出産前後の痔にはご注意!

どなたか参考意見聞かせてください。
左下7番目(いちばん奥の歯)は銀ですっぽり覆われていました(いわゆるクラウンです)。でも白い歯の方が良いと思って歯科医で白にしてもらいました。3万円かかりました。先月中頃です。2週間で歯の片隅が欠けてしまい、詰めてもらった歯科医で修理してもらいました。それが3日前にまた欠けました。
 周りの人に聞いたら、白のクラウンは強度が弱いとの事。経済的にも強度的にも、保険の金属(銀色のような感じの物です)で充分ではないか?いちばん奥なので見た目も気にしなくていいだろ?と言われます。
 でも私は白い歯が良いのです。
 奥歯に白のクラウンは適さないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに奥歯は数十キロの力が加わる(一点に加わる力は数トン)ので、壊れやすいと言えます。


通常はそれをデザインでカバーするのですが、人それぞれが持つ噛み癖等で破壊される事はあります。また人によっては固いセラミックをすり減らしてしまい、金属が出てきてしまうこともあります。

「適さない」とまでは言えませんが、人によって適さない場合もあるという事です。
    • good
    • 0

 私も白のクラウンが良くて、歯医者さんで頼みましたが、奥歯は特に一番力がかかるところなので、すぐに欠けてしまうために大反対。

銀にされました。 
 見えないところは、銀のほうがいいのかも・・・欠けるのを気にしていると食べ物が制限されますよ。
 見えないといっても口あけて笑えば丸見えなんですよね。私もそれが嫌で保険が効かなくても白・白・白とは思っていたのですが・・・
 
 それでもよければ白でも。個人の自由ですから。でも、繰り返しですよ。欠けるものは欠けるんです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奥歯の根の治療のあとは銀歯と決まっている?

すみません。わかるかた教えてください。

以前詰めた、上の奥歯の詰め物(銀)がとれてしまい、
何年振りかに歯科医に通っています。

詰め物がはずれてから、だいぶ放置してしまったために
根っこまで虫歯が及んでいたらしく
根の治療にだいぶ時間がかかりました。

その後、かぶせものの型をとり、
終わってから、鏡をみると・・・・
かぶせ物がまるごと「銀歯」だったため、ショックを受けてしまいました。

正直、かぶせ物として、まるまる銀歯にしたことがなかったので
とってもショックでした。

そこでお聞きしたいのですが、
奥歯の根の治療をすると、「詰め物」ではなく「かぶせ物」なのでしょうか?

また、そのかぶせ物は「銀歯」しかないのでしょうか?

ちなみに、あとで聞くとセラミックは5万くらいすると言われ、
がっくりしたのですが
セラミックと銀歯以外にはないのでしょうか?

せめて、外側だけは、残すとかできなかったのか?など疑問がわいてきまして・・・。

どうかわかるかた教えていただけましたらうれしいです。

Aベストアンサー

意外に知られていないようなのですが、保険適用の銀の詰め物をしたり被せたりした歯は、その後必ず虫歯になります。質問者様は詰め物が取れてしばらく放置してしまった為、虫歯になってしまったとお考えのようですが、詰め物が取れた時点ではすでに虫歯になっていた可能性が高いです。歯科治療で使われる銀の寿命は約4~5年と言われていますので、根の治療後、現在銀の被せ物をしている質問者様の歯もいずれまた虫歯になり、最後には抜歯することになります。
http://www.geocities.jp/dentopia21/nonono.html

私も何本か根の治療をした歯がありますが、一度治療した歯が再度虫歯になった場合、以前に削ってある所からさらに広範囲で虫歯が広がっているということになりますので、基本的に詰め物だけの治療では難しい歯になっている可能性が高いと思います。奥歯の被せ物の素材としては、銀とセラミックの他に金があります。金は天然の歯となじみやすく、虫歯にもなりにくいので歯医者さんによっては金歯を勧めて来るところもあります。お値段はセラミックよりも若干安いぐらいでしょうか。ポーセリンは白色でセラミックよりも安いのが特徴ですが、強度が弱い為、歯の負担の大きい奥歯にはあまり適していない素材です(すぐに割れてしまいます)。

>ちなみに、あとで聞くとセラミックは5万くらいすると言われ、がっくりしたのですが

現在の状況でセラミックを使用すると5万円で済みますが、この次に虫歯になった時は(一度、根の治療をしてしまうと、虫歯に気づきにくく、かなり進行してから虫歯に気づく場合が多い)、さらにご自身の歯がなくなりクラウンを被せる治療になると思います。セラミック素材のクラウンのお値段(一本)は6~8万ぐらいですので、後々セラミックにしようと思うと今よりもさらに高額な治療費を払うことになります。私が質問者様なら迷わず、長く使えて虫歯になりにくいセラミックが銀歯の被せ物を選んでいたと思います。
ご参考になれば。

意外に知られていないようなのですが、保険適用の銀の詰め物をしたり被せたりした歯は、その後必ず虫歯になります。質問者様は詰め物が取れてしばらく放置してしまった為、虫歯になってしまったとお考えのようですが、詰め物が取れた時点ではすでに虫歯になっていた可能性が高いです。歯科治療で使われる銀の寿命は約4~5年と言われていますので、根の治療後、現在銀の被せ物をしている質問者様の歯もいずれまた虫歯になり、最後には抜歯することになります。
http://www.geocities.jp/dentopia21/nonono.html

...続きを読む

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Q銀歯にするか、セラミックか?

31歳女性(既婚)です。
現在歯の治療に通っています。(奥から2番目の下の歯)

深い虫歯だったようで、神経の処置をしました。
歯1本の全体を覆うかぶせものを作るそうです。

来週までに、どれか決めてきて欲しいと言われました。

1.保険診療内 12%金銀パラジウム合金 3,500円
2.ハイブリッドセラミック冠 52,500円
3.メタルボンドセラミック冠 89,250円
4.オールセラミッククラウン 94,500円

どれがどう違うのか説明を求めたのですが、イマイチ先生は口下手のようで、納得いくほど理解できませんでした。

1.は、いわゆる「銀歯」ということは分かるのですが、どれを選べばいいのか正直わかりません。

極端に金額に差があるので、「白い歯になる」ということだけで買い上がるにはちょっと勇気が要ります。

夫には「奥なんだし、3,500円のでいいんじゃない?」と言われましたが(涙)、今後の経年変化も気になります。

どれを選んだ方が良いのか、是非アドバイスをいただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

歯科技工士として仕事をして20年になります。ここ数年は臨床現場にいて、印象(型採り)や 装着時の調整も手がけています。経時的変化を観察できるようになり、製作サイドだけだった頃よりもいろんなことが見えてきました。
かぶせ物の選択については、つまるところ、当人が何を最重点にしたいか、だと思います。
(1)耐用度   で選ぶなら、3.メタルボンド
(2)生体親和性 で選ぶなら、4.オールセラミック、次点として、2.ハイブリッドセラミック 他に、ゴールド(20K)
(3)審美性   で選ぶなら、4.オールセラミック
次点として、3.メタルボンド 2.ハイブリッドセラミック
(4)価格    で選ぶなら、1.パラジウム合金
です。
パラジウム合金製(保険)は銀色、
貴金属(20K等 ・ 自費5~8万円)は金色、
後は患者の天然の歯牙に近い色調に作ります。

技工物製作過程は 形成(削ること)→印象→模型製作→ココから幾つもの過程を経て、研磨となりますが
自費となるとやはり、安くない金額をいただくわけですから、技術的にも製作過程で使うもろもろの材料選びの面からも やはり保険のものより、気も経費も時間もかけて、精度を追求します。装着時も精度・咬合関係・審美性を厳しくチェックし、不備があれば再製もためらいません。本来、保険の物もこうあるべきですが 赤字を生むわけにはいかず、苦しい面があります。

以上のような事情で、私の観察では やはり自費の物は、相対的に脱離、2次カリエス、が少ないようですが かといって、天然の健常歯と同じ強度があるかというと、決してそうではありません。健常歯よりも硬い これら自費の材料は硬いがゆえに欠けたり、剥がれたりします。硬すぎるものは噛まない、前歯の場合は 顎を大きく前に出して噛まない、等の注意は守る必要があります。かぶせ物はあくまで人工物、天然には かないません。

尚、メタルボンドというのは、金属の薄いかぶせ物を作り、その表層にセラミック(陶材)を何層にも焼付けて、天然歯にそっくりな色調に作りあげますが、装着後、歯肉との境目がやや、黒変することがあります。オールセラミックやハイブリッドセラミックは 金属を使用しないのでこういうことはありませんが、強度的にはメタルボンドに及びません。

歯科技工士として仕事をして20年になります。ここ数年は臨床現場にいて、印象(型採り)や 装着時の調整も手がけています。経時的変化を観察できるようになり、製作サイドだけだった頃よりもいろんなことが見えてきました。
かぶせ物の選択については、つまるところ、当人が何を最重点にしたいか、だと思います。
(1)耐用度   で選ぶなら、3.メタルボンド
(2)生体親和性 で選ぶなら、4.オールセラミック、次点として、2.ハイブリッドセラミック 他に、ゴールド(20K)
(3)審美性   で選ぶ...続きを読む

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Q歯医者さんで治療後、フロスが通らなくなったんですが・・・

昨日、歯医者さんで奥歯にインレーを入れてもらったのです。
その日の夜、いつも通り歯磨きの後、フロスをしようとしたのですが全く通らなくなってしまってたんです…。確かに、隣りの歯とあたりがキツイ気がしてたんですが(T_T)
これって、先生に言って治してもらえるものなのでしょうか?
それとも、手遅れ? Σ( ̄ロ ̄lll)
よきアドバイスお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

まず、そのインレーが白い(プラスチックorセラミック)タイプか、メタル(銀色)なのかでちょっとはなしが変わってきます。

(1)メタルであれば、さほど問題ないです。メタルインレーに用いる接着剤は大方グラスアイオノマーセメントといって、歯の表層であるエナメル質にはあまり強固にくっつかないものですので、そのうちフロスの通りがよくなります。

(2)白いタイプは接着性セメントというエナメル質にも強固にくっつく接着剤を用いますので、接着操作に不慣れな方が処置を行いますと、隣の歯とぴったりくっついてしまいます。
それゆえフロスは半永久的に通らないということになります。

(3)フロスが通らないのと、通りにくいのでは問題が別です。つまり通りにくいのであれば、次回歯科医院に行った際に、隣接面ストリップスという歯の間をみがく道具でなめらかにしてもらえば、快適なフロッシングが可能になります。これはメタルでも白いタイプでも同じです。インレー自体をみがいてなめらかにしたり、隣の歯のでこぼこ面も平らにできます。
ところが、いくらやってもフロスが通らない場合は、残念ながらインレー自体を再度作製しなければならないでしょう。

*メタルインレーでフロスが通りにくい場合は、隣の歯がでこぼこしていたり、むし歯になっていて、インレーが入ったため歯の間がきつくなり、どちらかというと、隣の歯にひっかかっていることが多いようです(これはあくまで適合のよいインレーであることが前提ですが)。

*まとめ(チェック項目)
・白いインレー、それともメタルインレー?
・接着剤が歯の間をふさいではいないか。
・インレーの適合はよいのだろうか。
・隣の歯にでこぼこやむし歯はないだろうか。
・みがいてなめらかにできるだろうか。


次回その先生に相談してみてくださいね。
と言っても、あまり露骨にクレームを申し出るとおたがい不快な思いをしますので、あくまで相談というニュアンスでお願いしますね。

以上です。

まず、そのインレーが白い(プラスチックorセラミック)タイプか、メタル(銀色)なのかでちょっとはなしが変わってきます。

(1)メタルであれば、さほど問題ないです。メタルインレーに用いる接着剤は大方グラスアイオノマーセメントといって、歯の表層であるエナメル質にはあまり強固にくっつかないものですので、そのうちフロスの通りがよくなります。

(2)白いタイプは接着性セメントというエナメル質にも強固にくっつく接着剤を用いますので、接着操作に不慣れな方が処置を行いますと、隣の歯と...続きを読む

Q歯の根管治療中の痛みが消えない。

今、歯の根の再治療中です。
再治療を始めてからもう1ヶ月以上経つのですが・・・・
痛みが消えないんです。医師はもう中はキレイになっていて問題ないから歯の中の痛みではなく歯根膜の炎症だと言っています。
それも細菌性の炎症ではなく、治療における刺激によるダメージでの炎症だからあとは自然治癒力に任せるほかないそうなんです。ちなみに、顕微鏡を使って治療をしてくれている医師なので・・間違いないとは思うのですが・・
でもこの痛み、交合痛のようなかみ合わせた時に痛むとかっていうなら我慢できるんですけど・・何もしてなくても
ず~っとズキズキしてるんです。そんなわけで何をしていても集中力が続かずイライラと不安が募るばかりです。
同じようなけ経験された方いらっしゃいますか?
もう抜歯しかないのでしょうか?
辛いです。

Aベストアンサー

1ヶ月以上痛いのはつらいですね。
私の考えでは原因は2つ考えられると思います。
1つは治療中の歯の歯の根の治療が不十分である事。
治療中の医師が言っている歯根膜炎も根管治療によって直る事が普通です。又奥歯のときは根管の数が普通の歯より多いときに見逃しも考えられます。

もう1つは他の歯が原因の時です。
歯の神経は上下前後の歯は同じ神経が枝分かれしています。このため1本の歯が痛くなってその歯の治療を始めても、前後上下のほかの歯が悪いときに治療中の歯が痛く感じるときがあります。特に奥歯では間違う事が多いと思います。
この時の判断基準の一つとして、治療中の歯を指で軽くたたいて、あまり響(痛み)かなければ他の歯の原因の可能性が高いと思います。

どちらにしても他の歯医者さんに行くのもいいと思います。

田舎歯医者

Q仮歯のまま数年持たせるって・・???

今、上の5番をクラウンにすべく治療中です。
やっと仮歯が入りました!!
しばらく削った小さい歯で過ごしていたので、仮歯が入ってすごく快適です。
私はきれいなポーセレンにするつもりなんで、先生も仮歯なのに銀ではなく白いものを(内側が銀)入れてくださいました。
でも、仮歯なのにすごくぴったりフィットしてて気に入ってます。
先生が上手なのかな??って思うと本物のポーセレンにも期待がもてるような気がします。
そこで先生が「仮歯っていってもこんなに白くていい歯だからこのまま喜んで数年仮歯のままにしちゃう人もいるんです・・」
とのこと。
ちょっとびっくりしました。
そこで、質問ですが仮歯で白いもの(私が払ったのは1500円くらい)っていうのはよくあることですか?
5番だから白い仮歯がいれられたのですか?

それと、仮歯で「さようなら」はいけないことですか?
たとえば、先生にとっては儲けなしでかわいそうな感じがしますし詐欺っぽい気もします。
私はもともとはポーセレンでやるってことで先生にいってあるので自分は最後まできっちり治療は受けるつもりです。

でも仮歯で気に入ったからって言われたら先生としてはどうなんでしょうか・・・?

今、上の5番をクラウンにすべく治療中です。
やっと仮歯が入りました!!
しばらく削った小さい歯で過ごしていたので、仮歯が入ってすごく快適です。
私はきれいなポーセレンにするつもりなんで、先生も仮歯なのに銀ではなく白いものを(内側が銀)入れてくださいました。
でも、仮歯なのにすごくぴったりフィットしてて気に入ってます。
先生が上手なのかな??って思うと本物のポーセレンにも期待がもてるような気がします。
そこで先生が「仮歯っていってもこんなに白くていい歯だからこのまま喜んで数...続きを読む

Aベストアンサー

内側が銀で出来ているような仮歯を入れることは余りありません。しっかりとした良心的な治療をされる歯科医院ですね。

仮歯が本物と違う第一の点は、使用する材料です。

例えば、第一小臼歯の場合保険でもプラスチックの白い歯を入れることが可能ですが、これに使われる材料は「硬質レジン」と言う、硬くて有る程度の耐久性がある材料です。
何種類もの色の層に分けて作り、歯の自然感を表現します。
自費で使われる材料は、セラミックやハイブリットレジン等、それよりもさらに耐久性の有る、そして美しい歯を表現できる材料です。

これに対し、仮歯に使われる材料は、軟らかい単色のプラスチックです。
たとえ見た目が満足できても、耐久性は全く有りません。
短期間のうちに磨り減り、また吸水性もあるため着色したり、匂いを吸着してしまったりします。

歯、そのものの材料以外にも、接着材料にも違いがあります。
仮歯を付ける材料は外すことが前提の物ですので、長くはもちません。

次に違う点は、作った物の精度です。

仮歯は、あくまでも仮の状態を仮定して作られます。
特に、歯に対する適合精度は本物と比べかなり劣る場合が有ります。
優秀な術者による本物の歯の適合精度は、数十ミクロン以下のオーダーですが、さすがに仮の物ではそこまで求められません。

と言うことで、仮歯をそのまま使用すると、耐久性の点でも、衛生的にも問題があり、さらに最悪再び虫歯に成る可能性もあります。
決してよく有りません。

仮歯が気に入って頂けることはうれしいことですし、事実そのまま居なくなってしまう患者さんも有ります。
しかし、いくら気に入って頂いても上記の点を正しく説明してご理解頂くしかしようがありません。
仮歯はあくまで「仮」の物です。

内側が銀で出来ているような仮歯を入れることは余りありません。しっかりとした良心的な治療をされる歯科医院ですね。

仮歯が本物と違う第一の点は、使用する材料です。

例えば、第一小臼歯の場合保険でもプラスチックの白い歯を入れることが可能ですが、これに使われる材料は「硬質レジン」と言う、硬くて有る程度の耐久性がある材料です。
何種類もの色の層に分けて作り、歯の自然感を表現します。
自費で使われる材料は、セラミックやハイブリットレジン等、それよりもさらに耐久性の有る、そして美し...続きを読む

Q抜歯したところには必ず歯を入れなければなりませんか?

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありません。

私としては、笑ったときに銀歯がキラリ…となるくらいなら
多少不便でも一本だけ義歯にするか、歯が一本ないままにしておいたほうが良いくらいなのですが、
上顎6番が欠損したままだとかみ合わせにかなり不調がでるものでしょうか?
また抜歯後に歯を入れないでいると、そこに向かって周りの歯が傾いてくると聞いたことがあるのですが本当でしょうか。

抜歯後に歯を入れずにそのままにしている方もいらっしゃるようですが、
私の場合はそうもいかないのでしょうか。
どんな場合だと歯を入れずそのままにしても平気なんですか?
それとも平気じゃないのでしょうか。

歯医者通いを避けてきたことを本当に後悔しています…。

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありませ...続きを読む

Aベストアンサー

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い場合というのはあまり無いように思いますが、無いことはありません。

ただ、この場合は歯を増やさなくても大丈夫というように断定するのは非常に難しいです。

元々、そこに歯がない人などは何もしなくても大丈夫な場合があります。

しかし、抜いた場合は、抜いた歯が両隣の歯やかみ合わせている歯を抑える役目も果たしていたと考えられます。

それが無くなれば動いてしまう可能性は高いでしょう。

つまり、通常の場合は増やした方が良いでしょう。

no,1さんの場合は時間が経ってしまっていて、プラス要素よりもマイナス要素の方が多いと担当の先生が判断したためでしょう。

マイナス要素とは歯が傾きすぎていて削ってブリッジをかける場合、神経を取らなければならない、矯正をしなければならない、かみ合わせている歯が空いているスペースに飛び出してきてしまっているなどです。

また、歯を増やす方法としては、下記のものなどが考えられます。

1、ブリッジ
両隣の歯を削り、つながっているかぶせ物を入れます。
保険外治療なら、白いものを入れることができます。

2、入れ歯
場合によりますが最低でも両隣の歯に金属の留め金をかけることになります。
少し留め金が目立つかもしれません。
保険外なら留め金をかけずに済むシリコンデンチャー(場合にもよりますが2~3本分までが適応)といったものもありますが、取り扱っている医院はかなり少ないです。

3、インプラント
歯を支える骨に穴をあけて、そこに頭が歯の形をしたネジを埋め込みます。
完全な保険外治療です。

4、移植
質問者さんの場合、左上6との事なので、左上の親知らずが残っている場合、それを移植してくることが可能かも知れません。
予後が良くない場合が少なくありません。
保険外です。

以上の様なことが考えられます。
どれが1番のお勧めかといわれると困ってしまいますが、恐らく、保険外の白いブリッジが一番妥当なのではないでしょうか。

質問者さんの状態などが分からないので、当てはまるかどうかは分かりませんが、はじめに保険のブリッジで歯が寄ってきてしまう等の弊害を抑制してから、お金が溜まるのを待って白いものにするというのが私の一番のお勧めです。

もう一度担当の先生と相談してみてはいかがでしょうか。

長くなってしまってすいません。
良い結果が得られるといいですね。

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い...続きを読む

Q現在ある銀歯を、セラミックか何かに換えたいのですが。

現在銀歯の歯があり、セラミックか何か、白いかぶせ物に変えたいのですが、お値段はどのくらいするのでしょうか?
銀歯を、他のかぶせ物に変えることは 可能なのでしょうか?
また、セラミック以外に種類はございますか?
お勧めを教えていただきたいです。
質問ばかりで申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

銀歯を歯の様な色の被せ物にすることは可能です。

素材には、硬いプラスチック(硬質レジン)やセラミック、それぞれの特徴を兼ね備えたハイブリットレジン等があります。
以下、代表的なものを挙げます。

○硬質レジン前装冠
金属の冠の表面に硬質レジンを張り合わせて白く見せる物です。
前歯(糸切り歯を含む)の場合保険でも可能です。
1万円程度(3割負担で)

○硬質レジンジャケット冠
全体がプラスチックで出来た白い歯です。
小臼歯までは保険で可能です。
見栄えは良いのですが、通常のかみ合わせに耐えるだけの強度がなく、適応できない場合も多いです。
7千円程度(同)

○メタルボンド冠
金属のベースにセラミックを焼きつけた冠
自費で行う代表的なものです。
美しく安定性、強度も抜群です。
7~12万円程度

○オールセラミック冠
全部が非常に強度の高いセラミックで作られます。
質感自然感とも現時点で最も優れている方法です。
10~15万程度

○ハイブリット冠
金属ベースがある場合、全部がハイブリットの場合などがあります。
微妙な色の再現性はセラミック素材に劣る場合がありますが、質感は優れます。
セラミックの脆さとプラスチックの弱さを克服すべく作られた新しい材料です。
5~10万程度

白い歯をその人の歯の色に合わせて作るのには、かなり高い技術が必要です。
残念なことに?現在の歯科関係者の技術力の差は皆様の想像以上のものが有ります。
何をやるか以前に何処でやるかの選択も大変重要に成ります。

銀歯を歯の様な色の被せ物にすることは可能です。

素材には、硬いプラスチック(硬質レジン)やセラミック、それぞれの特徴を兼ね備えたハイブリットレジン等があります。
以下、代表的なものを挙げます。

○硬質レジン前装冠
金属の冠の表面に硬質レジンを張り合わせて白く見せる物です。
前歯(糸切り歯を含む)の場合保険でも可能です。
1万円程度(3割負担で)

○硬質レジンジャケット冠
全体がプラスチックで出来た白い歯です。
小臼歯までは保険で可能です。
見栄えは良いのですが、通常のか...続きを読む

Q歯の詰め物を新しく詰めたのですが違和感があります。 歯医者さんの方教えてください!!!

タイトルどおりなのですが、歯の詰め物がとれたので、あたらしく詰め物を入れてもらったら、今までよりもかなり違和感を感じるようになりました。たま詰めた所が痛く感じることもあります。少し経ったのでだいぶ慣れてはきましたが、なんとなく慣れさせているという感じです。

こうなってしまった原因は、なんだと思いますか???
私は奥歯の詰め物を入れてもらう際に、型取りが原因だと思います。その時ただ軽く当てただけという感じだけで、ちゃんと噛んでくださいというようなことをしなかった(今までの経験ではきちっと噛んでくださいと言われたような気がします)からだと思うのですが、どうでしょうか?

この違和感を消すには、違う歯医者さんでもう一度詰め直しをしたほうがいいでしょうか?
どうぞ、歯医者さん、ご回答お願いします!!!

Aベストアンサー

あなたと同じ様な経験を過去にした事が有ります。
当時は、まあ、こんなもんかと思ってましたが
同じ様な治療を、他の歯医者でしてもらうと
その違いがよく分かりました。
本来、こうなんだと。
その歯医者では、違和感が無くなるまで(無くなってからも)
しつこく、ちょとづつ削って微調整してくれました。
技術は有っても、手間を惜しんでいる医者と、そうでない
医者との違いだと思います。
歯医者を変えると、その違いがよく分かりますよ。

歯医者の評判というのを、私は、あまり信用していません。
自分で確認するのが一番です。

長くやってる歯医者さんは、順調に経営されてるようですが
ここ5~6年位で開業された歯医者さんは、過当競争でたいへんです。
この過当競争の中で、開業された歯医者さんの方が
まじめで、ていねいな治療をされてるように思えるのは
私の偏見でしょうか。

ちなみに私が今通ってる歯医者さんは、こんな感じです
 待合室にカーペット敷きの子供用スペース(遊び場)
 診察台の前にBGVのテレビ
 レントゲンの映像はノートPCの画面で
 レザー治療も有り
 歯科衛生士がカワイイ、余談でした(笑)
 

あなたと同じ様な経験を過去にした事が有ります。
当時は、まあ、こんなもんかと思ってましたが
同じ様な治療を、他の歯医者でしてもらうと
その違いがよく分かりました。
本来、こうなんだと。
その歯医者では、違和感が無くなるまで(無くなってからも)
しつこく、ちょとづつ削って微調整してくれました。
技術は有っても、手間を惜しんでいる医者と、そうでない
医者との違いだと思います。
歯医者を変えると、その違いがよく分かりますよ。

歯医者の評判というのを、私は、あまり信用していませ...続きを読む


人気Q&Aランキング