新車を購入予定です。自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責、車庫証明以外にかかる諸費用を教えてください。金額も分かればお願いします。下取車はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

yakeiさんの書いている費用の他、ディーラーが登録諸費用に計上してくるのは、納車費用、車庫証明代行手数料、検査登録代行手数料です。


このうち、検査登録代行手数料は専門知識が必要な上、場合によっては実車を車検場に運ぶことが必要になるなどの手間がかかりますので、ディーラーに任せた方がよいでしょう(だいたい2万~3万円位)
納車費用は、新車納車時にディーラーへ車を取りに行くことにすればカットすることが出来ます。
「納車状態にするための手間賃」とか「輸送費用」と言ってカットを渋る場合もありますが、輸送費用は明らかに間違いですし、何とか粘ってカットさせたいところです。
自販連のHP「読者の広場、自動車関連Q&A」に諸費用についての記述がありますので、是非お読み下さい。
また、車庫証明手数料は自分で、管轄の警察署に2回行けば証紙代2500円のみで取得できます。
登録諸費用は、ディーラーの取り分である手数料関係を計上しやすい部分ですので、きっちりと明細を出して貰い損得がないかを確認する必要があります。
特に、最近は利益確保のため手数料カットになかなか応じてくれないディーラーもあるようです。
ですが、車両本体値引き分が少ない車種では、諸費用の削減が総支払額に影響しますので、地道に交渉してみて下さい。
車両本体値引きと、オプション値引きを分離させて交渉することもお忘れ無く。
以下に、自販連のURLを記載しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよく分かりました。十分考えて納得できる買い方をしたいと思います。どうもありがとう。

お礼日時:2001/01/27 14:10

そういう話ですか。


まぁディーラーによっても諸々の経費の「名前」が違ったりしますからね。
でも見積もりを取る時点(値切り交渉などの前)で詳細を教えてくれませんか?

たとえば中古ですがトヨタのディーラーなどは手書きではなくきっちりプリントアウト
して用途が明確になったものが渡されますよ。

消費者としては詳細を求めるのはごくまっとうなことなのでもし詳細を出さないような
ところからは買うのはやめた方がいいですね。
    • good
    • 0

まとめてなんて変ですね?


普通は、分かるようにちゃんと明記されてるはずです、又そうでなければ言うべきですね。
自動車税、自動車重量税は車によって基準が違うでしょう、エコカーなどは、少し安いですから。
自動車重量税、は買う車の重さが分からないと無理です
自賠責・保険会社によるが41400円程度もう少しするかも
車庫証明は1万~1万5千円
    • good
    • 0

ここで聞くより新車ディーラーで見積もってもらえばいいんじゃないですか?


どうしてここで聞くのかの方が疑問なんですが.....

上記以外の整備費などは車種によってもディーラーによっても違いますし。
たとえば車庫証明の代行などがあるでしょう。

見積もりは普通は無料で取ってもらえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見積もりをしてもらったんですが登録費用としてまとめて書かれてて予想より高額だったものですからごまかされてたらいやだなと思ってここで聞いてみました

お礼日時:2001/01/26 00:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車取得税及び重量税が4月から安くなる?

自動車取得税及び重量税が4月から安くなるという話を耳にしました。
本当なんでしょうか?
 
今まさに、新車購入を検討しています。
車体価格+NAVI等オプションで320万円ぐらいなりそうです。

わかる方教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

どの車種を検討されているのか分かりませんが

原案では
排ガス4つ星燃費基準+25%で重量税,取得税75%減免
排ガス4つ星燃費基準+15%で重量税,取得税50%減免
ハイブリッド車電気自動車LPG車ディーゼル乗用車 全額免除

となっているようです.
野党が反対しているわけではないので成立する可能性も高いと思いますがどうなるか分かりません.
ハイブリッド車なら来年度の方がかなりお得になりそうですね。

Q車検は1年だけ、もしくは1ヵ月単位で取ることはできますか?(自賠責保険、重量税)

ナンバー無しの車を車検を通すことになったのですが、ナンバープレートを付ける為だけの車検なので、ごく短い期間だけでいいのですが、可能ですか?

Aベストアンサー

ナンバーを取ると言う事は、一定の基準を満たして(車検に通って)公道を走れる状態である・・・と言う事になると思います。
その為には、規定の税金と保険が必要になり、その基本が2年分(又は1年分)という事になるので、それよりも"短い期間で"っと言うのは無理だと思います。
"ごく短い期間だけ"ナンバープレートが必要なら、ナンバー取得後に必要な期間が過ぎたら廃車にすれば、税金は無理かもしれないが自賠責の方は残金の払い戻しが可能です。
ただし、
廃車した時点で、ナンバープレートも返却しなければなりません。

ご質問や補足を見ると、
倉庫代わりに使っている車の見た目がよくないので、ナンバープレートをきちんと付けたい。
その為には、車検を通さないといけない。
でも、ナンバーさえ取れれば、実際には走らないので、その分の税金や保険代は軽減したい。
もちろん、ナンバープレートはその後も付けておきたい。
・・・・と言う事ですよね。
これはちょっと、無理だと思います。
一度車検を通してナンバーを付けて、次の車検を通さなければ、ご希望の状態になると思いますが、それでも自動車税の納付が廃車するまで毎年続きます。
普段 走っていない車両の車検なら、それなりに整備しないといけないだろうから、業者に頼めば結構掛かるかもしれないし、ユーザー車検でも整備は必要だし検査場までの仮ナンバーとか手続きも結構有ります。
それでもナンバープレートを、っと言うのであればやはり2年分の税金・保険代を納付するしかないと思います。

単にあるべき所に、ナンバープレートがないのが気になる・・・・
程度の問題ならば、輸入雑貨店やバラエティーショップ等で売っている、外国製のナンバープレート(又はそれを模した物)を買ってきて、取付けておけばあまり出費をせずに、それなりの見た目になるのではないでしょうか。(周りの批判・・はよく判りませんが・・)

ナンバーを取ると言う事は、一定の基準を満たして(車検に通って)公道を走れる状態である・・・と言う事になると思います。
その為には、規定の税金と保険が必要になり、その基本が2年分(又は1年分)という事になるので、それよりも"短い期間で"っと言うのは無理だと思います。
"ごく短い期間だけ"ナンバープレートが必要なら、ナンバー取得後に必要な期間が過ぎたら廃車にすれば、税金は無理かもしれないが自賠責の方は残金の払い戻しが可能です。
ただし、
廃車した時点で、ナンバープレートも返却しなければ...続きを読む

Q15人乗りバスの車検諸費用や自動車税はいくらですか?

15人乗りバスを中古で人から譲り受けるかどうか悩んでいます
車検は1年車検で毎年受けなければいけないそうですが
諸経費(重量税・自賠責等)はいくらかかりますか?
また 毎年の自動車税はいくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

このようなサイトがありました。
参考にしてください。

参考URL:http://hp1.cyberstation.ne.jp/yasuda-k/

Q税務署から重量税の還付金通知がきましたが自動車販売店に取られてしまった

税務署から重量税の還付金通知がきましたが自動車販売店に取られてしまった。
3月に1年3ヶ月車検有効の車を売却して新車を購入したところ
税務署から還付金の連絡があり自動車販売店が代理受領したという通知が来ました。
還付金を下さいと申出たところ使用者自動車取引依頼書があるから
還付金は販売店のものになるという説明でしたが私は車の下取りを依頼した積りはなく
下取り金も貰ってはいませんが抹消登録代行費用と自賠責保険未経過相当額のみの
記載のある使用者自動車取引依頼書が車の下取りになるので
私には還付金を貰う権利はないと言われましたがこの説明は本当でしょうか。

Aベストアンサー

>使用者自動車取引依頼書があるから還付金は販売店のものになる

それ、逆なんですが・・・
あなたの意思で引取りの依頼を行ったということで、あなたに還付の権利があるということなんですけど・・・
もしあなたが、下取りに出して、販売店側で商品にならないと判断してスクラップにすることにしたという話なら販売店が受領するというのも納得できますが・・・
その場合、移転抹消してあなたの知らないところで手続きは行われるでしょうし、その時にはあなたにはリサイクル料金は販売店から貰う権利があるということになります。

エコカー補助金がらみの廃車の話だったのでしょうかね。

いずれにせよ、引取りと下取りはきちんと区別しましょうと業界団体なんかは指導してるんですけどね。
真っ当にやってたらあなたに重量税かリサイクル料金のどちらかは戻るんはずなんですけど・・・
ユーザーからしてみれば引取りも下取りもたいした違いはないのかもしれませんが、ちゃんとしてないとこういう問題が起きるんですよねぇ・・・


実際の制度としては、
重量税還付は、解体届出を行った時の自動車の所有者(使用者ではない)に対して行われるものです。
還付を行ったと通知が来たことからあなたが所有者だったのでしょう。

販売店が代理受領したということはあなたが販売店に対して受領権限に関する委任状を発行しているということですので、手続きの中で押印した委任状の中にその委任状もあったはずです。
そうでなければ、販売店が勝手に委任状を偽造したということになるのですが・・・

もし、あなたが受領権限の委任状に判を押したなら法的には販売店のものになるわけですが、それを説明していないのならその部分で問題ありとは思いますね。


単に、販売店とあなたとの間で話の行き違いがあったのかとは思いますが・・・

>使用者自動車取引依頼書があるから還付金は販売店のものになる

それ、逆なんですが・・・
あなたの意思で引取りの依頼を行ったということで、あなたに還付の権利があるということなんですけど・・・
もしあなたが、下取りに出して、販売店側で商品にならないと判断してスクラップにすることにしたという話なら販売店が受領するというのも納得できますが・・・
その場合、移転抹消してあなたの知らないところで手続きは行われるでしょうし、その時にはあなたにはリサイクル料金は販売店から貰う権利があるという...続きを読む

Q自動車重量税

自動車重量税は車両重量に対して課税されるのでしょうか?
それとも、車両総重量に対して課税されるのでしょうか?

Aベストアンサー

乗用自動車の場合は車両重量に対して課税されます。詳しくは参考URLでご確認ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7192.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報