悪女について研究(?)中です。
おすすめの悪女についての小説や文献がありましたら、是非ぜひ教えてください☆

わたしが今まで読んだ悪女の本は
有吉佐和子の『悪女について』…題がそのままですが。
鹿島茂の『悪女入門』…フランス文学大好きになりました。
姫野カオルコの『ツ、イ、ラ、ク』…ある意味早熟な悪女の物語です。
瀬戸内寂潮の『花芯』…無意識の悪女。とっても魅力的です。
などです。あとはcyoucyoの小悪魔ハウツー本です。

ちなみに私が思う悪女とは、一般的に小悪魔やファンファンタルといわれる、人をひきつけてやまない魅力的な女性です。

ぜひ、あなたの悪女を教えてください☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 こんにちは。

専門的でなはないですが、桐生操さんはいかがですか?
「世界悪女大全」というドンピシャな題名の本があります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31716073
桐生さんの本は「やんごとなき姫君」シリーズが好きで、何冊か読んだのですが、広く浅くサックリと読めますが、専門的に歴史を学んでる方や、詳しい方ですとちょっと物足りなく思うかもしれません。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30668880
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30834828
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31071005
 小説では有吉佐和子さんの「香華」です。母親の郁代の天然の悪女っぷりがスゴイです。それに振り回される朋子がかわいそうで、もう放っておけばいいのに!と何回も思いました(^_^;)。プリプリ怒りながらも最後には結局許してしまう朋子に、最後の最後まで迷惑をかける郁代が最後は微笑ましくなります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06781673
 浅田次郎の「天きり松闇がたり」シリーズに出てくる、スリのおこん姉さんも、気風の良い口調と態度でとってもカッコいいです。啖呵を切るセリフは胸がすっとします。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30978788
 良かったら参考にして下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆
桐生さんの本を立ち読みしたことがあります。世界に名立たるお姫さまたちシリーズですよね。
有吉さんに登場する女性ってなんだか素敵ですねー。「香華」読んだことがないので是非読んでみたいです。
浅田次郎さんははじめて知りました。表紙が渋い感じがいいな。大正時代というのがそそられました。

MAY1814さん、たくさん教えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2007/08/18 13:47

エミール・ゾラの小説で『ナナ』(新潮文庫)は読みましたか?


『居酒屋』の続編ですが私はいきなり『ナナ』から読んでしまいまして(内容理解の上では大丈夫でした)、『居酒屋』をまだ読んでいません。

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』に出てくるグルーシェニカもなかなか困った女性です。いじらしいところもあるのですが・・・・。

マノン・レスコーなど出ていますが、メリメの『カルメン』は?

マンガ『ベルサイユのばら』には、デュ・バリー夫人、ジャンヌ・バロア、シャロン・ド・ポリニャック伯爵婦人などの強力な脇役が出てきます。
この3人は全て実在の人物ですが、実際よりは脚色してあるみたい。
デュ・バリー夫人は他の本によるとベルばらの中の様子ほど強烈な人ではなかったようです。

東洋の有名人だと『西太后』とか。
1980年代に映画になりましたが、映画は史実とは異なる部分があるそうです。
映画ではかなーり悪女でした。綺麗な女優さんが演じていた。ライバルの手足を切り落として壺に入れちゃったとか。しかしこれは史実ではないらしい。
皇帝の妃の一人を井戸に投げ込ませたことはあったらしいです。
残っている写真が年を取ってからのものしかないので、小悪魔っぽくないところがちょっとあれですが。

ところで小野小町って悪女だったんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

『ナナ』は途中まで読みました。まだ全部読んでませんが、金髪で豊満な肉体美の大柄な女性をイメージしています。性格はおおざっぱでどーんとしているような。
『カルメン』は原作は読んでないです。鹿島さんの本を読み、フェロモンたっぷりでまっすぐな女性のイメージして、ああ素敵だなと思いました。また原作も読んでみたいですね。カルメンの曲も大好きです♪

ドストエフスキーは『罪と罰』を読んでから辛くて他は読んでません。
でも悪女がでてくるなら読んでみようかな思いました。

私の中の想像の中で、小野小町は美女でモテモテのイメージです(すみません勝手なイメージでした)。でも『卒塔婆小町』をよむと若さとは儚いものだなっと思ってしまいます。まだ観たことがないのですが、美輪明宏さんの『卒塔婆小町』の演劇いつかみてみたいですね。

after_8さんありがとうございます。

お礼日時:2007/08/24 21:09

私が興味深く読んだのは、


文春文庫 「世界の悪女たち」駒田信二
42人分の実在した悪女の歴史人物論です。
ネロの母、クレオパトラ、
楊貴妃、則天武后、などなど。有名どころも満載です。

扶桑社ノンフィクション文庫 「世界を凍らせた女たち」テリ-.マナーズ
これは、女性の連続殺人犯9人のノンフィクションです。
連続殺人犯は男性が多いのですが、あえて女性の連続殺人犯をあつめて解析している本です。

どちらも、悪女といってもどこか魅力がある部分もあったりして(特に上記のほうのクレオパトラや楊貴妃なんかはファムファタルな感じで)実在の人物で悪女といわれた人たち、という意味では面白かったです。

あとは、マゾの語源にもなった有名な本、「毛皮を着たヴィーナス」マゾッホ、河出文庫。
サドの語源であるマルキ.ド.サドの「ジュスティーヌあるいは美徳の不幸 」は、ジュスティーヌの姉妹であるジュリエットが悪女です。サドの本では、よく究極な感じの悪女がでてきます。
大変な美貌だったりして、なかなかやっぱり魅力的で運命の女、的な感じの人たちです(近くにいると困りますが)。

どこかはかなげで凛としたお姫様で悪女、というので魅力的だった 文春からでている皆川博子 「妖櫻記(ようおうき)」もお勧めです。
など...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます☆

「毛皮の着たヴィーナス」がすごく気になりました。読みたい!
究極の悪女っていい響きですね。
「妖櫻記」の題名からして、なんだか妖しげで素敵です。
楽しみに読んでみます♪

gardensmayさんありがとうございました。

お礼日時:2007/08/24 20:47

宮部みゆき「名もなき毒」



 本当に嫌な、毒をもった“フツー”の若い女性が出てきます。
 悪いことはしません(?)が、何しろ“毒”を持っていて、
 家族の人生をジワリと狂わせていくのです、だから、怖い。
 これに近い毒をもった人が、たくさん街中を歩いているような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

宮部さんの本は、レベルセブンを以前読んで、推理サスペンスのイメージがあったので意外でした。
なんだかリアルに怖そうですね~。でも読みたい気がする。

warabegamiさん、ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/24 20:41

お返事ありがとうございます。



でも小池真理子さんは大臣ではないですよw

作家の小池さんです♪

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/cil00110/koikemariko.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもいっきりまちがえてました。。

教えてくださってありがとうございます♪

お礼日時:2007/08/24 20:35

ラクロ「危険な関係」のメルトイユ侯爵夫人も結構すごいです。


書簡形式なので性格がすごくよく表現されています。

MAY1814さんおすすめの有吉佐和子「香華」は私もおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます☆

「危険な関係」の書籍紹介のあらすじを読んで、すごくひかれました。フランス文学、いいですね。優雅で退廃的なイメージが浮かんできました。

是非読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/18 14:43

澁澤龍彦の「世界悪女物語」河出文庫をお奨めします。

澁澤先生の名文で悪女。たまりません。
また、同じ澁澤龍彦訳でマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」もいいですね。悪女が主人公です。
サドって一般的には誤解されていると思うのです。ぜひご一読いただけたらと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

澁澤さんの「世界悪女物語」読みました。文章がいいですよね。
個人的にはクレオパトラが好きです。印象に残っているのは吸血鬼とよばれたエルゼベエト・バート。大きな瞳の美しい肖像画と彼女にまつわる恐ろしい話が印象的でした。
「悪徳の栄え」面白そうですね。サドとはなんでしょう?是非読んでみます。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/18 14:18

永井路子著の「歴史を騒がせた女たち」という本があり、日本編と世界編があります。



市井の悪女ではありませんが、、今まで学んできた歴史も、生々しくドロドロした人間が起こしたものと、歴史上の人物が興味深いものになります。

未読でしたら、是非図書館で(販売されていない可能性もありますので)チェックしてください。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31132169/mi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

日本編と世界編があるんですね。世界の有名な悪女はなんとなくわかるけれど、日本の悪女は、小野小町くらいしか思いつかないので、誰があがっているのか気になりました。
是非チェックしてみます。
RAKUDAMAMAさん、ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/18 13:55

鹿島茂さんの本に出ているかもしれませんが


(チェックしていないもので)
とりあえず――

・プレヴォ『マンノ・レスコー』のマノン
・アレクサンドル・デュマ『三銃士』のミレディ
・モーリス・ルブラン『カリオストロ伯爵夫人』の
ジョゼフィーヌ・バルサモ

それから「ファンファンタル」じゃなくて,
「ファム・ファタル」femme fatale です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

鹿島さんの悪女入門を読んでから、マノン・レスコーを以前読みました。
男性目線で、マノンという女性を描かれていてとても面白かったのを覚えています。
balkisさんが教えてくださった本、是非参考にさせていただきます。

そうですね、ファム・ファタルでした。(はずかしい^^;)
ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/18 07:53

私は小池真理子さんの本が好きで、かなり買いあさっているのですが、「悪女と呼ばれた女たち(集英社文庫)」という文庫本がおすすめです。



初版が1986年の古い本なんだけど、その中に登場する実在の人物が私も知っているような名前があり、興味深く読んでいます。

小池節というか、小池さんの主観の部分がちりばめられていて、同感できるもの、そうじゃないものいろいろあるんだけど、時代背景とその当時生きていた女性の壮絶さがなんともいえない切ない話になっていて、自分の中の女の部分と重ねて考えさせられます。

もしその時代に生きていたら私はどういう人生を送ったのだろうと。

実在の人物のお話なので、イメージがわきやすいかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087490734%3f …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました☆

小池真理子さんの本を今まで読んだことがなかったので、nami5539さんのレスをみて、これを機会に是非読んでみようと思いました。
小池真理子さんは今話題の大臣ですよね。
なんかわくわくします♪

ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/18 07:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中島みゆき 悪女 歌詞の意味

がよくわかりません。
この女性は娼婦なのでしょうか?
・・・悪女
というタイトルからして・・・
映画が早く終わってホテルへ行き、客に電話しまくったけど一人も取れない。
自分の部屋に帰るには終電に間に合わない。彼氏の住んでるところが近いので電話したけど・・・

ほかの解釈をお持ちの方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

>ホテルのロビーで何をするのでしょう?
>何もすることないような・・・待ち合わせでもしているふり?

そうですよ。大きめのシティホテルのロビーや、ロビーがティーラウンジなどになっているところで
座っているのです。
無料もしくはコーヒー1杯で時間をつぶすのです。

女性が一人いても安全で、寒さや雨露しのげて、あと切実な問題としてトイレがある。

前にも答えましたが、カラオケのオールや満喫、ネカフェなどありません。
お金もそんなにありませんから泊まったりそんなにできません

19時20時までならデパートをうろついたり、お店を覗いたりして時間をつぶせても
それ以降の時間は無料か安くいられる場所はそんなにありません。

>コーヒーを飲んで時間を潰すのなら最初からサ店へ行けば・・・
サ店で時間をつぶすにも一人で粘るのには限界があります。
それに深夜営業の喫茶店、は朝までいることになるので、できればいる時間を少しでも減らしたいわけですよ
居心地いい場所でもないでしょうし
深夜の喫茶店に朝までいるのが自然なシチュエーションというのは
夜の仕事の人が仕事がはけてから、始発を待つ…
終電を逃した人が始発を待つ…

つまりちょっとした注文で朝までい座るには「終電を逃した」体裁が必要なのですよね
だからそれぐらいまでの時間をつぶさないと行けない。

ちなみに、映画は昔は「完全入れ替え制」ではなかったので
一度はいれば何度も上映を見たりして、長時間居座ることは可能でした。
だから時間をつぶす場所に映画、が出てくるのです。
ただその日は夜遅くまでやっていない…。
入れ替え制の映画だと、そんなに安く長居できる場所に感じないから
ちぐはぐな印象があるかもしれませんが…。

待ち合わせも、携帯電話もスマホもない時代ですので、今より時間がかかることも多々ありました。
仕事が終わり次第来る相手を待つ、相手の打ち合わせが終わるまで待つ…
「終わったら連絡するからそのへんぶらぶらしてる」ってことは不可能ですからね。
たしかに2時間以上粘るののは、多くはありませんでしたが
来ない待ち人を諦めきれない女性、などというシチュエーションは珍しいわけでもありませんでした。

それに、そういったスマホもないしネカフェもないし、という時代
今は電車でもどこでも皆さん暇さえあれば一人になると何かしていないと手持無沙汰でしたが
昔の人はじっと時を過ごす、待つことはできていました。
まあ文庫本の一つぐらいは暇つぶしに呼んだりはしていたかもしれませんが。

ここの回答で多くの人たちは同じようなイメージを持っていますよね
あなただけが違う

たぶん、背景のシチュエーションがわかるかどうかで違うのでは。

私もそんな時代に成人していたわけでもありませんが…

普段から、ドラマや映画でも漫画でも、いろんな時代のものに触れていると
語彙や状況などについての引きだしが増えると思いますよ。
ロビーでの待ち合わせ、というのも良く出てきますし
レストランやバー、ロビーなどで閉店まで待ち続ける女というシチュエーションは珍しくないです
男に意地を張って、外でウロウロ、遊んでいる振り、みたいな
今は少なくなったような、駆け引きや意地、みたいなのも割とあった時代です

>ホテルのロビーで何をするのでしょう?
>何もすることないような・・・待ち合わせでもしているふり?

そうですよ。大きめのシティホテルのロビーや、ロビーがティーラウンジなどになっているところで
座っているのです。
無料もしくはコーヒー1杯で時間をつぶすのです。

女性が一人いても安全で、寒さや雨露しのげて、あと切実な問題としてトイレがある。

前にも答えましたが、カラオケのオールや満喫、ネカフェなどありません。
お金もそんなにありませんから泊まったりそんなにできません

19時20時までなら...続きを読む

Q心に残る美しい“庭”の描写がさりげなく描かれている小説や詩集を探してい

心に残る美しい“庭”の描写がさりげなく描かれている小説や詩集を探しています。

庭の本質について述べているようなものが望ましいです。
一冊の中に、ほんの一文の記載があるだけでも結構です。

よければその一文も添えて教えて頂けたらと思います。
ピンポイントな質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう既にご存知かも知れませんが、例えば、ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」はいかがでしょうか。

表現内容の在り方が絵画、芸術的であり、勿論、それを表現している文章は高い文学となっており、かつ「庭」というものを非常に広い観念で捉え、人間の精神的領域との深い関わりまで言及するに至っている著者の人生観がさり気なく感じられる、素晴らしい作品だと自分は感じています。「庭」とはそもそも、植物、そこにいる生きものたち、そして、地球の生命全体を支えている光、風など自然の存在、全てがあるからこそ成り立っているのだ、という考えをこの文豪が無意識のうちに持っているところが何よりも、人間の在り方として、余りに素敵です。

本に散りばめられている水彩画も自然な感じで、しかしその中に個性と気品が感じられ、とても気分がやわらかく、浄化される作品だと思います。かなり奥深い内容なのに、さり気なく、堅苦しくなく、美しい在り方が貫かれている所が素晴らしいです。

ヘッセはこの作品の他、一般的にとても有名な「車輪の下」などの短編小説の中でも、風景描写をこと細かに、しかも柔らかな文章表現で描いています。読み手の脳裏に、美しい風景画が細密に広がるような詳しさです。絵心も持ち合わせていた文豪ならではの持ち味なのでしょう。

今のあなたが求めていらっしゃる、あなたにとっての素敵な作品に出会えることを祈っております。

もう既にご存知かも知れませんが、例えば、ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」はいかがでしょうか。

表現内容の在り方が絵画、芸術的であり、勿論、それを表現している文章は高い文学となっており、かつ「庭」というものを非常に広い観念で捉え、人間の精神的領域との深い関わりまで言及するに至っている著者の人生観がさり気なく感じられる、素晴らしい作品だと自分は感じています。「庭」とはそもそも、植物、そこにいる生きものたち、そして、地球の生命全体を支えている光、風など自然の存在、全てがある...続きを読む

Q中島みゆきの歌詞の凄さ

中島みゆきさんはどうしてあんなに説得力のある歌詞を書けるのでしょうか。
人生経験(人より辛いこととか)のあるひとなら、人より重みのある発言をしそうだと思ってますが、調べたところ中島みゆきさんはふつうの平和な人生を送ってきてるのに歌詞にすごく感動させられます。また、結婚されておらず子供もいないことにびっくりです!
どこで培ってきた感性だと思いますか。よろしくお願いします。

またよろしければあなたのお気に入りの曲や歌詞を教えてほしいです。

Aベストアンサー

こんにちは

でも御実家産婦人科だったと思います
子供のころからいろいろ経験してこないと
こういう言葉は出ないと思いますよ

Q学校で読めるおもしろい本を探しています。 おかんメールという本が面白そうなのですが、小説じゃないので

学校で読めるおもしろい本を探しています。

おかんメールという本が面白そうなのですが、小説じゃないので学校では読めません。

死ぬかと思ったという本みたいに、体験談やエピソードなどを詰め込んだ短編集みたいなものを探しています!

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

若者よ。そういう時はとりあえず星新一読んどきゃいいんだ。
多くても3ページ程度で完結する短編集で、どこを読んでも面白く、かつ権威もあるので先生も満足という、
長ったらしい物語を読む気がしない若者にとっての救世主だ。俺も読んでた。

Q中島みゆきの曲の歌詞で

中島みゆきの曲で、次の歌詞が含まれている曲を教えてください。
「みんな独りぼっち 海の底にいるみたい」です。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「孤独の肖像」です。シングルで1985.9.18作詞・作曲中島みゆき/編曲後藤次利に発売されました。この曲は「孤独の肖像1st」作詞・作曲中島みゆき/編曲瀬尾一三でアルバム“時代-TimeGoesRound-”で原形に戻されました。シングルは当時のアレンジャーの個性が強かった為メロディー変更を余儀なくされたいきさつがあります。同じ歌詞でもこうも感じが変わるものです。あとアルバム“missM”にはシングルとも違うバージョンが収録されています。夜会では、“夜会1990”でシングルバージョン、“夜会vol5花の色は・・・間に”は時代アルバムバージョンで唄われています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1863896
http://www.hmv.co.jp/product/detail/897040
http://www.hmv.co.jp/product/detail/977345

Q研究、開発、など研究者が主体的な小説

こんにちは、
ビジネスマンや政治家が主体的な内容の小説は多いかと思いますが、
理系の研究者にスポットが当てられた面白い小説を探しています。
ソフトウェアの開発、というより、ちょっと泥臭いような化学の実験を仕事にするような内容のお話を探しています。ご存知のものがありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

梨木果歩「沼地のある森を抜けて」。
主人公が食品メーカーか何かの研究者で、発酵の研究をしていました。
でも、実験の描写はそれほどなかったので、参考まで。
ちなみにこの本は命の連鎖みたいな、結構壮大な話でした。

Qおはようございます。質問です。歌詞や、タイトルに、糸が付いた曲を教えてくださいね。例、糸、中島みゆき

おはようございます。質問です。歌詞や、タイトルに、糸が付いた曲を教えてくださいね。例、糸、中島みゆき。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

朋さん、こんばんは。
所用ですっかり遅くなりました。
洋楽は無理(笑)。ですので、「夜を駆ける / スピッツ」
https://www.youtube.com/watch?v=Lob5SOKBV8Q
歌詞に、細い糸でつながっている~とあります。

Q切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出て

切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出てきます。
オススメの切ない小説ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東野圭吾の「秘密」は読まれましたか?

映画にもなっているし今度はドラマにもなるようですが。

かいつまむと、交通事故をきっかけにして死んだはずの母の心が娘の体に入ってしまいます。その日から夫は、体は娘で心は妻という奇妙な関係で生活し、心は戻らないまま娘は成長します。夫婦のつながりを大切にしたい夫と、自分は娘として生まれ変わったと気持ちを切り替え男女交際を含む学生生活を楽しむ妻。衝突と心の葛藤。そして結末はとても切ないです。夫婦ではありますが、恋愛とは違った心の機微が描いてあり、読むたびに切なくなります。

Q中島みゆきの歌詞(大至急)

レンタルCD店で「転生」と「中島みゆきライヴ!」を借りてきましたが,歌詞カードを欲しいのですが,歌詞の載っているサイトを教えてください.
できれば印刷できるサイトを教えてください.

Aベストアンサー

こんばんは

こちらで
http://www.miyuki-lab.jp/

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。


人気Q&Aランキング