利息制限法と出資法の関係ってどんなものですか?あとグレーゾーンって何ですか?どんな問題点があるんですか。専門家の方是非教えてください。   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「利息制限法」というのは、その名のとおり、利息の最高限度を規定する(筈の)法律です。


規定は、利息の場合、貸付元金によって年利15%から20%までですね。(ほかに遅延損害金の定めもあります。)

わが国における金利の制限は、江戸時代からも行われていますが、現在の法律の基礎は明治10年に作られました。
そして常に金利の制限法を策定する場合に問題にされたことは、
「あまり強引な規定にすると、借りたくても借りられない事態が生じるし、一方でヤミ金融がはびこる」
という問題でした。

そこで明治の当初から、「それ以上の金利の約束をして、借りたほうが任意に支払った場合は有効」
しかし、「裁判上は、超過部分は無効」という考え方で、その考え方は、今でも残っています。

このように、任意に支払った場合は自由とするものの、特に戦後の著しいインフレ期に、
あまり高すぎる金利は刑罰で取り締まることになって、「出資法(略称)」が制定されました。
これは、今までの民事法ではなく、特別刑法で、最高限度は年109.5%でしたが、段々低くなってきて今では年29.2%で、
これに違反すると懲役または罰金です。

以上のほか、貸金業者に対しては、いろいろの規制をしてきましたが、昭和50年代いわゆるサラ金問題解消のために
「貸金業法(略称)」が制定され、規定された貸付契約書面の交付、弁済の都度の受取書の交付などの要件を備えて、
借主が任意に支払った場合、利息制限法の規制金利を超過していても「有効な利息の支払」とみなす、ということに定めました。
強行規定の利息制限法の例外としたわけです。勿論、出資法の金利を超えることは認められません。

つまり、出資法違反はブラックで、違反すれば刑罰、利息制限法以下はホワイトで問題ないが、
利息制限法を越え、出資法以下はグレーで、一定の条件を備えておれば、法律的にもこれを認めるというようにしました。
これが、グレーゾーンというわけです。

ここで法的に認めると言いましたが、「既に条件を満たして支払われたもの」に限られています。
これから支払えという要求を裁判所を通じて行う場合には認められません。その場合は利息制限法ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやー、感服しました。専門書は難しい言葉で書かれているのでいまいち理解できませんでしたが、takeupさんの回答は非常に分り易く、大変参考になりました。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/01/31 04:11

きゃーーーーやってしまいました(;_;)


そのとおりです。パーセント表示に直すときに間違えました。
kyaezawaさん、訂正ありがとうございます。
    • good
    • 0

Saeraさんの補足です。


利息制限法の利率が1桁違いますね。

元本が10万円未満の場合 年2割
元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
元本が100万円以上の場合 年1割5分
2 債務者は、前項の超過部分を任意に支払つたときは、同項の規定にかかわらず、その返還を請求することができない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただき有難うございました。

お礼日時:2001/01/31 04:20

両方とも金銭消費貸借(借金)の利息を制限する法律です。


利息制限法
 ・利息は元金 10万円まで・・・年2%まで
        10万円以上100万円まで・・・年1.8%まで
        100万円以上・・・年1.5%
 ・制限をこえた利息も任意に支払えば有効
 ・違反しても罰則はない
出資法
 ・利息は年109.5%まで 貸金業者の場合は年40.004%まで(以前。現在はもうすこし低くなっているはずですが資料を持ち合わせていません)
 ・罰則有り

この、利息制限法の規定を越え、出資法の規定を超えない範囲がグレーゾーンと呼ばれるものです。
利息制限法に罰則規定がないため、貸金業者は利息制限法以上の利息の設定をし、借りる側は法律知識が少ない場合が多いため利息制限法違反の利子を支払わされることになります。
このため利息制限法の意義がとわれています。

専門家ではありませんが参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして、saeraさん。回答ありがとうございます。利息が一桁間違っていたようですが充分に参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2001/01/31 04:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグレーゾーン金利(利息)過払い金請求と延滞利息に付いて

今、過払い金利息の計算をしているのですが、
上限金利、延滞利息、その他に付いて詳しい方が居ましたら教えて下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019209555
↑ 
以前yahoo!知恵袋でも質問しました...

弁護士は誰にお願いするか良く考え、依頼するつもりです。

前知識としてご意見を頂きたく、少し内容をさらけ出し、質問したいのですが、閲覧者の皆様どうかご意見お願い致します。

※現在、まだ債務は完済してません。
(残高約100万円有り)(相手会社、S○○G)

※経緯
平成9年に200万円借入、利息のみの返済が続く。

平成12年6月、債務者・保証人の不動産に仮登記打たれる。
(支払月が毎月5日でしたが、入金後、数千円の不足額があり、
その支払いを1週間ほど遅れましたが入金しました...が、
その間に付けられました。根抵当権設定仮登記、保証人も知っています)

その後平成14年2月迄、これまで通りの利息のみ返済を行う。

平成14年3月以降、支払いを拒否、
同年、3桁しか入っていない通帳を差押え。
それでも、支払いは拒否、保証人も同様に拒否。

平成17年、債務者不動産を任意売買の為、債権者と話し合い、
売却代金からの一部入金と言う事で、根抵当権設定仮登記抹消)

同年、利息6%(月額2万円)と言う事で、残額分割返済をする事で金消契約、

平成18年、未払月が1ヶ月有り、
利息6%(月額2万円)と言う事で、残額分割返済をする事で再度、金消契約、

平成20年、毎月の遅延の為、月支払額の減額を申し出て、
利息6%(月額1万円)と言う事で、残額分割返済をする事で再度、金消契約、現在に至る。

年利6%の契約に、根保証の時の連帯保証人は付けていない。
債務者会社が債務者(根保証時も同様)と代表者個人のみが保証人。

※根保証時の契約は、そのまま残してある状態。

※その他の情報...
・仮登記打たれた不動産に付いては、競売開始決定がなされたとしても、
これに優先する債権(先順位抵当権者満額)にも満たないので、
取り消される事が目に見えています。(仕事柄、そのようなケースを見てきました)

・根保証の時の契約書が有りません。
6%の契約時に破棄してしまったようです。
長期延滞の時期があった為、過払い請求は無理?と思い諦めてましたので。

・根保証契約時に、平成13年8月、11月に月跨ぎの延滞がある。

・根保証契約時に、月は跨がずとも、度々の延滞がある。

・金利引き直し計算結果では、根保証契約時の
平成12年12月で、元金の返済は終わっている。

・金利引き直し計算をした場合の現在の残高は
過払い金に利息を付さない場合、-170万円(請求出来る)
過払い金に利息を5%付した場合、-170万円(請求出来る)の他40万円(計210万円)
を請求出来る計算になっています。
(残高10万以下のとき20%、100万円以下のとき18%、100万円超のとき15%で計算)

そこで質問ですが・・・

1)「期限の利益の喪失」「一括請求」に付いて、
その時の書面等、保管していません。やはり、上記の平成12年仮登記を打たれた時期や、
平成14年、支払いを止めた時期が当てはまるのでしょうか?

殆どの契約書には、1日でも遅れた場合は、「期限の利益の喪失」?と記されてる
気がしますが...3日でも、5日でも、延滞した日は、延滞利率を計上して計算しなおしたほうが
良いでしょうか?その場合、遅れた日数分でしょうか?

2)過払い金請求をするにあたり、保証人に煩わしい思いや負担を減らすには、やはり、
現在表面上ある残高約100万円を一括返済してからの方が良いでしょうか?
完済の後なら、根保証契約時の連帯保証人と、S○○Gとは、一切関係なくなるのでしょうか?
(その分余分に取り戻せた場合でも、弁護士報酬に乗ってしまいますが...それでも良いと思ってます)

3)現在表面上ある残高約100万円を完済しないで、過払い金請求をした場合、
具体的には、保証人に対してどんな嫌がらせが有りますか?
(債務者・保証人とも、仮登記を打たれたあとは、開き直っています)

4)債務者として、現在の100万円残はチャラ、尚且つ過払い金を取り戻し、
弁護士費用を支払っても、100万円位は手元に残し、その中から保証人にも
渡してあげたいと思っていますが、こんな案件でも勝算は有りますでしょうか?

根保証契約途中で、既に返済は終わっており、その後別の契約方法(年利6%)とかで
新たに契約を交わしてたりしていますが、引き直し計算上の完済後の入金に付いては、
相手方に預けている状態だと思うと、本当に腹がたって仕方有りません。

乱筆・乱文で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

今、過払い金利息の計算をしているのですが、
上限金利、延滞利息、その他に付いて詳しい方が居ましたら教えて下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019209555
↑ 
以前yahoo!知恵袋でも質問しました...

弁護士は誰にお願いするか良く考え、依頼するつもりです。

前知識としてご意見を頂きたく、少し内容をさらけ出し、質問したいのですが、閲覧者の皆様どうかご意見お願い致します。

※現在、まだ債務は完済してません。
(残高約100万円有り)(相手会社、S○○...続きを読む

Aベストアンサー

過払いの質問なのに、借入利息が明記されていないのが気になりますね。

> 1)「期限の利益の喪失」「一括請求」に付いて、
> 平成12年6月、債務者・保証人の不動産に仮登記打たれる。
仮りでも、保証人の不動産に差し押さえの手続きがなされたのであれば、この時点で一括請求の手続きが行われたとする理由付けには十分と思います。
第三者(裁判長等)が債権者の主張として聞けば、相手の主張の根拠として受け入れる可能性があると思います。

> 2)過払い金請求をするにあたり、保証人に煩わしい思いや負担を減らすには、やはり、現在表面上ある残高約100万円を一括返済してからの方が良いでしょうか?
当然、その通りです。

> 3)現在表面上ある残高約100万円を完済しないで、過払い金請求をした場合、具体的には、保証人に対してどんな嫌がらせが有りますか?
利率がないから計算できないが、過払いではない可能性もある。
で有れば、不動産の競売手続きというのが一番。

> 4)債務者として、現在の100万円残はチャラ、
取引履歴による、引き直し計算の結果はどうでした?遅延利息の期日次第では、過払いになっていない可能性もあります。

33%の金利だと、差は18%。過払いになるには6年弱必要。
ネットで質問するより、取引履歴を専門家に見てもらうのが最初と思います。

過払いの質問なのに、借入利息が明記されていないのが気になりますね。

> 1)「期限の利益の喪失」「一括請求」に付いて、
> 平成12年6月、債務者・保証人の不動産に仮登記打たれる。
仮りでも、保証人の不動産に差し押さえの手続きがなされたのであれば、この時点で一括請求の手続きが行われたとする理由付けには十分と思います。
第三者(裁判長等)が債権者の主張として聞けば、相手の主張の根拠として受け入れる可能性があると思います。

> 2)過払い金請求をするにあたり、保証人に煩わしい思い...続きを読む

Q民法/債権法;「金銭消費貸借契約」と「利息制限法違反」の場合の支払利息について。

民法90条では「公序良俗、法令違反の契約は無効」である、という主旨だと理解しているのですが。「利息制限法」(強行法規)違反の場合、違法な利息を定めた「特約」が無効となり。1)「特約」が無効になった以上、利息に関する取り決めは無いのですから。民法の法定利息である5%を支払えばよいのか。
2)民法の典型契約である、「金銭消費貸借契約」は原則無利息(ローマ法の影響と「テキスト」にありました)なのですから、「法は、不法を保護しない(?)」という法格言の精神から、元本だけを返済すればよいのか。3)「利息制限法」の規定を超える、違法な利息のみ支払い義務が無くなるのか。
 初学者の特権で、想像を逞しくして「法の世界」「法の精神・理念」を夢想しております。と言うより「判例集」から、回答を導き出せるまでに、知識・勉強がまだ到達していない、と言うのが正直な偽りの無い実態です。
 法律家、法律学専攻の方、その他教えて頂ける方。どうか、ご教示お願い致します。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特別法は一般法に優先する。
ゆえに
「金銭消費貸借契約」については
一般法である民法より
特別法である「利息制限法」が優先して適用されます。

>「利息制限法」(強行法規)違反の場合、違法な利息を定めた「特約」が無効となり。1)「特約」が無効になった以上、
ご質問者の理解ではここがちょっと違うようですね?
「その超過部分につき」無効となります。

Q貸金業法及び利息制限法について

ある高利貸しからH23年9月に元金10万と称して9万円を借入ました。
書面はなく、月1万円の利息だとのことで、10月、11月、1月、2月各1万円ずつ返済をしたところで、滞納してしましました。
担保として妻の子のパスポートを預かられています。当初の約束ではいつでも使いたいときには、戻すとのことでしたが、滞納しているとのことで、応じてくれなくなりました。
家族で妻の実家に旅行する予定があるので、どうしても返してほしいと御願いしたのですがだめでした。
全額一括で返済できればよいのですが、それは無理があります。
とりあえず、この件で業者か個人かわかりませんが、パスポートを取り上げられているということは、貸金業法違反になるのではないかと思い、警察に相談したところ、その場で電話してくれたのは良いのですが、相手方は相談にのるとは言っても、お金を払ってくれないと無理とのこと。
一応、業法違反の件を伝えると、それであれば、旦那(私)と契約書を交わすのであれば返すと言われました。
この契約を交わす時に利息を法外な率で言ってくる可能性がありますが、個人同士の契約であっても利息制限法は適用されますか?

ある高利貸しからH23年9月に元金10万と称して9万円を借入ました。
書面はなく、月1万円の利息だとのことで、10月、11月、1月、2月各1万円ずつ返済をしたところで、滞納してしましました。
担保として妻の子のパスポートを預かられています。当初の約束ではいつでも使いたいときには、戻すとのことでしたが、滞納しているとのことで、応じてくれなくなりました。
家族で妻の実家に旅行する予定があるので、どうしても返してほしいと御願いしたのですがだめでした。
全額一括で返済できればよいのですが、それは無理...続きを読む

Aベストアンサー

奥様の実家は海外ですか??

まずは、滞納している分(現時点で3か月分?)を支払って、滞納分をなくしてからパスポートの交渉をしてみては??

9万円借りて、月1万円の利息で月に1万円ずつしか返してないのだとしたら、いつまでたっても利息しか払ってない事になりますし、そもそも利息の金額設定がおかしいですね。
ただ、書面もなくて借りた証拠も返した証拠も何もないのが、なかなか厳しい状況かな・・・と。

いっそ、契約書を交わして利息の確認とかちゃんとした方が良いんじゃないですか?
そもそも、そんな会社だと分かってて契約をした時点で、警察での対応は難しいかと・・・。
弁護士に相談した方が良いかもしれませんね。
最初から法律違反ですから。

Q法のグレーゾーンに白黒つけてくれる所、ありますか

今日、秋田市で母子家庭の情報を民生委員に渡すのが個人情報保護に抵触するとのことで見送られることになったそうです。
この『法に触れる』かもしれない問題に直面した時、本当に触れるかそうでないか法の解釈が分かれるような場合、特に当事者に悪意が無い場合、事前に相談する窓口というのはあるのでしょうか。訴訟になり判決を得るしか方法がないと、『心情としてはやりたいが、法に触れるのならやめるが、触れないのならやる』という判断が出来ないように思います。
弁護士に相談して意見が分かれるようなケースもあると聞き、今日のニュースに限らず、法のグレーゾーンに白黒つける方法やつけてくれる機関ってないのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっとご質問の内容とはずれるのですが、各省庁が「法令適用事前確認手続」(いわゆる「ノーアクションレター」)という制度を導入しています。

これは、特定の法律条文について、適用の対象となるかどうか担当省庁に公式に確認できるという制度です。

No.2 さんの省庁に電話して聞くというのと違い、公的な制度ですから、わからないとかたらいまわしにされるとかいうことはありません。

ただ、確認できるのは、あらかじめ指定された特定の条文の適用の有無のみであり、どんな法律でもよいというわけではないのが現状では問題です。ノーアクションレターの範囲を広げていくことで、ご質問者の求めるようなものが実現できるかもしれません。

あとは、事件をでっちあげてでもテストケースとして訴訟するというようなことも考えられますが、日本では受け入れられなさそうです。

Qソープ・パチ屋と貸金業法(グレーゾーン金利)改正

売買春は(特にソープランドやヘルス)現時点では日本国内では違法ですよね?

パチンコ屋もカジノに当たりますよね?(現実は…)

いわゆるグレーゾーン金利と同じで極めてクロに近いシロって奴ですか…?

金融庁が動いたように公安委員会(警察庁/法務省)が
重い腰を上げて政治的処理として動くことは出来ないですかね?

まぁそうしても闇金が多分増えるように違法な風俗店や援助交際・闇カジノが増えるだけかも知れないですがね。

と、いうより早い段階で(小学校一年くらいから?)教育プログラムに
倫理・道徳・モラル・リスクなどネガティブなことを敢えて教えとき
更にそれに対する嫌悪感を抱かせるように仕向けても、やはり現状は
変わらないですか?

根本的に教育の根底から叩き直し・教育への裁量権を拡大させて、半強制的に(まぁ自由への侵害だと叫ぶ者も少なからず居るはずですが…そういう人に限り自由と責任を考慮しない人…つまり権利ばかりを主張して義務を果たさない人が多い感じもしますが。自由意志を否定する訳ではなく、社会を考える上で一定の自由への束縛(つまり法)が必要なのは誰も否定はしないとは思いますが、要はバランス?
カントなどを出す訳では在りませんが、哲学的に人間性を考える上では今の慷慨した社会では解決しない事に思えてなりません。

教育だけではなく全てに何か閉塞感が溢れるこの時代に必要なのは
一種の革命的な(クーデターを肯定はしませんが)
風穴をぶち開けて、火柱を立てる…その初めに教育を叩き直す
必要性は十二分にある気がします。

で、…初めに戻って(すみません)あれ(風俗)はやっぱ消せないんですかね?

売買春は(特にソープランドやヘルス)現時点では日本国内では違法ですよね?

パチンコ屋もカジノに当たりますよね?(現実は…)

いわゆるグレーゾーン金利と同じで極めてクロに近いシロって奴ですか…?

金融庁が動いたように公安委員会(警察庁/法務省)が
重い腰を上げて政治的処理として動くことは出来ないですかね?

まぁそうしても闇金が多分増えるように違法な風俗店や援助交際・闇カジノが増えるだけかも知れないですがね。

と、いうより早い段階で(小学校一年くらいから?)教育プログ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

パチンコは私は過去にやった事はありますが、30分もするとあの騒音で頭痛がしてくるので、以降していません。
まずパチンコ店に関しては、廃止は無理だと思います。
「公安委員会(警察庁/法務省)が重い腰を上げて政治的処理として動くことは出来ないか」という事ですが、そもそもパチンコ業界は公安委員会の天下り先の一つです(参考URL参照)。
自分達の天下り先を無くすようなマネは、まずしないでしょう。

売買春は、クロに近いシロではなく、クロですが、色々とあの手この手で法の網をかいくぐって営業しているのが実態です。
これも需要がなくならない限り、なくならないと思いますが、女性の最も古い職業と言われている位なので難しいでしょうね。
日本ではなく中国の例ですが、以前買春ツアーがニュースに上がった事を質問者さんも記憶にあるかもしれません。あたかも中国の警察が取り締まりを強化しているような印象を受けたかもしれませんが、シンセンのような経済特別区では、その手の店(斡旋しているカラオケ店)の存在はいまでも黙認されており、例えばそれなりの大きなホテルの1階で、その手のカラオケ店が堂々と営業している所もあります。

国内で駄目なら海外があるという状態では、公安委員会を含めて、皆がある時期に一斉に倫理感に目覚める、ような事がなければ、変わらないでしょうね。

参考URL:http://pachinkokouryaku.fc2web.com/shugoshin.html

こんにちは

パチンコは私は過去にやった事はありますが、30分もするとあの騒音で頭痛がしてくるので、以降していません。
まずパチンコ店に関しては、廃止は無理だと思います。
「公安委員会(警察庁/法務省)が重い腰を上げて政治的処理として動くことは出来ないか」という事ですが、そもそもパチンコ業界は公安委員会の天下り先の一つです(参考URL参照)。
自分達の天下り先を無くすようなマネは、まずしないでしょう。

売買春は、クロに近いシロではなく、クロですが、色々とあの手この手で法...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報