タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。

宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が大変遅れて申し訳ありません。
たくさん教えていただき有難うございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/12/23 13:37

「清水義範」は既読ですか?


パロディなど様々なパスティーシュのシリーズ、ユーモア色の濃い小説のシリーズ、西原理恵子との共著「おもしろくても理科」「どうころんでも社会科」のシリーズなど、守備範囲が広く面白いですよ。

「共通項」ですが、深い知識に基づくユーモアセンスがある、といったところが一つ挙げられるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が大変遅れて申し訳ありません。
参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/23 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重松清さんの小説で、緘黙の女の子が出てくる本の題名

題名の通り、
重松清さんの小説で、場面緘黙の女の子が出てくる本の題名が知りたいです。
記憶がもう曖昧になっているのですが、確か中学卒業間際の女の子と
吃音を持った先生の2人がメインとなって 話が展開していたように思います。
また、その内容だけで1冊が構成されているのではなく、いくつかの短編の1つにその話が載せられていました。

重松さんの小説が大好きでよく購入して読むのですが、今回の本は図書館かどこかで立ち読みしただけで…
しばらく経ってから急に読み返したくなったけれど肝心の題名を忘れてしまい、最初に購入しておけば良かったと後悔しているところです。


どなたかご存知の方いましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「青い鳥」ではありませんか?

  http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%92%E3%81%84%E9%B3%A5-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/4104075078

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q重松 清の『見張り塔から ずっと』という本の中の「扉を開けて」について

重松 清の『見張り塔から ずっと』という本の中の「扉を開けて」について教えてください。
この本を先週読んだのですが、結末はこの夫婦の「私」と「佐和子」のどちらかが飛び降り自殺をしたと思うのですが、何度か読み返してもよく分かりません。「私」は部屋の中にいる筈ですので、やはり「佐和子」ですか。「私」は空を見て亡くなった我が子に似た子が目の前に現れるのは、「私」が飛び降りて死んだからですか・・・
あまり本を読まないので、判読力がありません。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

物語終盤の、
 (1)何者かの転落の時点で「佐和子」は不在。
 (2)「私」夫婦は、非常口の合い鍵を持って、時々屋上に出ている。
 (3)何者かの転落直前、非常口の扉は開いていた。
 (4)もともと非常口に興味を抱いていた「健太」は、歓声と共に扉の向こうに出て行く。
 (5)落ちていく影は「ボールのような丸い輪郭」「手足をばたつかせた人の形」
から推測して、

窓の向こうを落ちていく影は、「サッカー少年・健太」(以下「健太」)なのかなと思いました。

屋上でいったい何があったか(故意に「佐和子」が突き落とした、屋上でボールを追いかけた「健太」が誤って転落した、など)は描かれていませんが、

物語のラストで、それまで「佐和子」には見えていた「(亡き)息子・健太」の声や姿を、自分も感じられるようになった「私」が、「息子・健太」の気配を感じながら「佐和子」をいたわってやろうと待つ、という姿が描かれて終わっていることから推測するに、(少なくとも「私」は)「健太」の転落に「佐和子」が関係していると確信していると読めるのかな、と。

こういう風に解釈したので、読了後、「う~ん、日常に潜むサイコホラー」とか思ってました(汗)
全くの個人的解釈で恐縮ですが、参考になればと思います。

物語終盤の、
 (1)何者かの転落の時点で「佐和子」は不在。
 (2)「私」夫婦は、非常口の合い鍵を持って、時々屋上に出ている。
 (3)何者かの転落直前、非常口の扉は開いていた。
 (4)もともと非常口に興味を抱いていた「健太」は、歓声と共に扉の向こうに出て行く。
 (5)落ちていく影は「ボールのような丸い輪郭」「手足をばたつかせた人の形」
から推測して、

窓の向こうを落ちていく影は、「サッカー少年・健太」(以下「健太」)なのかなと思いました。

屋上でいったい何があったか(故意に「佐和子」が...続きを読む

Q重松さん好きの父親に

重松清好きの父親にプレゼントを贈ろうと思うのですが、何かおすすめの本(重松さんの著書以外で)ないでしょうか? 

Aベストアンサー

 こんにちは。私も重松さんの小説が好きでよく読みます(^o^)。
 重松さんの作品でもテーマが家族だったり、中高年が頑張る姿を書いている小説でしたら、浅田次郎さんの「霞町物語」や「椿山課長の7日間」「地下鉄にのって」はいかがですか?「椿山課長の7日間」は最初はドタバタとしたちょっと面白い話なんですが、最後の方で感動して泣いてしまいました。短編も沢山でていて、短篇集もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746663
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583120
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616180
 キラキラした少年が活躍するテーマでしたら椎名誠さんの少年小説はいかがですか。「草の記憶」や「白い手」「犬の系譜」「波切り草」もいいですし、父親と息子のほのぼのとした過激な日々を自伝的に綴った「岳物語」もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31855419
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18692458
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09366642
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31709736
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30435602
 他にも奥田英朗さんもおススメです。映画化された「サウスバウンド」や「マドンナ」も面白いですし、ちょっと若い設定になるかもしれませんが「東京物語」なんかは80年代の若者が仕事に頑張る話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31919080
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31624658
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419155
 良かったら参考にして下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419155

 こんにちは。私も重松さんの小説が好きでよく読みます(^o^)。
 重松さんの作品でもテーマが家族だったり、中高年が頑張る姿を書いている小説でしたら、浅田次郎さんの「霞町物語」や「椿山課長の7日間」「地下鉄にのって」はいかがですか?「椿山課長の7日間」は最初はドタバタとしたちょっと面白い話なんですが、最後の方で感動して泣いてしまいました。短編も沢山でていて、短篇集もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746663
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583120
http...続きを読む

Q東野圭吾さんを凌ぐ作家さん

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなってしまいました。
うまく伝わらないかもしれませんが、例えばマジックって死角になることろに種明かしがあるんだけど、マジシャンに誘導されて、そこばっかり見てるから騙されたりしますよね?東野さんの本は、そんな風に東野さんに誘導されて、自分の”読み”をイイ意味で騙されていました。
そんなスバラシイ作家さんは他に居ますか?ジャンルはミステリーや推理で、お勧めの作家さん教えて下さい。
ちなみに宮部さんは、サブリミナル効果の話だったんですが、あんまり好きな話ではなかったです。特命リサーチみたいな話はあまり好きではないみたいです・・・

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

以下あたりは参考になるでしょうか。
二誌共にノミネートされるようなら、面白さ、間違いないでしょう。
ちなみに、「告白」(湊かなえ 著)のオチには、たまげました。
http://www.geocities.jp/hiro0720summer/konomisu/konomisu.html#TOP1


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報