出産前後の痔にはご注意!

朝の情報番組で放送していましたが、北極の氷が解けて水面が上昇しているとのこと。
南極は大陸ですから理解はできるのですが、北極は海に浮いている大きな氷ですから水面の高さは変わらないのではないですか?
小学校の理科ですが、水面の浮いている氷が解けても体積が変化するため水はこぼれないはず。もし、氷の上に雪が降ってもその分海面に氷は沈みますから同様のはずですよね。
どうしても理解できません誰か教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

 よくある勘違いですが、温暖化の影響で「北極の氷が解けても海面は上昇しない」「南極の氷が解けて海面が上昇する」は間違いです。


 極点近くはマイナス何十度という世界ですから、多少温暖化したくらいでは氷は解けません。解けるのは北極圏や南極圏の周縁部の氷です。北極圏は周縁部にロシアやカナダ、グリーンランドなど多くの陸地がありますので、そこ(陸上)の氷が溶け出すことで海面を押し上げる効果があります。
 逆に南極では周縁部に陸地が少ないため、解けるのは主に海上の氷です。そして氷が解けて周囲の湿度が上がれば極点近くでの降雪が増えます。従って南極では海の上の氷が雪になって南極大陸の上に降り積もりますので、むしろ温暖化により海水面を押し下げる効果があるのです。
 海水の膨張も、北極圏や南極圏に関してはむしろ逆です。水は4℃の時が最も体積が小さくなります。従って0℃近い極地の海水は温暖化によって膨張どころかむしろ収縮するのです。
 もちろん赤道近くの海水は膨張しますので、トータルでは膨張することになりますが……。
 北極でも南極でも、極地の氷が解けて海面が上昇するというのは、一般大衆向けのわかりやすいロジックであって、必ずしも現実に即した説明ではありません(専門家の間でまじめな顔をしてこんなことをいったら一笑に付されてしまいます)。
 もともと大衆向けのロジックに過ぎませんので、無知なキャスターが北極と言おうが北極圏と言おうが、南極でも南極圏でもどうでもいい話なのです。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

回答ありがとうござました
とっても良くわかりました

お礼日時:2007/08/19 13:29

北極の場合、海上の氷のプレートの上にやまほど氷の山が重なっているので、それが解けて海に流れれば水面が上がるんじゃないんでしょうか。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
でも、氷の上に雪が降ってもその分海面に氷は沈みますから同様のはずですよね。

お礼日時:2007/08/19 13:38

仰るとおり、北極海の氷は海面に浮いているのですから、溶けても水面上昇は関係ありません。

小学校理科程度の問題です。塩分濃度の影響云々はあっても誤差程度でしょう。
しかし、どの情報番組でそのようなことを放送していたのでしょうか。
私の知る限り、「北極の氷が溶けて、観測史上最小となった。原因は地球温暖化と考えられる。」という内容であり、それで海面が上昇するとは言っていないように思えました。例えば↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070816it …
ニュースソースは海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構ですが、彼らにとっても北極海の氷が溶けても海面上昇に繋がらないことは常識ですから、彼らがそう言ったわけではなく、もし海面上昇の原因になるという報道があったとすれば、放送局が勝手に付け加えたことでしょう。もしそうなら放送局の常識が疑われると思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:36

詳しい事は他の方が答えてるので



北極の氷が溶ける話の出所は
アメリカのシュミレーションの試算結果からでしょうね

早くてあと40年だそうです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:32

まず質問への直接の回答。

これは7番の回答に一票だね。
現実に影響するかどうかはさておき、海水が「濃い塩水」で浮いてる氷が「それより塩分の薄い水」を凍らせたものだと考えれば、少なくとも理論上は北極に浮いている氷が溶けることで水面を上げる働きはあるよ。

これは問題を極端にしてみれば分かる。例えばバケツに氷の塊をいれて、そこに水銀のような凄く重たい液体を溢れる一歩前までなみなみと注いだとしよう。氷は大部分が浮いた状態になるよね。
この状態で氷が溶けたら、水になってバケツから溢れるのは直感で分かると思う。
実際には海水と北極洋の氷の比重なんて微差だろうし、まして地球上の海水量の膨大さを考えたら影響なんてないも同然だけどさ。

TV番組なんて今どき気の効いた人種なら誰もまともに相手にはしてないだろうけど、確かに「北極の氷が溶けて海水面が上がる」というのは説明としてはナメた表現だとは思う。
やはり他の人達も書いてる通り、「北極の氷が溶けるくらいに暖かくなると、もっと緯度の低いところの地上にある氷はもっと溶ける。海水だって(極地以外の場所では)膨張して体積が増える。だから海水面が上がる。北極の氷が溶ける事自体は海面とは関係ないけど、北極で氷が溶けるほど温暖化すると、他の理由で海面があがるからヤバイ」という説明にするべきだろうね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:32

環境保護団体がプロパガンタで 北極の氷が解けている所の映像を流しまわっているので


そういった【嘘】がまかり通っているのでしょうね。
(南極などは 映像になる程の変化が無いので、使われる事はありません)

5000~10000年前は 現在より3~5℃温度が高かった事や
現在では 氷河期に向かって 年々温度が下がってきている(地球規模での)時代である事を隠蔽し、
ここ 数十~百年程度の【超】短期間のデータで プロパガンタしていますから
(捏造)資料が不足しているのでしょうね。
(尚、二酸化炭素が現在の温度上昇の原因であるかどうかは 誰も証明しておらず
仮説の内のひとつでしかありませんが、
これもプロパガンタで事実の様に報道していますね)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:30

最近、「北極の氷が解けても水面が上昇しない」話、あちこちで聞きますが、あれ、いつから北極限定になったんでしょうね。

昔は世界中の雪や氷が溶けてっていう話だったんですけど、昨今は北極限定な感じになってますね。

自然環境問題の話ってややこしくて、偽情報をあえて流している人がいたりするんですよね。で、環境保護側にも、環境非保護側にもいるんですねこれが。
で、環境保護側の場合、なにせ地球全体の自然現象の話なので科学的に解明されていない事が多く、そこから曲解した場合の嘘情報だったりします。ま~環境保護団体の行き過ぎた行動はよく報道されてますから、いかにもという感じもします。
で環境非保護側などは利権の確保のための勢力がほとんどで京都の時だったか他の国際会議のときだったか、その手の組織がロビーで嘘情報流してる姿が報道されてました。たしかBBCだったかがそれをすっぱ抜いて番組にしてました。その時は石油がらみでしたね。

いつから北極限定になっていったのか、そこを調べてみるのがよいのではないですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:30

北極の氷が溶ける事が直接の原因では無くとも指標の1つと言う事かも知れませんよね。



アフリカのゾウのクシャミが地球の大地の果てに及ぼすチカラがあるかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:29

#5です。


確かに誤った報道と思います。
知らない方が見ると誤解しますよね。

ところで、アルキメデスの原理ですが、
氷を浮かべたとき、液体の比重によって「受ける浮力」が変わる、
つまり、氷の液面上に出る体積が変わるだけ、と言う認識でしたが
液体の比重によって氷が溶けたときの液面の高さが変わるとは初めて知りました。

アルキメデスもビックリです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/19 13:27

北極の氷(浮いている)単体が融けるだけでも、海面は上昇します


アルキメデスの原理は、『真水』の中に、『真水の氷』が浮かんでいて、
氷が融けても水位は変わらないというものです

北極海はもちろん海水(塩水)です 比重1,025
水は氷る時、融けている物を排出する特徴があります、北極の氷はほぼ真水の氷ということです 比重1

氷が海水に融けたら、比重の差2.5%分水面が上昇するはずです

まぁ、実際にどの程度海面が上がるか分かりませんが、増えるのは確実と思います
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなり理解しました。
でも、海水に真水の氷が溶ければその分海水も薄まり比重差は減りますから上昇は比重差2.5%のうちの数%でごくわずか ということですね。

お礼日時:2007/08/17 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全世界の氷が溶けても水位はあがらない??

正月の討論番組の1コーナーで環境問題の嘘を語るみたいなモノをやっていました。その中で宮崎哲弥さんか誰かが、この世の氷が全て溶けても水位はあがらない。ツバル共和国が水没しそうなのは、米軍が昔飛行場を建てて地盤沈下がすすんでいるだけであって、水位があがっているわけではないみたいな事を言っていた記憶があります。

その中で例を出してコップに一杯に入った水の中に凍りの塊をいれたとして、それがこぼれなかったとします。氷が全て溶けても水はあふれないというような事を言っていましたが本当でしょうか?だから世界中の氷が溶けても水はあふれない、だから水位は一定みたいなことのような事を言っていた気がします(この辺あやふやです)

仮にコップの話ですと、コップの中に沈んでいる氷の体積分が溶けてもコップから水はあふれ出ないと思いますが、コップから突き出ている氷の部分が溶けたらコップから水があふれ出てくるような気がします。つまり水位はあがるような気がするんですがどうでしょう?

Aベストアンサー

その番組は見ていませんが、
>この世の氷が全て溶けても水位はあがらない。

コップの水に浮かぶ氷の例は北極海の氷の例だと思いますが、地球上の氷は例えば、ヒマラヤの氷河、グリーンランドの氷河、シベリアの永久凍土、南極大陸の上の氷と広い土地の上や地下にも存在します。
そのコップの例は、地上や地下や永久凍土のことを忘れているのではないでしょうか?

北極海の氷が融けだすと、白い氷は太陽光を反射してその下の海水温や地上の温度は上がりませんが、氷が融けると、太陽熱は海水の温度を上げます。
また、北極海が凍ることで、地球上の海の潮は何万年もかけて世界を回流するのですが、北極海の氷が融けると回流の形が変わってきて、ヨーロッパは寒くなります。今年夏、北極海の氷は過去最低の大きさで、今年のヨーロッパはたいへん寒いです。

また、シベリアでは永久凍土が溶け出して、永久凍土によって閉じ込められている天然ガスが地上に吹き出ているそうです。その天然ガスは地球温暖化にさらに拍車をかけます。

去年のバングラディッシュの洪水もヒマラヤの氷河が溶け出している影響とも聞きます。


ツバルの島はすでに海水につかって、塩害で作物も出来ない、家の床上まで浸水しているTV番組を去年見ました。
ツバルの島民たちは本当に気の毒です。
島民たちは他の国に移民したくとも、年齢制限や就職問題があったり、家族離散とか、故郷がなくなるだけの問題では無いのですから。

正月からそんな能天気な番組やっている日本の放送局とか他の国から馬鹿にされませんでしょうか。

スイスの山では突然家が大きな穴に陥没してしまうとか山崩れとか永久凍土が溶けることの被害が出ています。
そのうち、ヒマラヤの氷河が溶けて多くの湖が出来ていて、永久凍土が溶けると、その湖の水が決壊して麓に大きな被害をもたらすといわれています。

もし、この質問がコップの中の氷の話でしたら、
コップに氷を入れ、水をコップぎりぎりまで注いで行きます。
氷が完全に融けても、水はこぼれません。勿論。表面張力で水は多少コップの淵より盛り上がりますが。

>正月の討論番組の1コーナーで環境問題の嘘を語るみたいなモノをやっていました。

もしかして、その番組ってお笑い番組ですか?

その番組は見ていませんが、
>この世の氷が全て溶けても水位はあがらない。

コップの水に浮かぶ氷の例は北極海の氷の例だと思いますが、地球上の氷は例えば、ヒマラヤの氷河、グリーンランドの氷河、シベリアの永久凍土、南極大陸の上の氷と広い土地の上や地下にも存在します。
そのコップの例は、地上や地下や永久凍土のことを忘れているのではないでしょうか?

北極海の氷が融けだすと、白い氷は太陽光を反射してその下の海水温や地上の温度は上がりませんが、氷が融けると、太陽熱は海水の温度を上げ...続きを読む

Qコップの中の氷が解けても水位が変わらないのはなぜ?

タイトルのまんまです
浮力とかの関係なんでしょうか?
詳しく教えてください!

Aベストアンサー

 まさに浮力の関係です。
 有名なアルキメデスの法則は、「物体に働く浮力の大きさは、その物体が液体の中につかっている体積の液体の重さと同じである」というものです。

 水に浮いている氷の場合、氷全体の重さが浮力とつりあっています。つまり、氷の重さは「氷が水につかっている部分の体積に相当する水の重さ」と同じです。
 氷が溶けて水になっても重さは変わりませんので、水の体積は、その水が氷の時に水につかっていた部分の体積と同じになり、氷が溶けても水位は変わらない、ということになります。
 

Qコップ一杯の氷水の氷が溶けても溢れない理由は?

高校の理科の範囲までは、理解できますので教えて頂けないでしょうか。また、その氷水の水が真水ではなく、食塩水(大匙一杯の塩が溶けている)の場合ではどうなりますか?

Aベストアンサー

「アルキメデスの原理」をご存じでしょうか。いわく、
「ある液体の中の物体に働く浮力は、その物体が押しのけている液体の重さに等しい。」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86

いま、コップにいっぱいの水があり、その中に100gの氷が浮いているとします。氷の大部分は水中ですが、水の上にも氷の頭が出ていますね。
この状態で氷は「浮いている」ので、氷に働いている浮力は100gです。すると、上の原理により、氷が押しのけている液体(この場合は水)の重さが100gだということです。
100gの氷が溶けると100gの水になります(重さは変わらない)ので、氷が溶けると、その量は氷が浮いてるときに押しのけていた水の量と同じです。
したがって、水面はまったく上がることはありません。
氷が浮いている液体が食塩水の場合は、この液体の重さは氷(水)よりも少しですが重いので、押しのけている液体の「かさ」はちょっとだけ少なくなります。すると氷が溶けて水になる「かさ」の方がちょっとですが多いので水面は上昇すると言うことになります。

「アルキメデスの原理」をご存じでしょうか。いわく、
「ある液体の中の物体に働く浮力は、その物体が押しのけている液体の重さに等しい。」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86

いま、コップにいっぱいの水があり、その中に100gの氷が浮いているとします。氷の大部分は水中ですが、水の上にも氷の頭が出ていますね。
この状態で氷は「浮いている」ので、氷に働いている浮力は100gです。すると、上の原理により、氷が押しの...続きを読む

Q北極の氷が溶けても水位は上がらないって本当ですか。

南極の氷が温暖化によって溶けると海の水位が上がるのはよく知られた事ですが、北極の氷が溶けても水位に影響は無いと聞きました。何故ですか?同じ氷なのに…。

Aベストアンサー

北極の氷は「海面が凍結」したものだからです。
コップに中に氷を入れてから口ギリギリまで水で満たして試してみれば分かりますが、氷が融けてもコップから水はあふれません。
なぜなら「浮かんでいる時点で融けたときと同じだけの水を押しのけている」からです。


なお、南極の氷は「陸の上にある」ので融けるとその分が海に流れ込むのでその分海面が上昇します。

Q北極の氷が溶け何故海面上昇が起こるのか?

 よく氷が溶けて海面が上昇すると耳にするのですが、氷は水が膨張した状態ですよね。なのに何故海面が上昇するのでしょうか? 
 コップに水と氷をめいっぱい入れた状態にして氷が溶けたとしても水はコップからこぼれたりしませんよね。
 

Aベストアンサー

地球上の水は約14億Km3あるそうです。
http://www.e.chiba-u.jp/~inabah/gimon/wa11.htm
海水が98.37%、氷河が1.59%、地上の水は0.036% だそうです。
仮に氷河が全部溶けたとしても海水が1.6%増えます。(13.772億Km3→13.996億Km3)

水が凍ると1割ほど体積が増えるそうです。グラフを見ると4度で13.772億Km3だとすると、8度になることによって15.1492億Km3(一割増)になるようです。
http://www.kdcnet.ac.jp/buturi/kougi/buturiko/heat/heat1/fig-water.htm
しかも、一次関数ではなく2次関数なようですから、10度→11度でも1割ぐらい体積が増えそうです。(赤道直下の温暖化による海水の膨張は南極、北極に比べて非常に大きい)

つまり、氷が水になる地域よりも海水自体の温度が上がることによる体積の上昇の方が影響が大きいと言えると思います。
氷が解けて海面が上昇すると言うのは分かり易いから広まったんだと思います。

地球上の水は約14億Km3あるそうです。
http://www.e.chiba-u.jp/~inabah/gimon/wa11.htm
海水が98.37%、氷河が1.59%、地上の水は0.036% だそうです。
仮に氷河が全部溶けたとしても海水が1.6%増えます。(13.772億Km3→13.996億Km3)

水が凍ると1割ほど体積が増えるそうです。グラフを見ると4度で13.772億Km3だとすると、8度になることによって15.1492億Km3(一割増)になるようです。
http://www.kdcnet.ac.jp/buturi/kougi/buturiko/heat/heat1/fig-water.htm
しかも、一次関数ではなく2次関数...続きを読む

Q北極・南極の氷が全部溶けたらどうなる?

地球温暖化の影響か北極や南極の氷が溶け出しているという。
北極は昔は氷でびっしり覆われていたが、大型船が通れるルートが出来るくらい溶けてしまっている。
南極は夏季には雨が降ったという。
もし北極や南極の氷が全部溶けたら、地球はどうなるのだろうか?

Aベストアンサー

全部解ける前に気温がかなり上昇しているでしょぅから、暑さに弱い生物は絶滅してしまうでしょう。南極の氷は厚い所では3000mもあるようなので、海面が70m位は上がると計算されているようです。

太陽の活動周期と、地軸の揺れが合わさると 20C位の上下はあるといわれています。しかしそれでも南極点の氷が解けてしまうことはありません。

IPCCなどが発表している程度の上昇なら、南極の周辺部の氷は解けるでしょうが、湿った大気が大陸に流れ込むので、南極の氷は増えるとされています。

Q南極の氷が解けても海面の水位は変わらない?

北極の氷は浮いているので解けても水位は上がらないが、南極の氷は大陸の上に乗っているので解けると海の水位が上がると思っていました。
   しかし、4月1日放送の読売テレビの「たかじんのそこまでいって委員会」で南極の氷が解けても水位は変わらないと、出演した教授が発言していたそうです。理由も当然いったそうですが聞いた人は良く分からないとの事で、どなたかご覧になられた方で、分かり易く教えてくださる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

番組は観ていませんが面白そうなので検索してみると
 温暖化する → 大量の水蒸気が発生する → 南極上空に流れ込む  → 雪になる
 → 南極大陸の真ん中から氷が厚くなり、大陸の端の氷が押されて海に落ちる
ということらしいです。南極大陸は-50℃過冷却だとか???

南極大陸といっても沿岸部はもっと高温ですし、
なんだか熱量のサイクルもおかしいような気もします。
過去の海面上昇をどう説明するかもわかりません。
ただ、正誤は別として気温が上がってから実際に海面が上昇するまでには
相当の時間がかかるんじゃないか、という感じはしますね。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q氷の入ったコップの中に水をいっぱい入れて氷が溶けると

平成教育委員会か何かでやっていたのですが、ド忘れをしてしまいました。

コップの中に氷を入れて、いっぱいまで水を入れて、氷が溶けるとコップの水はどうなるのでしょうか?
水をコップにいっぱいにいれても、氷は微妙にですが、水から頭がでてますよね?
その部分だけ、水の体積が増えるのでしょうか?
自分の記憶でしたら、水が溶けても水の体積が増えないというものだったのですが・・・
また、そうでしたら、なぜ南極の氷が溶けたら、地球全体の海水上面が上昇するのでしょうか?

Aベストアンサー

> 水をコップにいっぱいにいれても、氷は微妙にですが、水から頭がでてますよね?
> その部分だけ、水の体積が増えるのでしょうか?

増えません。

氷が浮いている、ということは、浮いている氷の水面下の体積にあたる水の重さと、氷全体の重さが等しい、ということです。

氷が溶けると、(溶ける前と)同じ重さの水になりますから、ちょうど、氷が押しのけた
分と同じ体積になる(つまり、水は凍ると体積が増える)ということです。

> また、そうでしたら、なぜ南極の氷が溶けたら、地球全体の海水上面が上昇するのでしょうか?

南極の氷は水に浮いているのではなく、南極大陸という地面の上にある氷ですから、溶けた場合には
その分の体積の水が海に流れ込むことになります。

Q鉄の船ってなぜ浮くんですか?

船ってなぜ浮くんですか?
鉄のかたまりがなぜ浮くのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

お風呂に洗面器を浮かべたところを想像してください。
洗面器を上から押すと、お湯を押しのけるのに結構力が要りますよね?
これは、洗面器に押しのけられたお湯が、元に戻ろうとして洗面器を押し返しているんです。
この、押し返す力=押しのけられたお湯の量=押しのけられた水の重さと洗面器の重さを比べてみて、洗面器のほうが重ければ沈みますし、軽ければ浮かびます。
鉄の船は、中が空洞になっていますから、実際には押しのけている水の量よりも、だいぶ軽いんです。
だから、半分浮いて半分沈んでます。
中の空洞に鉄のかたまりを詰め込めば、押しのけた水よりも重くなってしまって、沈んでしまいます。


人気Q&Aランキング