでそれ以外でお願いします。

【好きな男性作家】吉田修一、伊坂幸太郎、村上春樹、乙一。この4名の本は全て読了済みです。その他奥田英朗、東野圭吾、本多孝好など。

【好きな女性作家】角田光代、森絵都、あさのあつこ、瀬尾まいこ、佐藤多佳子、宮部みゆき。この6名も大体読み終わっています。その他豊島ミホ、桜庭一樹、桐野夏生など。

最近好きな作家の本を読み尽くしてしまいました。新しく良い作家さんを発掘したいのですが、なかなか見つかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり手強い方とお見受けしました(笑

大抵は一通りお読みのようですが、7番のお礼で高村薫さんに触れてらっしゃらないので、もしかしたら未読でしょうか?
でしたら是非一度お読みになって下さい。
私のお勧めは『神の火』『我が手に拳銃を』『李歐』『マークスの山』です。
『我が手に拳銃を』を元に『李歐』が書かれましたが、同じ人物・同じ舞台で違うストーリー展開になっています。

それと「医療系」ではありますが「生々しい医療系」ではない、海堂尊さんの『チームバチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラルルージュの凱旋』はいかがでしょうか。
キャラクターがとても魅力的です。
読まれる場合は、シリーズ物ですので上記の順番でお願いします。


人気Q&Aランキング