ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

日本文を書き入れたら英語に翻訳表示してくれるページがあると聞いたのですが、URLをご存じの方教えて下さい。
英語以外の外国語にも翻訳できるページもあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

↓ここなんかのことでしょうか? 「デモ」のところで


 いろいろな言語に(言語から)翻訳できます。

参考URL:http://www.amikai.com/
    • good
    • 0

翻訳サイトではありませんが、メールで英文を送ると自動で


訳を振りつけて返信してくれるのがあります。もちろん、
登録不要で無料です。送信後1分くらいで返信されてきます。
文の形態で翻訳するのではなく、単語の訳を振りつけるだけ
ですが、単語の意味さえわかればなんとかなるという人には
便利かなと思います。

参考URL:http://www.spacetown.ne.jp/yakufuri/index1.html
    • good
    • 0

このHPは私もこの教えてgooで教えていただいたものです。


一度覗いてみては?

参考URL:http://www.trans-mart.net/
    • good
    • 0

とりあえず英語はエキサイトのサイト内にあるココが便利です。



http://www.excite.co.jp/world/

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引き合い案件リスト

引き合い案件リスト を英語で言うとどうなりますか?

日本語の意味は「ある製品/サービスに対して興味を持っている顧客のリスト」というところです。

Inquiry list
Business Inquiry List
Trade Inquiry List

ニュアンスがわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここを見られてはいかがでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=32604

Q英語で「予算」「計画」「見込み」はなんと言いますか

海外の工場にメールを書いて、表の入力を依頼することになったのですが
英語で「予算」「計画」「見込み」などをどう表現したらいいかわかりません。

(1)あるものを作ったり、購入した調達金額。
・(当初)予算(金額)---年度予算時など、まだ形がわからない状態での予測に基づいた金額
・見込金額---外から調達する場合は見込金額=見積金額=実績金額だと思いますが、
社内で作っているものがあるので、見積もりと見込み、実績が違うものがあります。
・実績金額---actuals でいいですか?

(2)(1)を調達できる時期。
・予定(あるいは計画)
・見込み
・実績---actualsでいいですか?

皆様、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の認識不足でした。今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。私の知らない世界でした。以下のリンク先をざっと読んでみました。

おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。

//Project Management プロジェクトの管理

会計側(Cost estimate) Estimating

description 名称
(あ)estimated cost/budget 予算
(い)(actual) cost estimate (実際の)見込み費用
(う)expense /construction cost 費用/工事(設営)費

プロジェクト側(Project schedule) Planning

(え)(initial) planning date 計画(開始)日
(お)prospect completion date 見込み完成日
(か)actual completion date 実際の完成日

以下のリンク先を見ると、ここにはありませんが、もうひとつ resource (通常はプロジェクトの要員)が入るそうですね。ご質問者さんは、専門でしょうけれども、とても易しい英語で書かれています。ほとんどの用語がそのまま使えるように思います。

http://www.epmbook.com/planning.htm

そこには、こんな言葉もありますね。
required completion date 要求される完成日

project's achievements  計画の達成

Wikipedia には、Cost Estimate などがありました

http://en.wikipedia.org/wiki/Cost_estimate

こんにちは。

私の認識不足でした。今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。私の知らない世界でした。以下のリンク先をざっと読んでみました。

おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。

//Project Management プロジェクトの管理

会計側(Cost estimate) Estimating

description 名称
(あ)estimated co...続きを読む

Q「案件」という言葉の使い方

経験の浅い社会人です。
「案件」という言葉の意味と使い方について質問です。

ビジネスの場で、
「この案件については、私が対応します・・・」「今月末までの受注案件は・・・」なんていう表現を耳にします。

「案件」を辞書で引いてみると、
(1)議会・会議で取り上げるべきことがら。議題。例)討議案件
(2)調査すべき事件。訴訟事件。
<三省堂国語辞典>

とあり、意味にちょっとギャップがあるように思います。

また、たまに「物件」という言葉で同じ使い方をしている人もお見受けしますが、私は不動産やさんの「この物件はお薦めですよ」なんていう時の言葉かな、と感じます。。
ちなみに辞書では、「しな。品物。物品」と出ていました。

業務連絡など正式なものを発信するときには、間違った使い方をしたくないので、皆さんの感じ方、使い方などご意見を聞かせてください。

余談ですが、会社にいろんなことを聞ける人がいるといいんですけど、「細かいことをいちいちウルサイ!」といわれてしまいそうで、よくココを利用しています。。

Aベストアンサー

こんにちは。
公共事業にたずさわられるかたでしょうか。
公共事業の分野では「案件」という言葉をよく利用します。かっこよく言えば「プロジェクト」、普通に言えば「仕事」というようなニュアンスでしょうか。
ご指摘の(1)の意味に近いと思います。
「物件」という言葉と比べてみると、

物件:実際にあるもの(品物でも土地でも)
案件:プロジェクトなどの目に見えないもの

という印象があります。

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む


人気Q&Aランキング